アメリカでは食べることのできない海外の食べ物がある?

アメリカには、多くの多国籍料理店が存在します。しかし、そんなアメリカの中では他の国では全く問題がないのに、禁止にされている食品がたくさん存在します。多くは害がないように思われる食品であるのに、なぜアメリカで禁止されているのか疑問に思う方もいるでしょう。伝統的なスコットランドの食べ物から、私達日本人がよく食べる馬肉まで、アメリカでは食べられない食品を一挙ご紹介いたします!

ハギス

Graeme Robertson/Getty Images
Graeme Robertson/Getty Images

ハギスは伝統的なスコットランドの珍味です。味わいあるプディングは羊の臓物でできています。この臓物には、心臓、肝臓、肺などが含まれています。ハギスは伝統的に羊の胃の中に包まれ調理されていましたが、現在では人工の腸とパイ生地が使用されています。

アメリカでは、羊の肺が含まれているという理由から、ハギスの輸入を禁止しています。痰や胃酸などが肉処理の間に肺に入ってしまうことがあるため、アメリカ合衆国農務省は全ての動物の肺を禁止しているんです。

馬肉

Jefta Images / Barcroft Images / Barcroft Media via Getty Images
Jefta Images / Barcroft Images / Barcroft Media via Getty Images

馬肉は、日本では珍味とされていて、牛肉を食べるよりも健康的であるという見方もあります。しかし、2007年、フェデラル・ホース・スローター・インスペクションへの資金援助を停止し、アメリカでは馬肉を禁止しました。しかし、馬を食べること自体を禁止する必要まではなかったかもしれません。ただ、世界の他の国と比べると、アメリカや多くの西洋の国では馬を食べることはタブー視されています。

歴史的に言えば、馬は仲間や戦争における必要な道具として認識されてきました。そのため、馬を食べることはイヌを食べることに似ています。しかし、アメリカや日本では信じがたいかもしれませんが、世界では犬を食べる場所も存在します。

キンダーサプライズ

Julia Ewan/The Washington Post/Getty Images
Julia Ewan/The Washington Post/Getty Images

キンダーサプライズやキンダーエッグは、中におもちゃが入っている空洞のチョコレート菓子です。おもちゃにはちょっとした組み立てが必要です。

キンダーエッグは、安全面の理由から1930年代にアメリカで禁止されました。チョコレートを食べようとして子供たちが窒息してしまう可能性があるためです。ファンにとっては朗報、チョコレートとおもちゃを別々にして、2017年からアメリカで再び購入できるようになりました。

サッサフラス

4-united-states-ban-sassafras-91306-39114.jpg
Florilegius/SSPL/Getty Images
Florilegius/SSPL/Getty Images

サッサフラスは、東部アメリカ原産です。初期の定住民は、長きにわたってハーブのサプリメントやガンボや紅茶などの様々なレシピに使用してきました。伝統的なルートビアの主要な味付けであることから特に人気です。

しかし、アメリカ食品医薬品局はサッサフラスの皮やオイルを味付けや添加物として使用することを禁止しています。19世紀中期から後期にかけて、サッサフラスオイルの主な構成成分であるサフロールには、大量に摂取することでかなりの脅威となり得る発がん性物質が含まれていることが研究でわかったのです。

アキー

DeAgostini/Getty Images
DeAgostini/Getty Images

アキーは、ライチと同じ分類のフルーツです。西アフリカ原産のアキーは、主にジャマイカで食べられていて、様々なカリブ料理で使用されます。しかし残念ながら、アメリカではアキーやアキー製品の輸入を禁止しています。

アキーには、熟した際に果実の食べられる場所をかなり制限する毒性のヒポグリシンが含まれています。皮や種にも熟した際に同じことが起こり、果実が適切に処理されていないと危険になり得る高い毒性を持っています。

カース・マルツゥ

Enrico Spanu/REDA&CO/UIG via Getty Images
Enrico Spanu/REDA&CO/UIG via Getty Images

