意外と知らない?食卓にある塩のクリエイティブな活用法

どのご家庭の台所にも常備されている塩。調味料のスタメンである塩は、どんな食べ物の味付けにも適しています。しかし、この人気調味料にはあまり知られていない活用法があることをご存知ですか?例えば、コーヒーメーカーの掃除に塩を使ってみること言うことを考えたことがありますか?

『フード・マイクロバイオロジー』によれば、塩は強力な抗菌・防腐作用があります。一般的な塩を使ってきれいにできるものはたくさん存在します。みなさんの髪にも効果的です。それでは、驚きの塩の活用法を見ていきましょう。

フライパンの油汚れを落とす

Person cleans a carbon steel pan with salt
YouTube/knivesandtools
YouTube/knivesandtools

塩は、研磨作用と他のものに対する触媒作用があります。食器洗いに塩を使用することで、食器用洗剤の制臭作用を高めます。油でベトベトのフライパンに塩をまぶして、擦ってください。塩が多ければ多いほど、よりきれいに洗浄できます。

古い鉄製のフライパンをお持ちなのであれば、洗剤抜きでこのトリックを試してみましょう。フライパンに塩をまぶして、10分ほど放置します。それから湿ったタオル、スポンジ、その他のクリーニングツールを駆使して、きれいにしましょう。塩で油汚れが落ちるはずです。

塩でアイロンをきれいに

Cleaning a clothing iron by sprinkling salt on the cutting board
Twitter/@maidsinblack
Unsplash/@mroz

服の染みの上からアイロンをかけてしまうと、アイロン自体に汚れがついてしまうことがあります。これを別のシャツに移したくはないですよね?塩できれいにしましょう。塩は温かいアイロンにあてても溶けません。塩の溶解温度は800度で、洋服用のアイロンは熱くても230度までしかいきません。

塩が解けることはないため、アイロンに残ってしまった残留物をこすり取ってくれます。紙の上に塩をまいて、温かいアイロンをその上からかけてください。数回行ったり来たりしたら電源を切って、冷めてから柔らかい生地で汚れを拭きとりましょう。

虫刺されを和らげてくれる塩

Coarse salt flakes sprinkled on a woman's skin
Pinterest/Beth Szollose
Pinterest/Beth Szollose

2006年の『フード・マイクロバイオロジー』によれば、塩はバクテリアを減少させてくれる抗菌剤です。この効能のため、特に蚊などの虫刺されに効果的です。虫刺されが異常に痒いということであれば、次のテクニックをお試しください。

塩に少量の水を加えます。「少量」はかなりの「少量」です。塩をペースト状にしてください。これを虫刺されに塗り込みます。別の方法としては、虫刺されを湿らせて、その上から優しく塩を塗り込みます。この方法を実践する場合、虫刺されをさらに悪化させないために細かい粒子の塩を選んでください。

コーヒーメーカーの掃除

An automatic coffee maker brews coffee-by-the-cup in the condo of Kitty Bernard in Reston, VA.
Jahi Chikwendiu/The Washington Post/Getty Images
Jahi Chikwendiu/The Washington Post/Getty Images

ナショナル・サニテーション・ファウンデーションは、コーヒーメーカーは家庭内で5番目に汚いアイテムであるとしています。あまり掃除することがないだけでなく、湿り気と熱によってバクテリアを寄せ付けます。楽にお掃除するためには、食塩水をマシンにかけてください。

コーヒーポットに水を入れて、大さじ4杯分の塩を加えます。それからコーヒーマシンを普段通りにまわします。塩がほとんどのバクテリアを殺して、残ってしまった苦みを取り除いてくれるはずです。塩気をなくするためには、水でマシンを回しましょう。注意:この方法は普通のコーヒーマシン用のため、キューリグのマシンでは試さないでください!

