完全保存版!人気だった歴代スターバックス限定フラペチーノ

スターバックスでは毎年、季節限定のドリンクをいくつも発売しています。クリスマスやハロウィンはもちろん、夏や秋でも、見るからに美味しそうなフラペチーノが次々に販売されます。しかし、悲しいことにこれらのフラペチーノは、本当にその年の限定商品で、次の年にまた販売されることはなかなかありません。

この記事では、世界各地の季節限定フラペチーノを一挙にご紹介します。日本で発売されていたあのフラペチーノも出てくる?思い出に胸を馳せながら、今すぐスターバックスにGO!

ユニコーンフラペチーノ

uni
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

ユニコーンフラペチーノは、北米のソーシャルメディア上で爆発的に人気になったスターバックスドリンクの一つです。これまでに作られたフラペチーノの中で、特別に美味しいフラペチーノではありませんが、とても印象的で皆の記憶に残っています。このドリンクは、2017年4月に期間限定で発売されました。

氷、ミルク、ピンクパウダー、サワーブルーパウダー、生クリームフラペチーノシロップ、マンゴーシロップ、ブルーのソースで作られているこのフラペチーノは、驚くことに、ベンティサイズ1個で、500カロリーもありました。しかし、多くの消費者がこのドリンクの酸っぱさに不満があったようです。

バブルガムとわたあめフラペチーノ

bg
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

2018年の夏、スターバックスではバブルガムとコットンキャンディー(わたあめ)味のフラペチーノが提供されました。これは、メキシコのスターバックスで非常に人気がありました。この特徴的なパステルブルーとピンクの色が何なのかは公表されていませんが、おそらく何かしらの着色料でしょう。

それでも、このフラペチーノを多くの人が飲んでみたいと思うことでしょう。しかし、おそらく甘すぎる砂糖味のフラペチーノかもしれません。味の想像はあなたにお任せします!

魔女のフラペチーノ

wb
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

ハロウィン2018の公式フラペチーノとして登場したのは、「ウィッチズブリュー フラペチーノ」。このオレンジクリーム風味のドリンクには、チアシードと「トカゲの鱗粉」が含まれていると記載がありましたが、おそらくこれは抹茶の粉でしょう。

チアシード、スターバックスでは、「コウモリのイボ」と呼んでいるものが、ドリンク全体を絶妙なぬるぬるとした食感にします。これがまたこの飲み物の不気味なところなのです。しかし、チアシードはご存知のように実際には非常に健康的なスーパーフードです。

タイダイ柄のフラペチーノ

td
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

2019年7月にスターバックスに登場した「タイダイ フラペチーノ」。このドリンクには、コーヒーやカフェインは一切入っていませんでした。基本的に、天然の食品着色料とバニラビーンズフラペチーノで構成されていました。

自然着色料には、ターメリック、レッドビーツ、スピルリナが配合されています。さらにホイップクリームには、虹色の砂糖がトッピングされていました。しかし、このドリンクは見た目は可愛いのですが、バリスタは作るのをとても嫌がっていました。なぜなら色をすべて加えるのにかなりの手間と時間がかかるのに、ドリンクは普通の味なのです。

クリスマスフラペチーノ

ct
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

2017年のクリスマスシーズンに登場した「クリスマスツリー フラペチーノ」。それはペパーミントモカクリームフラペチーノに、クリスマスツリーの形をした抹茶ホイップクリームをトッピングしたものでした。そのホイップクリームの上には、ガーランドに見立てたキャラメルソース、砂糖漬けのクランベリーをオーナメント、そしてトップにはイチゴのスライスが飾られていました。

抹茶とペパーミントモカが一緒になっているのはどうかと思いますが(なぜホイップクリームはミント味ではダメだったのでしょうか?)それにしても、とても華やかな感じがしますね。次のクリスマスシーズンには、何かしらのミントチョコドリンクが復活することを期待します。

クリスタルボール フラペチーノ

cb
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

2017年3月のシークレットメニューは、カナダで4日間限定販売された「クリスタルボール(水晶) フラペチーノ」がありました。これは、ピーチティーにクリームをブレンドした飲み物にピーチホイップクリームをトッピングし、紫、青、緑のいずれかの色のキャンディーシュガーをトッピングしていました。

この飲み物で水晶みたいに未来を見ることができるのでしょうか?おそらくそれはないと思いますが、3月にはこのドリンクが日本で販売されることを願っています。スターバックスの常設メニューに、ピーチクリームフラペチーノが登場してほしいですね。

