2人の農家が同時に、世界の異なる土地で驚くべき発見をする!?

農作業は、土地を掘ったり、測量したりすることが多い。だからと言って、畑仕事をしているときに、何かすごいものを発見することはそうそうありません。しかし、なぜか同じ時期に、世界の異なる地域の2人の農家が、それぞれの土地で数千年前の驚くべき発見をしたのです。この2人の農家は、私たちがいかにまだ地球に眠る数々の謎を知らないかを教えてくれる大切な気付きとなったのだった。

始まりはクリスマスの朝だった

Christmas Morning
Pinterest
Pinterest

2015年12月25日にアルゼンチンで、ホセ・アントニオ・ニエバスはいつものように目を覚まし、休日の良いスタートを切るために、自分の牧場を散歩することにしました。敷地内を流れる小川を通り過ぎようとしたちょうどそのとき、彼は土手から何か突き出ている奇妙なものがあることに気付いた。

最初はただの大きな石だと思っていた。しかし、近寄ってみると、それは石なんかではなく、まったく別のものであることがわかったのです。

奥さんを呼ぶ

Called His Wife
Pinterest
Pinterest

最初は躊躇していたが、ホセはその不思議な物体をよく見てみることにした。そして、その石のような塊が何であるかを確かめるために、泥の中からその物体を掘り出そうとしたのである。

その物体についていた泥を落とした後、ホセはすぐに妻のレイナに電話をしてこの様子を見に来てもらうことにした。おそらく、レイナは自分が見つけた物がなんなのか何かしら知っているのではないかと期待したのだ。

一緒に確かめてみることに

They Worked Together
Pinterest
Pinterest

しかし、レイナも夫が何を見つけたのか分からなかったが、彼女もそれがなんなのか突き止めたいと思ったのだ。そこで、二人で一緒に、その物体を掘り出せるように、周辺の掃除を始めたのだった。

幸いなことに、彼らはこの作業に適した道具を持っていたので、未知の物体を傷つけることはなかった。そして、この物体の全体の大きさを把握するのに、そう時間はかからなかった。そして、大体の大きさがわかったところで「この作業にはもっと助けが必要だ」と判断し、警察に通報したのである。

近所の人も手伝いに加わった

Bystanders
Pinterest
Pinterest

ホセ夫妻が警察に通報した頃には、彼らが発見したものに興味を持った近所の人々がどんどん集まってきていた。その様子は、まるで街中が捜査に参加しているかのようだった。

しばらくして警察が到着しても、それが何なのかは分からなかった。警察、ホセ、奥さん、そして集まってきた地元の人たち、誰もが同じように、これが何なのかわからなかった。

飼い犬が何かに気付いたようだ

Dog Sensed Something
Pinterest
Pinterest

その様子を見ていたホセの愛犬も、すぐに現場に向かった。その犬も最初は呆然としていたが、匂いを嗅いだり吠えたりしながら、その謎の物体に近づいていった。

動物の行動を注意深く見守る必要があるのは、人間にはわからないことを彼らは察知することができるからだ。そして、落ち着かない反応を示す犬の行動をみる限り、どうやらこれが普通の石ではないことがわかった。

専門家を呼ぶ

Professionals
Pinterest
Pinterest

ホセの犬の反応を見た警察は、地元の考古学者2人を呼ぶべきだと判断した。考古学者は、ホセが発見したものを調べた結果、その巨大な物体は現代とは別の時代のものであり、間違いなく古代のものであるとの見解を示した。

もちろん、泥や水の中に入れておいても、それ以上のことは分からない。そこで考古学者たちは、実験室で検査するために、その物体を運ぶ方法を考え始めたのだ。

掘り起こそう

Let the Digging Begin
Pinterest
Pinterest

考古学者たちは、この物体を運ぶために、まず泥の中から掘り出さなければならなかった。ホセと奥さんが苦労して掃除したとは言え、まだまだやらなければならないことがたくさんあったのだ。この作業は慎重にやらなければならない、なぜならこの作業によりどこかを壊してしまうのももったいないからだ。