カース・マルツゥは、地中海のサルデーニャ島原産です。カース・マルツゥの製造方法があまりにも衝撃的なため、アメリカだけでなくEUでも禁止されてます。

カース・マルツゥは、ペコリーノ・ロマーノの一種で、チーズバエが卵を産むように仕向けます。卵がかえったら、何千ものウジ虫がチーズ中を駆け回って、脂肪を分解し、チーズが発酵。カース・マルツゥ好きは、ウジ虫がのたうちまわったまま頂くそうです。ただ、ウジ虫がすべて死滅してからが食べ時とされています。

ふぐ

Mugu-Japanese-Pufferfish-548992021
Reinhard Dirscherl/ullstein bild via Getty Images
Reinhard Dirscherl/ullstein bild via Getty Images

日本人にお馴染みのフグは、刺身として頂くのが一般的です。珍味と考えられていますが、フグを食べることはその毒性からかなりリスクが高いと言えます。フグにはかなりのテトロドトキシンが含まれており、適切に処理して毒が取り除かれない場合、命に関わります。

フグの原産国である日本には厳しい法律がひかれています。アメリカでは禁止されてはいないものの、フグを食べることができるレストランは限られています。ヨーロッパでは安全を期してフグの販売を禁止しています。

オオチョウザメキャビア

beluga-caviar-959858816
Mikhail TereshchenkoTASS via Getty Images
Mikhail TereshchenkoTASS via Getty Images

オオチョウザメキャビアは、カスピ海や黒海に生息するオオチョウザメの卵からなるキャビアです。オオチョウザメのキャビアは珍しくかなり効果で、市場価格は7,000ドルからと言われています。

2000年代初期、オオチョウザメが絶滅危惧種入りしたため、アメリカではオオチョウザメキャビアや他のオオチョウザメ製品の輸入を禁止しました。オオチョウザメは100年ほど生きるとされていますが、密漁や異常狩猟が原因でその数は格段に減ってきています。生産国が保護に関する決まりを導入していないため、これらの地域とのオオチョウザメの貿易は一時停止状態です。

ミラベルプラム

Maren Wulf/McPhoto/ullsteinbild via Getty Images
Maren Wulf/McPhoto/ullsteinbild via Getty Images

ミラベルプラムは、主にフランス北東で栽培されている小さくて甘いプラムです。この地域はミラベルプラムにとって理想的な気候と土であるため、世界の生産量の80%はこの場所から来ています。

このカワイイフルーツの何がいけないのでしょうか?問題があるわけではありません。ただ、「保護原産地呼称」としてミラベルプラムの輸入を禁止しています。つまり、アメリカ食品医薬品局はフランスとの間で市場を守ることに合意しており、これによってアメリカ人がミラベルプラムを手に入れることはほぼ不可能です。

生乳

Steve Russell/Toronto Star via Getty Images
Steve Russell/Toronto Star via Getty Images

アメリカでは生乳に関する議論が複数されており、これは完全に違法なわけではありません。生乳支持派は成分にたくさんのメリットがあると話していますが、反対者は潜在的に害のある微生物やバクテリアを摂取することになると主張しています。

結果的に、アメリカの半分で生乳を禁止していますが、手に入らないというわけではありません。農家から直接手に入れることができ、また州によっては適切にラベル付けし消費者に明確にすれば店で販売することも可能です。

アブサン

Adam Berry/Getty Images
Adam Berry/Getty Images

かつて、アブサンはアメリカで禁止されていました。20世紀になって、アブサンは幻覚や場合によっては死を引き起こすと考えられるようになっていったためです。結果的に、アブサンはおよそ100年に渡って禁止されていました。

アブサンには微量のツジョンが含まれています。この成分は大量に摂取した場合、ひきつけや精神錯乱を引き起こします。しかし最近になって、危険量のツジョンが含まれていないことがわかり、再び合法化されました。ただ、実際には正式に違法だったことはなく、微妙な専門性が一般にきちんと理解されていなかっただけです。

