ある日Uberで乗せた女性は彼氏の愛人でした・・

多くのウーバードライバーは、自分の乗せた客のクレイジーな話を持っています。

しかし、この話はこれまで聞いた中でも一番クレイジーな話かもしれません。あるウーバードライバーが空港で乗せた人物に指示された行き先とは?その後、彼らの間に起こったこととは?自分の身には起こらないことを祈るばかりですね。

話は空港から始まる

この話は、ブレナと言う女性が、ウーバーのシフトに就いた時の話です。

Phone with GSP app open in a car.
Photo Credit: Humphrey Muleba / Unsplash
Photo Credit: Humphrey Muleba / Unsplash

ブレナさんは、アプリで、女性が空港でひとり、ウーバーをよんでいることを知り、空港へ向かったのです。

街を出る

これは、ブレナさんが、ボーイフレンドがいた当時の話です。

Tweets saying that the boyfriend was supposed to be going our of town.
Photo Credit: soadGamer / Reddit
Photo Credit: soadGamer / Reddit

ブレナさんは、朝までボーイフレンドのアパートにいたのですが、ボーイフレンドの母親が、入院していると知らされ、荷造りも終えて、朝にニューヨークへ行くために空港へ向かったのです。

ブレナさんも同様に、自分の車に乗り込み、彼のアパートを後にしました。

同じアパートの棟

それから、1時間後には、空港でその女性をピックアップしました。その女性は、GPSを使って、彼のアパートを検索して、そこへ向かうように頼みました。

Tweets explaining that she picked up a woman from the airport and said she was going to her boyfriend's.
Photo Credit: soadGamer / Reddit
Photo Credit: soadGamer / Reddit

その目的地は、なんと自分のボーイフレンドと全く同じアパートだったのです。彼女は、自分のボーイフレンドとしばらく会っていなくて、とても楽しみだと話していたそうです。しかし、ブレナさんは、こんなにたくさんのアパートがある中、全く同じアパートに行くことになるとは、奇妙なことだとも感じていました。

だんだんわかってきた

車が、アパートに近づくにつれて、彼女が、アパートの棟を確認し始めました。車は、アパートの出口側に近づいたのですが、門が開いていたのです。

Tweets saying that the driver said how her boyfriend lived in the same complex.
Photo Credit: soadGamer / Reddit
Photo Credit: soadGamer / Reddit

この時点で、ブレナさんは、まだ、どこで客である彼女を降ろしていいのかわからなかったのです。

ブレナさんのボーイフレンドの車がそこにあった

車が、だんだんボーイフレンドが住むアパートの近くに近づくにつれて、ボーイフレンドの車がそこに駐車しているのに気が付きました。

florida-uber-driver
Facebook
Facebook

そんな、まさか?だって今、ニューヨークにいるはずなのに。

まさしく彼の家だった

まさしく、彼女が指さしたのは、ブレナさんのボーイフレンドの車がとめてある前の家でした。ブレナさんは、心の中は穏やかではありませんでした。

Tweet saying it was his car.
Photo Credit: soadGamer / Reddit
Photo Credit: soadGamer / Reddit

一体、どういった状況になるのか、全く予想がつきませんでした。

ボーイフレンドが、彼女を出迎えに出てきた

ブレナさんのボーイフレンドが、その女性の荷物を降ろすのを手伝うために家から出てきました。

Two Birds fighting
Photo Credit: Chris Sabor / Unsplash
Photo Credit: Chris Sabor / Unsplash

ブレナさんの堪忍袋の緒が切れて、車から飛び出て、ボーフレンドを叩きのめし始めました。

なんとか車に戻る

暫くぶちのめしていましたが、だんだん疲れてきていたのです。

Tweet saying bring fight back to her car
Photo Credit: soadGamer / Reddit
Photo Credit: soadGamer / Reddit

