妊娠した犬に産むのを拒否され、家族は困惑

クリス・ヒューとマリエサ・カリグイレは、オハイオのクリーブランドの郊外に住んでいます。ふたりは、助けの必要な動物のケアをしています。二人は、動物には愛、サポート、そして家と呼ばれる場所が必要であると信じています。二人は、たくさんの素晴らしい動物たちと一緒に過ごしています。ふたりは、いつも問題なく動物を家に連れて帰っていますが、たまに、医学的に問題がある犬に出くわすこともあります。クリスとマリエサは、この新しい家族の一員を早く助けなければなりませんでした。

クリスとマリエサに会う

chris-mariesa-768w
Photo Credit: Facts Verse / YouTube
Photo Credit: Facts Verse / YouTube

クリス・ヒューとマリエサ・カリグイレは、捨てられたり、虐待されたりした犬をたくさん救ってきました。このふたりの動物に対する情熱でふたりはカップルとして親密になりました。

二人が一緒になって、初めての犬がモーゼスで、それ以来、ふたりの人生は、いつも犬を助けることに力を注いでいました。二人は、家に連れてきた動物をこころから愛し、世話をしています。

幸せな大家族

dog-couch-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

モーゼスという毛むくじゃらな犬を飼い始め、その家族が始まりました。一匹が、二匹になり、二匹が三匹になり、2013年までに、合計8匹を家に連れてきました。この犬たちは、年齢、犬種、色、大きさなどすべて違います。犬たちのおかげで、クリスとマリエサの人生を楽しいものになっています。

クリスとマリエサは、二人だけでこの楽しい人生を過ごすべきではないと思い始めました。そこで、ふたりは素晴らしい考えを思いつきました。

犬の家の生活

dog-fireplace-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

クリスとマリエサは、犬が学習し、成長し、遊んだりするのを見るのをとても楽しんでいて、それを他の人達も経験するべきだと感じています。ふたりは、”ドッグハウス”というオンライン・ショーを始めました。

数年かかりましたが、ようやく彼らのユーチューブチャンネルにもフォローワーがついてきました。犬でいっぱいの家のごたごたを見たい人は、フォローしてはどうでしょう。

家族のもう一つのこだわり

Untitled
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

マリエサとクリスは、犬たちの世話でいつも手がいっぱいですが、それでもふたりはまだ、完全には満足できていません。ふたりはいつも、家にもう一匹犬を連れてくることを話しあっていました。世界にはまだたくさんの家が必要な犬たちがいます。

現在、二人の家は、犬のパラダイスとなっています。ふたりは、家族をもっと大きくすることに決めました。

あまりにも多い犬の中から選ぶ

dog-shelter-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

クリスとマリエサは、別の犬小屋探しをして、アドプションができる犬を探していました。2013年の秋に、ふたりは、クヤホガカウンティ―のドッグハウスで、悲しそうな顔をしたたくさんの子犬たちを見つけました。

マリエサは、そこにいる犬のすべてを連れて帰りたかったのですが、現実的に言って、一匹しか連れて帰ることはできなかったのでした。

ストーリーに会う

dog-bed-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

アニマルシェルターで、たくさんの犬の中から、一匹の”あなたの犬”を見つける特別な時があります。もちろん、そこにいるすべての犬を連れて帰りたいですが、“自分の犬”を見たときに、もはや彼ら無しでシェルターを去ることはできなくなります。

クリスとマリエサは、ストーリーを見てすぐに、“その犬だ!”とわかりました。二人と一匹は、すぐにわかり合いました。でも、ストーリーには何か違うものがありました。

一匹だと思ったのが、実は7匹

e
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

二人は、ストーリーの大きく、膨れ上がったおなかを見てすぐに、彼女が妊娠しているとに気付きました。シェルターのスタッフは、二人に、ストーリーは、6匹の子犬を妊娠していて、いつでも生まれると教えました。

スタッフは、実際には、妊娠日を過ぎていると感じていました。子犬たちは、もう産まれても良かったのですが、どうしてか、出てくることをまだ決めかねているようでした。

苦しい決断

dog-owners-couch.v1-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

マリエサとクリスは、どうしていいかわかりませんでした。ふたりは、ストーリーを助けたくて、彼女をシェルターに残すべきではないと思いました。しかし、ふたりはすでに、たくさんの犬が家にいたのでした。

ふたりは、6匹の子犬の世話をして、しかも母親まで世話をできるか心配でした。ふたりは、助けが必要なこの可愛いピットブルを本当に助けることができるのでしょうか?その子犬たちは?

