地球上で最も危険な生物とは?実はあなたも危険と隣り合わせかも

人間以外にも、この地球上には魅力的な生き物がたくさんいることはみなさんご存じだろう。人間と異なる種族もまた、それぞれユニークな特徴を持っている。中には、とても狂暴なものや適切な訓練を受けていない限り、命の危険を脅かす生物もいます。例えば、ヘビは無害で種類もあり、ペットとして所有することもできるが、中にはあなたの毛穴の全てから出血させることができるようなヘビもいる。この記事ではそんな地球上で最も恐ろしい生き物たちをご紹介しよう。40枚目に出てくる最も危険な生物とは?

ブラジリアン・ワンダリング・スパイダー

Pinterest
Pinterest

蜘蛛は私たちの生活の中でもよく目にする相手だが、これは毒蜘蛛の中でも王様だ。気味の悪い8本足の見た目通り、ブラジリアン・ワンダリング・スパイダーはあなたの死を最悪のものにしてくれる。

このクモは、人間を噛んだ後、特に男性であれば、最も恐れるようなことが起こります。それは、心臓麻痺、低体温症、痙攣の他に、噛まれたのが男性であれば、永遠にとれることのない勃起時に激痛が走ります。

デスストーカースコーピオン

Stephen Osman/Los Angeles Times via Getty Images
Stephen Osman/Los Angeles Times via Getty Images

デスストーカースコーピオンには、主に北アフリカと中東に生息している。サソリに遭遇し、何らかの接触があった場合、その致死率は、75%以上である。

健康な大人であれば、刺されたときの死に繋がる確率は多少低くなるかもしれないが、子供の場合は、死活問題である。発熱や昏睡、麻痺に苦しみ、肺が自分の体液で満たされて、死に至る・・・

アフリカンヒョウ

James Jones / Barcroft Images / Barcroft Media via Getty Images
James Jones / Barcroft Images / Barcroft Media via Getty Images

私たちの知っている大きな猫は、愛らしく、一度は近くで撫でてみたいという気持ちになるほど、動物園での人気者だ。しかし、あなたが動物園の飼育員でもない限り、野生のアフリカヒョウに遭遇したら、無駄な抵抗はやめたほうがいいかもしれない。どうにか勝とうと思っても、あなたには勝ち目などないからだ。

もしも、このヒョウに怪我なんかをさせた場合、向こうが反撃してさらに危険な状態に陥るだろう。彼らは、ネコ科の中で最も大きい種類ではないが、強力な力を持っており、カモシカやキリンのような大きな動物でさえも簡単に死に至らしめてしまう。

アフリカのミツバチ

Pinterest
Pinterest

これは、あなたの庭で花粉を集める普通のハチではない。このハチは、小さな体にも関わらずとても危険だ。1957年、ブラジルの養蜂家がヨーロッパとアフリカのミツバチを交配しようとしたとき、彼らは生まれてしまった。

彼らは遺伝的に混合された “殺人蜂 “であり、北と南アメリカ全体に生息している。もし、あなたが一匹でも怒らせたら、彼らは仲間を呼んで、集団で襲ってくるだろう。このハチが生息している近くに家がある場合は、窓が閉まっていることを確認して欲しい。

ブラックマンバ

JOEL SAGET/AFP/Getty Images
JOEL SAGET/AFP/Getty Images

前のスライドでも触れたが、ヘビの中でもペットとして飼えるような、噛まれても何も起こらない種類もある。しかし、このブラックマンバは人生の中でできれば遭遇したくないコブラの一種だ。専門家の間では “死の化身 “と呼ばれている。

コブラは、アフリカでは多くの神話や伝説に登場する。彼らは非常に攻撃的で、動きが素早く、挑発しなくても攻撃してくる。もし、遭遇しないように祈るしかないのだ。

ずきんアザラシ

Pinterest
Pinterest

このアザラシは、私たちが知っている普通のかわいいアザラシとは似ても似つかない。ずきんアザラシは、成体のオスの頭上に膨らんだ膀胱があるせいで奇妙な見た目をしている。更に、他のアザラシとの大きな違いは、攻撃的であり縄張り意識が強いということだ。