掘っているうちに、外壁が何か硬い素材でできていることに気づいた。考古学者たちは、一刻も早く研究しなければならないと考え、研究室に慎重に運び込んだ。

研究室で

Back In The Lab
Pinterest
Pinterest

ホセの家の敷地内で一体何が発見されたのかを調べるために研究室で学者たちは検査を始めた。顕微鏡を使って細かく観察していくと、そこには衝撃的な発見があった。

ホセが好奇心旺盛であったことが幸いした。なんと、それは巨大な亀の甲羅の化石だったのだ。考古学者たちは自分たちが見ているものが信じられなかった。

ついにその化石の正体が

Back In Argentina
Pinterest
Pinterest

研究者たちは、ホセの農場にあった物体の正体をついに正確に突き止めた。それは、誰もが信じられないような発見であった。クリスマスの朝、ホセが散歩していただけなのに、グリプトドンの殻の化石を見つけたのだから!

グリプトドンは絶滅した生物で、現代のアルマジロの親戚にあたる。恐竜と同じ時代に地球を歩いていた。科学者たちは、この素晴らしい発見がホセの家の敷地内にあることにいまだに信じられなかったのだ。

ミシガン州で発見されたモンスター

Michigan Monster
Pinterest
Pinterest

アルゼンチンで巨大な亀の甲羅の調査が行われている間に、何千マイルも離れたミシガン州で、別の驚くべき発見があった。ジェームズ・ブリッスルという別の農家が、自分の農場で今までにみたことのない物体を見つけたのだ。

当時、2人の農家はお互いを知らず、お互いが何かすごいものを見つけたことも知らなかった。また、奇跡的な発見をした2人が、やがて信じられないような出来事で結ばれることになるとは、この時は知る由もなかったのだ。

天然ガスラインを掘る

Gas Line
Ana Fernandez/SOPA Images/LightRocket via Getty Images
Ana Fernandez/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

ある日、ジェームズ・ブリッスルは、自分の農場に天然ガスの配管を設置するのに最適な場所を探していた。彼は、敷地内のほとんど使われていない大豆畑が最適だと考え、そこを掘り始めた。

当然のことながら、天然ガス管の敷設にはかなりの掘削作業が必要だ。ブリッスルは、自分が直面する肉体労働については覚悟していたが、自分の敷地の下に何があるかについては、全く予想もしていなかったのだ。

シャベルだけでは足りない

More Than A Few Shovels
Pinterest
Pinterest

天然ガスの配管を掘るとなると、シャベルを持った数人の人間だけでは、とても足りない。ブリッスルは、この作業を正確に行うためには、大型掘削機器が必要であると思った。

雪が降ってプロジェクトが中断する前に、できるだけ早く作業を開始し、10月までに作業を終える必要があったのも、彼らの作業を急がせた理由の一つだ。

そこには何もないはずなのに

Nothing Was Supposed To Be There
Wayne Hutchinson/Farm Images/UIG via Getty Images
Wayne Hutchinson/Farm Images/UIG via Getty Images

ブリッスルが掘っていたのは大豆畑だった。大豆畑は非常に肥沃で、下に岩や根がない軽い土のはずだ。そのため、パワーシャベルを使っているときに何か硬いものにぶつかったとき、彼は「何かがいつもと違う」と感じたそうだ。

機械を壊さないように、パワーシャベルから降りて穴の方に行ってみた。そして、そこから少し硬くて滑らかなものが出てくるまで、手で掘っていったのだ。

謎の骨を発見

Shocked By What He Found
Pinterest
Pinterest

手探りで発掘を続け、物を片付けていくうちに、何か骨の集まりを発見したことに気がついた。しかし、それは今までに出会ったことのない骨の大きさや種類であった。

この写真で手にしているのは肋骨のようだが、この辺りに生息する動物のものではない。また、牛や馬の骨とは思えない大きさであった。

調査は続く

Investigation Continues
Pinterest
Pinterest

ブリッスルは、ここに何か大きな問題が埋まっていることに気づいた。自分が見つけたものが何か重要なものかもしれないと考えた彼は、そろそろ地元の友人たちに助けを求めて、発掘の手伝いをお願いすることにした。