良いチョイスだけ

dawg-selfie.v1-e1551738135328-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

ふたりは、とても大変なことだと知っていましたが、マリエサとクリスは、ストーリーを置いてシェルターを去ることができませんでした。ふたりは、大丈夫だと信じて、ストーリーを家に迎えました。家に着くとすぐにふたりは、ストーリーを他の犬たちに紹介しました。

犬たちみんな、とても興奮して、喜んでいましたが、すぐにストーリーの様子が悪くなっていきました。ストーリーの元気さがどんどんなくなっていったのでした。

子犬のせいなのか?

pregbull-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

クリスとマリエサは、ストーリーが、妊娠のため無気力っぽくなっているのだと思っていました。ストーリーは、長い間妊娠していました。また、おそらく心地よく感じていなかったでしょう。ふたりは、ストーリーが、すでに予定日を過ぎていたことをシェルターのスタッフが言っていたことを思い出しました。

ふたりは、色々リサーチをして、犬は時に大きなストレスを感じると、出産をするのを拒むことがあることを知りました。ふたりは、これがストーリーに起こっているのではと心配しました。

動物病院へ連れて行く

dog-window.v1-e1551738314962
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

マリエサとクリスは、ストーリーの健康状態が危険であると判断しました。ふたりは、ストーリーを車に乗せて、動物病院へ向かいました。ストーリーは、確実に良い状態にはありませんでした。ストーリーは、運転中ずっと、後ろの席で、クンクン泣いていました。

他の犬たちは、クリスとマリエサが、ストーリーを連れて行くところを見ていました。みんな彼らの新しい友達とその子犬たちことを心配しているようでした。さあ、彼らはどうなってしまうのでしょうか?

超音波検診で子犬たちを確認

preg-dog-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

獣医は、最初にストーリーを見て、とても心配になりました。獣医は、何か悪いことが、子犬たちか、妊娠に起きているのだと感じました。そこで、獣医は、超音波検査の準備をして、ストーリーのおなかで何が起こっているのか調べることにしました。

クリスとマリエサは、超音波検査で何かがわかることを祈りました。ふたりは、獣医が、安全にストーリーが出産できることを祈りました。

子犬は何匹なの?

dog-scan.v1-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

その部屋で、超音波検査の結果にみな驚きました。シェルターのスタッフによると、6匹の子犬がいると聞かされていましたが、獣医が超音波検査で見た結果は、信じられないものでした。それは何と、12匹もの子犬がストーリーのおなかの中にいたのでした。

早くこの子犬たちは、おなかの中からで出てこなくてはいけませんでした。そうしなければ、子犬たちもストーリーも大変な状態に陥ってしまうのでした。

次にすることは何

storie-lick.v1-e1551738404574-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

マリエサとクリスは、ストーリーは、帝王切開が必要であったと思ったのですが、獣医は、外科的手術は、とても危険だと知らせました。すべてストーリー次第なのでした。彼女は自分で 出産しないといけませんでした。クリスとマリエサは、ストーリーが落ち着けることができるように、できる限りのすべてのことをしました。

その夜、ふたりはストーリーを一人にしてあげました。そして次の朝、ふたりが起きたときに、とんでもないことが起こりました。

奇跡が起きた

puppies-everywhere-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

クリスとマリエサが、朝起きたとき、ストーリーが、12匹の可愛い子犬を産んでいたのでした。まるで、ストーリーは、自分が安全な場所に行くまで、出産を我慢していたかのように思えました。

クリスは、ストーリーと、子犬たちがハッピーで健康そうなのを見て、とても嬉しくなりました。これで、ストーリーは、やっと安心して休むことができます。クリスは、とても嬉しくて、彼女にハグをしました。

次は何?