もしどこかで見つけた場合は、十分な距離を保つことをお勧めする。彼らは人間ということもお構いなしに、向かってくるだろう。彼らのような海洋哺乳類は通常、カナダ、グリーンランド、アイスランドに生息している。

ヒクイドリ

GOH CHAI HIN/AFP/Getty Images
GOH CHAI HIN/AFP/Getty Images

これは、地球上で最も危険な鳥といっても過言ではない。ヒクイドリは、写真からも分かるように巨大な鳥で、人間の体を簡単に噛みちぎるほどの獰猛な爪を持っている。野生で出くわすようなことはほとんどないが、運が良ければ、彼らが浜辺や民家の中で食べ物を探してさまよっているところを目にすることもあるだろう。

もし、餌が見つからなければ攻撃してくることもある。とある地域では、このヒクイドリが人を押し倒し、頸静脈を一撃で切り開くという事件があった。

サシハリアリ

Pinterest
Pinterest

どこにでも這っているアリを私たちは紹介したいのではない。 このサシハリアリは、名前の通り、刺すことで攻撃してくる。またその痛みは、銃で撃たれたのと同じくらい痛みが伴うと言われている。このアリの毒素は、中枢神経系を標的として広がっていくのだ。

それは成人男性・女性共に麻痺を引き起こすのに十分な量である。たった一匹の小さなアリからは、想像がつかないかもしれないが、可能なのだ。南米の熱帯雨林を旅することがあるならぜひとも気をつけてほしい。小さいからってなめてはいけない。

オニダルマオコゼ

Reinhard Dirscherl/ullstein bild via Getty Images
Reinhard Dirscherl/ullstein bild via Getty Images

“最も毒のある魚”の称号を持つ水中生物とは何か?それは、オニダルマオコゼだという。オニダルマオコゼは、海底に静かに隠れ、獲物が来るのを待っている。しかし、その獲物の捕獲中に邪魔されたり脅かされたりすると、毒を分泌し、我々の神経に影響を与える。

その毒が脊椎までに達すると足だけでなく、命を失うこともある。おそらく海の中でどんな生物よりも生き残れるのは、このオニダルマオコゼだろう。

アフリカゾウ

Wolfgang Kaehler/LightRocket via Getty Images
Wolfgang Kaehler/LightRocket via Getty Images

アフリカゾウは、多くの人から愛されている動物だ。彼らは、先史時代のマンモスと遠い親戚であるが、ダンボのようなかわいいディズニーキャラクターと混同しないようにしなくてはならない。アフリカゾウは非常に執念深い動物であり、世界最大の陸上動物ともいわれている。

彼らは、サイをも踏みつけて死なせてしまうことがある。また、怒りの頂点に達すると、感情のコントロールが難しく、その過程で村全体を踏みつけるというような事件も起きた。とある動物園では、飼育員でさえもゾウを怒らせたことがあり、その飼育員が忘れて時間が経った頃に、そのゾウは飼育員の頭を攻撃し、叩きつけた。

モウドクフキヤガエル

Schellhorn/ullstein bild via Getty Images
Schellhorn/ullstein bild via Getty Images

モウドクフキヤガエルは、カエルの中でもかなり危険な種類だ。このカエルの皮膚には10人の成人男性を殺すほどの猛毒がついている。 一度でも触ったら終わりだ。カラフルでかわいいからといって、その黄色い皮膚には惑わされないで欲しい。

このカエルは、非常に小さくクリップほどの大きさだと言う。そして、コロンビアの太平洋岸で見かけることができる。旅行する前に、この小さな殺人鬼に遭遇することも覚えておこう。

ラブカ

Awashima Marine Park/Getty Images
Awashima Marine Park/Getty Images

この生物は、サメよりもウナギに似ているが、獰猛さはサメと同じくらいだから恐ろしい。彼らは、鋭い狩猟のスキルを持ち合わせている。自らの三叉の歯を使って獲物を引っ掛け、逃げられないようにするのだ。

彼らは、深く青い海に生息しているので、ちょっとやそっと海水浴したくらいでは出くわすことがないから安心だ。もし、接触したら最期、あなたが再び水を楽しむことはできないかもしれません。

カツオノエボシ

Wild Horizons/UIG via Getty Images
Wild Horizons/UIG via Getty Images

ここにも致命的な危険を及ぼす海の生き物がいる。彼らはクラゲの一種と思われているが、このカツオノエボシは、ヒドロ虫の仲間に属している。カツオノエボシの最大の特徴は、猛毒である。