地元の人たちが集まって、翌日もずっと調査を続けた。驚いたことに、とてつもなく大きな骨がまたすぐに見つかった。更に驚くべきことに、この骨はブリッスルが最初に見つけた骨よりもさらに大きかったのだ。

ガス管を止めた

Gas Line On Hold
Pinterest
Pinterest

もう1つの大きな骨を見つけた時には、チームは4m以上の深さまで掘り進んでいた。天然ガスのパイプラインを敷設するために始めたこのプロジェクトが、今では遺跡のベースキャンプになっていたのだ。

そして、ブリッスルの住むミシガン州の町では、彼の土地で信じられないものが発見されたというニュースが流れ始めた。これは、地元の人々の間で話題となり、大手のニュースメディアも興味を示した。

町中が興味津々

Curious Town
Pinterest
Pinterest

アルゼンチンのホセの小さな町で起きたように、ブリッスルの土地に眠る謎を一目見ようと、地元の人々があちこちから集まってきたのである。人々は、その骨が何であるかについて様々な推測をしていたが、誰も明確な答えを持っていなかった。

その中で、「古代を生きた何か怪物が埋まっていたのではないか」という説が有力だった。

大きな手がかり

Huge Clue
Pinterest
Pinterest

アマチュアの考古学チームは、何度も掘り返して、ついに重要な手がかりを発見した。そう、2本の巨大な牙がついた頭蓋骨のようなものを掘り出したのだ。それぞれの牙の大きさは、成人男性の大きさに相当する。

これは、象の一種が出土したことは明らかだった。しかし、そこにはまだ疑問が残った。なぜ、ミシガン州の農場の地下4mのところに象のような大きな化石があったのだろうか。

専門家と話すことに

Talking To Experts
Pinterest
Pinterest

この発見は、ブリッスルにとって完全に未知のものだった。そこで彼は、自分が発見したものを調べるために専門家を呼ぶべきだと考え、ミシガン大学のダニエル・フィッシャー教授に専門家としての意見を求めた。

フィッシャー教授は、ミシガン大学古生物学博物館の館長であり、ブリッスルの発見を聞いて興奮したのは当然である。話を聞いた翌日、フィッシャー教授と彼の学生たちは、ブリッスルの発見物を調べるためにやってきた。

調査結果

Their Findings
Pinterest
Pinterest

現場に到着したフィッシャー教授と学生たちは、興奮に包まれていた。到着して間もなく、彼らは自分たちが手にしているものが信じられない状況に陥った。その骨は、ウーリーマンモスの頭蓋骨の残骸であると発表したのだ。

しかも、それが無傷で残っているというのだから、信じられないことだ。あとは、どうやって骨を傷つけずに深い穴から運び出すかを考えなければならない。

道具はそこにあった

Tool On Site
Pinterest
Pinterest

ブリッスル氏は天然ガスの配管のための溝を掘るのにパワーシャベルを使っていたので、大きなウーリーマンモスの頭蓋骨を地面から取り出すのに最適な道具を既に持っていたのだ。パワーシャベルを使って頭蓋骨を持ち上げ、どうにか傷つけずに安全に地面に設置するため、装置を作り始めた。

これで、泥に埋もれていた頭蓋骨がどのような状態だったのか、簡単に調べることができるようになった。

搬出の準備

The Big Haul
Pinterest
Pinterest

頭蓋骨に必要なストラップを取り付けた後、いよいよ正念場を迎える。ただでさえ壊れやすい化石を地面から持ち上げる前に、すべての作業が正常に行われているかどうかを確認する必要があった。

驚くべきことに、パワーシャベルが泥の中から頭蓋骨を持ち上げ始めると、すべての計画が予定通りに進んでいるように思えた。

危うく大事故になるところだった

Catastrophic Accident
Pinterest
Pinterest

頭蓋骨をトラックの荷台に乗せるために地面から持ち上げたとき、頭蓋骨を支えていたストラップの1つが突然切れてしまった。牙の1本がトラックの荷台にぶつかる寸前で免れたが、もしぶつかっていれば間違いなく壊れていただろう。

