従業員がお客さんに渡した超失礼なメモでこの出来事は大事態に

2019年、ダニエルという名前の男性と彼のガールフレンドは、新しいアパートを探して一日を過ごした後、とあるファーストフード店でランチをとることにした。彼らは、注文した30個入りのチキンナゲットを楽しみに待っていたのだが、結果的にその予想を上回るものを手にすることになった。袋を開けると、そこにはかなり失礼なことがレシートの裏に書かれていた。一瞬、二人はどうしたらいいのか分からず困惑したが、考えた末にダニエルは、そのの画像をインターネットに投稿することにした。しかし、その時の彼はまさかこの投稿があんな一大事になるなんて知る由もなかった。

アパートの内見後のお疲れランチ

For sale sign
ANDREW CABALLERO-REYNOLDS/AFP via Getty Images
ANDREW CABALLERO-REYNOLDS/AFP via Getty Images

その運命の日、ダニエルという名前の男性とそのガールフレンドは、新しく住むアパートを決める為にあちこちを歩き周り、どっと疲れていた。

幸いにも、彼らの希望に沿った物件をいくつか見つけることができ、この後その中から、更に絞っていこうと言う段階まできていた。もちろん、内見は楽しく終えることができたのだが、朝から何も食べていなかったので、彼らは空腹で死にそうになっていた。そんな時に、偶然見かけたファーストフード店で二人はランチをすることにした。

ファーストフードなのに遅い!

Female cashier
Twitter/CFA Davis Lake
Twitter/CFA Davis Lake

ダニエルと彼のガールフレンドがファーストフード店に到着した時には、二人とも空腹で倒れそうだった。彼らは着いてからすぐ列に並び、空腹を耐えながら辛抱強く注文の順番を待っていた。

その時間は、永遠のようにも感じましたが、実際には数分だったのかもしれない。そして、いよいよ二人の注文の順番が来た。しかし、ダニエルはそのレジ係の人と話す直前に、従業員が彼らを見て、ニヤニヤしていたことに気づいたのだ。

だんだんと不快に感じてきたダニエル

Line of cars
Tracy A. Woodward/The Washington Post via Getty Images
Tracy A. Woodward/The Washington Post via Getty Images

ダニエルが注文してからお金を払うと、そのニヤニヤしていたレジ係は「10分ほどで出来上がります」と言った。ダニエルが立ち去ろうすると、そのレジ係と他のスタッフが彼をじっと見つめているのが分かった。

この目線には、彼もさすがに不快に感じずにはいられなかった。そして、苛立ちと恥ずかしさから、顔が真っ赤になった。ダニエルが座って注文を待っている間も、周囲の視線を感じずにはいられなかった。30個入りチキンナゲットを頼んだのが、そんなにおかしなことだったのだろうか。

ついにその時が

Exchanging a receipt
Sebastian Gollnow/picture alliance via Getty Images
Sebastian Gollnow/picture alliance via Getty Images

そんな状況の中、ついにダニエルは、”注文番号17番!”と自分の注文番号が呼ばれるのを聞いた。彼は注文を受け取ろうとレジに行くと、従業員は袋を手渡し、レシートと思われるものを渡してきた。その時のダニエルは特に何も考えずに、グシャと丸めてそのレシートを紙袋の中に入れた。その行動を見て、レジ係はまたニヤリと笑った。何の問題があると言うのだろうか?

