義理の母が起こした驚きの事件特集。こっそり赤ちゃんの名前を変えてネットは大炎上!?夫と母親が怪しい?

義理の家族と仲良くするのは、なかなか難しいと言われている。特に、子供が生まれたり、家族間での祝事などは、トラブルが発生してしまう理由の一つでもある。この話も、赤ちゃんが生まれたばかりのとある女性が、義理の母に大きなストレスを抱いていたことから起こったのだ。ここではその女性をママ・ベアとするが、彼女は自身の状況について、スレート誌の人生相談欄に投稿した。そして、この投稿が物議を醸すことになるのだ。

ことの始まり

mom and dad holding a baby near a window
Photo Credit: Unsplash / Kelly Sikkema
Photo Credit: Unsplash / Kelly Sikkema

ある日、ママ・ベアは、自分と夫で決めていた子どものミドルネームが知らないうちに変更されていたこと、そして義理の母がその原因となっていたことを知った。

この事実に多くの人はどう思うのだろう?確かに義理の母は、決して越えてはならない一線を越えてしまったと言える。だが、なにやらこれは義理の母だけの責任でもなさそうなのだ。

単なる間違いではなかった

A new mother looks after her premature baby
BSIP/UIG/Getty Images
BSIP/UIG/Getty Images

ママ・ベアが生後2ヶ月になる息子の出生証明書と社会保障カードを取りに行ったときだった。息子のミドルネーム、フィンリーのスペルが「Findley」ではなく、「Findlay」となっていたことに衝撃を受けた。

わずか一文字の違いだと思うかもしれない。が、ママ・ベアは何かがおかしいとすぐに直感したのだ。

ママ・ベアの直感

a baby sleeping on a blue blanket
Photo Credit: Unsplash / Carlo Navarro
Photo Credit: Unsplash / Carlo Navarro

ママ・ベアと夫は、ミドルネームをフィンリーとしてスペルを「Findley」、つまり「E」を使うことで同意していた。

スペルが間違っていることに、最初は戸惑いを隠せず、混乱したママ・ベアだったが、しばらく考えてこれは単なるタイプミスではないと確信していた。

名前を決めるのでさえ難しい

three week old baby girl holds her mothers finger
Tim Clayton/Corbis/Getty Images
Tim Clayton/Corbis/Getty Images

正直に言って、どの親でも子どもの名前を決めるのが一番難しかったことを覚えているだろう。

この夫婦はまず、親の2人があまり好きではない人の名前を書き出し、名前候補のリストから消していく。そして、そこから2人ともが良いと思う名前に決めていくという手法をとった。

名前にたくさんの想いを込めて

a baby sleeping on a pink dotted blanket
Photo Credit: Unsplash / Ignacio Campo
Photo Credit: Unsplash / Ignacio Campo

たいていの場合、ミドルネームは親2人のうち、どちらかが譲歩したり、交渉した結果だったりする。

子どもにぴったりな良いと思える名前を決めるために、たくさんの時間と労力を費やしているのだから、それがすべて無駄になったのを目の当たりにしたときのショックたるや、筆舌に尽くしがたいほどだっただろう。

ママ・ベア、すぐさま夫に詰め寄る

couple in bed and women doesn't trust man
Wodicka/ullstein bild/Getty Images
Wodicka/ullstein bild/Getty Images

名前のスペルが違うことを知ったママ・ベアが最初に行ったことと言えば、考えられる唯一の原因、つまり夫を問い詰めることだった。

帝王切開による出産のためにママ・ベアが入院している間、息子の出生届の書類を記入して提出したのは夫だったからだ。

夫、事情を説明する

a couple arguing
Photo Credit: Pexels / Ketut Subiyanto
Photo Credit: Pexels / Ketut Subiyanto

ママ・ベアが証拠となる書類を手にして夫に詰め寄ると、夫は、夫の母親が「自分に罪悪感を抱かせたために」仕方なく、スペルを変えたと認めた。

社会保障カードが手元に届いて、名前のスペルを確認するや否や、スペルを変更したことを後悔していると口にした夫だったが、夫は自分に非があることをどうしても認めたがらなかった。

ママ・ベア、義理の母は少し強引で、誠実な人ではないと言う

Portrait of senior woman in garden
Universal Images Group/Getty Images
Universal Images Group/Getty Images

