海に浮かぶ謎のブルーホール。その底に眠っているものとは

ブルーホールとは、ベリーズの沿岸に位置している世界最大のシンクホールだ。この場所は、海底探検家のジャック・クストーが訪問した1971年に初めて知れ渡るようになった。また、この場所を世界でトップ5に入るダイビングスポットであると彼は宣言した。クストーは、この穴は水深が上がって複数の洞窟に水が流入したことによって起きた現象であると結論付けている。近年、リチャード・ブランソンを含む科学者たちのチームはシンクホールの底を探索した。今回は、この不気味なシンクホールの底から発見されたものやいくつかの驚くべき事実をご紹介しよう!

3D画像化

3D Imaging
Aquatica Submarines/Thomas Bodhi Wade
Aquatica Submarines/Thomas Bodhi Wade

2018年12月、チームはさらなる発見を求めてブルーホールの底に向かう旅に出発する。メンバーには、億万長者のリチャード・ブランソン、1970年代初期にこのシンクホールを発見したジャック・クストーの孫であるファビアン・クストーが含まれていた。

2隻の潜水艦を利用したチームは、潜水の様子を動画におさめ史上初の洞窟内部の3D地図を制作。この時の様子について、一等操縦士のエリカ・バーマンは次のように説明している。「私たちはほぼ360度見渡すことのできるソナー機器を使い、地図のほとんどを完成させました。網目状の層になっており、およそ304メートルの直径全体を把握できるとても素晴らしい出来になっています。」

夢中になったリチャード・ブランソン

Richard Branson
Discovery
Discovery

ブルーホールに魅了され、海底への探索に関わりたいと考えた億万長者のリチャード・ブランソン。彼自身、オーシャン・ユナイトという海の保護や気候変動による影響への意識向上活動を先駆ける組織の運営をしており、海の探検や保護に関しては知識が豊富なのだ。

ブランソンは、人々の関心を集めるブルーホールが彼らの行っている活動の重要性を理解してもらうきっかけになると考えた。

驚異の鍾乳洞

Stalagtites
Stephen Frink/CORBIS/Corbis via Getty Images
Stephen Frink/CORBIS/Corbis via Getty Images

バーグマンによると、今回の探検で最も興味深かったのは、これまでに見たことのない鍾乳石(つららの形をした鉱物)を発見したことだという。この鍾乳石は、深さ124mの海底付近でしか発見できず、今までにここで発見されたことはなく、地図にも載っていなかったという。

さらに、硫化水素の層があるため、水深90m付近では光が遮断され、ダイバーは完全な暗闇に陥るという。また、海底には酸素がないため、生物は存在しないのだ。

不可能を可能にする技術

Technology
Aquatica Submarines/Thomas Bodhi Wade
Aquatica Submarines/Thomas Bodhi Wade

高出力で高価な高解像度ソナーのおかげで、他の方法では気づかなかった穴の細部まで見ることができた。バーグマンは、”鍾乳石や壁の塊から20メートル、30メートルと離れていても、目で見るより完璧に細部まで見ることができる “と主張した。

しかし、発見されたすべてのものが何なのか特定できるかというのは別問題だ。洞窟の底には正体不明の足跡があり、彼らはそれを “しばらく観察する必要がある”と言っている。

ゴミはほとんどない状態

No Trash
Aquatica Submarines/Thomas Bodhi Wade
Aquatica Submarines/Thomas Bodhi Wade

海の多くが長年にわたって汚染されてきたことを考えると、この穴にはゴミがほとんどないことを知って、チームは安心した。これは、穴の保護に協力しているベリーズ・オーデュボン協会の協力もあってのことだ。

穴の中から見つかったのは、プラスチックの破片2〜3個だけだったそうで、ほとんど人間の手が入っていない状態だった。バーグマンは、”地球上には、数千年前と全く同じ状態の空間があり、今後の数千年後も、今と全く同じ状態のまま保つことができるかもしれないというのは、とても素晴らしいことだ “と述べている。

生中継された

Broadcast Live
Aquatica Submarines/Gaelin Rosenwaks
Aquatica Submarines/Gaelin Rosenwaks