二人は、空腹を満たすために急いで車に向かったが、ダニエルは改めてそのレシートを見てみることにした。するとそこには、注文番号のすぐ下に「Ugly Sweater(ダサいセーター)」と書かれていたのだった。

誰かに言うべきか

Man with receipt
Daniel Karmann/picture alliance via Getty Images
Daniel Karmann/picture alliance via Getty Images

レシートに書かれた失礼なメモを見て、ダニエルはすぐになぜスタッフが自分のことをニヤニヤ見ていたのかその理由を考えた。そこには数え切れないほどの疑問が浮かび上がり、彼を困惑させた。

ダニエルのガールフレンドも、彼からメモを受け取りよく見てみたが、彼女もまたダニエルと同じようにそのメッセージに戸惑っていた。レジの人は、ダニエルになぜそのようなメモを残したのか。そのセーターは、ダニエルにとってはとても特別なものだったのに。

それはどこにでもあるようなセーターではなかった

Man wearing a sweater
Twitter
Twitter

レジの人が「ダサい」と言っていたそのセーターは、ダニエルがずっと大切にしていた服だった。それは親しい親戚が他界したときに彼に残してくれたものだったのだ。

おそらく今の流行りの服と比べると、ほとんどの人がそれをおしゃれだとは思わないだろう。しかし、そんなことダニエルは気にしていなかった。この事実に憤慨したダニエルは、このままではいけない、何か行動しなければならないと思った。だから、彼はその問題のレシートを膝の上に置き、携帯電話をポケットから取り出した。

SNSに投稿しよう

Twitter icon
ALASTAIR PIKE/AFP via Getty Images
ALASTAIR PIKE/AFP via Getty Images

ダニエルは、従業員が自分にしたことをどうにかして知って欲しかったので、ソーシャルメディアに投稿することを決めた。どう伝えるのがいいのか考えながら文章を打ち、最後にレシートの写真を撮った。

ダニエルは、ツイッターのフォロワー数が多かったので、少なくとも何人かの目には止まり、議論が繰り広げられるのではないかと想定していた。しかし、まさかあんなにも大きな反響を呼ぶことになろうとは思ってもいなかった。

やるしかない

Selfie with sweater
Twitter
Twitter

何分か少し考え込んだが、ダニエルはその投稿をレシートの写真を添えてツイートすることにした。また、問題となったセーターを着た自撮りの写真も追加することにした。そして、彼はしばらく黙ったままフォロワーの反応を待っていた。

ダニエルは、自分が期待しているような反応来るのかまだ分からなかった。そして、午後1時46分、この話の展開がすべてが変わった。そう、彼は想像していた以上の反応を得たのだ。

けたたましい数の通知音

Twitter notification
Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images
Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images

そうこうしている間に、突然、ダニエルの携帯電話は固まってしまった。最初は、それが彼の投稿に対しての通知数の過負荷によって起こったなんて思いもしなかった。

そして、次の瞬間、彼の携帯電話が物凄い量の通知数を受け取り始めた。その光景に彼は圧倒された。その状況に携帯を普通に操作することもままならない。ダニエルは、ガールフレンドの携帯電話で自身のTwitterアカウントにログインし、何が起こっているのかを確かめることにした。

目を疑った

Outside of Chick-Fil-A
Kevin C. Cox/Getty Images
Kevin C. Cox/Getty Images

すべてのメッセージをスクロールしている間、ダニエルと彼のガールフレンドは、自分たちが見ているものを信じられなかった。2人が想像していた以上に多くの人がダニエルのツイートを話題にしていたのだ。しかし、その中にはもちろん様々な反応があった。

ダニエルのセーターを褒め称えレジ係を非難する人もいれば、セーターは確かにダサいと同意する人もいた。中には、この状況とは関係ないダニエルの注文内容をバカにする人もいた。

ダニエルは、そこまで怒っていなかった

Chick-Fil-A Sign
Bettmann/Getty Images
Bettmann/Getty Images

反応は様々だったが、大部分の人はダニエルが不当な扱いを受けたことに同意し、レジの人がそのようなコメントを残したのは不適切だったと主張していた。また、あるユーザーは自分の経験を語っていたのだが、それはダニエルの経験にとても良く似ていた。

何人かの人はこのことについて、必要以上に激怒していたが、ダニエルは彼らほど実際には動揺していなかった。また、彼は次のようにツイートしている。”もうそこまで怒っていないよ!彼らもおそらくジョークであり、勤務中の楽しみを見つけたかったのだろう。”

ダニエルを多くの人が支持した

Picture of receipt
Twitter
Twitter

ダニエルのセーターについてレジの人が意地悪な発言をしたことに、人々は同意しただけでなく、多くの人がこのセーターを気に入っていた!