せっかく苦労して作ったマンモスの頭蓋骨がバラバラになってしまっては大惨事なので、みんな息をひそめていた。幸いなことに、頭蓋骨は無事トラックに降ろされ、博物館に運ばれて調査を受けることになった。

世界で見つかった2つの異なる発見

Two Different Discoveries
Pinterest
Pinterest

世界の異なる地域に住む2人の農家が、同じ時期に先史時代の化石を発見したことは、本当に信じられないことだった。ホセが自分の農場でグリプトドンの殻を見つけたのに対し、ブリッスルは自分の土地でウーリーマンモスの頭蓋骨を見つけたのだ。

科学者たちは、これは単なる偶然ではないと考え始めていた。なぜなら、このような珍しい化石が発見されることはめったにないからである。

グリプトドンとは一体何なのか?

What Are They
De Agostini Picture Library/De Agostini/Getty Images
De Agostini Picture Library/De Agostini/Getty Images

ホセが甲羅を見つけたのはアルゼンチンだったが、先史時代の生物が闊歩していたのは、主にアルゼンチンだけではない。オーストラリアや中国など、ほとんどの大陸で発見されたことがあった。その甲羅は亀に似ていて、外敵から身を守るために使われていた。

カメに近い動物と思われるかもしれませんが、実はグリプトドンは現在のアルマジロに最も似た動物である。陸で生活をしており、頭や鼻に骨があり、現在のアルマジロととてもよく似ている。

絶滅危惧種

Extinction
Florilegius/SSPL/Getty Images
Florilegius/SSPL/Getty Images

これらの動物は、かつて初期の人類と共存していたと考えられており、私たちの祖先が彼らを絶滅に追いやった可能性がある。彼らの甲羅は、悪天候のときに人間が身を守るために使ったり、シェルターとして使ったりしていたはずだ。

科学者たちは、ホセが発見した化石は、大嵐の中で死んで泥に埋もれてしまったと考えた。アルゼンチンで発見された化石が、その昔、数千年もの間生き続けていたことは信じられないことだ。

そして、マンモスは?

What About The Mammoth
George Rose/Getty Images
George Rose/Getty Images

マンモスがブリッスルの所有地から博物館に到着した後、専門家は様々な骨を分類し、最終的に展示するための年代測定を始めた。これはブリッスルにとってもミシガン大学のチームにとっても信じられない発見だった。

彼らの予想は的中し、その生物は北アメリカのウーリーマンモスであるという結論に達したのである。このウーリーマンモスの化石は、ミシガン州だけで30頭以上が発見されている。

南アフリカからきた

South Africa
Ethan Miller/Getty Images
Ethan Miller/Getty Images

この雄大な動物は、はるか昔に南アフリカからユーラシア大陸を経て、アメリカ大陸に渡ったと考えられている。マンモスが姿を消し始めたのは、今から約1万1,7000年前で、そのほとんどが人間による乱獲が原因だと考えられている。

ブリッスルが発見したマンモスは、あるハンターグループが殺した可能性が高い。そして、その死骸は地中に沈んだまま放置され、最終的に今回のように発掘されることになったのではないだろうか。

多額の寄付金

Generous Donation
Pinterest
Pinterest

ブリッスルは、自分で発見したにもかかわらず、その化石を使うことはなく、今後の科学の発展のために提供する必要性を感じていた。フィッシャー教授とそのチームがマンモスの化石の発掘と調査に尽力したこともあり、彼はこの化石をミシガン州のギャラリーに寄付することにしたのだ。

もちろん、大学側はブリッスルの寄付に感謝し、今では世界中の人々が彼の家の裏庭で発見されたものを見に来ることができるようになった。

驚くべき偶然の一致

Coincidence
Pinterest
Pinterest

質素な農家のホセ・ブリッスルとジェームズ・ブリッスルは、自分たちが2つの重要な考古学的発見の鍵を握ることになるとは知る由もなかった。それだけでなく、彼らは世界の2つの異なる場所で、同時に信じられないような発見をすることになったのだ。