フォアグラ

PATRICK BERNARD/AFP/Getty Images
PATRICK BERNARD/AFP/Getty Images

フォアグラはアメリカで禁止されているわけではありませんが、カリフォルニアでは問題になります。フォアグラは、フランスの珍味である、太らせた雁またはカモの肝臓です。

カリフォルニアでは禁止されており、かなりの議論の的です。本国フランスでも、倫理的な観点を問われています。フォアグラの生産者はかなり人道に反しており、カモや雁をケージに入れて動かないようにして、肝臓を太らせるために1日に何度もチューブで無理矢理食事をさせます。しかし、フォアグラを人道的に生産する方法も存在し、そのため全面禁止には至っていません。

ツバメの巣

SAEED KHAN/AFP/Getty Images
SAEED KHAN/AFP/Getty Images

ツバメの巣は、アナツバメによって作られます。アナツバメの唾液は、固まって巣を形成します。これらの巣は、特に中国で人間が消費するために生産され、中国料理では何百年にも渡って使われています。伝説によれば、定期的にツバメの巣を食べることでより良い健康と長寿を促進します。人気の食べ方は、スープです。

アナツバメは現在絶滅保護種とされており、そのためツバメの巣の消費には厳しい法が課せられています。益々珍しくなったため、お値段はさらに高騰。環境的な問題に加え、巣から鳥インフルエンザを輸入してしまう可能性があると懸念がされています。

クイーン・コンチ

Inger Vandyke /VW PICS/UIG via Getty Images
Inger Vandyke /VW PICS/UIG via Getty Images

フロリダでは、クイーン・コンチを捕獲することは違法です。クイーン・コンチは柔らかいボディを持っていますが、分類的にはハマグリやカキと同じです。フロリダでは禁止されているものの、主にカリブ海原産の国際的に取引されているクイーン・コンチの80%がアメリカで消費されています。

クイーン・コンチは、主に浅い海やサンゴ礁の上で育ちます。それに加え成熟するまでに時間がかかるため、乱獲の影響を受けやすく、絶滅危惧種とされています。フロリダでは合法的に捕獲することができないものの、輸入されたクイーン・コンチを手に入れることは可能です。

マンゴスチン

MyLoupe/UIG Via Getty Images
MyLoupe/UIG Via Getty Images

マンゴスチンは東南アジア原産の熱帯フルーツで、複数の健康メリットがあるため生産されています。最近まで、アジアのフルーツを北アメリカに輸入することを不安視して、アメリカではこのフルーツが禁止されていました。

マンゴスチン輸入への禁止は現在解消されていますが、海外の虫や動物をアメリカ国内に入れないための洗浄処理が行われなくてはいけません。

ズアオホオジロ

DEA / F.BALLANTI/De Agostini/Getty Images
DEA / F.BALLANTI/De Agostini/Getty Images

ズアオホオジロは、28グラムほどしかない小さなスズメ亜目です。ズアオホオジロは主にヨーロッパの温かい地域・南フランスに生息してます。密猟者たちのお陰で危険にさらされているため、食べることに関しては様々な議論がされています。また、多くの人がズアオホオジロの捕獲や殺戮は残酷であると考えています。暗い罠で捕獲して、太らせるために穀物を無理やり食べさせられ、最後にブランデーの中で溺れさせます。最後の工程は、調理前の味付けの意味があります。

この鳥を食べる際には、自分の頭をナプキンで隠すことが儀礼となっています。恥ずべき行為を行っているという事実を隠蔽しようとする意味があるのかもしれません。

チクロ

STR/AFP/Getty Images
STR/AFP/Getty Images

チクロは、アメリカで禁止されている人工甘味料です。しかし、他の国の殆どでは完全に合法であり安全に食べることができます。

1970年、アメリカ食品医薬品局ではチクロの使用の全面禁止を呼びかけました。確定的ではないものの、研究によってこの甘味料には微量の発がん性物質があることがわかったためです。他の国では口にしても安全ということで、アメリカでも合法を求める運動が行われていますが、改定には至っていません。