「このセーターの何がダサいの?」「このセーターのどこが悪いんだよ!」などとコメントする人が相次いでいたのだ。「ちょっとしたヴィンテージ感があってもいいんじゃないかな」「このセーターは本当にかわいい」などのコメントが次々に寄せられた。驚くことに批判する人よりも、ダニエルのファッションに感銘を受けた人の方が多かったのだ。

それでも彼は少し傷ついていた

Twitter message
Twitter
Twitter

ダニエルは、一部の人ほど激怒していた訳ではなかったが、だからといって彼が笑い飛ばせるくらい気にしていない訳でもなかった。自分にとって大切な思い出のセーターのことを、他人に嘲笑されたことに彼はやはり傷ついていた。

接客業の従業員は、顧客が自分の店に戻ってくるように、大概の人が親切にするよう努めるが、あのファーストフード店は例外だった。しかし、ツイッター上で、ある人がダニエルに、「Ugly Sweater(ダサい、醜いセーター)」は必ずしも侮辱ではなく、「かわいい」という意味にもなり得るとのことだった。

偶然の一致

Wearing the same sweater
Twitter
Twitter

Twitterの通知をスクロールし続けていると、ダニエルは信じられない写真を目にした。ある10代のユーザーがダニエルの投稿に、同じセーターを着ている彼女の写真を添付して返信していたのだ。

これにはダニエルと彼のガールフレンドも大笑いしてしまったが、次の通知を受け取った瞬間、彼らは顔を見合わせた。そう、なんとそれはあのファーストフード店の本社からのメールだったのだ。メールには、電話をかけて欲しいとの内容が記載されていた。

本社に電話をすることに

Chick-Fil-A sign
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images

メールにはダニエルが電話をかけるための電話番号が書かれていた。彼らは、一瞬ためらったが、損にはならないだろうと思い電話をかけることにした。

ダニエルは、自分は何も悪いことはしていないと言い聞かせて、そのメールを再度確認し、メールに書かれていた番号に電話をかけ始めた。

マネージャーと話すことに

Chick-Fil-A bag
MANDEL NGAN/AFP/GettyImages
MANDEL NGAN/AFP/GettyImages

彼が受け取った番号は、ファーストフード店のマネージャーの一人に宛てたものだった。電話越しに、マネージャーは何度も何度も彼に謝罪し、ダニエルを怒らせてしまったのであれば申し訳ないと誠意を込めた声ではっきりと言った。

彼は、ダニエルが受け取ったレシートは、本来彼に向けたものではなく、レジ係が名前や注文を呼び出すために、間違わないように記載したものだったと説明した。しかし、だからなんだと言うのでしょう。

客を見分けるメモ書きのようなもの

Chick-Fil-A sign
Ted Soqui/Corbis via Getty Images
Ted Soqui/Corbis via Getty Images

マネージャーによると、ダニエルが受け取った紙の伝票は、従業員が客の名前や特徴を覚えるためのメモだったという。つまりはこの場合、従業員は彼のセーターを本人確認の手段として使っていたのだ。

結局、そのファーストフード店の経営陣は、メモを書いた従業員を解雇すると伝えた。更には、彼にとても良いお詫び方法を提示してきたのだが、ダニエルはそれを拒否した。

単純明快

Chick-Fil-A Food
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images

この事件のお詫びに、店は補償としてダニエルに大量の無料の食べ物をオファーした。しかし、ダニエルはその申し出を断ったのだ。なぜだろうか?ダニエルが会社に求めていたのは、そのレジ係を解雇しないことだった。