彼らは、決してこのようなことになるとは意図していなかったのに、一生に一度の発見を同じタイミングでしたのだ。私たちは、自分たちの住んでいる世界について多くのことを知っていると思っているかもしれないが、彼らの話は、私たちの足元には発見されていない何かが今もあるかもしれないということを教えてくれる。

カイロのスラム街を掘る

ancient-statue-1-57499
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images

考古学者たちは、エジプトのカイロのスラム街で、かつてヘリオポリスの町だった場所を掘り起こした。エジプトで最も古い都市のひとつであるヘリオポリスには、未発見のものがたくさんあるはずだからだ。

彼らは、どんな場所も見逃さないという強い意志を持っていた。彼らの使命は、その土地にあるものを何でも見つけることだった。その結果、彼らの努力と決意は、この後報われることになったのだ。

水の中を掘る

ancient-statue-2-10338
brahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images
brahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images

考古学者たちが事業の初期に発見した課題のひとつは、水との戦いだった。エジプトのアメリカン・リサーチ・センターによると、この遺跡は急激な水位上昇の影響を受けており、現在もその状態が続いているという。

考古学者たちが掘っていた場所は、水の中につながっており、その中を探し続けなければならなかった。何日もかけて、そこにあるかどうかわからないものを探すのは大変なことだが、水中を探すのは更に困難を強いられた。

廃棄物や瓦礫の中での作業

ancient-statue-3-35136
Ibrahim Ezzat/NurPhoto via Getty Images
Ibrahim Ezzat/NurPhoto via Getty Images

考古学者たちの邪魔をしたのは水だけではない。それに加えて、ゴミ捨て場で作業をしているという事実にも対処しなければならなかった。このスラム街は、数年前からゴミが大量に捨てられていた。

その結果、彼らは8メートルにも及ぶ建物の瓦礫や、家庭用、産業用の廃棄物を避けて作業をしなければならない。しかし、彼らはこの土地の歴史を知っていたので、諦めるわけにはいかなかったのだ。

太陽の都市

ancient-statue-4-75106
Getty Images
Getty Images

現在のカイロ東部に位置するヘリオポリスは、古代エジプトの主要都市である。太陽神の誕生地であり、その後のカルト教団の中心地であったことから、「太陽の都市」という愛称で呼ばれている。

考古学者で教授のサリマ博士は、NBCニュースに対し、この都市は「古代エジプトの歴史の中で最も重要な宗教的集まりのひとつ」であり、エジプトの神話、ひいては文明に与えた影響を指摘している。考古学者たちは、どんな困難が訪れても、この歴史を明らかにするためにそれを乗り越えようとしていた。

都市を脅かす新しい建築物

ancient-statue-5-86114
Ibrahim Ramadan /Anadolu Agency/Getty Images
Ibrahim Ramadan /Anadolu Agency/Getty Images

水、廃棄物、瓦礫に加えて、新たな建設物の脅威もあった。遺跡は労働者階級の地域にあり、泥道や建設途中の建物に囲まれていた。

考古学者たちは、10年以上かけてその大発見をしようとしたのにもかかわらず、熱心な建設業者の反対に直面していた。幸いなことに、土地を未開発のままにしておくことが、その地域の歴史を知る上で非常に重要であることを証明することができたので、そこに新たな建造物が立つことは免れた。

破壊された太陽の神殿

ancient-statue-6-66365
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images

カイロのスラム、特にマタリヤと呼ばれる場所は、歴史的に重要な古代都市ヘリオポリスに位置していたため、考古学者たちは何が発見されるのかとても楽しみにしていた。彼らは、エジプト最大の神殿のひとつである太陽の神殿だった場所を掘っていたのだから。

この神殿は数千年前にファロア・ラムセス2世が建立したものだ。最終的にはグレコローマン時代に破壊されてしまった。しかし、ルクソールのカルナックの2倍の大きさがあったこの神殿には、多くの発見がいまだに残されていた。