この探検は、2018年12月2日に行われ、ディスカバリーチャンネルで生中継された。本来ならば、穴の底に到達した時点で中継すればよかったのだが、それが難しいことが判明したため、急遽戦略を変更することになった。

バーグマンによると、「ライブ配信の前日の朝に潜り、数時間前に撮影された映像と共に、船からライブ配信しました」とのこと。テレビの前の人を、宇宙飛行士に宇宙の映像を見せられたときのように、人々に衝撃を与えたいと願っていたのだ。

潜水艦を下につけないように

Didn't Touch Down
Aquatica Submarines/Thomas Bodhi Wade
Aquatica Submarines/Thomas Bodhi Wade

チームは穴の底までたどり着いたものの、潜水艦を地面につけないようにした。

バーグマンは、「理論的には過去10万年の間に沈降物で満たされているので、底に降りることはありません。私たちは、対象物に触れたり、ストレスを与えたりすることなく、対象物にそっと接近するのみです。難破船を中心に多くの経験を積んできましたが、そこでは何かに触れることは絶対に避けなければなりません。」

2週間かけて行われたミッション

Two Weeks
Aquatica Submarines/Thomas Bodhi Wade
Aquatica Submarines/Thomas Bodhi Wade

360度のソナーマップを作るために、すべてのデータを集めるのに要した時間は、なんと2週間だった。12月2日に最初の潜水を行った後、チームは2隻の潜水艦を使って地域を監視した。多くの部品が動いているにもかかわらず、彼らは探検の痕跡を残すことをないようにしたのだ。

彼らは、写真を撮り、周辺にいくつかの足跡を残しただけだったのだ。現在、チームは英領ヴァージン諸島への遠征を計画しているが、これを放送するつもりはないという。

穴は巨大

Hole Is Massive
Pinterest
Pinterest

グレート・ブルー・ホール(Great Blue Hole)は、この種の自然現象としては最大のものだ。奇妙な円形をしており、その大きさは直径317m、深さは124mという驚異的なものだ。ジャック・クストーによる初期の調査では、この穴の起源は典型的なカルスト石灰岩であり、その後、海が4段階に分けて上昇し、最終的に穴を埋めたことが分かっている。

洞窟の底で発見された鍾乳石は、15万3000年前、6万6000年前、6万年前、1万5000年前に形成されたことを示している。

ベリーズのバリアリーフシステムの一部

Barrier Reef
Pinterest
Pinterest

グレートブルーホールは、現在、世界遺産に登録されている巨大なベリーズバリアリーフ保護区システムの一部だ。ベリーズバリアリーフは、ベリーズの海岸に沿ったサンゴ礁の一種であり、非常に珍しい。

西半球最大のバリアリーフであり、オーストラリアのグレートバリアリーフに次ぐ世界第2位の規模を誇る。グレート・ブルー・ホールは、本土から70km離れたライトハウスリーフの中央付近にある。

水の循環が少ない

Minimal Circulation
Pinterest
Pinterest

穴が大きくて深いため、水の循環はほとんど行われない。ある程度の深さになると、水は無酸素状態になり、酸素が完全になくなるため、穴の中は生物がほとんどいない荒涼とした状態になる。

海の生き物を楽しみたいダイバーにとっては、酸素のないこの深さではほとんどの生物が生きられないため、想像するようなカラフルなダイバーは楽しめないだろう。

ホールの名前

The Hole's Name
Pinterest
Pinterest

グレート・ブルー・ホールという名前は、1988年にイギリス人ダイバーのネッド・ミドルトンが、自身のダイビング経験を『Ten Years Underwater』という本にまとめたことに由来する。彼はこの現象を単に「グレート・ブルー・ホール(素晴らしい青い穴)」と呼び、それが適切で覚えやすいことから、この名前が定着した。

その昔、スペイン人が海図を描いたことがあるが、発見したときに何と名付けたのかは不明である。

ダイバーへの注意事項

Warning For Scuba Divers
Pinterest
Pinterest

グレート・ブルー・ホールは、世界で最も偉大なスキューバ・ダイビング・スポットの一つに発展した。グレート・ブルー・ホールでは、透明度の高い海に潜ることができ、穴の外と中の両方で多様な生物を見ることができる。

