世界各国の大晦日やお正月のユニークな過ごし方とは

大晦日には、大掃除。そして、お正月は家族で過ごすことが一般的な日本。しかし、この伝統は日本独特のもので、世界各国ではそれぞれユニークな行事や伝統のしきたりが行われています。

その習慣の中には、日本では縁起の悪いものとされていたり、思わず年末だけでもその国に行きたくなる様な文化まで様々です。氷水の中に飛び込む?カカシを燃やす?空のスーツケースをただひたすら運ぶ?この記事を読んで世界の大晦日やお正月の過ごし方を学びましょう!

チリは墓地で

new years traditions 1
Fernando Lavoz/NurPhoto/Getty Images
Fernando Lavoz/NurPhoto/Getty Images

ホラー映画を見るのが嫌いなら、大晦日にチリを訪れるのはいい選択ではないかもしれません。チリにある小さな町、トゥルカでは、地元の墓地での今年最後の夜を過ごすのが伝統です。

地元の人たちは、亡くなった先祖が墓場に戻ってきて一年の終わりを祝うと信じています。日本のお盆に近い感覚なのかもしれません。町の人たちは焚き火をしたり、食事を持ってきたり、お墓の飾り付けをしたりして、大晦日をお祝いします。

ベルギーでは、牛を忘れてはいけない

new years traditions 2
Justin Sullivan/Getty Images
Justin Sullivan/Getty Images

ほとんどの国では、大晦日は一晩中パーティーをして、次の日の昼まで寝るのがなんだかんだ習慣になっていることだろう。しかし、ベルギーでは、農家の人たちは元旦には必ず早起きをします。二日酔いと戦いながら、牛たちの新年の幸せを祈りながら厩舎に向かうのです。

農家の人たちは、自分たちの願いを伝えることで、来年の作物に幸運が訪れると信じています。

デンマークでは友情コンテスト

new years traditions 3
Wodicka/ullstein bild/Getty Images
Wodicka/ullstein bild/Getty Images

デンマークの住民は、ある大晦日の風物詩のために、古い割れた食器や割れた食器を一年中貯めておきます。友情の証として、人々は12月31日に近所を歩き回り、友人の家の玄関先で食器を割るのです。

食器を玄関の前に山積みにしておくことで、自分はどれだけ友人がいるか周りに誇示することができます。もし、お皿を割ったりする行為にあまり気が進まない場合は、デンマークは、年末を過ごすのにいい場所とは言えないでしょう。

アメリカ南部は大晦日の夕食が決まっている

new years traditions 4
Tim Graham/Getty Images
Tim Graham/Getty Images

大晦日の夕食の伝統的習慣は、アメリカでも州によって異なりますが、南部の州では、黒のエンドウ豆のシチューをほぼ全ての家庭が食べます。エンドウ豆はコインを表し、新年の繁栄をもたらすと言われています。

この伝統は、実際にロシャナのお祝いに黒のエンドウ豆を食べるというユダヤ教の伝統に由来しています。南北戦争中に南部に広まったのは、黒のエンドウ豆が南部の兵士たちが寒い冬を乗り切り、新しい年を迎えるのに役立ったからです。

エストニア人は食べられるだけ食べる

new years traditions 5
Focus/Toomas Tuul/UIG/Getty Images
Focus/Toomas Tuul/UIG/Getty Images

エストニアの新年のお祝いで最も印象的なのは、その祝いの儀式が深夜まで続くことです。エストニアの伝統では、できるだけ多くの食事をすることが定められており、その数はラッキーナンバーでなければなりません。つまり、7コース、9コース、12コースのいずれかでなければならないということです。

家族は、食事の回数が多ければ多いほど、新しい年にどれだけの強さを発揮できるかという伝統があるため、可能であれば一番大きい数字を選びます。

日本は家をきれいに保つ

new years traditions 6
David Mareuil/Anadolu Agency/Getty Images
David Mareuil/Anadolu Agency/Getty Images

そして、私たちの国日本では、新年を迎える準備ができるように、一年間で溜まった汚れや埃を落とす為に、家の中をきれいにする大掃除が伝統的です。大晦日は、家族全員で掃除や飾り付けをして正月の準備をします。

飾り付けというと海外の人たちからは、派手なライトなどを思いつくようですが、日本では質素に松の枝や梅の花、竹などの自然の要素で飾りを行うのです。この装飾は、間違いなく新年に私たちの気持ちを新たにさせてくれます。

南アフリカでも家の掃除

new years traditions 7
Richard Baker/In Pictures/Getty Images
Richard Baker/In Pictures/Getty Images

日本だけが家の中をきれいにするのかと思っていたら、実は南アフリカにもそのような伝統があるのです。特にヨハネスブルグやヒルブロウのような南アフリカの人たちは、窓から必要のないものを捨てて掃除をします。それはお皿やゴミの袋ではなく、古い冷蔵庫やソファーなどの粗大ゴミも全てです!