ついに発見

ancient-statue-7-25009
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images

国際的な考古学者たちは、何年もかけて地下深くにあるとされるものの痕跡を見つけようとした。そして、その努力が実を結び、史上最大級の発見となるものを手に入れたのである。

発掘されたのは、石英の巨石である。これが非常に重要なものであることはすぐにわかった。しかし、これを評価するためには、水や泥の中から引き上げなければならない。

フォークリフティングの不思議な発見

ancient-statue-8-82848
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images

何か巨大なものが発見されたというニュースはすぐに広まり、その発見されたものを一目見ようと大勢の見物人が待ち望んでいた。関係者、地元住民、報道関係者は、海中から石の塊が引き上げられるのを固唾を飲んで見守った。

その石は、3,000年前に作られた高さ26フィートの像の頭部だった。考古学者は、大きさや材質の観点から、その石を特定することができたが、それよりも重要なのは、その石の意味だった。

ファラオ・ラムセス2世の可能性

ancient-statue-9-68753
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images

先に述べたように、考古学者たちは、数千年前にファラオ・ラムセス2世が設立したヘリオポリスの旧太陽神殿の近くを掘っていた。考古学者たちは、この像が、数千年前にファラオ・ラムセス2世が建立したヘリオポリスの太陽神殿の近くで発掘されていたことを分かっていた。

考古学者たちは、この像が実際に古代エジプトの支配者の像であると推測した。確かめるためには、像のすべての部分を発掘しなければならないが、それだけに今回の発見は画期的なものだったのだ。

古代エジプトで最も称賛された支配者

ancient-statue-10-23976
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images

この像がファラオ・ラムセス2世のものである可能性は、歴史的背景を考えると大きな意味を持つ。ラムセス大王と呼ばれることもあるこの支配者は、その時代で最も有名で強力な人物だった。

彼はエジプト第19王朝の第3代ファラオで、若い世代からは「偉大なる祖先」と呼ばれていた。彼は60年以上にわたって多くの人を支配し、その間にカナンの支配権を回復し、ヌビアへの遠征を指揮し、都市、神殿、記念碑を建設した。

最初に発見されたラムセス2世の像ではない

ancient-statue-11-64485
Richard Baker / In Pictures via Getty Images Images
Richard Baker / In Pictures via Getty Images Images

オジマンディアスとも呼ばれるラムセス2世は、この発掘のずっと前に彫像として発見されていた。大英博物館に展示されている壊れたラムセス2世の像は、ロマン派の詩人パーシー・バイシェ・シェリーのソネットに影響を与えたと言われている。

このソネットは、ロマン派の詩人パーシー・バイシェ・シェリーが、旅人がオジマンディアスの像を見たことを書いたものである。このソネットは1818年に発表され、古代の指導者を普及させた。シェリーの最も有名な作品のひとつである。

記念碑的な銅像の計画

ancient-statue-12-39004
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images

像が発見された今、あなたはその像がどうなるのか気になっているかもしれない。考古学者はまず、できる限り多くの部品を回収することから始めた。そこから、描かれている人物の身元を確認するのだ。

身元確認の一環として、像を可能な限り修復する。これらの過程を経て、カイロの大エジプト博物館の入り口に置かれることになるだろう。

信じられないような新しい発見

ancient-statue-13-13586
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images

ラムセス大王と思われる巨大な石像だけではなく、もう一つの衝撃的な物体が発見された。考古学者たちは、ラムセス2世の孫であるファラオ・セティ2世を描いた、石灰岩でできた実物大の像を発見したのでだ。

出土したのは像の上部分だけで、長さはわずか78cm。エジプト第19王朝の第5代ファラオであるラムセス2世は、異母兄に王位を奪われる危機に直面し、テーベやヌビアを支配したことで有名だ。

もう一つの感動的な作品

ancient-statue-14-63102
DeAgostini/Getty Images
DeAgostini/Getty Images

ファラオ・セティ2世の小さな像は、巨大な巨像がラムセス2世のものであることをさらに示唆しているようだった。考古学者たちは、何かが確定する前に、他のアイテムや手掛かりを探し続けた。