ママ・ベアがさらに深く追及すると、義母が夫に電話して、まったく違う名前に変えるように夫を説得しようとしていたことが明らかになった。

義理の母は自分達がつけた名前とは違う名前を用意していて、夫に、「ママ・ベアははじめのうちは怒るだろうけど、そのうち怒りもおさまるさ」と言っていたのだ。

義理の母、それでも主張を通そうとする

a Christmas card with a penguin on it next to a present
Photo Credit: Pexels / Lisa Fotios
Photo Credit: Pexels / Lisa Fotios

やがて、義理の母はフィンリーというミドルネームのスペルを変えることで妥協したようだった。夫婦で考えていた「Findley」ではなく、「Findlay」の方が男の子らしい、というのがその理由だった。

しかも、義理の母はママ・ベアへの「牽制球として」クリスマスカードにわざわざミドルネームを書いて送ってよこしたのだ。

結局のところ、夫はどう思っているのだろう?

man and woman sitting on a bench in an argument
Wodicka/ullstein bild/Getty Images
Wodicka/ullstein bild/Getty Images

ママ・ベアはスレート誌に、義理の母は人を自分に都合が良いように操る人で、息子の嫁であるママ・ベアのことを嫌っていたと書いている。そして、こうして経緯をすべて聞いた今、何よりも夫はどう思っているのだろうか分からないとしている。

人生相談欄のコラムニストでさえ、ママ・ベアに噓をつき、こっそりとスペルを変えて届を出した夫について、遠慮なくはっきりと述べている。

決して忘れない

woman holding her baby close to her
Photo Credit: Pexels / Kristina Paukshtite
Photo Credit: Pexels / Kristina Paukshtite

ママ・ベアは法的手続きを取って、名前を変更しようと考えているが、それでも義理の母にどう向き合ったらいいのか分からないという。

ただ、ママ・ベアはこの先も、決してこの件を忘れはしないだろう。

次は酷い母親について、ご紹介しよう

woman her hands up while three kids are playing around her
Photo Credit: Pexels / Gustavo Fring
Photo Credit: Pexels / Gustavo Fring

想像してみよう。あなたが24歳の女性で、長く付き合っている事実婚状態の彼氏との間にできた第二子を出産したばかりだとする。生まれたばかりの子どもを抱いて退院して家に帰ると、あろうことか、あなたのお母さんが赤ちゃんの父親である、あなたの彼氏と駆け落ちしていなくなるというのだ。

こうした状況で、2人の幸せを喜べるだろうか?まさか!そう、実際にこんなことが起こった女性も信じられない思いでいっぱいだったようだ。

親に助けてもらうのは、悪い考えではないと思われた

a guy with his hand around a girl's arm
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge

いよいよ出産が近づいて、身重の体であるにもかかわらず、コロナ禍で上の子の面倒も見なければならないときに、身内から少しでも手助けてもらえるのならば、それをありがたく受け入れるだろう。

24歳のジェス・アルドリッジもそうした。そして29歳の事実婚の彼氏、ライアン・シェルトンも同意した。もしかしたらライアンの方は、ジェスと同じように純粋に手助けてほしいだけと考えていなかったかもしれないけれども。

母の助けを借りて

three people smiling into the camera while taking a selfie
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge

ジェスと彼氏は、ジェスの母ジョージナ(44歳)と夫エリックの助けを借りることにした。母ジョージナは、ジェスの出産までの数週間の間、上の娘(この子の名前もジョージナ)の面倒を見る手伝いをすることになっていた。

ジョージナには5人の子どもがおり、6人の孫がいた。そうしたこともあって、ジェスはお母さんならきっと良い助けになってくれると思ったのだ。

何かがおかしい

couple standing in front of a picnic table
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge

ジェスとライアンが、ジェスの母親のジョージナと夫の家に引越した後、ジェスは母親と彼氏がやけに仲が良いことに気づき始めた。

はじめは仲が良さそうに見えた関係も、いつしかイチャついているようにしか思われないようになり、ジェスは何度か2人にどういう関係なのかと問い詰めることがあった。だが、そのたびに2人は何もないと、終始一貫して関係を否定するのだった。

とうとう出産予定日!

couple in a birthing suit holding their newly born baby
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge

1月28日、ジェスは母ジョージナの立会いの下、グロスターシャー王立病院で息子のルーベンを出産した。出産して数時間後、ジェスの彼氏から携帯にメッセージが入る。3年続いた関係を終わらせたいというものだった。