苦いコーヒーには塩

YouTuber adds salt to espresso grounds to remove the coffee's bitterness
YouTube/Whole Latte Love
YouTube/Whole Latte Love

シェフで作家のアルトン・ブラウンは、コーヒーの苦さを中和するための変わった方法を薦めています。コーヒーを淹れる前に、小さじ4分の1分の塩をコーヒー豆に投入してください。これによってコーヒーの酸度が低下して、甘い味わいになります。

この方法は生化学的基盤が関係しています。塩のイオンであるNa+が苦みを引き起こす化学物質に介入するのです。ココアや苦い紅茶にも同じ方法を活用することが可能です。また、コーヒーのマグに染みが残ってしまったら、塩水できれいにしましょう。

スポンジを救出

Sink cleans a dirty kitchen sponge of microbial bacteria
Twitter/@aaas
Twitter/@aaas

キッチンのスポンジが汚くなってきたら、まだ捨てないでおきましょう。1カップに対して4分の1の塩が入った食塩水をボウルに入れてください。これにスポンジを入れて、一晩漬けます。朝になれば、すべての汚れが落ちているはずです。

塩はスポンジの中の隙間をゆっくりを埋めて、これによって汚れが外に出されます。大きな穴があいているスポンジではこの方法は効果がないかもしれません。その場合は、食洗機にスポンジを入れて洗いましょう。

フケ落とし

Young person washes their hair in the sink
Wodicka/ullstein bild via Getty Images
Wodicka/ullstein bild via Getty Images

硫酸マグネシウムトリートメントを試してみたことはありますか?塩が天然スクラブ剤として作用します。フケにお困りなら、スクラブを試してみましょう。硫酸マグネシウムを髪の毛と頭皮に塗り込めば、死んだ皮膚を取り除けます。

シャンプーの前に、塩の粒を乾いたまたは湿った髪にマッサージします。死んだ皮膚を完全に落とすまで、2~3分もみこんでください。それから、通常通りにシャンプーとリンスをします。フケの状態に応じて、週に2~3回行ってください。

天然プロバイオティクス

cabbage
Pinterest/ihavegotit
Pinterest/ihavegotit

ザワークラウトが素晴らしいプロバイオティクスであることはご存知ですか?しかも、ご自宅で簡単に作ることが出来ます。作り方としては、初めにキャベツのヘタを取り除いて、芯を丁寧に切り出します。芯は処分して構いません。

次に、大さじ一杯の小さな粒の塩を穴に流し込みます。これがキャベツの汁と混ざり合って、発酵し始めます。キャベツを水に沈めて、室温で1~6ヶ月放置してください。お好みの味になったら、キャベツを刻んでメイソンジャーで保存しましょう。

塩水で飲み物がすぐに冷える

Wine bottles are chilled on ice in Croatia
Unsplash/@stairhopper
Unsplash/@djk4lyfe

素早くビールを冷やしたいのであれば、クーラーに水、氷、塩を入れましょう。塩の入れ過ぎの心配はありません。飲み物をお互いに近づけすぎないようにして、ビールをクーラーに入れてください。5分ほどで冷えてくるはずです。

このテクニックの仕組みをご説明しましょう。どんな液体にも、氷になる「凝固点」が存在します。水の凝固点は通常0度。しかし、水に塩を入れると水の凝固点降下が起こります。これは塩のイオンが分子がすぐに結晶化してしまうことを防ぐためです。

乳製品の寿命を延ばす

Chef salts goat cheese at the farm 'La Ferme du Petit Quenneval' in Wirwignes
Andia/Universal Images Group via Getty Images
Andia/Universal Images Group via Getty Images

おかしな響きかもしれませんが、塩は乳製品に最適な保存料です。塩が余分な水分を吸収して、カビが生えることを防いでくれます。チーズを長持ちさせるためには、ナプキンを塩水につけてチーズを覆ってください。

塩を一つまみ入れると、牛乳の鮮度が保たれます。入れる塩は少量のため、味はしないはずです。この方法で賞味期限を過ぎても1週間ほどは牛乳の鮮度が保たれます。

レタスをパリパリに保つ

Romaine lettuce in a bowl at a coffee shop
Derek Davis/Portland Portland Press Herald via Getty Images
Unsplash/stephanie_moody

べしょべしょしたレタスが好きな人はいませんよね。サラダをパリパリに保ちたいのであれば、上から塩をまぶしてください。サラダに味がつくだけでなく、少し長もちさせることが出来ます。塩は古くから食べ物の寿命を延ばすために使われてきているんです。

これは科学的に説明がつきます。塩は浸透で細胞から水を引きだします。少しの塩をまぶしておくことで、レタスをパリパリに保つために十分な水分を惹きつけることが出来るのです。しかし塩を加えすぎた場合、生命維持に必要な水分を細胞から取り除きすぎてしまいます。これは塩がバクテリアを殺すことが出来る理由でもあります。

