アメリカに住む夫婦は、夫の母に信じられないような頼みごとをする。あなたは賛成できる?

アメリカのアーカンソー州テクサーカナに住むケイラとコディ・ジョーンズは、結婚して毎日をワクワクと過ごしていた。しかし、自分たちの計画が思った通りに進まないことが分かったとき、ジョーンズ夫妻は家族に助けを求めたのだった。その内容は、二つ返事で承諾できる様な簡単なものではなかった。一体、夫婦は何を頼んだのだろうか。

ケイラとコディ・ジョーンズ

kayla and cody jones smiling for a photo
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

アーカンソー州のテクサーカナで暮らすケイラとコディ・ジョーンズは2012年に結婚し、毎日幸せな日々を送っていた。付き合いの長い二人は、他のカップルと同じ様に自然に結婚したのだった。

2人はすでに愛犬を数匹飼っていたが、自分達の家族をもっと強く、大きなものにしたいと願っていた。間もなく、2人は家族の助けを借りて、どうにかその夢を叶えようとする。

ケイラ、ずっとお母さんになりたかった

cody and kayla sitting on the grass
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

ケイラはコディが結婚する前からずっと、大家族のお母さんになりたいと考えていた。すでに20代後半だったケイラは、まだ若いうちに赤ちゃんを授かりたいと思って、妊娠を試みていた。

ジョーンズ夫妻は早く赤ちゃんを授かりたい、家族を増やしたいと望んでいたものの、物事は願うようにはいかなかった。数ヶ月過ぎたものの、ケイラは妊娠できていなかった。すぐに、その理由は明らかになる。

ケイラの複雑な病歴

kayla wearing a hospital gown
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

ケイラとコディは、ケイラなかなか妊娠できず、自分達の力だけではなかなか妊娠できないことにイライラしていた。そして、ケイラはコディにある秘密を打ち明けることを決意する。

実は、ケイラは17歳の時に子宮にできた良性腫瘍を取り除く手術を受けていたのだ。そのため、子宮の一部の摘出を余儀なくされていた。卵巣を残していたものの、妊娠できないのはこのせいかもしれなかった。

ケイラの不安は当たっていた

kayla and cody posing for a photo
Kayla Jones/Facebook
Kayla Jones/Facebook

ジョーンズ夫妻はケイラが妊娠できる可能性はまったくないのか、確認のため、医者に行くことに決めた。そして残念なことに、医師らはケイラが妊娠することはできないと告げたのだった。

ケイラとコディは知らせを受けてショックを受けたものの、それでも親になる夢を捨てきれなかった。養子縁組や代理出産など、親になるためにできる選択肢を検討すべき時がきたのだった。

望み通りの方法では赤ちゃんを授かれない

cody and kayla smiling for a photo
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

ケイラとコディは、思い描いていたように赤ちゃんを授かることはないかもしれなかったが、親になることは決して不可能なことではなかった。医師から妊娠が不可能であることを告げられてしばらくは失望していたものの、できることは何かあると信じていた。

自分達の子どもを持てないことに不満を感じていた2人だったが、やがて何ができるのかを考え始めた。2人で話し合うにしても多くのエネルギーを使うことだったし、心身共に参ってしまうこともあったが、それでもきっといつか、近い将来に親になれる方法があるはずだと確信していた。

ケイラの健康状態がカギ

kayla and cody smiling for a photo
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

コディは、親になるにしても、子どもは絶対に自分の子どもがいいと思っていた。ケイラにどのようにしてそれを伝えるべきか迷っていたものの、包み隠すことなく正直にそれをケイラに伝えると、ケイラはコディのその考えも理解したようだった。

2人は初めに妥協案として、養子縁組を考え始めることにした。子どもに血のつながりはないかもしれないが、それでも自分達は良い親になれるはずだとケイラはコディを説得した。だが、養子縁組の手続きについて深く調べていくうちに、2人は自分達にとって養子縁組は最適な選択肢なのか、自信がなくなってきた。