そう言ったにもかかわらず、マネージャーはその従業員を解雇することを断固として決定したと言う。ダニエルが頼んだからといって、そう簡単にその発言を撤回するわけにはいかなかったのだろう。

なんて日だ

Man Eating food
FREDERIC J. BROWN/AFP/GettyImages
FREDERIC J. BROWN/AFP/GettyImages

マネージャーとの電話を切った後、ダニエルは、今日と言うたった1日の出来事にどっと疲れていた。ガールフレンドと新しいアパートを探しているエキサイティングな一日として始まったが、こんな展開になるとは思いもしなかった。

二人は、今起きたことを話しながら家に帰ることにした。帰り際、食べ終わった後のゴミを捨てて帰ったが、ダニエルはレシートに書いてあった「ダサいセーター」の紙だけは、手にしっかり握り、この日の出来事を忘れないようにした。

モラルや物事の捉え方

Inside of Chick-Fil-A
Alex Tai/SOPA Images/LightRocket via Getty Images
Alex Tai/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

レジ係はダニエルが「Ugly Sweater(ダサいセーター)」と書かれたチケットを大事に取っておくと思ってもみなかったかもしれないが、自分のちょっとした一言がもたらす波紋の大きさと言うのを身をもって知ったことだろう。

ダニエルが「ダサいセーター」を着ていると思われるコメントをしたことで、ネット上で大騒ぎになっただけでなく、彼(彼女)は仕事を失う結果にもなったのだから。つまり、この話の教訓を言うとすれば、必ず人に何かを言う前に、少しだけ立ち止まって考えてみることが大切だと言うことだ。

テキサス州の店員 メリーナ

Untitled-design-78082
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube

アメリカテキサス州にあるLuby’sでこの事件は起きました。そこには、メリーナという名の働き者の女性店員が長い間働いていました。彼女は、決して多いとは言えない収入でも、この仕事を心から愛していました。

それは、毎日のお客様とのコミュニケーションや、顔馴染みの常連客との他愛のない会話が楽しみであることも示していました。しかし、経験の長い彼女でも決してあのような悲しく、そして驚くような事件が起こるとは心にも思っていなかったのです・・・・

きめ細かい彼女の接客

sasha-stories-XVTTK3wcYME-unsplash-61124
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash

彼女の接客は、どんな人も笑顔に変える、まるで魔法のような接客でした。同じ店で働いていた同僚たちも、メリーナの接客には、常に感心させられ、見習うことばかりだったのです。また、彼女は、ユーモアのセンスも持ちあわせており、一緒に働く同僚たちの間には、常に笑いが絶えませんでした。

そんな従業員達の中睦まじい様子もあってか、お店は常に賑わい、混雑していたのです。しかし、そんな何の問題もないように思えるこのLuby’sでも、長年大きな壁にぶち当たっていたのです。

お客様は、十人十色

kevin-curtis-QlnUpMED6Qs-unsplash-12544
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash

長い間、接客をしているともちろん色々なお客様に出会います。毎日同じ時間に同じ注文をしていくお客、特別な日に必ず家族連れで現われるお客、飲み物一杯で何時間も居座るお客など。

そして、もちろんいつも不機嫌だったり、苦情を言いつけるお客だっています。しかし、メリーナは、どんな時も笑顔で、冷静にその状況を判断し、対応してきました。そう、彼女にかかれば、ちょっとやそっとの気難しい客なんて問題ではないのです。ただ・・・

長年の常連客

Untitled-design-11-75489
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube

そう、この男性の名前は、ウォルター。このLuby’sには、それはそれは気難しい年配の男性客ウォルターという名の常連客がいました。彼は、とてもせっかちで気が短く、隙あらば店員に失礼なことを言っていました。

従業員の間でも彼の話は有名で、誰もが彼のテーブルにつくのを嫌がりました。嫌がるというよりも、どうやって対応することが正解なのか、皆自信をなくしていたのです。そのため、彼が来ると誰が受け持つかいつも従業員同士でもめていたのです。そう、メリーナを除いて・・・

