ライフスタイルを大きく変えることで、自分自身を劇的に変えたカップル

レキシーとデニー・リードは、18か月にわたり生活を大きく変えて、多くの人の見本となりました。彼らは、自分自身が何かに囚われていると感じ、その何か囚われているものからカップルは自由になりたかったのです。レキシーは、適切な食事と運動をすることを決心し、デニーもまた、自分の生活を見直すことにしました。二人とも人生初となる大きな決心をし、これからハッピーで健康的になることを願い、これから待ち構えている困難にチャレンジする決断をしました。これから、どんなドラマチックで、そして私たちのやる気を引き起こさせてくれるような変化が見られるか、あなたも体験してみてください。

レキシーは、生まれてからいつも体重で悩んでいた

Urbo
Urbo

レキシー・リードは、子供の頃からずっと、自分の体重で悩んでいました。いつも痩せたいと思っていたのです。彼女は、いつも少しやせては、すぐにまた元に戻っていました。レキシ―は、自分の容姿を気にし、社交的でハッピーにはなれなかったのです。

そして、25歳になったとき、彼女の体重は、ピークに達していました。体重は、178キロにも達し、悲しくて仕方ありませんでした。一番つらかったのは、その体重のせいでで、自分の夢を叶えることができなかったのです。彼女の人生は、ずっと暗い状態でしたが、実はすぐそこに、大きな愛が待っていたのです。

レキシ―とデニーは、出会い、そして情熱的な恋へ

Photo Credit: The Epoch Times
Photo Credit: The Epoch Times

レキシ―とデニーは、常に一緒にいたくてたまりませんでした。ふたりが付き合い始めたときニーは、レキシ―の容姿など気にもしていませんでした。デニーは、ただ、レキシ―の素晴らしい人柄に、恋をしていたのです。ラッキーなことに、レキシ―は、デニーにも同じ感情を抱いていました。

もちろん、これで話は終わりません。デニーも体重に関しては、苦労していました。二人は、いつも食生活で不健康な選択をしていました。二人は、いつも一緒に幸せな生活を送っていましたが、決して健康的ではありませんでした。更に、このあとその問題は、深刻化していきます。

健康への悪循環はさらに続く

The Sun
The Sun

デニーとレキシ―は、自分たちの問題は知っていたものの、当時は何もしませんでした。デニーは、体重が127キロで、いつも食べたいものを食べたいだけ食べていました。料理などは、一切せず、大量のテイクアウトをいつも食べていました。食べ放題のレストランで、おなかがいっぱいになるまで何時間も食べて、後悔することもありました。

当然食べることは、二人の共通のアクティビティーであり、興味のあることでした。当然、不健康になるばかりでした。当時、二人は認識していなかったかもしれませんが、もし、生活を改めていなかったら、今生きていなかったかもしれません。

レキシ―自分の問題を認識する

Photo Credit: Videoboom
Photo Credit: Videoboom

レキシ―・リードは、自分の問題を認識し、公言していました。この発言が同じ問題を抱える人達の何か手助けになればと願っていました。レキシ―は、”私の家は、あまりお金もなく、両親は、料理をしませんでした。加工食品は、ヘルシーな食事よりも、手軽に買えたから”と言っていました。

デニーと付き合いだしてからも、それは何も変わりませんでした。実際の所、ひどくなっていたのです。レストランに行かないときは、テレビの前で、食べており、別に食べたくなくても、とにかく食べ物はいつも周りにあったと述べています。

テレビを見ることが、カップルにとってのアクティビティー

Photo Credit: specnaz.ural.ru
Photo Credit: specnaz.ural.ru

デニーとレキシ―は、一緒に太り、運動のしない生活を送っていました。ハイキングや、サイクリングに行くこともせず、いつも夜遅くまで、テレビを見ていました。ふたりとも、それが健康的な生活ではないこともわかっており、変えたいとも思っていました。

レキシ―は、彼女の人生に転換期が来ていることに気付き始めていました。彼女は、ハッピーでポジティブ思考で、長生きしたかった。問題は、彼女は、長い間動かない生活をしていなかったため、運動する気力がまったくなかったのです。しかし、これからデニーが予想もしないことが起こり、それが変わり始めるのです。