フルーツケーキフラペチーノ

fans holding a fruitcake frappuccino
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

2016年12月に発売された「フルーツケーキ フラペチーノ」。公式ウェブサイトでの説明は “スターバックスバージョンは、ドライフルーツを加え、シナモンでスパイスを効かせたヘーゼルナッツクリームフラペチーノ®のブレンド飲料から始まり、ホイップクリームとキャラメルドットと抹茶を散りばめたオーナメントのようなトッピングが施されています。”と記載されています。

日本でもたまにパン屋さんなどで、このフルーツケーキというものは販売されていますが、ドライなもの主流です。なのでこの飲み物の方が爽やかで美味しそうではありますね。

レッドベルベットフラペチーノ

starbucks-red-velvet-frappuccino
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

2019年夏に登場した「レッドベルベット フラペチーノ」。チョコレートチップ、モカソース、ラズベリー、バニラシロップがブレンドされています。そしてトップにはもちろん、大量のホイップクリームがトッピングされています。

どうやらこのスターバックスのシークレットメニューは、通常メニューでも作れる場合があるようです。そのドリンクは、ホワイトモカとレギュラーモカフラペチーノを半分にし、ラズベリーシロップをかけます(日本ではラズベリーシロップは期間限定)。しかし、多くのバリスタはこのシークレットメニューが何なのか知らないようです。

ウチワサボテン フラペチーノ

starbucks-berry-prickly-pear-frappuccino
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

プリックリーペア(ウチワサボテン) フラペチーノは2017年夏に、アメリカで発売されました。それはマンゴーシロップとミルク、氷、フラペチーノブレンドクリームがベースが含まれており、そこにイチゴとプリックリーペアのピューレが上にかかっていました。珍しいことに、このフラペチーノには、ホイップクリームがトップに乗っていません。

このドリンクと同時期に、別の限定フラペチーノ「マンゴーパイナップルフラペチーノ」が販売されていましたが、それもとても人気でした。このフラペチーノは、日本にもぜひ登場して欲しいですね。

アメリカンチェリーパイフラペチーノ

starbucks-american-cherry-pie-frappuccino
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

このアメリカンチェリーパイフラペチーノは、2017年に日本で販売され、とても話題になりました。その人気は、日本だけではなく、海外のインスタグラマーからも試してみたい!と人気をよんだのです。

この飲み物は”パイ生地のドームの下のチェリーソース、バニラ風味のクリームベース、ホイップクリームを組み合わせ “て構成されていました、パイ生地の迫力が今も皆の印象に残っていることでしょう。また復活する日を願っています。

エッグノックフラペチーノ

eggnog-frappuccino-1
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

日本ではあまり馴染みのないエッグノックですが、海外では人気のある味です。エッグノッグとは、卵・牛乳・砂糖などをよくかき混ぜたソフトドリンクで、これにブランデーやラム酒を加えカクテルにする人もいます。このフラペチーノは、エッグノッグとローストコーヒーをミルクと氷でブレンドし、ホイップクリームとナツメグをトッピングしたドリンクです。

材料があれば、エッグノッグは自宅でも簡単に作れます。しかし、そのお味は好き嫌いが別れるとは思いますが・・・。

ゾンビフラペチーノ

pb
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

ゾンビフラペチーノは、2017年の北米限定ハロウィンドリンクでした。青リンゴタルトとキャラメルのフレーバーを注入したフラペチーノクリームに緑色ソースがブレンドされた飲料です。全体は、赤いモカソースと脳みそに見せたピンクのホイップクリームがトッピングされていました。青リンゴタルトとキャラメルの滑らかな甘さがバランスよく調和していたそうです。

一部のスターバックスでは、色が気持ち悪すぎると、子供に注文を控えさせるようなお母さんもいたのだとか。確かに、あまりインスタ映えはしなさそうなフラペチーノですよね。体にも悪そう・・・

ポケモンGO フラペチーノ

starbucks-pokemon-go-frappuccino
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

日本のみならず、海外でも爆発的な人気を博したポケモンGO。2016年12月、ポケモンGOのその絶頂期に「ポケモンGOフラペチーノ」が海外で販売されました。誰もがスマホを見下ろしてポケストップを回しながら歩いていたのを覚えていますか?