切ったフルーツが茶色になるのを防ぐ

A sliced apple sits neatly on a blue surface
Fairfax Media via Getty Images
Fairfax Media via Getty Images

フルーツが酸素に触れると、少しずつ茶色に変色します。水に沈めることでフルーツの色を保つことが出来ますが、これによってバクテリアの危険にさらされます。幸い、塩の抗菌作用はバクテリアの生存を妨げることが可能です。

フルーツの寿命を延ばしたいということであれば、大きなボウルに入れて、水に漬けてください。これに塩を加えます。塩が果物の中に吸収されたことがわかるかもしれません。これは果物が再び満たされた証拠です。5~10分漬けたのちに、果物を水から取り出してください。

赤ワインの染みも塩で解決

Red wine called The Griffin pours unsteadily into a wine glass
Twitter/@JourneysEndWine
Twitter/@JourneysEndWine

塩は素早く水分を吸収するため、染み抜きにもぴったりです。ワインをカーペットにこぼしてしまったら、濡れた部分に塩をぶちまけて10~15分ほど待ちます。それからこれを掃除機で吸い上げてください。白ワインなど他の簡易お掃除テクニックとは異なり、塩は完全に染みを取り除いてくれます。

洋服の染みの場合、赤い染みの部分に塩をまぶして、3分待ちましょう。それから冷水ですすいでください。まだ染みが残っているようなら、染みが消えるまでこれを繰り返し、通常通りにお洗濯すればOKです。

染みで黄色くなったタオルを生き返らせる

Woman wears white towels upon leaving the shower
Unsplash/@creativeexchange
Unsplash/@creativeexchange

数か月使用すると、リネンは染みだらけになって黄色に変色することさえありますよね。普通の洗剤では色を取り戻すことはできません。塩は生地の色をきれいにすることが出来ますが、これはタオルなど単色のリネンにのみ使用してください。

カップ2分の1の酢、カップ2分の1の塩、1.9リットル(半ガロン)の水を混ぜます。タオルをこの液体で1時間ほど煮てください。リネンの色がマシになるまで工程を繰り返します。別の方法としては、カップ4分の1分の塩を3.8リットル(1ガロン)の熱湯に加えて、タオルを48時間漬けます。しっかりとすすいで、いつも通りに干してください。

グラスからリップスティックを取り除く

Lipstick smears can be seen on a glass of freshly tapped beer at a press conference regarding the 21st International Berlin Beer Festival
Wolfgang Kumm/picture alliance via Getty Images
Wolfgang Kumm/picture alliance via Getty Images

リップスティックの染みをガラスから取り除くのはなかなか面倒な作業です。リップスティックには唇に残りやすいように皮膚軟化剤が含まれているため、カップから洗い落とすことが難しいのです。通常の食洗機ではどうにもならないかもしれませんが、塩で落とすことが出来ます。

グラスを洗う前に、まずリップスティックの染みをこすり取ります。塩を濡れたタオルにまいて、染みをこすり落としてください。それでも取れない場合は、これにアルコールを加えて同じように擦ります。それからグラスを通常通りに食洗機で洗ってください。

排水溝の掃除

Pouring salt down the drain to clean it
YouTube/Clark Howard: Save More, Spend Less
YouTube/Clark Howard: Save More, Spend Less

塩は防腐剤だけではありません。酢など他の抗菌成分の洗浄力を高めてくれます。この2つを混ぜると、シンクやお手洗いの流しをきれいにするだけの強力な薬を生み出すことが出来ます。

はじめに、1カップ分の塩を1カップ分の酢に混ぜて、均等になめらかになるまで混ぜます。この液体を流しに流し込んで、15~30分放置してください。それから熱湯2カップを排水溝に流します。乾燥した塩を排水溝に入れて、上から熱湯をかけても構いません。

夜の間にシンクの排水溝の詰まりを解消

pour-salt
YouTube
YouTube

塩は台所の排水溝の詰まりの解消に活躍します。カップ2分の1の塩に重曹を混ぜてください。4~6時間放置して、寝る前に排水溝にこれを流し込みます。

数時間または一晩そのまま放置したあと、排水溝に熱湯をかけて流します。必要であれば、この作業を繰り返してください。

靴の匂いをフレッシュに

Off-white sneakers rest near a screen door
Unsplash/@patkwon
Unsplash/@patkwon

しばらく履いていると、靴は悪臭を放ち始めます。この匂いは、熱と汗から生まれたバクテリア。塩によって水分を乾燥させるだけでなく、バクテリアも撃退してくれます。靴に塩を流し込んだら、ジムバッグの悪臭が改善されるはずです。