デニーがプロポーズ

Photo Credit: iFuun
Photo Credit: iFuun

そう、デニーがプロポーズをしたことで、レキシ―の人生は一気に変わりました。レキシ―によると、”デニーは、私の体重のことは全く気にせず、変わってほしいとも一度も言ったことがありません。しかも、私を美しいとさえ感じさせてくれたのです。”心の中では、女王様の気持ちでしたが、自分に合うウエディングドレスがあるか心配で仕方なかったの。

今まで一度も、自分のサイズに恥ずかしさを感じていなかったレキシ―でしたが、この時の体重は、220キロにも達していました。“みんな私のことを新婦だと思ってくれず、体重のことを白い目で見てくるの。”彼女は自分のウエディングドレスが見つかるかどうか、不安で落ち込みました。あ、少しばらしちゃいますが、大丈夫です。見つかりますよ。

うまくいったウエディング

aufeminin.com
aufeminin.com

レキシ―は、完璧なウエディングドレスを見つけ、ふたりは、素晴らしい結婚式をすることができました。でももし、ふたりがこれからも幸せな生活を続けたければ、いくつかやらなければならないことがありました。

結婚した後に、二人はいずれ、子供が欲しいと思うようになりました。しかし、レキシ―の体重では、子供を作ることは非常に危険でした。もし、妊娠すれば、子供と彼女自身の生死にも関わることになったのです。しかし、レキシ―は、ただ、子供をつくりたいという理由だけで健康になることを考えたのではありません。理由は、他にあったのです・・

私って、旅行できるの

Caters News Agency
Caters News Agency

子供を作ること以外での危険と言えば、旅行です。健康でなければ、旅行ができません。彼女の夢の一つは、ハリーポッターの魔法の世界を見に、ユニバーサルスタジオに行くことでした。体が大きくなればなるほど、その夢は遠ざかっていきました。ほぼ227キロになった彼女は、ひとりでアトラクションにも乗れず、飛行機にも乗れないであろうことを知っていたのです。

彼女は、インディアナに住んでいましたが、どうしてもフロリダに行きたかったのです。もし、飛行機で行くのが唯一の手段であるならば、レキシ―は、自分が何をしなければいけないのか分かっていました。

やらなけらば、何も始まらない

Photo Credit: yemek.com
Photo Credit: yemek.com

結婚して一年経っても、彼らの生活は何も変わっていませんでした。レキシ―とデニーは、相変わらず、テレビを見ながら食べ続けていました。デニーは、満足していましたが、レキシ―は、徐々にうんざりし始めていました。

彼女には、夢があり、それを叶えるためには、痩せなければならなかったのです。変化を夢見ることと、変化するために努力することは、全く違うものです。しかし、彼女はまだ、運動する気力がわきませんでした。そして、新年が訪れ、新しいスタートで、彼女の態度も変わってきました。どう変わったのか、この後お見逃しなく!

新年の願掛けは効果あるの

Photo Credit: The Daily Buzz
Photo Credit: The Daily Buzz

2016年のお正月、レキシ―は、彼女自身とデニーの食事制限することを決めました。彼女は、新年の願掛けとして、適切な食事と運動をすることを決め、デニーが賛成しようがしまいが、強制的に一緒にやることにしたのです。

しかし、デニーへの説得は簡単でした。デニーの生活習慣は、単に不健康だったのと、彼自身も新しい生活を始めようと思っていたのです。そして、ふたりに子供ができたとき、デニーは一体どんな父親になるでしょうか?子供たちと一緒に遊ぶでしょうか?デニーの参加と協力で、ふたりは、これから長い新しい生活を始めることになったのです。

デニー、良き時も悪しき時も、忠誠を

Photo Credit: moviepredators.com
Photo Credit: moviepredators.com

正直言うとデニーは、運動したり健康的な食事をとることに、あんまり乗り気ではなかったのです。彼が言うには、”最初は、あんまり乗り気じゃなかったんだよね、だって、家に帰って、ソファーに座って、食べて、特に心配するようなこともなかったからね。”でも、彼にとって、自分の妻を支えることの方が、悪い習慣を続けるよりも、ずっと大切なことなのです。良き、サポート的な旦那になるという事は、成功させるために努力を惜しまないという事です。

レキシ―を支えて、彼女の人生を変えることは、自分も変わるという事なのです。“新年を迎え、レキシ―を手助けするということに頑張るのみです。”この目標を達成するために、二人は、簡単ないくつかのルールを決めました。さあ、それは何でしょうか、次にご期待!