ミッドナイトパロットフィッシュやカリビアンリーフシャーク、時にはハンマーヘッドシャークなどの人気のある魚種を見ることができる。このホールは非常に有名だが、すべてのスキルレベルのダイバーが参加できるわけではない。挑戦するには、24本以上のダイブ経験が必要だ。

周りにはセノーテがある

Surrounding Cenotes
Don Couch / Barcroft Media / Getty Images
Don Couch / Barcroft Media / Getty Images

グレートブルーホールは、この地域でも唯一の現象ではない。ベリーズに沿って、メキシコのユカタン半島で同様の陥没穴の形成を持っている周辺地域の本土の洞窟がある。これらはセノーテとして知られている。

しかし、これらのセノーテのほとんどは、通常、水中の洞窟システムに接続している。しかし、このセノーテのいずれかがグレートブルーホールに接続しているかどうかは、まだ謎に包まれている。

改めて大きさを実感

Perspective
Pinterest
Pinterest

穴の幅は300m以上、深さは120m以上あるので、どんなに大きな物体でも入れることができる。ちなみに、プロのNFLのフィールドは、両サイドのエンドゾーンを含めて109mなので、穴の大きさはサッカー場を3つ合わせたくらいの大きさになる。

さらに、ボーイング748型機を2機、余裕を持って入れることもできるだろう。下手すれば、3機入れることも可能かもしれない。

かつては洞窟だった

It Used To Be A Cave
Pinterest
Pinterest

グレートブルーホールは、最初ベリーズの海岸沖64km以上の巨大な穴ではなかった。ある時点でそれはユカタン半島とベリーズに散らばっている多くのシンクホールやセノーテの一つのようだった。

しかし、穴はいつしか最終氷期の後に起こったと仮定される石灰岩の洞窟が大規模崩壊した後に形成されていたのだ。それは、海面が再び急激に上昇し始めた氷河期の後に起こり、水で穴が埋まっている様子が、我々が今日見ているものになっている。

ジャック・クストーは穴を発見していない

Charles Darwin
J. Cameron/Getty Images
J. Cameron/Getty Images

探検家で海洋生物学者のジャック・クストーは、1971年にグレート・ブルー・ホールを有名にしたが、実際に穴を発見したのは彼が初めてではなかった。この穴は何十年も前から地元の漁師によって知られており、数千年前には古代マヤがこの穴の近くに住んでいたと信じられていた。

クストー以前にも、博物学者のチャールズ・ダーウィンは、このサンゴ礁について、”西インド諸島で最も注目すべきサンゴ礁 “と書いているのだ。

もっと身近なブルーホール

Second Blue Hole
Pinterest
Pinterest

ブラジルの海岸に沿って発見されている他のセノーテの中に、ブルーホールと同じように人気となっている別のブルーホールがある。セントハーマンズケイブから約35kmのところにあるベルモパンという名前の洞窟だ。

そこには、熱帯林に囲まれている美しいプールの様な見た目をした穴がある。ここには、このサファイアの海で泳ぐために多くの人が訪問し、観光客に非常に人気のあるスポットとなっている。

サメは穴が好き

Sharks Like The Hole
Education Images/UIG via Getty Images
Education Images/UIG via Getty Images

穴の上部には様々な種類の海の生き物がいるが、中でも特にサメがこの穴を気に入っていることがわかっている。オオメジロザメ、カリビアンリーフシャーク、ハンマーヘッドシャークなどがこの穴によく集まってくる。

経験豊富なダイバーであれば、常に目を光らせておくことをお勧めする。しかし、これらの生物は、硫化水素の層があるために、それ以上の深さには生息できない。

空から見ても素敵なスポット

From Space
Pinterest
Pinterest

驚くべきことに、グレート・ブルー・ホールは空から見ることができる。とはいえ、大きさを考えれば、それほど大きな驚きではないかもしれない。2017年、国際宇宙ステーションに搭乗した宇宙飛行士たちは、上空を通過する際に、この穴の数々の(今や象徴的な)画像を撮影した。

この穴を見逃すことはほぼ不可能で、暗い円が、周囲の明るい海やライトハウス・リーフの円形の境界線と明らかなコントラストをなしているため、すぐに上空からでも見つけることができる。