まったく似ていない双子?二人に隠された出生の秘密とは

双子が産まれるということは、世界中で100回に1回起こる現象です。そのうち、多くが2つの別の卵子から生まれる二卵性双生児ですが、二卵性双生児とはいえ、やはり双子なので顔はよく似ています。しかし、これは人種の異なる双子のルーシーとマリアには当てはまりませんでした。周囲の人もこの2人がまさか双子だなんて思ってもいませんでした。一体、なぜこのようなことが起こったのでしょうか?二人の成長と共に記録を振り返ってみましょう。大人になったこの2人をみると、赤の他人だとすら思うかもしれません!

同じ日にこの2人の少女を出産した女性

Photo: Bored Panda
Photo: Bored Panda

イングランドのグロスター在住のドナ・ダグラスさんは、1996年に双子を妊娠しているということがわかります。ドナさんと当時の旦那さんのヴィンス・エイリマーさんは、すでに2人の男の子と1人の女の子の5人家族でした。

息子は5歳と3歳。娘は4歳です。1歳違いの3人の子どもを育てることは、なかなか大変なことです。ドナさんとヴィンスさんにとっては、これからの育児がかなりの賭けだったということが想像できるのではないでしょうか。しかし、すでに3人の幼い子供を育てていることで、逆に気持ちが楽になったということもあったのかもしれません…。

初めて見てびっくりの双子

Photo: Lucy Aylmer/Instagram
Photo: Lucy Aylmer/Instagram

双子を迎えるためにできる限りの準備をしていたものの、ドナさんとヴィンスさんを待ち受けていたものは予想もしていないことでした。1997年1月16日、ドナさんは美しく健康な2人の赤ちゃんを出産。しかし、2人をはじめて腕に抱いた際、ドナさんは驚愕してしまいます。

助産師から手渡された赤ちゃんは、全く異なる見た目をしていました。1人はとても色白で、もう1人の赤ちゃんは暗い色の肌をしていました。双子を産んだことを考えると、困惑してしまう状況です。まるで2つの別の家族からのそれぞれ赤ちゃんを出産したかのようです。

成長して見た目がより変わってきた双子

Photo: Bored Panda
Photo: Bored Panda

病院を後にしたのち、双子の見た目の違いは顕著になってきました。誰もがそのうち似てくるだろうと思っていましたが、その違いは明らかです。

ルーシーは色素が薄いため、赤髪でクリアなブルーの目をしています。一方、マリアは肌がキャラメル色で、輝くブラウンの目とクルクルのブラウンの髪をしています。「肌の色は出産前のスキャンでは映らないため、かなりの衝撃だったと思います。こんなに見た目が違うなんて。母は思ってもみなかったんです」と、ルーシーさんは『デイリー・メール』に話しています。現在の2人の姿を知りたい方は、乞うご期待!

家族の他のメンバーと全く異なる双子

Photo: Bored Panda
Photo: Bored Panda

双子の親がしがちなように、子どもの時はおそろいの服を着ていたルーシーさんとマリアさん。しかし、だからと言ってこの二人が双子であると信じてもらえたかは別問題です。

ルーシーさんとマリアさんが双子だということは、あまり信じてはもらえませんでした。姉妹やいとこというもの想定外。他の兄弟とも全く見た目が異なっていました。兄弟たちの皮膚の色は、マリアさんのものよりは明るく、ルーシーさんのものよりは暗いのです。「私とマリアは、真逆な感じなんです。でも、兄弟の皮膚の色は同じような色なんですよね」と、ルーシーさんは『グッドモーニング・ブリテン』に話しています。

おそろいの服を着る意味があまりない双子

Photo: Lucy Aylmer/Instagram
Photo: Lucy Aylmer/Instagram

マリアさんとルーシーさんは双子として成長しましたが、双子のように感じたことはありません。7歳になるまでには、おそろいの服は着たくない、とドナさんに話していたそうです。

「見た目が似ていないんです。だから、全く同じものを着る意味がないですよね?」と、ルーシーさんは『インサイド・エディション』に話しています。ドナさんがルーシーさんとマリアさんに別々の服を着せるようになると、2人は個人としての意識を育てていったようです。10歳になると、お互い自分らしいスタイルと好みを確立していき始めます。

マリアさんとルーシーさんの状況は100万分の1

Photo: Maria Aylmer/Instagram
Photo: Maria Aylmer/Instagram

マリアさんとルーシーさんの異なる見た目は、この2人の遺伝によって説明がつくかもしれません。父親のヴィンスさんは完全に白人ですが、母親のドナさんはジャマイカ人と白人のハーフです。

ルーシーさんとマリアさんは二卵性双生児のため、2つの異なる卵子から生まれており、異なる遺伝子を受けついでいます。ドナさんは半分ジャマイカ人で、白人と黒人の遺伝子を持っています。それでも、異なる皮膚の色を持った双子を生むということは珍しいことです。マリアさんとルーシーさんの遺伝子的な構成には、様々な可能性がありました。しかし、「全くの真逆」になる確率は100万分の1です。2人の違いは見た目だけではないということは、すぐにわかっていただけるはずです。