ブレナさんは、自分の車の方へと、だんだん近づきながら、とっさに車に乗り込んで、走り去っていきました。

ウーバーのドライブはまだ、継続中だった

車に戻って、走り去ったブレナさんでしたが、心身共に疲れ、友達のジャズさんと、デネカさんに、半ばヒステリックになりながら電話しました。

Tweets saying she left and called her friend and the navigation saying to turn around.
Photo Credit: soadGamer / Reddit
Photo Credit: soadGamer / Reddit

電話してすぐに、ウーバーのドライブがまだ継続中で、目的地へ戻るようにGPSが指示しているのに気が付きました。

荷物が置きっぱなしだった

あっという間の出来事だったので、ブレナさんは、ボーイフレンドの愛人の荷物を車にまだ、乗せたままだったのです。

Brown and copper luggage
Photo Credit: Robert Gomez / Unsplash
Photo Credit: Robert Gomez / Unsplash

ブレナさんは、これはいい仕返しになると思い、荷物を返さないことに決めました。

退屈していたから、つい出来心で。

ブレナさんは、しばらくして、ボーイフレンドに、どうしてこうなったのか理由を聞きました。

Text conversation of person saying they were bored.
Photo Credit: soadGamer / Reddit
Photo Credit: soadGamer / Reddit

彼が言うには、退屈してたから!後悔しているよ!という答えでした。

そう簡単には許されない

ボーイフレンドの愛人も、そう簡単には自分の荷物を諦めたりはしませんでした。

Police car
Photo Credit: Matt Popovich / Unsplash
Photo Credit: Matt Popovich / Unsplash

ボーイフレンドも、ブレナさんに、荷物が戻らなかったら、警察に盗難届を出すと言っていると伝えました。

どうぞ、お返しします

ブレナさんも、さすがに警察沙汰にはしたくなかったのですが、ただ荷物をそのまま返すのも癪に障りました。

Garbage bag and shoes by the door.
Photo Credit: Sven Brandsma / Unsplash
Photo Credit: Sven Brandsma / Unsplash

荷物の中に何が入っていたかと言う証拠もなかったので、ブレナさんは、ごみの入ったごみ袋を代わりに渡しました。

最低評価

愛人も、ブレナさんのウーバーに対するサービスを悪く評価することで、復讐をし返しました。

Thumbs down
Photo Credit: Markus Spiske / Unsplash
Photo Credit: Markus Spiske / Unsplash

ブレナさんは、ウーバーを初めてまだ2日目だったこともあり、この評価はあまり良くありませんでした。

公的な形で不満を表示

愛人の復讐は、これだけでは終わりませんでした。

Woman with hands over her face.
Photo Credit: Dev Asangbam / Unsplash
Photo Credit: Dev Asangbam / Unsplash

愛人は、ブレナさんに対する公的な不満をウーバーに正式に提出したのです。ウーバー歴たった2日のブレナさんには、どうしようもありませんでした。

ボーイフレンドに、さようなら

このこともあり、ブレナさんは、彼とはきっぱりと別れました。

Tweet saying that she is single now.
Photo Credit: soadGamer / Reddit
Photo Credit: soadGamer / Reddit

ボーイフレンドを切り捨て、またシングルへと戻ったのです。次の恋で、またクレイジーな話ができれば、そのときはまた、こうご期待。

パートナーの浮気現場を目撃?その時、どうしましたか?どうやってその現場に立ち会わせたの?

多くの人がレディットで、恋人との間の壮絶な浮気現場を投稿しています。

Bye-Lipstick-50253
Photo Credit: cottonbro / Pexels
Photo Credit: cottonbro / Pexels

ユーザー名、b_dont_gild_my_vibeというある一人のレディターが、人気の r/AskRedditというコミュニティーで、 “パートナーの浮気現場に出くわしたことがありますか?その時、あなたはどうしましたか?また、どうやってその現場に出くわしたのですか?”という質問を投げかけました。

こんな話を聞いていると、シングルでいる方がいいかもしれませんね

そのコミュニティーで、いくつかワイルドな話がありますが、いくつかベストな話を紹介します。

Broken-Photo-65787
Photo Credit: RODNAE Productions / Pexels
Photo Credit: RODNAE Productions / Pexels