ルールがルールである理由

Photo Credit: IFLMyLife
Photo Credit: IFLMyLife

不健康な習慣を変えるのは簡単ではありません。そこで、レキシ―とデニーは、新生活におけるいくつかのルールを設けました。それから、そのルールを守るために、友達と賭けをしました。最初の一か月に、”外食なし、ソーダなし、アルコールなし、盗み食いなし、それから終5回の30分の運動”を設定しました。

今までやって来たことをいきなりやめるのは大変なことです。しかし、ふたりは、自分たちはできるんだ!ということを証明したかったのです。ふたりは、人生を取り戻したかった。彼らは、世界中で痩せることに苦しんでいる人達を勇気づける人になるとは考えてもいなかったのです。

彼女自身の言葉

Photo Credit: Instagram
Photo Credit: Instagram

私達が、どれだけ真剣にやっているか信じていないなら、これをどうそ。”私たちは、これまで生きてきた人生にうんざりしているの。たくさんのことが、私達は、カップルとしできなかったの。” 旦那さんと一緒にロマンチックな散歩に行ったりとか、レキシ―には、たくさんしたいことがありました。もちろん、いつの日か家族を作りたかったのです。

“もし、健康的な生活ができなかったら、家族を作ることが一生できないかと思い、とても怖かったの。”そして、この自分の一連の過程を記録するため、レキシ―は、写真を撮り始めました。そして、最終的には、それをソーシャルメディアに載せて、世界に「だれでも努力すればできる!」ことを伝えたかったのです。

ジムで手こずる

Photo Credit: Instagram
Photo Credit: Instagram

体重を減らす一番の方法は、定期的にジムに行くことです。デニーとレキシ―にとって、ジムを見つけることが、とても大変な作業となりました。必要な器具を揃えている所や二人に合った食事療法を探すことはとても大変でした。レキシ―は、彼女の体重のため、関節炎を患っており、それをサポートしてくれるジムが必要でした。

二人は、パーソナルトレイナーを雇うほど、経済的余裕がなかったし、また、そのつもりもありませんでした。二人は、ともに力を合わせて頑張るつもりで、そのためにベストな場所を見つけることが必要不可欠でした。この自分にピッタリ合ったジムを選ぶことが成功のカギとなります!

完璧なプランには、完璧なジムを

Photo Credit: WebMD
Photo Credit: WebMD

レキシ―は、完璧な自分に望むことを書いた、長いリストがありました。レキシ―は、関節炎の痛みもあったため、運動をするときの人の目がとても気になりました。色々ジム探しをして、レキシ―が必要としていた運動器具で、そんなに混んでいない場所を見つけました。そのジムで、ある一つのマシーンをレキシーがとても気に入りました。

“220キロもある体重でも、関節を傷めずに使えるクロスランプというマシーンを見つけたの!とても気に入っちゃたわ!” 運動の目途が付いたので、次は、食事です!どうやって食生活を変えたのか、続きを見ていきましょう!

新しい食事に新しい自分!

University Fox
University Fox

週に一回のジムは、新生活のとても良いスタートとなりました。でも、やることはまだまだたくさんありました。二人は、外食するのをやめて、自分たちの食事は自分達で作り、体内に入るすべての物を管理しました。

「揚げるんじゃなくて、焼くのね。」実際に、レキシ―とデニーは、自分達でベーキングを始めました。今までは、冷凍ピザを焼いて、料理とも言えたのですが、それでは、何も変わっていないことになります。レキシ―もデニーも食べることが大好きだったので、お互いのために、料理の仕方を勉強しました。