悪臭を取り除くためには、大さじ1杯の塩を靴の両側に流し込みます。少なくとも2時間は放置してください。塩を一晩入れっぱなしにすると楽かもしれません。また、お酢と塩で足をマッサージすると匂いを取り除くことが出来ます。

塩で火のコントロール

Camper cooks bacon over an open fire on the beach in Tynemouth, United Kingdom
Unsplash/@heftiba
Unsplash/@heftiba

塩の溶解点はかなり高温なため、大量にまくことで消火することもできます。暖炉をお持ちの方は、塩をまくだけで火を消すことが可能です。火は素早く消えるため、片付けが楽になります。

油火事に直面したら、水ではなく塩をまいてください。水をかけることで油が広がるため、火事の広がりを促進します。塩や重曹を使用して、荒れ狂う炎を手なづけましょう。

食べ物がフライパンやお皿にこびりつくのを防ぐ

Rachael Ray cleans a Cast-Iron skillet with salt to remove food stains
YouTube/Rachael Ray Show
YouTube/Rachael Ray Show

塩は食べ物がフライパンにこびりついてしまうことを防いでくれる層を形成します。洗った後に、塩をまぶしてください。また、使用前のすでに温まっているオーブンやフライパンに塩をまぶして払い落とすと、食べ物がこびりつきにくくなるはずです。

食べ物がすでにこびりついているのならもう手遅れですが、塩を使ってお掃除することはできます。塩をまぶした濡れタオルで円を描くように磨きましょう。それからいつも通りに洗ってください。皿洗いが楽になるはずです。

キャンドルの垂れを阻止

Candles burn at a Church during Christmas Eve service in Germany
Peter Steffen/picture alliance via Getty Images
Peter Steffen/picture alliance via Getty Images

キャンドルの垂れている感じが好きだという人もいるでしょう。ただ、片付けが面倒だという方は垂れを防止する方法が存在します。使用前に塩水にキャンドルを付けるだけ。

初めに水2カップを沸騰させ、大さじ2分の1の塩を加えましょう(大きなキャンドルの場合は、分量を2倍にしてください)。塩が溶けたら、水が完全に飽和状態になった証です。火を消してください。冷めたらここにキャンドルを入れて最低2時間放置します。使用前に水分を拭きとるのをお忘れなく!

口をさわやかにして痛みを軽減

Small glass of cold water with a spoon in front
Unsplash/@yasuotakeuchi
Unsplash/@yasuotakeuchi

温い塩水でうがいをすることにはたくさんのメリットがあります。まず、のどの奥までの口の中のバクテリアを殺してくれます。塩水でうがいをすると、塩気が口の中の油を分解します。そのため息が新鮮に感じるはずです。

塩水は、のどの痛みや口内炎の痛みも和らげてくれます。小さじ2杯分の塩をカップ4分の1分の水に入れて、口の中で20秒間くちゅくちゅしてください。塩水が口の中の菌を殺してくれるので、痛みが和らぐはずです。

塩を殺虫剤として使用

Salt spilling out from spoon
Universal Images Group via Getty Images
Universal Images Group via Getty Images

市販の殺虫剤に含まれる化学物質がお気に召さないということであれば、天然の解決方法で虫を撃退しましょう。塩で家に寄りつく多くの昆虫を退治することができます。特にアリです。塩をドアや窓枠の周りにまいて、アリの侵入を防止しましょう。

塩で昆虫が死ぬことはありませんが、撃退することは可能です。この用途にはお酢も有効であるため、匂いが気にならないのであれば塩とお酢を混ぜて最強のアリ撃退シールドを作ってみてもいいかもしれません。しばらくすると効果が薄れるため、再び散布することをおすすめします。

変色防止

Freshly washed lama socks of a child hang on a clothes horse
Patrick Pleul/picture alliance via Getty Images
Patrick Pleul/picture alliance via Getty Images

変色した生地というのは、洗濯を繰り返して色が抜けてしまっている状態です。洗濯して色が薄くなってきてしまったお洋服があるのであれば、塩は脱色を防止してくれます。この理由から塩を活用する企業も存在するようです。