昼シフトの従業員は

spencer-davis-1w5-s4Yw4IM-unsplash-33986
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash

そのうち、昼のシフトに入っている従業員は、彼が来ると誰もが忙しいふりをするようになり、彼を避けるようになりました。しかし、メリーナだけは違いました。彼女は、いつも嫌な顔一つせず、彼のテーブルに向かうのです。

彼女は、いつだってこの仕事を楽しみたいと思っており、この店に来る人には笑顔で帰っていって欲しいと思って接客していました。だからこそ、このなかなか難しいウォルターだって、大切な彼女のお客様にはなんら変わりはないのです。

mathilde-lmd-boIVZMgV5fg-unsplash-71548
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash
Untitled-design-4-17469
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Untitled-design-1-21874
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube
spencer-davis-R_J6KjC68E4-unsplash-19900
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash
Untitled-design-7-42173
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube
kae-ng-RF5JHjGl0c0-unsplash-15437
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash
Untitled-design-2-76695
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube

ウォルターはどこへ

Untitled-design-3-59440
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube

7年の間に、お店の中でも従業員は入れ替わっていきました。もはや、ウォルターが店に来始めた最初の頃を知る従業員は、メリーナ以外ほとんどいなくなっていました。新しい従業員達も彼女とウォルターの関係を何となく察していたので、他の誰かが接客することもありませんでした。

この時くらいから、毎日お店に通っていたウォルターに変化が現れます。それは、たまに来ない日が出来たのです。最初は、風邪でもひいたのかなと思っていましたが、徐々にお店に来ない日が頻繁に増えていくようになったのです・・・

心配するメリーナ

hans-vivek-sLPRSdxsMUA-unsplash-68761
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash

昼食時になってもやってこないウォルターに彼女は、疑問と不安が浮かびました。彼は、大丈夫なのだろうか、何かあったのではないだろうか、と。彼女以外の従業員に相談しても、良く知らない彼らからすれば、特に気にかけることではないというような答えばかりでした。

そう、メリーナの不安は、長年不思議な関係を続けてきたからこそ、より思い入れが強かったのです。始めは、そんな日もあるかと楽観的に捉えていた彼女でしたが、だんだんとその不安は、彼女の中で大きくなっていきました。

他の客の接客をしていても

Untitled-design-8-69032
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube

メリーナの心配は、とても大きくなっていきました。時には、シフトを変更してまで、一日彼を待ち続けることもありました。ここでようやく、彼女自身も、ウォルターが来るのを毎日心待ちにしていたことに気づきました。

他のお客を接客していても、不安は消えません。どのお客様にも平等にがモットーの彼女でしたが、どうしても7年間という月日が、彼に肩入れせずにはいられない感情がぬぐえなかったのです。

ウォルターに何が

shane-rounce-l4dZ4h6vL6o-unsplash-30050
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash

ウォルターは、89歳になっていました。しかし、どんな日でも、とても健康的でエネルギーに満ち溢れていました。そう、彼に健康上の問題があるとは到底思えなかったのです。また、ウォルターは気性の荒い性格から、他の同じ年代の人よりもはるかに多くのエネルギーを必要としていました。

そんなウォルターと接しながら、自分が年をとってもエネルギーに満ち溢れた人になりたいとメリーナは、思ったほどです。歳は大きく離れていたものの、彼女は彼から大きな活力をもらっていました。

連続して

marek-rucinski-mvsv0mU_VF4-unsplash-14685
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash

とうとう、彼がお店に来ない日が何日か連続して続くようになりました。お店の中では、そんなこと誰も気にせず、いつものランチタイムが忙しなく流れていました。メリーナもその忙しさに集中していました。少しでも気を抜けば、彼のことが気になりミスをしてしまいそうだったのです。