キャドバリーのチョコ

Photo Credit: Bruno Vincent/Getty Images
Photo Credit: Bruno Vincent/Getty Images

アメリカ国内で目にするキャドバリーは、本国イギリスのものは異なります。この2つのチョコレートは同じ会社によって製造されているわけではなく、レシピが全く異なるんです!アメリカのキャドバリーの製造権はハーシーが保持しています。

1980年代にハーシーが製造権を購入した際、同社は英国で製造されたキャドバリーのチョコレートの輸入を禁止しました。全く別バージョンのキャドバリーに関して、長年議論がされています。英国のロイヤリスト達は、自分達が慣れ親しんだものとアメリカ版の間には大きな違いがあると主張しています。

生乳チーズ

Photo Credit: FRANCOIS GUILLOT/AFP/Getty Images
Photo Credit: FRANCOIS GUILLOT/AFP/Getty Images

生乳チーズは、生乳同様アメリカで禁止されています。輸入チーズは厳しいガイドラインに沿っていなければ、店で販売できません。低温殺菌された牛乳で作るチーズまたは60日熟成したチーズのみが、アメリカの国境を超えることができます。

この禁止は、アメリカではブリーやカマンベールなどのチーズを販売することができないということを意味します。アメリカで食べるブリーチーズは本物ではないんです!本物のチーズの喜びを体験するには、アメリカを出る必要があります。もちろん、自分の手を汚したくない人は密輸入者にお願いしてください。

ウミガメ

Photo Credit: HECTOR RETAMAL/AFP/Getty Images
Photo Credit: HECTOR RETAMAL/AFP/Getty Images

絶滅危惧種であるため、ウミガメが食料として禁止されていることは驚きではないですよね。ウミガメの種によっては、1978年から絶滅危惧種に指定されています。レストランがカメのスープを出していると通報された場合、10,000ドルの罰金を科されます。

一番深刻な罪はカメの卵の販売です。メスのカメは100個以上の卵を一度に産みますが、海にたどり着くのは1%以下。フロリダ在住の男性は、92個のカメの卵を所持していたとして逮捕されました。ブラックマーケットでは、12個30ドルで取引されています。捕まった場合、5年間の収監と5,000ドルの罰金が科されるため、違法行為をするだけの価値はあまりありません。

白鳥

Photo Credit: Warren Little/Getty Images
Photo Credit: Warren Little/Getty Images

ウミガメ同様白鳥も、保護されているためアメリカでは禁止されています。英国でも白鳥を食べることに関しては禁止されていますが、その理由は異なります。英国では白鳥はロイヤルファミリーの所有物とされていて、食べることが禁止されているのです。昔は上流階級の間で食されていたようですが、現在は禁止されています。

伝統的な白鳥の食べ方は、皮を削ぎ落して、給仕する前に飾り付け、黄ピーマンソースで頂きます。他の調理方法としては、中に小さな鳥を詰める方法です。白鳥を育てたり輸出したりすることはしばらく禁止されています。しかし数が増えてきたため、法律を変えるように訴えかけているグループも出てきました。次の製品はまだアメリカで手に入りますが、元々の形とは少し異なります。

カフェイン入りフォー・ロコ

Photo Credit: Joe Raedle/Getty Images
Photo Credit: Joe Raedle/Getty Images

発売当初嵐を巻き起こした、フォー・ロコ。カフェインとアルコールが含まれるこのドリンクは、「1缶で失神」として有名になりました。噂によれば、1缶にバドワイザー4缶分のアルコールと、コーヒー2杯分のカフェインが含まれています。

複数の死亡が報告され、アメリカ政府はこのドリンクの禁止に踏み出しました。2014年、フォー・ロコのメーカーは、アメリカではカフェイン入りのドリンクを販売しないと合意します。オリジナル版は未だに海外では購入可能で、中国ではかなりの人気を誇っています。

ブタの血のケーキ

Photo Credit: Carrie Kellenberger/Flickr
Photo Credit: Carrie Kellenberger/Flickr