ダイエットとは呼ばないの

Photo Credit: today.com
Photo Credit: today.com

これまで、ダイエットという言葉をたくさん使ってきましたが、もし、レキシーとデニーに、この変化が何かを聞いたら、おそらく、新しい生活の仕方とでも言うでしょうね。ダイエットという言葉ではなくて。レキシ―は、「ダイエットとは、一時的な物で、この生活はずっと続けていくものになる。」と言っています。レキシーはまず、あまり複雑に考えずに、自分の食べたいものリストを作りました。そして、それをヘルシーに作るレシピを見つけます。これで、自分の食べたいものを我慢なく食べたのです。「単に、食べたいものをヘルシーに作るだけなの。それで、自分の好きな物を諦めたり、我慢したりしないようにしたの。」

サポートこそがレキシ―には必要

Caters News Today
Caters News Today

それでも、デニーの献身的なサポートなしでは、レキシ―は、また元の生活に戻っていたかもしれません。そして、レキシ―のサポートなしでは、デニーも同じだったでしょう。二人で協力することで、お互いの強さを維持していたのです。二人だったので、この計画を楽にこなせてきていました。でも、まだまだ先は長いのです。しかし、このままお互いに背中を押し続けた二人に素晴らしいことが起きたのです。レキシーとデニーの二人に起きたジムでの出来事とは?

ジムで新しい友達が

Metro
Metro

ジムに行くことが、レキシ―にとっても段々楽しくなってきました。体重が落ちるたびに、どんどん自信がついていき、ジムでのレッスンも取るようになってきました。そしてそのクラスで、自分でも予想だにしていなかったことが起きました。呼吸法のクラスで、新しい友達ができたのです。運動に頑張っている友達と出会うことにより、レキシ―のサポート体制はもっと大きくなって行きました。そしてあんなに嫌いだった運動が楽しくなってきたのです。”自分の好きな音楽に合わせて踊るのが、大好きなの。なんだまさに運動をしているって感じなの。曲の間ずっと、足が痛いのに、スクワットが続けられるの。足の痛みなんて気にならないくらい楽しいの!”

成果は現れる

Photo Credit: Caters News Agency
Photo Credit: Caters News Agency

運動や適切な食事で一番大変なことは、その結果を実際に目にするのに、時間がかかることです。レキシ―は、幸いその結果がすぐに現れました。開始1か月で9キロ痩せて、上の写真からもわかるように、現在は、結婚式の時に着たウエディングドレスの半分にもなりました。しかし、ある一定の期間を過ぎると、痩せることがどんどん難しくなってきました。それでもレキシ―は、くじけませんでした。毎日ジムに行き続け、食事のカロリー計算も始めました。そして、知らず知らずのうちに、彼女のダイエットは、日常の一部となっていました。

デニーにもスポットライトが

Metro
Metro

デニーも、レキシ―ほどではありませんが、かなり変化しました。いつもレキシ―の側にいて、支えてきた2年間の管理生活の結果、デニーは、127キロから86キロになりました。特に、最初の1年で、かなりの体重を減らし、デニーの体重の変化が停滞している間も、ずっと横で頑張っていました。次は、いよいよレキシ―の驚きの成果です!

レキシ―は、もう別人

Metro
Metro

2018年の5月の時点で、レキシ―は信じられないことに、141キロも痩せたのです。もともと226キロもあった彼女ですが、チャレンジ生活を始める前とは、完全に別人になっていました。レキシ―自身も、ここまで彼女が変化するとは思っていなかったでしょう。レキシ―が最初に気付いた大きな変化は、レストランに行って着席した際に、おなかがテーブルの上に乗らなくなった時だと言っています。食事をしていても、テーブルに余裕があります。この余裕のスペースができたことこそが、とても嬉しかったのです。

インスタで有名に

lexi-at-the-gym-30132-75482.jpg
Photo Credit: Instagram
Photo Credit: Instagram

この過程を記録するために、レキシ―は、ジムで写真を撮り、毎日インスタに上げていました。レキシ―は、”デブな女は、もううんざり”というアカウント名で始め、自分自だけでなく周りの人も巻き込んで、どれだけ良くなるかを見せたかったのです。そして、ひとつひとつの写真にやる気のでるコメントを付けました。そのアカウントには、すぐに、多くのフォローワーが付きました。ついには、”デブな女は、もううんざり”のアカウントには、75万ものフォロワーが付いていました。彼女のフォロワーは、毎日レキシ―に勇気づけられました。レキシ―が勇気づけた人の数は、数知れず、フォロワーがヘルシーでハッピーになるためのプロセスを楽にしたのは言うまでもありません。