2分の1カップの塩、2分の1kップのお酢を、1.9リットルの水に流し込みましょう。洋服を漬け込んで、数時間ごとに優しくかき回します。塩が生地に染みこんだら、色が定着するはずです。24時間後、服を取り出して冷水ですすいでください。必要であれば、この工程を繰り返します。

卵の調理が楽に

An egg lies in a pot on a hotplate in boiling water.
Karl-Josef Hildenbrand/picture alliance via Getty Images
Karl-Josef Hildenbrand/picture alliance via Getty Images

ゆで卵でもポーチドエッグでも、塩を入れてみてください。卵をゆでる際に、水に塩を加えます。これで水の温度が素早く上がるだけでなく、殻をうかせます。そのため、むきやすくなるんです。

さらに、塩水は卵を安定させて割れてしまうのを防いでくれます。低温調理の際にはありがたいですよね。ポーチドエッグを作る際も、塩を加えてください。白身が広がるのを防いで、均等に調理することが出来ます。

卵の鮮度チェック

One egg floats in a glass of water while the other sinks
Twitter/@BoschHomeIn
Twitter/@BoschHomeIn

卵を調理する前に、鮮度を確認したほうがいいかもしれません。さて、どの様に確認すればよいでしょうか。もちろんここでも塩水を使用します。大さじ2杯分の塩をカップ2杯分の水に入れて、そこに卵を入れてください。沈んだら新鮮な証拠。浮いてきたら危険かもしれません。

これは密度に関係しています。塩は水の密度を高くして、古くなった卵を浮かせます。卵が腐ると黄身が消えて代わりに空気が残るんです。そのため塩水よりも密度が低くなります。

ジャガイモの食感を塩でコントロール

Frying potatoes in a pan over the stove
Unsplash/@simonmigaj
Unsplash/@simonmigaj

味付けのためにジャガイモに塩を加える方はたくさんいらっしゃるかと思います。しかし腕利きのシェフであれば、使い方によっては塩がジャガイモの食感を良くも悪くもすることを熟知しています。例えば、塩水でジャガイモをゆでると柔らかくなります。浸透作用のためジャガイモがより塩分の多い水へ移動して、ジャガイモを処理してくれるんです。

塩はポテトフライの食感もよくしてくれます。あげる前に塩水に数時間つけておいてください。塩がジャガイモのでんぷんを引き出して、よりカリカリに仕上げてくれます。

焦げたオーブン臭を解消

Man places red pot inside of oven
Unsplash/Le Creuset
Unsplash/Le Creuset

オーブンに電源をいれて、「焼けた食べ物の匂い」に迎えられたことはありませんか?お掃除用の化学製品を使用せずにこの匂いを取り除く方法があります。8分の1の塩に8分の1の重曹と大さじ1杯の食器洗い洗剤を足します。これをオーブンに塗布して、20分間放置してください。それから拭き取ります。

オーブンに何かこぼしてしまったら、オーブンが暖かいうちに大量の塩で覆ってください。クールダウンしたら、染みをこすり落としましょう。心地よい匂いにしたいのであれば、塩にシナモンを混ぜてください。

冷蔵庫の臭気を取り除く

Debbie Wasserman Schultz places roasted brussel sprout and pomegranate quinoa in the refrigerator at the home
Lexey Swall/GRAIN for The Washington Post via Getty Images
Lexey Swall/GRAIN for The Washington Post via Getty Images

冷蔵庫は常に湿り気があるため、お掃除が困難です。食べ物を保存する場所であるため、化学物質が含まれた製品の使用が不安な人も多いでしょう。ここでも塩が役立ちます。一握りの塩と3.8リットルのお湯を混ぜてください。スポンジを漬けて、冷蔵庫を擦ってきれいにしましょう。

他のお掃除用品と異なり、塩水は研磨効果があまりありません。そのため、傷付けずに汚れを落とすことが可能です。レモンを加えると匂いも除去できます。もちろん、お掃除の前に食品をすべて出しておくことを忘れないでください。

銀食器をきれいに

Silverware rests in a wooden drawer
Unsplash/@jarson
Unsplash/@jarson

塩はやさしいスクラブ剤であるため、銀や銅などの金属を傷つけることはありません。変色を取り除くには、水を沸騰させて、底にアルミホイルをおきます。ここに大さじ2杯分の塩、大さじ2杯分の重曹を加えてください。銀食器はお互いに触れていないようにしましょう。2~5分放置してから、取り出してすすぎます。変色した部分がきれいになっているはずです。