GettyImages-858295662
David Cannon/Getty Images
David Cannon/Getty Images

二人は、ストーリーと子犬たちが健康であることが分かりました。今から、クリスとマリエサは、これからどうやって12匹の子犬と9匹の犬を世話していくか考えなければいけませんでした。現在、家には、21匹の犬がいて、とてもかけがえのない存在でした。

とても優れた犬のオーナーでも、トレイナーでもこれだけの犬を世話するのは並大抵のことではありません。クリスとマリエサは、いつも、すべてがうまく行くように努力しました。

大きく変わった生活

puppy-wagon.v1-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

クリスとマリエサは、もういっぱいいっぱいでした。ふたりは、12匹の子犬を買うのは無理であることはわかっていました。ふたりは、12匹の子犬が、ストーリーから巣立ちできる年齢に達する年齢に足したら、すぐに良い家に行けるように努力しました。

幸運なことに、ふたりのユーチューブの視聴者が、すべての子犬の里親になってくれたのです。これだけが、クリスとマリエサがの家の大きな変化ではなかったのです。

みんなの家

GettyImages-857142418
DeAgostini/Getty Images
DeAgostini/Getty Images

クリスの親友であるライアンは、クリスとマリエサが、9匹の犬で疲弊しきっていて、しかも、ストーリーと特別な絆ができていることも知っていました。ライアンは、ストーリーに里親になることを提案し、それで、クリスとマリエサが、もっとスペースを持てるようになれることを言いました。

ふたりは、提案を快く受け入れ、ストーリーは、新しい家に行くとになりました。ふたりは、いつでも好きな時にストーリーに会うことができます。ふたりは、ストーリーがこれから幸せになっていくことが分かっていました。

リラックスできるときが遂にきた

dogs-bed-e1551796202187-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

ものすごく忙しい日々が続き、クリスとマリエサは、ストーリーと子犬たちの世話で忙しく、自分たちの時間が全然ありませんでした。やっと普通の生活に戻り始め、もちろん、クリスとマリエサの生活ですが、二人はやっとソファーについて寛ぐことができました。

しかし、それもつかの間、クリスが、マリエサはに驚くことを告げたのです。

ウエディングベル、そして、しっぽふりふり

dog-wedding-768w
Facts Verse / YouTube
Facts Verse / YouTube

クリスがマリエサにプロポーズしたのです。マリエサは、大喜びで受け入れました。数か月後に、友達そして家族の前で、結婚の報告をしました。もちろん、ふたりの犬たちも結婚式のセレモニーに出席しました。

二人の犬たちは、家族の一員であり、彼ら無しでは、結婚できなかったのです。多分、ふたりは、近い将来に12人の子供をいずれ作るのでしょう。

他の犬の話

re-65711
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

ストーリーの変な行動は、複雑な妊娠のためでしたが、犬の中には、変な行動をするものもいて、その理由がクリアーでないこともあります。ある女性がカーンというドーベルマンの犬をペットとして飼っていました。

彼の行動に疑問がありましたが、カーンが、彼女の娘を口で加えたときは、驚愕しました。この犬は、普通おとなしかったのですが、何かが彼の行動を変えました。さあ、どうなるか、読み続けてみましょう。

本物の良い犬

dobe-768w
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

カーンは、キャサリン・スビリクスというオーストラリアに住む女性に飼われていました。キャサリンは、皆がドーベルマンについて、あまりよくない噂もいろいろ言っているのを知っていました。また、レスキュウーされた犬が家族になじむのに大変であることも知っていました。

しかし、キャサリンは、カーンは違うと知っていました。カーンは、うちに来た時は、とてもいい犬で、キャサリンの親友になりました。キャサリンは、とても行儀の良い、いい犬を家に迎えたと自信がありました。

新しい家族

diaper-dog-4
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

キャサリンと彼女の夫は、カーンの過去の経歴から問題があるかもしれないことは知っていました。カーンは、毎日虐待されていたところから救われ、アニマルシェルターへ連れてこられました。