楽ではなかった2人の成長過程

Photo: Bored Panda
Photo: Bored Panda

ルーシーさんとマリアさんは、成長過程で他の双子がするようなたくさんの経験を共有することがありませんでした。例えば、相手になりすますということはできませんし、友達からひどい非難を受けることもありました。

家族の他のメンバーとは見た目が異なるルーシーさんは、学校で笑いものにされます。「みんなは私が養子だと思ったんです…お化けって呼ばれてました」と、ルーシーさんは『インサイド・エディション』に話しています。2人が双子であることを証明するために、出生証明書を見せるよう強制してきた友達もいました。

完全に異なる性格を持つマリアさんとルーシーさん

Photo: Lucy Aylmer/Instagram
Photo: Lucy Aylmer/Instagram

「私たちは真逆なんです」と、双子は『インサイド・エディション』に話しています。見た目が違っても、性格ぐらいは似ているところもあるのでは…と思うかもしれません。しかし、実際はそうでもないのです。双子はメディアに対して、「違うほうがむしろいい」と話しています。

おそろいの服を着なくなってから、2人の違いはさらに顕著になっていきました。成長するにつれ、その違いはますます大きくなります。ルーシーさんはカンペキなストレートの赤髪で、カジュアルで攻めた洋服がタイプ。一方、マリアさんはもっとガーリーなアンサンブルなどを着るのが好きです。

社交的なマリアさんとシャイなルーシーさん

Photo: Lucy Aylmer/Instagram
Photo: Lucy Aylmer/Instagram

「私たちが子どもの頃、ルーシーはいつもシャイでした。私はいつもうるさかったんです」と、『グッドモー二ング・ブリテン』に語るマリアさん。「大きくなってからルーシーは自信をつけていきましたが、まだシャイです。私がいつも引っ張っていく感じです」

双子は、ルーシーさんが内向的で、マリアさんは外交的だと話します。幼い時から、2人の性格は真逆です。これ自体は、双子であってもおかしくはありません。しかし、ルーシーさんとマリアさんは、見た目も性格も真逆。血がつながっているとは思えないほどです。性格は違うかもしれませんが、2人には特別な「双子らしい」能力があります

異なる性格で別々の道へ

Photo: Kiwi Report
Photo: Kiwi Report

「私は人に会うことが好きなんです。人に近づくことに恐怖がないんですよ」と、マリアさんは『インサイド・エディション』に語っています。一方ルーシーさんは次のようにコメントしています。「私は逆に恐怖ですけどね。全然知らない人に話しかけるなんて怖いです」

ルーシーさんとマリアさんは性格が真逆のため、人生で進む道も全く異なるものでした。ルーシーさんは、グロスターカレッジでアートとデザインを学びます。マリアさんは、30分ほど離れたチェルトナム・カレッジで法律を勉強しました。「マリアはカレッジの友達に白人の双子がいるっていうのを話すのが好きなの。私自身も、肌の色が違う双子を持ったことを誇りに思ってるわ」と、ルーシーさんは『デイリー・メール』に話しています。

違いを受け入れて親密に育った双子

Photo: Kiwi Report
Photo: Kiwi Report

マリアさんとルーシーさんは、成長する過程でとても仲が良かったとは言えない、と認めています。どちらかと言えば、お互いの世界がかけ離れていて、相手が手にしているものを羨ましく思っていました。

マリアさんは『インサイド・エディション』に、女兄弟はみんなストレートヘアで、自分の髪もストレートだったらよかったのにとよく泣いていた、と話しています。ルーシーさんは、周りの友達から家族の仲間外れ扱いされて、感情的な浮き沈みを体験したことでしょう。2人の違いは双子としての絆に影を落としたかもしれませんが、成長してからは仲良くなったと話しています。2人は違いを受け入れ、今では親友です。

片方の苦しみを感じることができる?

Photo: Maria Aylmer/Instagram
Photo: Maria Aylmer/Instagram

双子は、お互いの間にシックスセンスのようなものが存在するとはよく言われていることです。一人に何か起こると、もう1人は超能力のようにそれを感じることができるのです。しかし、ルーシーさんとマリアさんはどうでしょうか?2人はこのような感覚について、次のように話しています。

「数回変な瞬間を感じたことがあるの。なんていうか、同じような痛みを感じること。向こうも、『あ、変だな、私も同じ痛みを感じる』ってね」と、マリアさんは『グッドモーニング・ブリテン』に話しています。同じ思考は共有してはいないかもしれませんが、お互いの痛みを感じることができるという点に関しては、この2人にも当てはまるのではないでしょうか。さて、すぐお分かりいただけるようにこのような双子はルーシーさんとマリアさんだけではありません

微妙に似ている点も?