養子縁組はできそうになかった

kayla and cody posing for a photo
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

医師から辛い告知を受けた後、ケイラとコディにとって最も理にかなった次のステップは、養子縁組をすることだっただろう。だが、よく調べていくうちに、養子縁組がうまくいくようには思えなかった。というのもまず、そのための費用が莫大にかかるのだ。

さらに、たいていの場合、養子縁組のための手続きは延々と時間がかかる。体外受精の可能性も考え始めたが、養子縁組と同じくらい費用がかかるということが分かった。が、そのとき、ケイラとコディは体外受精こそ、自分達が望んでいた通りに赤ちゃんを授かれる方法かもしれないと思いついた。

希望が見えてくる

kayla and cody posing for a photo
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

ケイラは子宮を部分的に摘出していたために妊娠することが難しいと分かっていたものの、それでも卵巣が残っていることに感謝していた。卵巣が残っているために、代理出産をすれば生物学的に、つまり血のつながった子どもを持てる可能性があるのだ。

ジョーンズ夫妻には代理出産をするための金銭的余裕はなかった。そこで、どうにかして、払える金額でそれが実現できないかと考えていた。幸い、2人のそばには、助けの手を差し伸べてくれる人がいたのだ。

コディの母、2人から話を聞く

kayla and patty smiling for a photo
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

ケイラとコディが代理出産について考えたとき、最初に相談したのはコディの母親のパティ・レセッカーだった。パティは2人のことを心から気遣い、2人が望んでいた通りに子どもを授かれないことに胸を痛めていた。

コディは1人っ子だったため、パティは自分にできることなら何をしてでも孫が欲しいと思っていた。そのとき、パティはいい考えを思いついたのだ。そしてこれがすべての状況を一変させる。

代理出産を試してみた

cody and kayla smiling for a photo
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

幸い、ケイラとコディは多額の料金を請求しない代理母候補を数人見つけており、手続きを進めていた。ジョーンズ夫妻は希望を持っていたものの、誰一人として受精卵を着床させることができなかったことに落ち込んだ。

うまくいかなかったことに落ち込んだ2人だったが、パティも心を痛めていた。2人と同じくらい、パティもうまくいくことを願っていたのだ。こうなったら、2人に自分の考えを打ち明けるしかない、パティはそう思った。

パティが主導権を握る

patty with cody and kayla
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

パティはケイラとコディに、冗談で自分が代理母になると言った。二人は、パティが50代前半で更年期障害を患っていることから、そんなことはあり得ないと思っていた。ジョーンズ夫妻は代理母探しを続けていたが、どれもうまくいかず絶望的になっていたところへの提案だった。

そしてついに、パティが代理母になることを真剣に考え、「お願いします」と言ったのだ。誰もがうまくいくとは思っていなかったが、彼女は病院でいくつかのテストを受け、代理簿になることが出来ると言われた。

パティが体外受精を開始

patty and kayla posing for a photo
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

主治医から朗報を受けた一家は、すぐにでも体外受精を開始したいと考えていた。最初の試みでは胚を失ってしまったが、彼らはそう簡単にあきらめてはいなかった。

数ヵ月後、再び体外受精を試み、コディとケイラが仕事に行っている間に、パティは尿検査をした。そこには、望んでいた結果がやっと得られることができたのだった。

パティの妊娠

a maternity photo of patty pregnant
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

コディとケイラは、パティの妊娠検査薬を見つめ、かすかなピンクの線が2本通っているのを確認した。これは、受精卵が着床し、パティが自分たちの赤ちゃんを妊娠したことを意味していた。

コディとケイラ、そしてパティは、妊娠検査薬を取り出して純粋に喜びと興奮で涙を流した。パティは自分の孫を身ごもることになり、それを喜んだのだ。

ちょっと変わったシチュエーション

patty, kayla, and cody posing for a maternity shoot
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