この毒は、人間の皮膚に大きな赤い斑点を残し、その後、リンパ節に毒を送る。発熱やショック症状、また多くのアレルギー反応をも与える。普通のクラゲに刺されたのとは、比べ物にならないほどの痛みだという。

ハイエナ

Wolfgang Kaehler/LightRocket via Getty Images
Wolfgang Kaehler/LightRocket via Getty Images

『ライオンキング』のハイエナの描写に騙されてはいけない。動物専門家のゴードン・グライスによると、死ぬのに最も望まない方法といえば、ハイエナにむさぼり食われることだそうだ。それくらい彼らの捕食行動は容赦ない。

ハイエナは、あなたの皮膚と顔を引き裂き、生きているまま食べ始める。彼らは、悲鳴を上げて苦悶している獲物を見て、楽しみながら笑っているだろう。これを聞いて、ハイエナの餌になるのは、絶対に避けたいと強く誓うだろう。

ヒョウモンダコ

Reinhard Dirscherlullstein bild via Getty Images
Reinhard Dirscherlullstein bild via Getty Images

ヒョウモンダコは、その見た目の鮮やかさとは裏腹にとても恐ろしい生き物である。彼らは、その見た目を利用して、確実致命症を負わせる不吉な生き物だ。彼らは呼吸筋を麻痺させる神経毒で、周囲から身を守るのだ。

つまり、刺された場合、すぐに人工呼吸をする状態に陥るか、もしくは窒息死(酸素を奪われる)状況に直面することになる。この青いタコには近づかない方がいいだろう。

イリエワニ

Hal Beral /VW Pics/UIG via Getty Images
Hal Beral /VW Pics/UIG via Getty Images

イリエワニは、地球上で最も危険だといっていいでしょう。彼らの姿は、かつての恐竜が進化した姿ともいわれている。非常に高度なスキルを持った捕食者であり、日々生き残るためには、何かをかみ殺さないといけないのだ。彼らは速く泳ぐことができるだけではなく、獲物を攻撃するために、どのように身を隠すのが効果的かということもよく熟知している。

動物界の中でもこのワニは、切れ味抜群の歯を持っており、捉えた獲物はあっという間にかみ砕いてしまう。また、陸でも海でも強さを発揮できるイリエワニは、もはや動物の中でも最強だといえるだろう。

フグ

Contributor/Getty Images
Contributor/Getty Images

フグは、世界で最も猛毒のある脊椎動物であり、日本ではおそらく大好物な人も多いほどの、高級珍味である。しかし、日本でも免許のある人のみの調理が許可されており、汁物料理や生での調理法を間違えると、大変なことになる。。

もし、フグ料理を食べていて横隔膜が麻痺して呼吸が止まったら・・・そんなことを考えるとフグを食べるのも命がけだろう。日本以外にフグを食べる国は、あまりいないので海外から日本人は勇気があると思われているらしい。

ブームスラング

Pinterest
Pinterest

ブラックマンバほどではないが、ブームスラングにも、致命的になり得る特徴がある。彼らは、一見おとなしい性格をしているのだが、一度挑発されるといきなり暴れ出すのだ。比較的シャイなので人間の前に現れたり、襲うなどということはないが、もし怒らせたら取り返しのつかないことになるだろう。

ブームスラング持っている毒は、血液凝固を無効にするヘマトキシンである。噛まれた後は、ゆっくりと私達を死に向かわせ、体中のあらゆる毛穴から出血する。

ホッキョクグマ

Stefan Sauer/picture alliance via Getty Images
Stefan Sauer/picture alliance via Getty Images

この動物は、コーラのCMに出てくるただのかわいい動物ではないことを最初に知っておいてほしい。彼らは実は、世界最大の肉食動物であるのだ。

彼らは、少しでも肉付きの良いものなら何でも食べる。そして、それは他のホッキョクグマも例外ではない!これはメディアでは、滅多に見せないホッキョクグマの一面である。人間を殺すこともあまり知られていないが、それは彼らのイメージや野生のホッキョクグマが近くにいないことも大きいだろう。