台湾では珍味とされているブタの血のケーキは、多くのアメリカ人からすればあまり魅力的とは言えません。主な材料はブタの血、大豆スープ、もち米。これを合わせて形を整えて、蒸すか焼いて、ピーナツライスでコーティングします。

棒にさして温かいまま食べられ、道端の屋台で食べることができます。ファンによれば温かくてベトベトしていて甘いそうです。アメリカ合衆国農務省は衛生上の理由から2010年に禁止したとされ、かなりの反論を受けました。しかしその翌年、ロサンゼルスの健康局の理事は「そのような禁止事項は把握していない」と話し、適切な温度で調理されれば問題ないと発言しています。

非承認済みのマジェランアイナメ

Photo credit: Stacy Zarin Goldberg for the Washington Post / Getty Images
Photo credit: Stacy Zarin Goldberg for the Washington Post / Getty Images

異常捕獲のためマジェランアイナメは絶滅の危機にさらされています。その結果、アメリカを含む24カ国が非承認のマジェランアイナメの販売を禁止しました。アメリカ食品医薬品局では、承認済みの船が捕獲できる数を制限しています。

マジェランアイナメはおいしく脂肪分が豊富で、人気の魚です。違法につかまえて高額で販売している人もいるため、この法律はあまりきちんと施行されているとは言えないかもしれません。

レイジー・ケーキ

Photo credit: James Leynse/Corbis via Getty Images
Photo credit: James Leynse/Corbis via Getty Images

「レイジー・ケーキ」は、メラトニンが組み込まれたパッケージ入りのブラウニーです。メラトニンは、眠りを管理する自然のホルモンで、不眠症の人が摂取するようなサプリメントに含まれています。

当たり前ですが、このブラウニーはかなりの眠気を誘います。アメリカの複数の子供たちが、このブラウニーを食べた後に病院送りになりました。アメリカ食品医薬品局は、メラトニンを食べ物の成分としては認めておらず、レイジー・ケーキはアラスカなどを含む複数のエリアで禁止されています。

養殖サーモン

Photo credit: CHARLY TRIBALLEAU/AFP/Getty Images
Photo credit: CHARLY TRIBALLEAU/AFP/Getty Images

最も健康的な魚のひとつであるサーモン。アメリカ心臓協会では、サーモンまたは脂肪分の多い他の魚を1週間に2回食べることを推奨しています。養殖された魚は、日本やアメリカにお住まいの方からすれば一般的ですが、オーストラリアやニュージーランドでは違います。

その理由とは?養殖されたサーモンには、そのエサが理由で毒が含まれていることが多いためです。さらに、産業サーモン養殖事業によって、自然環境も破壊されています。また、2018年3月以降、ワシントン州でもサーモンの養殖が禁止されました。

臭素化植物油

Photo credit: Andrew Burton/Getty Images
Photo credit: Andrew Burton/Getty Images

臭素化植物油は、アメリカ国内のシトラス系のソフトドリンクに使用されている乳化剤です。植物由来のトリアシルグリセロールは、深刻な副作用のためヨーロッパ、日本、インドで禁止されています。

臭素化植物油に関連付けられている副作用には、震え、疲労感、記憶喪失、頭痛などです。臭素化植物油の代替品としては、ローカストビーンガムやウッドロジングリセリンエステルがあります。

遺伝子組み換え製品

Photo credit: Media for Medical/UIG via Getty Images
Photo credit: Media for Medical/UIG via Getty Images

遺伝子組み換え食品は、アメリカ国内では大きなビジネスです。トウモロコシ、大豆、絹、ジャガイモ、キャノーラ、パパイヤは、遺伝子組み換えとして一般的な製品です。

しかしヨーロッパでは、遺伝子組み換え食品の販売・消費を完全に禁止しています。ロシアでも、遺伝子組み換え植物の栽培と輸入が禁止されています。

オレストラ

Photo credit: James Leynse/Corbis via Getty Images
Photo credit: James Leynse/Corbis via Getty Images