キャサリンは、カーンのような犬に注意するように言われていましたが、この大き優しい犬に会ったときに、彼が自分を傷つけるような犬ではないことを知っていました。キャサリンは、カーンを17か月の娘のシャーロットに合わせるのにも何も抵抗はありませんでした。

すぐに友達に

Screen-Shot-2018-05-07-at-1.23.29-PM-768x379-16422
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

シャーロットとカーンは、すぐに仲良くなりました。カーンは、シャーロットの部屋の外で眠り、いつも彼女のことを見守っていました。シャーロットは、カーンのことが大好きでした。彼女は、いつもカーンをなでて、笑顔でした。キャサリンが、カーンを家に連れてきて数日後、シャーロットとカーンは、家族の庭で一緒に遊ぶようになりました。

それから、キャサリンは、彼女を怖がらせる何かに気が付きました。彼女が見たことは、どんな母親でも、どんなペットオーナーでも怖がらせることでしょう。

困惑する光景

GettyImages-635088994
Steve Russell/Toronto Star via Getty Images
Steve Russell/Toronto Star via Getty Images

キャサリンが、ふと庭を見たときに、とんでもない光景を目にしたのです。カーンは、吠えて、うなり、シャーロットを押していました。キャサリンは、恐怖にかられました。彼女は、カーンのことをたった数日だけしか知らず、彼女は、カーンについて疑問を持ち始めました。

彼女は、すぐに犬のもとへ行きました。彼女は自分の娘を助けなければいけませんでした。キャサリンは、何が起こっていたのかわかりませんでしたが、とにかく何とかしなければいけませんでした。

恐怖の瞬間

baby-e1549744552310
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

キャサリンは、カーンを脅かさないように、娘に危害を加えないようにゆっくりと静かにカーンのもとへ近づきました。キャサリンが、動く前に、カーンは、シャーロットのオムツを掴み、庭の向こう側へ投げ飛ばしました。キャサリンの母としての本能が動き、娘の方へ走りました。

キャサリンは、まだとても困惑していて、何がどうなっているのか訳がわかりませんでした。キャサリンは、カーンが彼女や彼女の家族に危害を加えることは決してないと思っていました。

ただ意味がわからない

garden
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

キャサリンは、シャーロットのもとへ走り出して、シャーロットは、あきらかに怖がっていましたが、犬は、まだ何かにうなっていました。キャサリンは、この優しい犬が、急にどうして全く違う性格になったのか理解できませんでした。キャサリンは、何がこの全く奇妙な行動を引き起こしたのか、わかりませんでした。

キャサリンが、シャーロットに元へ行ったときに、彼女が見たすべてのことを、もう一度考えてみました。まるでパズルのピースが無いような感じでした。

真実が明らかに

kahn-768x403
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

小さなシャーロットが、何かが叢の中に消えていくところをゆび指しました。キャサリンは、すぐにカーンが、どうしてそんな行動をとったのか理解しました。彼は、シャーロットを傷つけようとしたのではなく、彼女を助けようとしていたのです。カーンは、叢に消えて行った何かから守ったのでした。それは、ふたりとも傷つけていたかもしれませんでした。

それでは、それは一体何だったのか?それはとても恐ろしいもので、シャーロットとカーンの両方を傷つけるところでした。

毒を持つ敵

khan-snake-768x418
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

キャサリンは、カーンとシャーレットが大きなキング・ブラウン・スネークが叢から這いずり歩いてくるのを見ていました。この種の蛇は、オーストラリアでも、もっとも強い毒を持った蛇です(オーストラリアは、何匹かの毒蛇の住みかです)。

キャサリンは、カーンがシャーロットを傷つけるつもりがなかったことを目撃し、カーンは、シャーロットを噛んで毒に侵されていたかもしれない蛇を彼女の前から、取り除いてくれたのでした。

新しいターゲット

GettyImages-578260046
Auscape/UIG via Getty Images
Auscape/UIG via Getty Images

カーンは、シャーロットを投げることで、彼女を危険から回避させてあげました。彼は、しかも、シャーロットの腕や足を掴まず、おむつを掴むことで、傷つけないようにしたのです。カーンは、うまくシャーロットを投げましたが、彼自身が今度は蛇のターゲットになったのでした。