オオベッコウバチ

DeAgostini/Getty Images
DeAgostini/Getty Images

これは普通の蜂ではない。オオベッコウバチは、スズメバチを餌にしているのだ。普通のハチとは比べ物にならないほどの大きさがあり、英語ではタランチュラホークともいわれている。また、このハチは自分で自分の身を守ることに非常に敏感なため、攻撃されたと感じたら、一気に襲ってくる。このハチによる死亡者は、毎年数十人仁にも及ぶ。

彼らは自身の針で獲物を麻痺させ、自分たちの卵の上に置く。そして、卵が幼虫に孵化したタイミングで、その生きている獲物をごちそうにするのだ。恐ろしい・・・。

ハコクラゲ

Auscape/UIG via Getty Images
Auscape/UIG via Getty Images

多くの人がサメやタコのような大きな海の生き物を恐れるのはよくあることだが、小さな生物にも注意が必要だ。それは、クラゲにも該当する。その中でもハコクラゲは、最も気を付けなければならない一種だろう。

ハコクラゲは、海のスズメバチとして知られており、ほとんどの主要な海洋、カリフォルニアの水域では見かけることが出来る。彼らは小さな生き物を狩るために毒素を出し、全ての生き物に死に至らす。

アフリカスイギュウ

Wolfgang Kaehler/LightRocket via Getty Images
Wolfgang Kaehler/LightRocket via Getty Images

もし誰かがアフリカで最も危険な動物は何かと聞かれたとしても、アフリカスイギュウの名前は出てこないだろう。蛇やライオン、スズメバチのような生き物がいるのに、誰がスイギュウを思いつくだろうか?しかし、アフリカスイギュウはアフリカの中でも危険な動物にランクインしている。

写真からも分かるように大きな体、パワフルな頭(角を見て欲しい)、そして次にどんな行動をするのか予測不可能な動物でもある。彼らは決して家畜化されないし、基本的に人間を嫌っている。

コモドオオトカゲ

Don Arnold/WireImage
Don Arnold/WireImage

トカゲと言えば、長い尾にうろこ状の皮膚という生き物を思い浮かべるのは間違いではない。しかし、このトカゲはそのタイプではない。コモドオオトカゲは、見た目のかわいらしさとは裏腹に、とても危険な生物なのだ。

大胆不敵な、彼らは肉や血で作られたものを何でも食べる。彼らは主に水牛や鳥を狩るが、ためらうことなく人間をもむさぼるといわれている。

アメリカオオアカイカ

Scott Varley/Digital First Media/Torrance Daily Breeze via Getty Images
Scott Varley/Digital First Media/Torrance Daily Breeze via Getty Images

これまた海の動物のご紹介。またしても海の恐怖が襲う。アメリカオオアカイカはイカ科の中で、最も大きい種類という訳ではありませんが、体格からは想像できない殺傷戦術を持っている。

アメリカオオアカイカは、骨を折る前に肉を切り裂くことができるくちばしを持っている。更に、彼らの触手のそれぞれは、かなり鋭い歯に囲まれた吸盤が並んでいる。この触手の一つにでも触れたら、あなたは正に”シーフード”になること間違いない。

コーンカタツムリ

De Agostini Picture Library/De Agostini/Getty Images
De Agostini Picture Library/De Agostini/Getty Images

この小さな見た目に騙されてはいけない。そうでなければいつの間にか人生の終わりを迎えることになる。コーンカタツムリは、一見飼いならされているように見えるが、それとは程遠い存在だ。人々は、この生き物に “タバコのカタツムリ “というニックネームをつけた。

それは、非常に強い猛毒がたったの一滴で20人の成人男性を殺すことができることからつけられたのだ。更には、彼らの毒に効く解毒剤は発見されていないのだ。

ツェツェバエ

Patrick ROBERT/Sygma via Getty Images
Patrick ROBERT/Sygma via Getty Images

ツェツェバエは、このリストの中では最も小さいも生き物の一つかもしれないが、その大きさに惑わされてはいけない。そのお腹にまずは注目して見てほしい。

ツェツェバエは、人間を含む他の生物にも感染する病気を運ぶことで知られている。最も致命的な病気の一つは睡眠病であり、これはアフリカ全域で流行している。

サシガメ

Auscape/UIG via Getty Images
Auscape/UIG via Getty Images

このサシガメを良く見てほしい。そう、簡単にこの蜂を持ち上げているのだ。その様子だけで、この昆虫がいかに危険か予測することができるだろう。おそらく多くの人がこの虫が暗殺者であることを知っているかもしれないが、その危険性がどれくらいなのかは実際に調べたりしないであろう。