この飲み物は、ラズベリーシロップとフリーズドライの丸ごとブラックベリーをブレンドしたバニラビーンフラペチーノです。全体にホイップクリームがトッピングされているのは、いつものフラペチーノと同じですね。しかし、どこがポケモンGOをモチーフにしているのかは、正直疑問視されています。

誕生日ケーキフラペチーノ

starbucks-birthday-cake-frappuccino
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

2015年3月、スターバックスは20周年を記念して「バースデーケーキ フラペチーノ」を販売しました。フラペチーノは、スターバックスがビジネスとして成功を収めている大きな理由の一つです。この節目を祝うのに、このフラペチーノは、完璧でした。

バースデーケーキ フラペチーノは、バニラビーンフラペチーノにヘーゼルナッツシロップをかけ、ラズベリーをふんだんに使ったホイップクリームをトッピングしたものです。ラズベリーホイップクリームはスターバックスでは常に販売されているわけではありませんが、このドリンクがどんな味だったかを知りたい場合は、ヘーゼルナッツシロップ入りのバニラビーンフラペチーノを注文するだけでOKです。

キャラメルフランフラペチーノ

starbucks-caramel-flan-frappuccino
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

キャラメルフランフラペチーノは、キャラメルフランシロップ、脱脂乳、氷をブレンドしたもの。スターバックス独自のキャラメルフラン風味のシロップに加え、キャラメル風味のホイップクリームとキャラメルフランソースを加えた典型的なキャラメルフラペチーノです。

このドリンクのベンティバージョンは500カロリー近くあります。カロリーなんて気にしていたら、フラペチーノなんて飲めないですよね。

ティーフラペチーノ

gt
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

この2つの限定フラペチーノ、「チョコレートブラックティーwithアールグレイジェリーフラペチーノ」と「ダブルチョコレートグリーンティーフラペチーノ」は、いずれも2019年4月に発売されましが、その後、他のブレンド飲料が発売されたためメニューから削除されました。

しかし、抹茶フラペチーノは普通に注文できますし、そこにチョコレートシロップを追加すれば同じような味を楽しむ事ができます。

シナモンロールフラペチーノ

starbucks-cinnamon-roll-frappuccino
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

シナモンロールフラペチーノは、秋のシークレットメニューでした。中身は、コーヒー、ホワイトチョコレートモカソース、バニラビーンズシロップと一緒にブレンドされたシナモンドルチェシロップの組み合わせです。上には、ホイップクリームとシナモンドルチェのパウダーがトッピングされていました。

シナモン好きの人たちには、このちょっぴりスパイシーなドリンクがとても人気で、なくなったことをいまだに嘆いている人もいます。シナモンロール好きにはたまらない一品です。

ティラミスフラペチーノ

starbucks-tiramisu-frappuccino
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

ティラミスフラペチーノほど美味しいものは思い浮かばないと思いませんか?2019年春に日本で発売されたこの飲み物は、過去にはアメリカでも発売されていました。味は、まるで本物のティラミスのよう。

マスカルポーネチーズと卵をベースに、コーヒー漬けのスポンジケーキをブレンドし、ホイップクリームとダークチョコレートパウダーをトッピングしています。想像しただけで口の中にティラミスの旨味が広がってくるような気がします。またどこかのタイミングで販売されないでしょうか。

レモンバーフラペチーノ

starbucks-lemon-bar-frappuccino-1
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

スターバックスがどうやってレモンバーフラペチーノを作ったのか想像もつかないでしょう。この飲み物には、ベースにレモネードが入っています。

このドリンクは2015年の春に発売されました。バリスタたちはフラペチーノのカップの最初のラインにレモネード、カップの2番目ラインにミルク、そしてバニラシロップを2ポンプ入れました。最後にホイップクリームとキャラメルシュガーをトッピングして完成です。

コットンキャンディフラペチーノ

starbucks-cotton-candy-frappuccino
Photo Credit: Starbucks
Photo Credit: Starbucks

少し前に、スターバックスから色鮮やかなコットンキャンディーとバブルガム味のフラペチーノが発売されました。しかし、どうやら今でもスターバックスのシークレットメニューとして、コットンキャンディーフラペチーノは注文する事ができるようです。色は、当初販売されていたものより鮮やかではありませんが、味はおいしいのです。

ラズベリーシロップにバニラビーンフラペチーノで、コットンキャンディーフラペチーノの出来上がりです!日本では、ラズベリーシロップが期間限定なので、何か期間限定のフルーツシロップが出た際には、オーダーしてみるといいかもしれません。