その時、彼らはもう一つの重要な発見をした。それは、ヒエログリフが書かれたオベリスクの破片だった。これらのアイテムがどのようにつながっているのか、あるいは相互に影響し合っているのかを知るには、ある程度の修復が必要である。

地元の人も観光客も楽しめる

ancient-statue-15-85002
Ibrahim Ezzat/NurPhoto via Getty Images
Ibrahim Ezzat/NurPhoto via Getty Images

その発見は、地元の人々に畏敬の念を抱かせるものだった。自分の住んでいる場所と古代の歴史がつながっているとしたら、どんなに素晴らしいことだろう。住民たちは、信じられないような古代の遺物と一緒に写真を撮るためにその場に駆けつけた。

また、観光客を呼び込める可能性があったことも重要な理由である。近年、観光客は減少していたが、このような画期的なニュースがあれば、旅行者がカイロを訪れ、町の経済を活性化させることができる。

サッカラのネクロポリスの財宝

ancient-statue-16-90262
AHMED HASAN/AFP via Getty Images
AHMED HASAN/AFP via Getty Images

カイロの南に位置するサッカラのネクロポリスは、エジプト最大の墳墓群とされている。これらの考古学者は、古代エジプトの後期およびプトレマイオス朝時代にさかのぼる、新たに発見された遺物をほじくり返している。

その中には、地下12m以上の埋葬用シャフトから発掘された小さな彫像や葬儀用マスクなどが含まれている。ネクロポリスはナイル川の西側に位置し、8キロに渡って広がっているのだ。

古代のスカラベの彫像

ancient-statue-17-99955
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images

また、考古学者は、サッカラのネクロポリスで、このスカラベの像を発見した。スカラベとは、学名のScarabaeus sacerに由来するもので、ダンゴムシのことだ。古代エジプトでは、これらの昆虫は重要な意味を持っていた。

この甲虫の宗教的な意味は、毎日空を転がりながら魂を変化させると信じられていた太陽神ラーと関係していた。同じように、この昆虫は糞をボール状に丸めて食用にしたり、卵の部屋にしたりして、再生と生まれ変わりを表現している。

ワフティの墓

ancient-statue-18-20550
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images

ワフティは、古代エジプト第5王朝のネフェリルカレ王に仕えた大司祭。最近、考古学者が彼の精巧な墓を発見したが、その歴史は4,400年前にさかのぼる。

墓の大きさは、長さ30フィート、幅10フィート、高さ10フィート以上ある。そして、印象的な形をした彫刻や碑文があるのだ。また、ワフティ、彼の妻、彼の母親のレリーフが描かれており、狩猟や製品の製造などを行っている人々の様子も描かれている。

クレオパトラの小さな像

ancient-statue-19-85309
CRIS BOURONCLE/AFP via Getty Images
CRIS BOURONCLE/AFP via Getty Images

クレオパトラの墓を探していた考古学者は、この小さなアラバスター製の像を偶然発見した。アレクサンドリアの西に位置するタスポジリス・マグナ神殿で発見されたのだ。

クレオパトラは、プトレマイオス朝最後の現役の支配者であり、アレキサンダー大王の伴侶でもあった。クレオパトラを描いた多くの芸術作品は、何世紀にもわたって最近の芸術家たちの題材となっています。彼女は古代エジプトの人気者の一人であり、文化的アイコンでもある。

ローマ帝国の将軍マルク・アントニーを描いたマスク

ancient-statue-20-59384
CRIS BOURONCLE/AFP via Getty Images
CRIS BOURONCLE/AFP via Getty Images

前述のクレオパトラ像が発見されたのと同じ場所で、このマスクの作品も発見された。マーク・アントニーことマルクス・アントニウスを描いたものと考えられている。

マーク・アントニーは、ローマ共和国を独裁的なローマ帝国へと変貌させる上で重要な役割を果たした将軍として知られている。ユリウス・カエサルの将軍として、ガリアの征服やカエサルの内戦に参加した。また、クレオパトラとの間に3人の子供をもうけている。