新年を迎えるにあたって、新しい家具に買い換えることはとても大事なことですが、この伝統は隣人などとのトラブルや危険な行為になることがあるので注意が必要です。

イギリスでは、とあるタイプの来客を待ち構えている

new years traditions 8
Dan Kitwood/Getty Images
Dan Kitwood/Getty Images

イギリス人は、あるタイプの人が新年の最初の客として玄関から入ってくる必要があるという長い伝統を信じています。それは時計が新年を迎えたと同時に、頭の黒い男性が家に入ってきたら、あなたの家はラッキーになります。

パン(一年の間お腹いっぱいにしてくれる)、塩(富をもたらす)、石炭(暖をとる)などの贈り物を持ってきてくれるとさらにいいとされています。

カナダでは、ホッキョクグマ・プランジに飛び込む

new years traditions 9
Marta Iwanek/Toronto Star/Getty Images
Marta Iwanek/Toronto Star/Getty Images

この伝統は、実際にホッキョクグマと泳ぐというものではありません。元旦にカナダの凍てつくような寒さの海に飛び込むのです。

この伝統は、新しい年を迎えるための方法として、バンクーバー、ブリティッシュコロンビア州で1920年に始まり、それ以来、カナダの国中に広がっています。更にホッキョクグマ・プランジは、今では世界中で行われており、多くの場合、慈善団体のための資金調達のための方法として行われています。

トルコでは、あなたの持ってる最高の下着を身に着ける

new years traditions 10
JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images
JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images

トルコの人々は、赤い下着を一年の間一着保管しておくのが一般的なんだそうです。どうやら、大晦日にその新しい下着を身に着けると、新しい年に幸運をもたらすことができると言われているそうです。

この伝統は、イタリア、スペイン、メキシコなど他の国でも同じ様なことが行われています。そこでは、赤だけではなく色によって意味合いが異なり、赤い下着は愛を、黄色い下着は富を、白い下着は平和を意味しています。

パナマではカカシを燃やす

new years traditions 11
Natalia Kolesnikova/AFP/Getty Images
Natalia Kolesnikova/AFP/Getty Images

パナマもエクアドルも大晦日の風習が似ていて、嫌いな人の像を大きなかかしにして、それを壊します。パナマでは、かかしに火をつけるだけですが、パナマでは、かかしの中に花火を入れて花火を打ち上げるのが特徴的です。

かかしを燃やしたり、爆発させたりすることで、過去一年の悪いことを後に残さないことを象徴していると言われています。しかし、この方法はかなり過激的で、威圧的な方法でもあるので、あまりいい気持ちはしないかもしれません。

ペルーでは、喧嘩の準備をしておこう

new years traditions 12
Sebastian Castaneda/Anadolu Agency/Getty Images
Sebastian Castaneda/Anadolu Agency/Getty Images

ペルーのとある小さな村は、「削除」「切り離す」「追放」という意味で使われるパージを行います。毎年12月の最後の日に、ペルーの小さな村の人々はタカナクイ祭りに集まり、意見の相違を殴り合いで解決します。

なんだか、めちゃくちゃだと思うかもしれませんが、どうやらこれが功を奏しているようです。殴り合いのおかげで、村の人たちは恨みを持たずにすっきりとした気持ちで新年を迎えることができるのです。

スーツケースを持って歩き回る

new years traditions 13
LUIS ROBAYO/AFP/Getty Images
LUIS ROBAYO/AFP/Getty Images

新しい年を迎えるコロンビアの伝統的な方法の一つは、空のスーツケースを引きずってブロックの周りを歩くことです。伝統的には、そうすることで1年の旅行に幸運をもたらすとされています。

もしあなたが初めてコロンビアを訪れる観光客で、Air BnBへの行き方がわからない場合は、知らないうちにこの新年の伝統に参加しているかもしれません。

ベラルーシのでは、3つの祝日を一つに

new years traditions 14
Viktor Drachev/TASS/Getty Images
Viktor Drachev/TASS/Getty Images

ベラルーシでは、大晦日はカリヤディと呼ばれる13日間の長いお祭りの一部です。このお祭りは、冬至を祝う古い異教徒の認識の一部として始まりました。正統派キリスト教や他の西洋の伝統がその痕跡を残すようになっても、この祭りは続けてきました。

今日では、大晦日、クリスマス、3回の夕食会、戸別訪問キャロル、トリック・オア・トリートなどがいっぺんに行われます。まるでベラルーシが秋と冬の最高の休日を一つにまとめようとしたかのようです。

ギリシャの古いもは、玉ねぎと一緒に出て行く

new years traditions 15
Ayhan Mehmet/Anadolu Agency/Getty Images
Ayhan Mehmet/Anadolu Agency/Getty Images