3人は、自分たちに赤ちゃんが生まれることに喜びを感じる一方で、この状況が外部からどのように見えているかを考えるようになった。祖母が自分の孫を出産するなんて、そうそうあることではない。

しかし、すぐに考えを改めた。自分たちと同じように赤ちゃんを愛してくれる人が、自分たちの子供を身ごもってくれるなんて、幸運なことはない。この奇跡を無駄にするべきではないと。

パティはどうやって妊婦としての生活を保つのか

patty posing with her pregnant belly in a maternity shoot
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

パティは50代前半だったので、ジョーンズ夫妻は妊娠中に何か問題が起こるのではないかと心配していた。医師の許可が下りたとはいえ、確実に妊娠を最後まで保証できるわけではない。

そのため、パティは常に体調を整え、医師の指示に従うようにしていた。コディとケイラがどれだけ子供を作ろうとしていたかを知っていたので、その願いを叶えてあげるために彼女は、全力を尽くしたのだった。

喜びが世界に広がる

kross after he was born in the hospital
Kayla Jones/Facebook
Kayla Jones/Facebook

クロス・アレン・ジョンは、2017年12月30日に帝王切開で生まれた。パティが妊娠中に慎重になったのは、いい判断だった。

「このかわいい奇跡に、私はとても驚いています。代理出産で彼を授かることは必ずしも容易ではありませんでしたし、パティにとっても間違いなく容易ではありませんでしたが、彼がここにいることで、すべての困難な日々が価値あるものになりました。」とケイラは語った。笑顔で健康に生まれてきたクロスは、関係者にとって大きな安心感を与えてくれたのだ。

妊娠後のパティ

patty in the hospital with Kayla and friends
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

妊娠と帝王切開からの回復は、特に50代の人にとっては簡単なことではない。家族は、クロスを出産した後のパティの体調をとても心配していた。

パティは、「体に大きな負担がかかったが、それだけの価値があった」と話している。孫を産んだのは彼女自身だが、コディとケイラが親としての道を歩み始めたことに喜びを感じていた。

コディとケイラが親になる

kross walking with the help of kayla and cody
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

もしコディの母親がいなかったら、ジョーンズ夫妻はおそらく親になるチャンスを得られなかっただろう。彼らは、クロスを授けてくれた母親と義理の母親にずっと感謝している。

ケイラは、クロスがこれ以上ないほど幸せな赤ちゃんだと言い、成長しても、特に何の合併症も起こさなかったと言う。コディはまだ父親としての仕事に慣れていないが、ケイラと彼の母親がそばにいて助けてくれることを嬉しく思っている。

コディとケイラから新米パパママへのメッセージ

cody, kayla, and kross posing for a photo
Creating Baby Jones/Facebook
Creating Baby Jones/Facebook

コディとケイラは、親になることがどれほど長く、困難なことかを身をもって示した。彼らは、息子を授かるまでにいくつもの失敗を経験し、それがどれほど苛立たしいものかを知っている。

ジョーンズ夫妻は、自分たちと同じような立場の人がたくさんいることを知り、励ましの言葉を伝えたいと考えてる。”意思のあるところには、必ず道があります。たとえおばあちゃんがいなくても、助けてくれる人がいるはずです」と。

Facebookでの彼らの様子

kross jones as a toddler
Kayla Jones/Facebook
Kayla Jones/Facebook

ジョーンズ家の旅はまだ終わっていない。パティが妊娠した後、彼らはCreating Baby JonesというFacebookページを立ち上げた。ここでは、彼らの代理出産の経験についての投稿を見ることができる。

現在も、幼児期に入ったクロスの様子をアップしている。”多くの人が、私たちのストーリーに、素晴らしい反応を示してくれる。中には気持ち悪いと思う人もいるけど、プロセスを理解してもらえれば、その考えは変わってくるかもしれません」とケイラは言う。