別れる理由は何だったのだろうか。不思議に思うだろう。

ついに火がついた

woman holding a baby, looking down at her
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge

別れの理由を聞いたジェスに対し、ライアンは、何度も母ジョージナと浮気していると責められるのにうんざりしたからと答えている。

しかしながら、ジェスの疑惑はまったく正しかったのだ。疑惑ではなく、事実だったのだから。

おばあちゃんの逃避行

a couple taking a walk into the sunset
Photo Credit: Unsplash / Ricardo Moura
Photo Credit: Unsplash / Ricardo Moura

若き母親の直感は正しかった。ライアンはジョージナと一緒になるために、妻ジェスと2人の子どもを置いていったのだ。

ジョージナの方も、娘の彼氏と関係を続けるために、夫エリックと数週間前に別れていたようだ。2人はジェスとエリックに6ヶ月間もの間、自分達の関係を隠し続け、駆け落ちしようと画策していたのだ。

ジョージナとライアンはすべてを共有していた

two hands being held
Photo Credit: Unsplash / Roman Kraft
Photo Credit: Unsplash / Roman Kraft

結局のところ、ジョージナがジェスに語ったところによると、ライアンはずっとジョージナを口説いていたのだという。そして、ライアンと初めて関係を持つに至ったのは、ジェスとライアンが別れる6ヶ月ほど前のことだったという。

さらに、ジョージナとライアンは毎日携帯でメッセージを送り合っていたこと、ライアンはジェスと話した内容をジョージナに送っていたこと、2人は長い間とても親密な間柄だったことを認めている。

新しい生活を始めるために忙しかったようだ

person taping up a big moving box with a tape gun
Photo Credit: Pexels / Ketut Subiyanto
Photo Credit: Pexels / Ketut Subiyanto

インタビューに答えて、ジェスは、ライアンが生まれた当日に赤ちゃんをわずか数分しか見ておらず、次の日も引っ越すために荷造りしながら、およそ10分間くらい見ただけだと述べている。

ジェスはさらに、母親のジョージナはライアンが荷造りするのを車の中で待っていて、ライアンが荷物と共に車に乗り込むと、一緒にどこかに行ってしまったと語っている。

「誰を好きになるかは、誰にも止められない」

a bunch of pink hearts on a black background
Photo Credit: Unsplash
Photo Credit: Unsplash

娘の彼氏と駆け落ちすることについて、ジェスは、ジョージナが「誰と恋に落ちるかなんて、誰にも分からない」と言っていたという。

もし自分の母親が、自分の子どもの父親と駆け落ちすると決めたなら、単に「恋に落ちた」というよりは、もっとマシな理由を探してほしいものだ。

フェイスブック上で関係を公表

the Facebook app with a number 3 above it
Photo Credit: Pexels / Ketut Subiyanto
Photo Credit: Pexels / Ketut Subiyanto

ジェスが赤ちゃんの面倒を見ながら、友人に赤ちゃんの様子を見せようとしてソーシャルメディアに写真を投稿していた一方で、ライアンはみんなに新しい関係を公表していたようだ。

ライアンも母ジョージナも、共にフェイスブック上の交際ステータスを変更し、2人が交際していることを周囲に伝えたようだ。一方、ジェスの交際ステータスは独身に戻っている。

おばあちゃん、いまだに近くにいる

two women taking a selfie together
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge

ジェスは息子と娘と共に、かつてライアンと住んでいた家に戻ったものの、ライアンとジョージナはすでに2人で暮らす家を見つけていたようだった。

そして、2人はその家に住めるようになるまでの間、50キロメートルも離れていないジェスの叔母の家に世話になっているようだった。

究極の裏切り

two people with a heart filter on the picture
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge
Photo Credit: Facebook / Jess Aldridge

ジェスは母親の行為を「究極の裏切り」だと述べている。「出産を控えていた娘としては、母がおばあちゃんとして、子どもの父親ではなく、子どもに夢中になってくれるものと思っていましたから。」

ジョージナとライアンは、ジェスだけでなく、エリックをも裏切ったことになったが、どうも2人はそれほど気にしていないようだ。2人だけの世界で幸せに浸っている。ジェスはと言えば、気持ちを切り替えて、母親と彼氏の助けを借りずに子ども達の世話をしている。