通常、人間が寝ている時を襲って、唇のまわりで標的を噛み攻撃する。サシガメによる被害は、毎年10,000人まで及ぶ。間違っても素手で触ろうなんてしないで欲しい。

ホオジロザメ

Brad Leue / Barcroft Images / Barcroft Media via Getty Images
Brad Leue / Barcroft Images / Barcroft Media via Getty Images

ホオジロザメは、地球上で最も危険な生き物の一つとして有名だ。彼らは映画の題材にもなった危険動物であり、暴力的に人々を殺してしまう動物なのだ。ジョーズの映画を見れば彼らがどれだけ恐ろしいかわかるだろう。

ホオジロザメこそ、頂点に輝く捕食者であり、水の中では彼らが恐れるものは何もない。鋭い歯と長い体で、一気に襲いかかられたら、どんな生物も決して歯が立たない。サメに襲われることは、そんなに一般的ではないが、それでも海に行くときはいつだって気を付けたほうがいいだろう。

サスライアリ

Education Images/UIG via Getty Images
Education Images/UIG via Getty Images

サスライアリは、ホオジロザメなどとはまた違ったタイプの怖さのある危険生物だ。彼らは、ドライバーアリやシアフとしても知られているが、5000万匹と群がって集団で攻撃する。どんなに小さな生き物だって、集団となれば強いのだ。

彼らの獲物を捕まえる手段は、用意が周到になされており、決して少し体が大きいからといって、見下してはいけない。一度噛まれたら最後、地獄の果てに突き落とされるだろう。

アフリカンライオン

GENT SHKULLAKU/AFP/Getty Images
GENT SHKULLAKU/AFP/Getty Images

多くのサメやワニのように、私たちは彼らがジャングルの王であり、どれだけ危険であるかを知っているだろう。アフリカライオンは高貴であり、動物園でも最も人気のある動物の一種だ。

彼らは、狩りをする能力に優れており、幼いころから何度も練習する。そして、一発で大きな獲物を捕らえることも可能になるんのだ。危険とはわかっていても、彼らの勇ましさは憧れを抱く人も多いのではないだろうか。

オオスズメバチ

Tony Margiocchi / Barcroft Media via Getty Images
Tony Margiocchi / Barcroft Media via Getty Images

ハチが群らがっているのも怖いかもしれませんが、それよりもっと怖いものもある。それは、たった一匹で1分間に40匹のミツバチを殺し、毎年何十人もの人間を殺すことができる巨大なスズメバチのことだ。これらの飛翔昆虫は通常大きさが3㎝~5㎝ほどにも及ぶ。

中には、人間の親指一本分の大きさになるものもあり、人間の汗の匂いに惹かれ、走っている人にも敏感に反応する。ランニングなどの運動は、彼らの住処の近くで行わない事をおすすめする。

ナイリクタイパン

DEA / C.DANI / I.JESKE/De Agostini/Getty Images
DEA / C.DANI / I.JESKE/De Agostini/Getty Images

これまでに説明したヘビの中でもナイリクタイパンは、世界で最も毒の強いヘビだ。それは、一回噛むだけで100人の大人を倒せるほどの毒の強さだ。

しかし、少しだけ安心できるニュースといえば、このヘビは非常に貴重でなかなか遭遇できるわけではない。彼らはオーストラリアに生息していて、基本的には茂みなどに隠れている。また、ナイリクタイパン自体が強力なのに、もし人間に見つかった場合は、一目散に逃げ出すのだ。

オジロジカ

Arterra/UIG via Getty Images
Arterra/UIG via Getty Images

この一見無害に見える動物が、どうしてこのリストに入っているだろうか?と疑問に思う人もいるかもしれない。彼らはおとなしいと思われているが、人間の生活に大きな危険をもたらす可能性があるともされる。通常、鹿が人間を襲うことはないが、別の方法を使って私達に死をもたらすのだ。