従業員の中には、悪い冗談を言ってくる人もいました。メリーナは、笑っていましたが、正直2日間も来ない日が続いた今は、決して冗談には思えませんでした。彼らの冗談が余計にメリーナの不安を掻き立てました。

1週間が過ぎ・・・

nathan-dumlao-X_bbCAYzlTs-unsplash-77549
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube

不安でたまらない彼女でしたが、所詮は従業員とお客の関係。彼に電話をかける連絡先ですら、メリーナは知りませんでした。どこに住んでいるのか、誰と住んでいるのか、そのような話題は、プライバシーの関係から、避けていたのです。

なんの手掛かりもない彼女は、ウォルターのことを探すことが出来ません。困り果てたメリーナでしたが、さすがに1週間も顔を見せないのはおかしいと思い、頭を悩ませていた時、彼女は、あることに気づいたのです。

とある日の新聞

john-hoang-uZzMBpGAYEM-unsplash-1-53229
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash

その日の朝は、いつもとなんら変わらない朝になる予定でした。いつものように開店準備をして、新しい新聞をお客様用のラックに入れて、さぁ今日はウォルターが来てくれるかなと考えていたところでした。

しかし、新聞の準備をしている時、なぜか胸騒ぎがして、どうしてもいつも見ない新聞を開いて見たのです。なんとなく彼女の本能が新聞を読めといっているような気がしました。そして、その新聞のとある記事を読んで、彼女は絶句しました。

衝撃の事実

the-creative-exchange-9WuHgaEQagY-unsplash-29993
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash

その地元新聞の死亡欄のところに、彼の名前があったのです。メリーナは、目を疑いましたが、それは紛れのない事実でした。ここで、ここ数日のウォルターの様子と、お店に来なかった(来ることの出来なかった)理由が、全てつながったのです。

メリーナは、しばらくの間、放心状態でした。黙ったままその記事を見つめ、立ったままそこから動くことができませんでした。自分でも、ここまでの感情になることは予想だにしていなかったのです。

悲しみに明け暮れる

claudia-wolff-owBcefxgrIE-unsplash-18537
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash

この訃報を聞いたメリーナは、しばらくの間、他の同僚も明らかに気付くほど落ち込んでいました。彼女がこんなに落ち込む姿を今まで誰も見たことがありませんでした。7年という月日は思ったよりも長く、ウォルターを接客している時間は、彼女にとっても特別な時間だったことに改めて気付いてしまったのです。

かつて、様々な言い合いをしたり、お馴染みの文句をいったりするウォルターは、もうそこにはいません。そして、これからも会うことがないのです。彼女は、悲しみに明け暮れましたが、ウォルターからのサプライズはこれだけではありませんでした。

止まってはいられない

Untitled-design-10-10175
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube

メリーナは、とても大切な常連客を亡くしたことにより、一瞬この仕事を辞めてしまおうかという気さえ起こりました。ただ、人生は生き続けている限り、止まらないのです。メリーナ以外の従業員は、もう彼の不平不満を聞く必要がないので、心なしかほっとしているようにも見えました。

メリーナは、ウォルターの死を悲しみながらも、なんとか働き続けなければならないと必死でした。ただ、毎日ウォルターに似たような人がランチタイムにやってくると、彼のことを思い出すのでした。

人生を変える一本の電話

taylor-grote-L3qUP8MpExc-unsplash-31732
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash

ウォルターのことを少しずつ素敵な思い出として自分の中で処理出来るようになり、メリーナはいつもの調子を取り戻そうとしていました。そんな時、彼女は全く知らない人から、ある一本の電話を受け取ったのです。

その電話は、レストランに直接かかってきました。奇跡的にも、メリーナは休憩中だったので、その電話を何気なくとりました。その電話の相手は、弁護士だったのです。そして、彼は、メリーナの名前を口にし、「彼女はいるか。」と尋ねました。