ギリシャでは、大晦日には玄関に玉ねぎを吊るすのが伝統的です。タマネギは、何層にも重なっているので、翌年の再生の象徴とされています。

この伝統は元旦まで続きます。親は朝、子供の頭をタマネギで叩いて子供を起こし、その日の料理に使います。

タイムズスクエアのボールには歴史がある

new years traditions 16
Theo Wargo/WireImage/Getty Images
Theo Wargo/WireImage/Getty Images

ニューヨークのタイムズスクエアのボールドロップは、1907年から毎年何千人もの人々を魅了しています。ボールが落ちなかったのは、戦時中の停電のため1942年と1943年だけでした。

タイムボールの伝統は、古い海軍の伝統に由来しています。タイムボールは正午と真夜中にポールから降りてきて、船員たちが海に出る前に派手な海軍の計器を正確にセットするために使われていました。

オランダでは世界最大級のパーティーを開催

new years traditions 17
Jasper Juinen/Getty Images
Jasper Juinen/Getty Images

ニューヨークだけが大規模なお祭りを行う都市だと思っていたら、オランダに行ってみてください。アムステルダムでは世界最大級のストリートパーティーが行われます。そして、そこに行ったら必ず買っておきたいのが「オーリーボレン」。厳密にはただの揚げた生地がボール状になったものですが、大晦日の夜に食べると悪霊を追い払うと言われています。

ストリートパーティーは、音楽や花火、ビールのテントなどがあります。もしあなたが経験豊富なパーティピーポーではないならば、この街は避けた方がいいかもしれません。

フィリピンでは、丸いものを身に着ける

new years traditions 18
George Calvelo/Barcroft India/Barcroft Media/Getty Images
George Calvelo/Barcroft India/Barcroft Media/Getty Images

フィリピンでは、大晦日は丸いかたちのものを何でも揃えます。それはたくさんの人が水玉や丸いデザインの服を着ることも含まれます。ストリートフードやデザートも丸い形をしたものが多いです。

丸い形は、お金を象徴していると考えられていて、大晦日を丸で囲んで過ごせば、新しい年にはより良い財を手に入れることができると言われています。人々は、その幸運を掴むためにコインをポケットに詰めこみます。

オーストラリアでは幸運のチャームの豚を探す

new years traditions 19
Bodo Schackow/Getty Images
Bodo Schackow/Getty Images

オーストリアでは、大晦日は実際にはシルベスターベンドと呼ばれ、聖シルベスターの前夜を意味します。夜になると、オーストリア人は迫撃砲を撃って悪霊を追い払い、元旦の祝宴の準備をします。

祝宴の主役は、幸運を象徴する子豚です。マジパンやチョコレートで作られた小さなミニブタは、テーブルの周りの装飾としても使用されています。ヴィーガンの方は、大晦日のオーストリアでは注意が必要です。

ブラジルではレーズンを忘れずに

new years traditions 20
Mario Tama/Getty Images
Mario Tama/Getty Images

レンズ豆は、ブラジル各地で新年のお祝いに使用されます。お祝いのスープやメインディッシュにレンズ豆が使われているのは、ブラジル人が新年に豊かさをもたらすと考えられているからです。

しかし、食べ物にまつわる伝統はそれだけでは十分ではありません。ブラジル人は、7つのブドウやレーズンを食べて夜を締めくくります。しかし、種は捨てずに財布の中に入れておくのです。

フランスは大晦日に最高の食事を

new years traditions 21
John van Hasselt/Corbis/Getty Images
John van Hasselt/Corbis/Getty Images

フランス人は、将来の富と繁栄を意味する食べ物などを食べるのではなく、年末に富をすべて食べ尽くします。明らかに、それはあなたが経済的に余裕があることを前提としていますが、フランス人は最高の食べ物のためにお金を費やすでしょう。フォアグラ、ガチョウ、牡蠣、そしてもちろんシャンパンは、大晦日の饗宴では一般的です。

最高級のごちそうは、同様に繁栄する年という意味をしています。年末にフランスに行ったら、人生で最高の食事ができるかもしれません。

スイスは、年を明けてから数日後に祝う

new years traditions 22
Mirko Costantini/ClickAlps/REDA&CO/UIG/Getty Images
Mirko Costantini/ClickAlps/REDA&CO/UIG/Getty Images

スイスは、今でも2つの異なる正月を祝う数少ないヨーロッパの国の一つです。ここでは、12月31日に世界の国々と一緒にお正月を迎え、1月13日に旧ユリウス暦でもお正月を迎えます。

スイスでは、元旦(1月14日)にクリームを床に落とします。このシンプルな習慣は、「豊かな一年」をもたらすと言われているのです。

ロシアはソビエト時代に戻って

new years traditions 23
Mikhail Japaridze/TASS/Getty Images
Mikhail Japaridze/TASS/Getty Images