これらのアイテムによって、イオン交換と呼ばれる化学反応が引き起こされます。それが変色した部分を銀色に戻してくれるというわけです。硫化物がアルミホイルの上で硫化アルミニウムに変換されるため、食器を磨く必要はありません。

銅もきれいに

Copper pots for sale in Iran
Unsplash/@aurel__lens
Unsplash/@aurel__lens

時間が立つと、銅製品は変色して汚くなってきます。銅製品をきれいにするための天然の解決法をお探しの場合は、こちらをお試しください。大さじ1杯の塩をホワイトビネガー大さじ1杯に入れます。布をこれで湿らせて、擦って汚れをとしましょう。

鍋を丸ごときれいにしたい場合は、3カップ分の沸騰したお湯に塩と酢を混ぜたものを加えてください。鍋またはフライパン全体がつかるようにして、汚れが落ちるまで煮ます。キレイになったら、乾燥させて優しく石鹸と水で洗ってください。

プラスチック製品の悪臭

Woman cleans tupperware bottles with an Eco Bottle Brush
Twitter/@TupperwareWW
Twitter/@TupperwareWW

プラスチックの容器には匂いが残ってしまうことがよくあります。プラスチック製のタッパーウェアやボトルから洗った後もカレーの匂いがするというのはよくあることなのではないでしょうか?容器の中に塩をまぶしてみましょう。蓋をして一晩おいておきます。朝になってから塩を洗い流すのを忘れないでくださいね!

塩は自然と匂いを吸収してくれます。よく塩がお掃除用品に含まれているのはそのためです。塩にレモンを足してフレッシュな匂いにしてもいいですが、その場合は一晩おくのではなく最後にレモンを入れるようにしてください。

木製のまな板をきれいに

Katie Miles demonstrates how to clean a wooden cutting board with salt
YouTube/Life is Made with Katie Miles
YouTube/Life is Made with Katie Miles

食べ物の分子がまな板の溝に入ると、そのうち匂いがしてきます。塩によってこれらの小さい食べ物のカスを取り除き、まな板の色をきれいにしましょう。切れ目に入っていく小さな粒子の塩がおすすめです。

まな板を塩で覆って、温かい湿った手ぬぐいで擦ってください。しっかりとまな板を擦ったら、残った塩を拭きとって、泡立った水で流しましょう。これで見た目も匂いも新品そのものです。改善されない場合は、この方法を何度か繰り返してください。

壊れやすい編みバスケットの掃除

Large wicker basket filled with fresh apples
Geography Photos/Universal Images Group via Getty Images
Geography Photos/Universal Images Group via Getty Images

編みバスケットはきれいにするのが難しいかもしれません。壊れやすいだけでなく、溝が多いためにきれいにしづらいものです。黄色くなってしまうのを避けるために、編みバスケットにも塩を使ってみてください。

暖かい塩水につけた堅いブラシで擦りましょう。網目の間をきれいにするためには、乾燥した塩を使ってください。大きな袋に塩を入れて、バスケットの中に入れます。これを振ると塩が埃や塵を集めてくれます。

箒の寿命を延ばす

Broom leans against a wall outside of a storefront
Unsplash/@daniel_von_appen
Unsplash/@daniel_von_appen

箒の寿命を延ばしたいという方。塩水を使ってみてください。肝は箒を使い始める前に対策を取ること。そうでなければ、箒に埃が溜まってしまいます。

まず、バケツをお湯でいっぱいにしてください。バケツの大きさに合わせて、2分の1または1カップの塩を加えます。箒のブラシをお湯につけて、20分放置します。取り除いたら乾かして使い始めてください。

真鍮をピカピカに

Musician plays a brass trumpet
Unsplash/@chrisbair
Unsplash/@chrisbair

銀や銅のように、真鍮も塩の恩恵を得ることが出来ます。2分の1カップの塩と1カップのお酢を混ぜてください。ペースト状にするために、これに小麦粉を加えます。真鍮のツールをこのまま入れてしまうか、布なので擦りましょう。15~20分放置してください。

終わったら、濡れた温い布でペーストを取り除きましょう。お酢と塩によって化学反応が起こり、銀食器をきれいにする時のようにすべての汚れが吸収されます。

水槽のミネラルの堆積物の処理

400 rare species of fishes, along with 140 fish tank for display as a part of exhibition at Bhavans Natural and Adventures centre
Shashi S Kashyap/Hindustan Times via Getty Images
Shashi S Kashyap/Hindustan Times via Getty Images

水槽にはミネラルの堆積物が残ってしまうことがよくありますよね。これはお掃除が難しいものですが、塩とお酢でこすり落とすことが可能です。2つの材料を混ぜ合わせてください。これを水槽に塗り、柔らかいスポンジたわしで擦ります。もちろんお掃除前に水槽は空にしてください!