脂肪分&カロリーゼロでおいしいスナックをお求めなら、オレストラを含むオーリアンはどうでしょう?この食品添加物は1996年にアメリカ食品医薬品局の承認を受け、すぐにレイズのWOW!などに使用されるようになりました。

ただし、オレストラはやはり虫が良すぎたようです。体に必要な栄養素の吸収を阻害し、ガスや下痢などを引き起こします。結果、現在ではカナダとヨーロッパで禁止されています。

アゾジカルボンアミド(ADA)

Photo credit: Justin Sullivan/Getty Images
Photo credit: Justin Sullivan/Getty Images

アゾジカルボンアミドは、ベーキングに使用される無臭の粉状の化学物質です。主な使用方法は、パンを白くさせること。2004年、アゾジカルボンアミドが分解する時に、セミカルバジドと呼ばれる動物発がん物質が生成されることがわかりました。そのため、オーストラリアとヨーロッパでは、食品添加物として禁止されています。

アメリカでは、現在も規定量を守り材料として記載されていれば、アメリカ食品医薬品局から承認されています。ちなみに、ヨガマットに含まれていることが多い成分です。

人工着色料

Photo credit: Chris So/Toronto Star via Getty Images
Photo credit: Chris So/Toronto Star via Getty Images

着色料を使えば、食べ物をおいしく見せることができますよね。朝食のシリアルからパスタまでたくさんの人気な食品に人工着色料が含まれています。着色料は避けることが難しいくらいです。

多くの着色料がアメリカでは承認されているものの、別の国では禁止しているところもあります。青1番と青2番は、フランス、ノルウェー、フィンランドで禁止されています。黄5番はクラフトのマカロニ・アンド・チーズによく使用されていますが、オーストリアとノルウェーでは禁止されています。赤40番は発がん性物質が含まれていると考えられていましたが、現在は禁止されていません。

合成肥育ホルモン剤

Photo credit: Justin Sullivan/Getty Images
Photo credit: Justin Sullivan/Getty Images

合成肥育ホルモン剤 (rBGHまたはrBST) は、オーガニックではない乳製品に頻繁に使用されています。このホルモンは、乳の出をよくするために牛に投与されます。アメリカン・デイリー・アソシエーション・アンド・デイリー・カウンシルの代表者によれば、このホルモンは人体には有害ではないものの、複数の国で使用が禁止されています。

EU、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、日本では、これらの使用を禁止しています。その主な理由としては、ホルモンは牛に有害であり、ガン、乳腺炎、糖尿病を引き起こすためです。

昔の炭酸ジュースは体に最高に悪かった

soda
Mark Peterson/Corbis via Getty Images
Mark Peterson/Corbis via Getty Images

臭素化植物油は、体に悪くなさそうかもしれませんが、その原料は難燃剤です。この成分は最初、アメリカの炭酸ジュースに使用されてきました。しかし、新しい研究では、この謎の成分が皮膚病変、記憶障害、神経障害に関連している可能性があることが示されています。

その結果、コカコーラとペプシは、すべてのジュースからこの成分を取り除くことを保証しています。一方、マウンテンデューは、まだすべてのボトルにこの成分が入っています。ヨーロッパと日本では、この成分は完全に禁止されています。

アメリカで人気のお手軽メニューの闇

mac
Jerry Holt/Star Tribune via Getty Images
Jerry Holt/Star Tribune via Getty Images

ほとんどのチーズは真っ白であり、よく見る様な黄色のチーズはほとんどありません。しかし、子供たちは明るい色に惹かれるのが事実です。そこでクラフト社は、この問題を解決するために、有名なマカロニチーズにイエロー5号と6号という着色料を使用しています。

これらの食品色素は、多動性、アレルギー、ガンのリスクを高めることで知られています。クラフト社は、これらの有害な成分を省くために最善を尽くすと誓っていますが、この色素が含まれている他の製品が無数にあることから、ヨーロッパの多くの国がこの物質を完全に禁止するようになっています。