スターダムに上るのも、それほど遠くない

Photo Credit: Instagram
Photo Credit: Instagram

レキシ―とデニーの話は、あっという間に広がり、すぐに有名になりました。彼らの話は、様々なメディアで取り上げられ、フォロワーもどんどん増え、人々を勇気づける話として広まっていきました。二人は、レイチェル・レイのエピソードにも取り上げられ、ヘルシーな食事や料理について語りました。とても謙虚なふたりは、有名になっても、全く変わりませんでした。むしろ、この素晴らしいチャレンジの更なるサポートを追加するためにメディアを利用していました。テレビにでるのは楽しいですが、好きな人とハイキングに行くのも大切です。おっと、忘れないで!旦那さんと、気軽に散歩に行くのも、レキシ―のゴールのひとつなんですから。

初心に戻る

Photo Credit: Instagram
Photo Credit: Instagram

レキシ―とデニーが運動と適切な食生活を始める前は、二人合わせて、362キロありました。しかしそこから、二人合わせて、181キロまで痩せました。そして、その素晴らしい達成を祝うために、二人はデニーがプロポーズしたビーチを一緒に走りました。デニーがプロポーズした時は、レキシ―は、ちょっとした散歩でも疲れていました。それが、今は、一歩一歩しっかり、息を切らせずに走ることができるのです。これも全て健康的になったおかげです。もちろん、レキシ―は、まだ、”魔法の世界”に行く必要があります。

レキシ―魔法使いになる

Photo Credit: Instagram
Photo Credit: Instagram

飛行機にも乗れる体重になり、つい最近、レキシ―は、ハリー・ポッターの魔法の世界に行くことができたのです。見て、彼女の顔、とっても嬉しそう!レキシ―は、フロリダ行きの飛行機に乗れただけじゃなく、デニーと一緒に、すべてのアトラクションも制覇することが出来たのです。ふたりは、今まで、こんなにも幸せになったことはありませんでした。このチャレンジを二人で頑張ることで、ふたりの愛は、もっと強くなっていきました。もし、あなたも、自分の生活を見直すのであれば、愛する誰かと一緒にやると良いわよ。これは、愛する二人の作業だから!

もはや自分の体に囚われていない

Photo Credit: Instagram
Photo Credit: Instagram

これまでの人生の中で、健康的な体重に初めてなったレキシ―は、もはや自分の体が何かに囚われている感じがしなくなったと言っています。”毎日に感謝して生きています。それで、今もこのチャレンジを楽しんでいます。”我々も、これから先、何年も彼女の状況を知ることが出来ることを祈っています。彼女は、太っていたころも、自分のことが大好きでしたが、”今は、更に人生が楽しくなった、今は、朝起きて、なんでも自分の好きなことができて、行きたいところへ行くことができます。もう、自分の太った体に振り回されなくていいの。”といっています。

レキシーは、これまでの成果を見返しています

レキシ―は、これまで起こったことを全て忘れてはいません。そして、よく今の自分になるまでの血の滲むような努力を見返すことがあります。インスタのフォロワーは、いつもレキシ―が何を考えているか、すごく知りたがっています。そして、レキシ―はいつも、それに答えます。2018年の8月、レキシ―は、「人それぞれ、努力しなければならないことは、違う。でも、とにかく始めることです。みんな、どこかで始めなければいけない瞬間がきます。そして、体は初めて挑戦することの大変さを覚えています。200キロを超えていた時に行った、地元のジムやズンバのクラスとか。決してに楽なことではありません。自分に強くならないといけません。一時間終わった、動いて汗だくになった。小さなことを積み重ねた結果、今こうして毎日を送っています。何も最初からうまくいく必要はないんです。いいから今日から始めてみて!」とコメントしています。