魚を戻す前に完全に水槽をきれいにすすぎましょう。淡水の水槽の場合はなおさらです。海水の水槽の場合でも、お酢が残らないようにきれいにすすいでください。

煙突の煤掃除

Burning fireplace in a home in Ireland
Unsplash/@mgshannon
Unsplash/@mgshannon

塩は大量に使用することで油が原因の火事を消すことが出来ることはすでにお話ししました。塩は燃やせば、煙突の中の煤を落としやすくすることもできます。煉瓦製の暖炉をお持ちの場合、塩を使って煤を取り除いてみるといいかもしれません。

火が燃えている時、ここに大さじ数杯の塩を加えてください。炎が美しい黄色に燃え上がるはずです。安全に火を消したら、楽に煤を落とすことが出来ます。これによって空気の流れが出来て、より安全に火を使用できます。

レモンと塩で錆び退治

Lemon slices sprinkled with salt
Unsplash/@neryfabiola
Unsplash/@neryfabiola

剃刀、車、芝刈り機など、様々なものをおかす錆び。塩とレモン汁を混ぜたもので擦れば、錆びは簡単に取り除くことが出来ます。大さじ2杯分のレモンジュースと大さじ6杯分の塩を混ぜてください。このペーストを錆びた部分に塗布して、円を描くように塗り込みます。それが出来たら、きれいにゆすぎましょう。

別の方法がお好みの場合は、こちらをお試しください。錆びた部分に塩をすり込んで、上からレモン汁をかけます。このまま2~3時間放置してください。あとはスチールウールまたはたわしでこすり落としましょう。

コーヒーや結露リングを取り除く

Cup of coffee leaves a coffee ring on sketchbook paper
Unsplash/@nate_dumlao
Unsplash/@nate_dumlao

暖かいものあるいは冷たいものをテーブルに置くと、しろっぽい痕が残ることがあります。この結露リングを木製のテーブルから落とすのは至難の業。ただ、塩を使えばコーヒーであっても結露であっても落とすことが可能です。

しみの上から塩をまぶして、1~2分放置しましょう。塩が水分を吸い込んで、お掃除しやすくしてくれます。布切れまたはスポンジを調理油につけてください。優しくリングをマッサージして、きれいな布で拭きとります。この方法なら、木製の家具にも安全です。

割れ目から生えてくる雑草の対処

Person stands by weeds growing out of a crack in the sidewalk
Unsplash/@jentheodore
Unsplash/@jentheodore

レンガやコンクリートの隙間から生えてくる雑草にお困りですか?普通の雑草のようにはなかなか処理することが出来ないかもしれません。再びここでも塩が役立ちます。塩は水分を吸収してくれるため、土壌と根から水分を奪って植物を殺します。

雑草が生えている割れ目に塩をまきましょう。それから熱湯をかけてください。これで素早く雑草を根絶やしにすることが出来ます。ポイズンアイビーには、1.3キロのシーソルトと3.8リットルのせっけん水。これを葉や茎にスプレーすれば、数日のうちに枯れてしまうはずです。

氷と雪を溶かす

Man scrapes ice from his windshield as snow, freezing rain and ice pellets hit the Greater Toronto Area
Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto via Getty Images
Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto via Getty Images

塩が水の「凝固点降下」を引き起こすことが先ほどお話ししました。言い換えれば、塩は凝固点を下げてくれるため、結果雪や氷の融点も下げてくれます。車、私道、ポーチの上の氷や雪にお困りなどであれば、塩で対処しましょう。

凍った場所にロックソルトを撒いてください。これによって氷が歩道にへばりついてしまうことを防いで、取り除きやすくなります。芝生の上では気をつけましょう。芝生をダメにしてしまう可能性があるからです。氷がフロントガラスにくっついてしまうのを防ぐためには、温い塩水で車を洗車してください。