読む前に注意して欲しいのですが、多くの話は、基本的に注意をしましょう的な話で、これを読むと、シングルでいたほうが、心が折れるような状況にならなくていいかも、とも思ってしまうような話です。

ある男性が、ランチをしに家に早く帰ってきて、妻の情事に遭遇

レディターのchipmunksyndromeさんは、ある日、お昼を食べに家に早く帰ったときの話を書いてくれました。家に帰って、玄関のドアを開けると、そこには、服が周りに脱ぎ捨てられた状態の二人がソファーにいて、玄関が開いたのに驚き、急いで体を隠す二人がいたのです。その光景が今でも心に焼き付いているそうです。

Living-Room-40026
Photo Credit: Alexander Zvir / Pexels
Photo Credit: Alexander Zvir / Pexels

その日、彼は一夜を車の中で過ごし、その数か月後には、残念ながら、離婚という形になったそうです。

妹のボーイフレンドが、バーで私を誘惑してきた

Goalieamdさんの投稿では、”偶然に”自分の妹のボーフレンドが、Goalieamdさんに言い寄ってきた話をしています。

Kissing-His-Cheek-86166
Photo Credit: Katerina Holmes / Pexels
Photo Credit: Katerina Holmes / Pexels

彼は、あんまり利口だと(大抵の浮気者も含め)は言えませんが、バーで見かけた女性をひっかけようとして、それが運悪く、自分のガールフレンドの姉だったという話です。いくつかの証拠写真も取り押さえられていて、結局この二人は、別れたということらしいですね。

ある女性が、自分のボーイフレンドも参加しているパーティーで男を誘惑

レディターのPM_UR_Boooobzさんによると、彼女のボーフレンドが、そのパーティーに来ているにも関わらず、他の男を誘惑していたという話です。

People-At-Party-41819
Photo Credit: Kampus Production / Pexels
Photo Credit: Kampus Production / Pexels

多くの人が、怒って我をなくすことが多いようですが、ただ、あきれてその場を去り、二度と話もしなくなったようですね。自制心のない人間には、何を言っても意味がないってことですよね。

浮気男の母親に、浮気現場の写真を送り付ける

これは、chillhoneybunny28の投稿で、同僚が、携帯の充電器を忘れてしまった日の話です。

Woman-Texting-10025
Photo Credit: Karolina Grabowska / Pexels
Photo Credit: Karolina Grabowska / Pexels

その同僚は、急いでボーイフレンドの家に充電器をとりに帰りました。きっとボーイフレンドもまだ寝ているのだろうなくらいに思っていたら、なんと、他の女と一緒にベッドにいたのです。彼女は、動転するのではなく、その現場の写真をとって、それを彼の母親へ送ったのでした。結局、ママに叱ってもらうのが、一番効果的なんでしょうね。

同僚との浮気で、結婚がご破算に

Grinder312さんは、結婚式の6週間前に、共通の同僚と彼のフィアンセの情事に出くわしてしまったのです。

Couple-Talking-In-Booth-25732
Photo Credit: Startup Stock Photos / Pexels
Photo Credit: Startup Stock Photos / Pexels

その男性は、結局仕事もやめ、結婚式にかかった借金もほとんど払い、大学へ行くため引っ越したそうです。彼は、この投稿をこう締めくくっています。”今では、僕の人生もすっかり良くなって、素晴らしい女性と結婚することもできたんだよ。”ってね。

猫のおかげで、ガールフレンドの浮気がばれる

これは、かなりコミカルなタイプの浮気発覚の話なのですが、ScrambledToastによると、”ほんと、うちの猫のおかげだよ”って言っています。

Cat-And-Laundry-38207
Photo Credit: FOX / Pexels
Photo Credit: FOX / Pexels

彼の猫は、よくガールフレンドがベッドルームで脱ぎ捨てた彼女の服の束に、おしっこをかけていたそうです。でも、その服の中に、明らかに男性ものの自分のものではないボクサーパンツと靴下も一緒に入っていたそうです。その猫ちゃんは、ちゃんと彼女の浮気現場を目撃していたんですね。