レキシ―の食事と考え方を公開

レキシ―は、手術や、ダイエットピル、他の過激な方法を一切、利用せずにここまで体重を減らしたことに、すごく自信が持てました。

計算された食事方法と定期的にジムに行くことで、レキシ―は体重を落としました。インスタグラムでも、レキシ―は、自分の食事を紹介していて、どうしてそれを選んだかの説明もしています。レキシ―は、”巻物(サーモンロール)を頼むときは、必ず塩分を減らし、炭水化物の摂取も制限します。デニーが味噌汁を頼むのに対し、私はサラダを付け合わせにします。寿司は、どう注文するかや、どうトッピングを選ぶか、それに適度な量を守ることで、ヘルシーな食事になります”と述べています。

失敗も共有

お手本となるにあたっての大変なことは、時々完璧を求められ、言ってるようになる事ができないことです。もちろん、有名人や、スポットライトを浴びるようなほかの人達も、私たちと同じように、苦労したり、失敗もあるが、ただ、見せていないだけです。しかし、レキシ―は、何も隠そうとはしません。レキシ―は、141キロ落とした今でさえ、181キロ以上あったころの写真やビデオを決して消そうとはしません。レキシーは、ジムで腕立て伏せをしていて、体重を支え切れずに、おなかが床についたりして、失敗しているビデオも共有しています。彼女は、恥ずかしがるどころか、そのビデオを共有する事で、周りを勇気づけています。

メンタルゲーム

2018年の夏に、レキシ―は、フォロワーの人達に、”自分に優しく話しかけてあげて下さい。あなたは、いつも聞いているのだから。”と伝えました。レキシ―は、このチャレンジでいろんな段階にいたときに、彼女は、いつも自分に話しかけて、ポジティブ思考に努めることで、目標を達成するのが、大きく違ってくることを知っていました。“体重を減らすことは、体力と同じぐらいメンタルが大事なの。”とコメントしました。自分への話し方や物の考え方は、とても重要なの。いつもネガティブに考えていたら、言い訳や、不平ばかりになって、目標達成に影響します。自分を信じずに、常に落ち込んでいたり、一生体重が減らないとか考えていたら、ネガティブの考えのようになってしまうわ“と述べています。

初めてのコンサートTシャツ

人生には、あなたを幸せにする小さなことがあります。同様に、人生には、あなたを苛立たせる小さなことがあります。レキシ―の人生の中で、彼女をいつも悲しくさせるものが服でした。レキシーが181キロ以上あったときに、服のサイズに制限がありました。レキシ―は、自分の好きなバンドのTシャツすら着ることができませんでした。レキシ―と彼女の旦那であるデニーは、2018年の夏にあったヴァン・ワープト・ツワーに行ったときに、レキシ―は、自慢げにコンサートのTシャツを買うことができました。”正直に言うと、ヴァン・ワープト・ツワーには、8年間行ってたけど、Tシャツを買えたのは、今回が初めてだったの。その服を着れなかったことで、それが、痩せるための理由の一つになってたの。もう、嬉しくて、どう表現していいかわからなかった。”と言っています。

怖いものを怖いものと思ってはダメ

レキシ―は、今も頑張っています。最近のインスタグラムで、彼女は、新しいことにチャレンジしたことをシェアしていました。それは、カヤックです。”今日、湖の恐怖を克服したの(蛇ともいう)。それで、カヤックも初めてしたの。知ってる?私、死ななかったし、ひっくり返らなかったし、蛇にも食べられなかったし、怖いと思うものすべて。でも、楽しかった。”とレキシ―は言っていました。レキシ―はまた、体重を減らすうえで、人生の質における重要なことを強調しました。“それは、あなたが体重を減らすことではないの、人生を取り戻すことなの。”レキシ―は、勇気と決心を皆に伝え、勇気づけています。

心と体のトレーニング

レキシ―とデニーは、たまにトレーニングのメニューを変えたり、ジムでの写真をアップしたりしています。その時に、レキシ―は、”いろいろ毎日のトレーニングを面白くして、ヘルシーになるために、”ジムの住人“になる必要はないのよ。”とフォロワーたちにコメントしました。その日、ふたりは、ステア―マスターを10分間して、その次に、ウェイトリフティングと散歩をしました。“10分間でも、一生懸命やれば、30分間ゆるくやっているのと同じ効果があります。ジムの住民になる必要ないのよ。楽しんで、自分のできることから始めれば良いのよ。さあ、始めましょう!それから、1日の最後に食事にも気を付けることも忘れないように!みんな、どこからか始めないとダメなのよ。”