カーンは、蛇を目の前で見つめ、後ろにも引き下がりませんでした。

カーン危険と対峙する

dobee-768x432
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

キャサリンが、シャーロットの安全を確認した後で、彼女が怪我をしていないことを確認しました。その後、カーンに注目を当てました。キャサリンは、カーンが非常に危険な状態であると察知し、彼女は、すぐにカーンが噛まれないようにしようとしました。しかし、キャサリンは、どうしていいかわかりませんでした。

必死でカーンの名前を読んで、蛇から離れさせようとしましたが、カーンは動こうとしませんでした。カーンは、蛇に自分の家族を傷つけないようにしていたのです。

酷い攻撃

Ho6zr-768x576
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

カーンは、シャーロットを救いました。しかし、彼は、蛇の攻撃から逃れることはできませんでした。蛇は、カーンに詰め寄り、カーンの右前足に噛みついたのでした。カーンは、すぐに地面に倒れ、足を引きずって歩きだしました。

キャサリンは、完全に動揺していました。すべてが一瞬で起こってしまい、キャサリンは、蛇がいなくなったことを確認して、カーンが、どれだけひどく噛まれたかを見るために、カーンのもとへ近寄りました。

カーンは、ヒーローだった

dog-31-768x576
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

キャサリンは、カーンの所へ歩いていき、彼が苦痛に耐えているのを見ました。キャサリンは、自分の娘を救ってくれたこの犬を助けなければなりませんでした。キャサリンは、カーンが完全に回復するためなら、何でもするつもりでした。キャサリンは、この重たいカーンを持ち上げ、車まで連れて行きました。

彼は重たかったのですが、キャサリンは、何としてもカーンを助けたかったのです。キャサリンは、車を飛ばして動物病院へ向かいました。

動物病院への道のり

endoscope4-768x513
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

キャサリンとシャーロットは、カーンを近くの動物病院へ連れて行きました。獣医が、抗血清のようなものを注射してくれることを期待しました。ただ、手遅れになる前に、抗血清を注射してあげたかったのでした。

キャサリンは、獣医のもとへ車を飛ばしました。シャーロットは、怯えているようでした。キャサリンは、心配で、カーンを救うために何でもするつもりでした。

回復への道のり

doberman-vet-768x512
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

カーンは、よく戦いました。大変な道のりでしたが、カーンは、乗り越えました。最初の夜はとても危険でしたが、獣医たちの献身的なケアのおかげで、カーンは、次の朝には、だいぶ良くなっていました。

カーンは、食欲も出て、朝ごはんもちゃんと食べることができました。すべて順調に行っているようでした。

完全回復

diaper-dog-12-e1511190764730-768x640
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

カーンは、まだ回復の余地もありましたが、傷もかなりよくなってきていました。カーンは、抗血清を早く受けることができたので、それほど毒に侵されることは無かったのでした。これは、キャサリンが望んでいた一番の結果でした。

カーンは、右前足に小さなバンドエードがあるだけで、それ以外は、これまでと同じように完璧に精悍でした。キャサリンと家族は、とても安堵しました。

9年後

fog
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

キャサリンは、数年前に、カーンを選び、家に連れてくることができて、とても感謝しています。シャーロットは、現在9歳ですが、カーンとは未だに親友です。キャサリンは、カーンに愛の溢れる家と、遊べるだけの大きな庭を与えることができました。カーンは、キャサリンに安らぎを与えました。

キャサリンは、カーンがいつも自分の娘を見守ってくれていることを知っています。カーンは、昔大変な時期があったかもしれませんが、今は、輝かしい未来が待っています。

彼らがした一番の決断

khan-adopted
WatchZozo / YouTube
WatchZozo / YouTube

キャサリンが、カーンを家に迎え入れたとき、キャサリンは、カーンが自分の娘の命を救うことや、家族大きなものを与えてくれるとは、思ってもいませんでした。彼女は、ただ、カーンに安らぎを与えたかっただけで、彼を守ってあげたかったのです。

それが、カーンがガーディアンとなり、家族を守ったのです。彼は自分の命を犠牲にして、自分の家族を守ったのです。我々は、犬の足元にも及びません。