彼が、ガールフレンドが帰るのを待っていると、他の男と一緒に帰ってきた

レディターI_come_from_Chinoさんによると、ガールフレンドのアパートで勉強するために、彼女の家に行って、友達と外出しているガールフレンドの帰宅を待っていました。

People-Kiss-In-Dark-55316
Photo Credit: Loc Dang / Pexels
Photo Credit: Loc Dang / Pexels

夜の12時を回ったころに、ガールフレンドが、なんと男の同僚とイチャついて帰宅してきたのです。こうして彼女は、浮気現場を押さえられたわけですが、当然ながら、ふたりの関係に傷が入ったのは言うまでもありませんよね。

ボーイフレンドのルームメイトと浮気

次のクレイジーな話は、imn0tg00dさんからの投稿です。彼が早く仕事が終わって、家に帰ってみると、普段はカギがかかっていない家のドアに鍵がかかっていたのです。静かに施錠して、家の中に入ってみると、自分のガールフレンドが、ルームメイトと一緒にベッドにいるではありませんか!

On-Couch-83677
Photo Credit: cottonbro / Pexels
Photo Credit: cottonbro / Pexels

もちろん、ふたりの関係も1ヶ月以上持たなかったようです。

ボーイフレンドの家に、引っ越しする週に、ボーイフレンドの浮気現場に遭遇

ユーザー名AbortRetryImplodeという女性からの投稿です。彼女が、ボーイフレンドの浮気現場に遭遇した状況が、あまりにも、そのまんまの状況だったため、何かの冗談とかさえ思ったそうです。

Woman-Looking-In-Door-90732
Photo Credit: Liza Summer / Pexels
Photo Credit: Liza Summer / Pexels

彼女が、ボーイフレンドの家に引っ越しをする週末に、元カノと一緒にいる所を見せられるように設定されていたうえで、引っ越しが計画されていたと思わされるようだったみたいです。

酷い一日で、ボーイフレンドの家に着の身着のまま向かってみると。。。

これは、人気のスレッドからの話で、Chippsapoloosaさんからの投稿です。彼女は、その日いきなり職を失ってしまったのです。

Car-Outside-Home-85532
Photo Credit: Jesse Zheng / Pexels
Photo Credit: Jesse Zheng / Pexels

着の身着のまま、連絡もせずに、ボーイフレンドの家に向かっていくと、彼が誰かと一緒にいるのがわかりました。ただでさえ、ひどい目にあっているのに、更に悲惨な状況が。。。

着信拒否を間違って通話に。。。

レディターであるimthemostmodest さんからの投稿です。彼は、ガールフレンドに、フィラデルフィアから、いつ帰るのか確認の電話をしたのです。

Phone-On-Bedside-99855
Photo Credit: Paul Hoenhorst / Unsplash
Photo Credit: Paul Hoenhorst / Unsplash

ところが、彼女は間違って通話拒否ボタンを押さずに、通話ボタンを押してしまったのです。明らかに、ガールフレンドは、他の男とベッドにいっしょにいて、それを彼は、8分間も平然と聞いていたのです。

ホッケーの試合の最中にキスをしているところを観衆カメラで撮られる

次のクレイジーな話は、crazy_velociraptorさんからの投稿です。彼は、たまたまホッケーの試合を見にいき、そこで自分のガールフレンドが、他の男と同じスタジアムで、デートしている所が画面上に映し出されたのでした。

Jumbotron-At-Hockey-Game-93999
Photo Credit: Klim Musalimov / Unsplash
Photo Credit: Klim Musalimov / Unsplash

彼のガールフレンドが、スタジアムのキスカメラに映っているときに、彼も同じスタジアムの違うセクションで、それを呆然と見ていたようです。