オジロジカは、毎年150万件以上の車同士の衝突事故を誘因している。その数は、年間100人以上の人間の死亡者と数千人の負傷者に相当する。

ネズミ

Gary Hershorn/Getty Images
Gary Hershorn/Getty Images

ライオンやサメほど目立たないかもしれないが、ニューヨーク市のストリートチャンピオンでは注意が必要だ。夜中、目が覚めた時に部屋の中でネズミと遭遇する思い出などいらないだろう。また、彼らはあなたを噛むことだってあるのだ。

ネズミは、人間に直接的に病気を感染させることでも知られている。そのウイルスには、 レプトスピラ症、肺症候群、ペストなどが含まれる。これらの病気はどれも命に関わるものばかりだ。

ベンガルトラ

Debajyoti Chakraborty/NurPhoto via Getty Images
Debajyoti Chakraborty/NurPhoto via Getty Images

この大きな猫をリストから外すことはできないだろう。ベンガルトラは、危険であると同様に雄大さも持っている。彼らはバングラデシュとインドを代表する動物であり、その強さが雄大さの象徴とも言われている。

夜行性のハンターである彼らは、通常人々から明確にわかるような位置には待機していない。彼らの強さに右に出るものは、ライオン以外いないのかもしれない。むしろ、ライオンとだって、互角で戦える能力があるのだ。

ナマケグマ

Prisma by Dukas/UIG via Getty Images
Prisma by Dukas/UIG via Getty Images

木にぶら下がっている中型の熊を猟師が初めて発見したとき、一瞬ある動物と見間違えた。そう、その動物は、幹のような鼻と長い爪を持っていたので、ナマケモノだと思ったのだ。

穏やかに見えるこのナマケグマは、名前とは裏腹に非常に獰猛である。ナマケグマは、縄張り意識が強く、そこを荒らされると顔と頭を引っ掻くようにして狙ってくるのだ。かわいらしく出ている写真の舌に騙されないようにして欲しい。

カバ

Juancho Torres/Getty Images
Juancho Torres/Getty Images

そう忘れてはいけないのが、お腹をすかせたカバ。カバもこのリストに入れなければならない。彼らはほとんどが草食だが、それでも非常に攻撃的な一面も持ち合わせている。スイギュウと同様、カバはアフリカで最も危険な動物の一つとして知られており、地元の人からは恐れられている。

彼らは、挑発などなしに、人間を攻撃することで知られており、車を丸ごと破壊してしまうほどの力の強さがある。また、巨大な歯を持っているので、決して怒らせたり挑発などはしないようにして欲しい。

ゴリラ

Jesus Merida/SOPA Images/LightRocket via Getty Images
Jesus Merida/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

ライオンは、ジャングルの王様かもしれないが、ゴリラはライオンでもできれば戦いたくない相手だ。主に中央アフリカに生息しているので、その地方に万が一訪れる機会があるのであれば、注意してほしい。

彼らは通常、葉っぱを食べて過ごすのだが、攻撃を受けると深刻な被害を引き起こす可能性がある。成体のオスは、最大180キロほどの重さがあり、強力な手と鋭い歯で襲ってくる。

オオダコ

The Washington Post / Contributor
The Washington Post / Contributor

この海の生き物は、確認されているタコの種類の中で最も長く生きていると言われている。巨大なオオダコには、深い海の中でも決して遭遇したくはない。彼らは270Kg近くの重量があるものもいる。

獲物を吸盤で捕獲し、口に持っていき、鋭い歯で捕食する。この一連の流れを彼らは楽しむように行うのだ。いかに彼らが残酷な食べ方をするのかわかるだろう。

人間

Stefano Guidi/LightRocket via Getty Images
Stefano Guidi/LightRocket via Getty Images

最期に、この地球上で最も危険なのは、もしかしたら私達人間なのかもしれないと思っておいた方がいいだろう。かつて恐竜がいた時代や、多くの希少動物が絶滅してしまったのも、私達人間が手を加え、自然の摂理を変えてしまったことに原因がないとは言い切れない。

これからの未来、人間本位の考えだけでは、決して生き抜いていくことができなくなってくるだろう。これ以上、自然や環境を破壊しないためにも、私たち人間が出来ることから初めていかなければならないのではないだろうか。