ソ連時代には、宗教が禁止されたり、厳しく規制されていました。つまり、70年以上の間、クリスマスは祝われなかったのです。しかし、この規則を回避する方法として、大晦日の真夜中にフロスト爺さんが子供たちにプレゼントを渡すために訪問し、クリスマスを間接的に祝っていたのです。

この伝統は、ロシアの正統派キリスト教徒がユリウス暦でクリスマスを祝うために1月初旬まで待つことを除いては、今日でも受け継がれています。

フィンランドの人々は、水の中で

new years traditions 24
OLIVIER MORIN/AFP/Getty Images
OLIVIER MORIN/AFP/Getty Images

フィンランドの人々の大晦日の風物詩の一つに、溶けた赤銅を氷で冷やした水の中に落として、赤銅の形や温度を見るというものがあります。赤銅の形がハートに近いものであれば、新しい年に愛を見つけることができるかもしれないなどのいい伝えがあります。

飛行機や電車、車などの形になる可能性がある場合は、来年は旅に出ることになるかもしれません。ハリー・ポッターの茶葉を読むようなものと似ていますね。

スコットランドは、ホグマネー祭を開催

new years traditions 25
Roberto Ricciuti/Getty Images
Roberto Ricciuti/Getty Images

スコットランド教会は約4世紀の間、クリスマスを禁止していました。スコットランド人がクリスマスを再び祝うことができるようになったのは、1958年になってからです。クリスマスを失った分を補うために、スコットランド人は年の最後の日に行われるホグマネー(Hogmanay)という新年のお祭りをつくりました。

彼らは、二日酔いを癒すために1月1日と2日は休日をとる人が多いのです。クリスマスが戻ってきたとはいえ、ホグマネーのお祭りは、まだクリスマスの影に隠れた薄いものとなっています。

ルーマニアでは、熊のコスチューム

new years traditions 26
Andrei Pungovschi /Anadolu Agency/Getty Images
Andrei Pungovschi /Anadolu Agency/Getty Images

ルーマニアのある小さな町では、キリスト教以前の儀式として、大きなヒグマの格好をして通りで踊るというものが今でも行われています。この儀式は通常、町で最も威圧感のある大柄な男性に任されています。衣装を着て踊り、楽器を演奏し、歌うことで魔除けになると信じられています。

現在では、路上で踊り子をしたり、家々を回ったりして個々の悪霊を追い払う姿も見られるようになりました。

デンマークでは新年に飛ぶ

new years traditions 27
Massimo SestiniMondadori Portfolio/Getty Images
Massimo SestiniMondadori Portfolio/Getty Images

もう一つのデンマークの伝統は、真夜中までの1分間に部屋の全員が椅子の上に立ち、時計が12時を刻むと一斉にジャンプするというものです。この伝統は、新しい年に向けて飛躍し、悪いものを捨て去ることを象徴していると考えられています。

一見、楽しそうに聞こえますが、パブやハウスパーティーでみんなが飲んで酔っていた場合、それはかなり危険になる可能性があります。

日本は、大晦日に鐘をつく

new years traditions 28
Wolfgang Kaehler/LightRocket/Getty Images
Wolfgang Kaehler/LightRocket/Getty Images

掃除をするという習慣は、日本全国で共通しているかもしれませんが、鐘をつくという参加型の儀式も忘れてはいけません。除夜の鐘とは、108回鐘を鳴らすという古くからの伝統行事です。

日本の仏教では、人間は108の煩悩に囚われていると考えられており、鐘を鳴らすことで、それらの欲望を浄化し、減らすことができるとされています。ただし、途中で数えきれなくなることがないのか疑問に思ってしまいます。

ボリビアでは、金貨を探す

new years traditions 29
Francis Dean/Corbis/Getty Images
Francis Dean/Corbis/Getty Images

ボリビアやその周辺国では、大晦日のごちそうに金貨一枚を入れて焼くのが一般的な伝統となっています。お菓子の中にコインを入れ、それを見つけた人は翌年、幸運を手に入れることができます。

もちろん問題は、うっかり食べてしまう前にコインを見つけなければいけないことです。コインを飲んでしまっては、幸運が訪れるかどうかはわかりません。

中国では、ドアを赤く塗る

new years traditions 30
Tim Graham/Getty Images
Tim Graham/Getty Images

中国では赤は幸運を象徴する色なので、多くの人が大晦日を利用して玄関のドアをラッキーカラーに塗ります。中国の人々は、これが来年の幸せと幸運を意味すると信じています。

また、多くの中国人は自分の包丁を隠して、誰も誤って自分を切らないようにします。もし誰かが自分を傷つける様なことがあれば、家族全員の幸運に影響を与えてしまうと信じています。