緊張の瞬間

Untitled-design-5-90303
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube

その弁護士は、電話口がメリーナ本人であることを確認すると、次の瞬間信じられないことを口にしました。なんと彼は、ウォルターの弁護士だというのです。そして、その弁護士が更に発した言葉は、あまりにも衝撃的過ぎて、まったく頭に入ってこないのでした。

なんとウォルターは、メリーナに遺書を残したというのです。ウォルターの関係者から電話がかかってくることも、遺書が自分宛てに残されていたことも、あまりにも予想外で、彼女は、その事実を理解できないでいました。

弁護士とのミーティング

alvaro-serrano-hjwKMkehBco-unsplash-70323
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash

次の日、すぐにその遺書の内容を伝える為に弁護士とのミーティングが開かれました。彼女は、ウォルターとは、ただの店員とお客の関係で遺書に名前が入るほどの身に覚えがないのです。

そして同時に、彼の親戚や家族はどうなったのか、どうしているのか、この事実についてどう思っているのかが気になりました。電話をもらってからミーティングまで、頭がずっと混乱していて、仕事に集中するのも難しかったのです。

ウォルターが彼女に遺したもの

Untitled-design-9-84641
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube

次の日に行われた弁護士とのミーティングで、彼女は更に涙することになるのです。なんと、ウォルターは、彼女に50,000ドル(約540万円)とビンテージカーを遺していたのです。彼女は、この事実が信じられませんでした。

彼女は、そんな高価なものをもらうほど、彼になにもしてあげられていないし、自分にはそんな価値があるとは、到底思えませんでした。そのため、この報告自体を信じることが出来なかったのです。

なぜ私に?

brooke-cagle-ZuQnhpFjvHI-unsplash-10197
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash

彼女は、少しの間考えてもこれらの高価な物をもらうわけにはいかないと考えました。そして、ウォルターまた、彼女がそのようにすることを知っていたのです。だからこそ、生前ではなく、遺言としてこのような贈り物を彼女に遺したのです。

そして、ウォルターの思いを弁護士伝いに聞いて、敬意を持って受け取ることに決めました。彼女は、何年も長い間真摯に彼と向き合い、この店の従業員として彼に立派に認められたような気持になりました。

ウォルターの気持ち

Untitled-design-12-18906
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube

ウォルターは、7年の月日を経て、メリーナに笑顔を見せるようにはなっていましたが、だからといって、彼女に特別優しい言葉をかけたり、親切にするということはありませんでした。

おそらく、彼は不器用で気性が荒い性格なだけに、なかなか素直な感謝の気持ちを表すことができなかったのでしょう。ただ、メリーナが思っていたのと同じくらい、彼もLuby’sでの時間はかけがえない大切な時間だと思っていたようです。

メリーナの誓い

Untitled-design-13-80436
Photo Credit : newsreporter/YouTube
Photo Credit : newsreporter/YouTube

ウォルターからの遺言を受け取ってから、メリーナは更に、人のことを外見で決して判断してはいけないと強く思いました。一見気難しそうに見えても、こちらが態度を変え、常に真摯に一生懸命向き合うことができれば、その気持ちは相手にも必ず伝わるということです。

また、これからの人生、彼女自身ウォルターに恥じないように、常に笑顔で人に平等に胸をはって生きていけるような人生を送ろうと考えました。そして、どんな時も見返りを求めず正直に生きていきたいと思いました。

アメリカの遺言事情

mateus-campos-felipe-Gf-V38nyxnA-unsplash-51579
Photo Credit : Unsplash
Photo Credit : Unsplash

ここのメリーナとウォルターの間に起こった出来事は、とても信じられないまるでドラマのような話にも思えますが、実はアメリカでは初めての出来事ではありません。仲の良かった店員にお客のひとりが遺産を渡したというのは、2015年にもあった出来事なのです。

ただ、そのお客はウォルターのような気難しいお客ではありませんでしたがね。人生何があるかわからないものです。自分に正直に人に優しく生きていきたいですね。