運動はどこでもできる

中には、痩せるというチャレンジを始めたばかりの時は、ジムに行くという考えや、人前で運動をするのに抵抗がある人は、足踏みするかもしれません。レキシ―は、”運動することが、ジムラットになるということではないの。”と皆に言っています。レキシ―は、友達とハイキングに行った時の写真を載せて、こうコメントしました。”みんな、外にでて、自然を楽しもう!探検するの!私の好きな時間の一つが、旦那さんと一緒に外で、いろいろ見ることで、部屋のソファーに座っていることじゃないの。“レキシ―は、また、昔ずっと通っていたハイキングコースが、すごくきつかったことも話しています。

いつもの習慣を変えること

今でも、レキシ―は、いつもこの新しいライフスタイルに徹底しているわけはありません。ただ、レキシ―は、この毎日のチャレンジをこなさないと、何も始まらないことを知っています。レキシ―は、パルス・ズンバのクラスの後の写真をのせて、自分自身を元気づけました。”今朝は、自分の乾いたシャツをみて、何もしていないことを意識させて、今週末はお休みにしたの。朝起きたとき、体中が痛くて、本当にやる気が全く起きなかったの。でも、そうは言っても、やらないといけないことはわかっていたわ。私は、朝は苦手だけど、一日の運動は朝が一番効果的なのを知っているわ。10時間の仕事の前に、朝6時に起きて、運動するの。そうすることで、一日をスムーズに進めることができるの。”

どんな食事もヘルシーにできる

多くの場合、あなたの注文する食事が、ダメなチョイスというわけではなく、一緒についてくるサイドディッシュやドレッシングが、良くないのです。レキシ―は、自分の食事をインスタに紹介するとき、量の多い食事をできる限りヘルシーにすることを言っています。彼女が上げた写真で、こうコメントを付けました”今夜は、家族と一緒にレストランに行きました。グリルされたマヒマヒを注文したけど、マヨネーズソース無しで、シナモンで味付けされたサラダとプレインのベイクドポテトを食べたわ。色々な付け合わせや調味料で、簡単にカロリーが上がるでの、自分で色々調整することを忘れないでね。”

デニーもインスタを始める

レキシ―だけが、自分の成果を世界に発信しているのではありません。デニーも自分で運動した後にインスタに載せています。その写真からも、デニーは、体重が大幅に減って、さらにチャレンジに力が入っているようです。このトレーニングで、デニーは、”35分間のトレーニングに戻って、二頭筋、三頭筋、それから腹筋を鍛えたよ。そのあと、20分間の有酸素運動もしたよ。強くなった感じがして、脂肪が燃えた感じだよ!とコメントしています。

デニーの食事は、脂肪無し

デニーとレキシ―の毎日の食事に対する努力は、すごいものがあります。レキシーと同じように、デニーもフォロワーに、自作のヘルシーな食事を紹介しています。この食事は、特に、脂肪分が少なく、高タンパクです。それでも、デニーは、味に対しては、こだわりを持っています。”今日の昼食は、フランクスレッドホットからの、グリルしたチキンの胸肉とズッキーニの写真です。この写真は、ファットガールフエッドアップからの写真です。あまりにもおいしかったから、写真を盗んできちゃたよ!”

ふたりは、今でも一緒に運動し、一緒に暮らしています

デニーとレキシ―が、健康的になるために、このチャレンジを始めて、一つ何も変わっていないことがあります。それは、ふたりがいつも愛し合っていることです。もし、ふたりがお互い献身的でなかったら、こんなコメントは見られません。”今日のトレーニングは、肩とトラップを40分間したわ。それから、この素敵な人と20分間の散歩もしたわ。”デニーとレキシ―が始めた新しいライフスタイルは、とても勇気づけられるものです。もし、あなたが自分の運動や食事が、うまく行っていないなら、この二人の話を読んで、参考にしてはいかかでしょうか?