肉の成分は肉じゃない?

meat aisle
Robert Nickelsberg/Getty Images
Robert Nickelsberg/Getty Images

肉には「ピンクスライム」と名付けられたものがありますが、これは食品とは言えません。議論の題材にもあってはならないのです。カナダとEUは、すぐさまこの製品を禁止しましたが、アメリカでは一様に禁止にはできなかった過去がありました。

ピンクスライムは、きめの細かい牛肉で構成されている肉の副産物です。物質は、脂肪含有量を低下させる充填剤として肉の方程式に戻って追加されています。このプロセスでは、バクテリアを殺すためにアンモニアガスやクエン酸が必要になりますが、どちらも規制されておらず、健康上の問題を引き起こす可能性があります。

健康にいいと思っても

corn
Toni L. Sandys/The Washington Post/Getty Images
Toni L. Sandys/The Washington Post/Getty Images

遺伝子組み換え作物は、今は当たり前の習慣になっていますが、なぜこの様な事実になっているかという理由を知っている人はほとんどいません。ロシアを含む他の国は、これらが全面的に禁止いなってるが、アメリカではいまだに人々の好奇心を引き起こしています。しかし、すべての遺伝子組み換え作物でも同じように作られているわけではありません。

EUにとって、最も禁止に値する遺伝子組み換え作物は、リングスポットウイルスを防ぐものでした。それは、腫瘍、臓器障害、不妊症、先天性欠損症、そして、もちろん、死に繋がる可能性があるためです。GMOを禁止することは、アメリカから任意のトウモロコシ、大豆、またはパパイヤを禁止することを意味しています。

味がおかしい?

arsenic
Philip Ramey/Corbis via Getty Images
Philip Ramey/Corbis via Getty Images

鶏肉は最も使い勝手の良い肉の一つです。なぜなら赤身肉は心臓によくないと聞くこともあるし、宗教上の目的のために豚肉を避ける人もいるでしょう。さらには、水銀量を恐れて魚を拒否することもあるでしょう。しかし、鶏肉は一般的にすべての観点から見ても合格しています。そう、ある事実を除いては・・・

ヒ素は、肉をピンク色にして新鮮に見せるために、アメリカの鶏に与えられているという。さらに肉を “新鮮に “するために、塩素で洗浄する。この2つの成分により、EUはアメリカからの鶏肉を禁止することにしました。

豚のせいじゃない

swine
Caroline Brehman/CQ Roll Call/Getty Images
Caroline Brehman/CQ Roll Call/Getty Images

人々達ににとっては、豚肉は肉の中でもあまり好まない人が多いかもしれません。豚は何でも食べてしまうので、何が消費者の口に入ってしまうのかと心配になります。しかし、豚肉の本当の危険性は、決して豚だけのせいではありません。

ラクトパミンという薬が豚に与えられているのは、豚の脂肪分を減らし、タンパク質の合成を高めるためです。豚の消費に対する私たちの懸念は、店で売られている豚肉にラクトパミンが20%も残っているという研究結果で証明されているということです。この数字によって、アメリカの豚肉は、160カ国で禁止されているのです。

低炭水化物ダイエットは、あなたの体重だけでなく、より多くの他の事実の助けになるかもしれません。

carbs
Yegor AleyevTASS via Getty Images
Yegor AleyevTASS via Getty Images

臭素酸カリウムは、腎臓障害、癌、神経系の障害につながる可能性があることが研究者によって発見された後、ヨーロッパ、カナダ、中国では禁止されました。これらの深刻な副作用を考えると、なぜ誰もが臭素酸カリウムを禁止しないことにしたのかという疑問が湧いてきます。

アメリカでは、臭素酸カリウムはパン作りに欠かせない成分です。酸化することで小麦粉が結合するが、このプロセスには時間がかかるのです。小麦粉を臭素酸カリウムで化学的に熟成させることで、製造時間を短縮することができる。時は金なりということをアメリカ人以上に知っている人はいないでしょう。