Photo: Kiwi Report
Photo: Kiwi Report

見た目の違いを受け入れたら、マリアさんとルーシーさんの似ている部分が見えてくるのではないでしょうか。よーくみてみると、2人の顔の骨格は似ています。異なる髪、目、肌を除けば、ルーシーさんとマリアさんはやっぱり双子なんです。

性格的な特徴は似ていないかもしれませんが、それでも9カ月間をお母さんのおなかの中で過ごした仲です。違いから仲良く育ったとは言えないものの、大人になってからは親友です。2人はこれからも、常にお互いをサポートしていくことでしょう。

双子として常にそばにいた2人

Photo: Lucy Aylmer/Instagram
Photo: Lucy Aylmer/Instagram

マリアさんとルーシーさんは違いから双子のように感じなかったかもしれませんが、それでも姉妹として共有してきた特別なつながりは否めません。

「正直、片割れがいなかったら、どうしたらいいか、今までどうしてこれたかわからないわ。私を前進させてくれて、今もここに存在することができている一番の理由がマリアなの。どんな時も傍にいてくれたわ…これ以上思いやりがあって美しい双子の姉妹なんてあり得ない」と、ルーシーさんはマリアさんについてインスタグラムで語っています。さて、マリアさんとルーシーさんの双子のケースは珍しいかもしれませんが、他にも存在します。早速見ていきましょう!

『ナショナルジオグラフィック』の人種特集で表示を飾った双子

Photo: SWNS/Mirror
Photo: SWNS/Mirror

イングランドのバーミンガムに住むビッグス家の11歳のミリーちゃん、マルシアちゃんも、注目を浴びる双子です。ルーシーさんとマリアさんのように、片方が白い肌、もう片方が暗い肌色で生まれてきた双子です。唯一の違いは、マルシアちゃんの髪が、赤髪ではなくブロンドヘアという点。

ビッグス家の双子は、「人種特集」と冠された『ナショナルジオグラフィック』の2018年4月号の表紙を飾りました。双子の親のアマンダ・ワンクリンさんとマイケル・ビッグスさんは、驚くべきことに疑いの声を掛けられることはない、と話します。「時がたつにつれて、違いに美しさを見出すようになったんです」と、ワンクリンさんは『ナショナルジオグラフィック』に答えています。この2人のような双子は、「受け入れ」の良いお手本です。

双子ではなく友達と思われがち

Photo: Biggs Family/ABC News
Photo: Biggs Family/ABC News

「人が私たちを見る時、親友だと思うみたい」とマルシアちゃんは話します。「私たちが双子だってわかると、みんなショックを受けるの。片方は黒人で、片方は白人だから」

ビッグス家の双子も混血です。お母さんは白人のイギリス人ですが、お父さんはジャマイカ人の血をひいています。2人はいつも一緒ですが、性格は違います。マルシアちゃんは、「ミリーは女の子っぽいものが好きなの。ピンクとがが好きなんだ。私はピンクって色が好きじゃないの。ちょっとおてんばな感じ。その人の在り方がその人を作ると思うの」

瓜二つだと思いこんでいた2人

Photo: ABC
Photo: ABC

ビッグス家の双子にしてみれば、見た目の違いはそれほど明らかではありませんでした。そのため、親御さんは一卵性双生児だと思い込んでいたのです。「はじめにミリーに変化が見られたんだ。段々肌の色が暗くなってきたんだよ」と、父親のマイケル・ビッグスさんが『ABCニュース』に話しています。

ビッグスさんは、双子は今の自分たちに満足していると話します。「二人は白か黒かで物事を見ないんだ」。ミリーちゃんは『ABCニュース』に次のように話しています。「私は違うほうがいいと思う。常にみんなに馴染む必要はないわ。だって、そしたら気づいてもらえないでしょ。自分らしくいるほうが大事なの」。双子を持つ次の家族も、人種に対して考えさせられます。

このような双子が生まれる可能性は500分の1

Photo: Whitney Meyer/Facebook
Photo: Whitney Meyer/Facebook

「はじめ2人が生まれた時、そうであったらすごいけど、かなり珍しいから自分の双子に起こるとは思ってもみなかったんです!でもほら、肌の色違いの双子!」とイリノイ州の地元ニュースの『KHQA』に話すのは、メイヤーズさんです。

2017年の1月、イリノイ州のクインシーのカラーニ・ディーンちゃんとジャラーニ・ディーンちゃんは、母親のホイットニー・メイヤーさんがフェイスブックに写真をのせてネットで話題となりました。メイヤーズさんは白人ですが、双子の父親のトーマス・ディーンさんはアフリカ系アメリカ人です。BBCによれば、異なる皮膚の色の二卵性双生児が生まれる確率は、500分の1です。

同じような洋服を着ているのに似ていない2人

Photo: Whitney Meyer/Facebook
Photo: Whitney Meyer/Facebook

他の双子同様、カラーニちゃんとジャラーニちゃんの性格は真逆です。「ジャラーニにバナナをあげると、ボール遊びよりバナナをとりますね。カラーニは、バナナを食べるよりパパとボール遊びするほうが好きなんです」と、メイヤーズさんは『ABCニュース』に話します。

「この子たちは奇跡の子たちなんです。肌の色なんて関係ありません。息子を失って、それから1年半後にこの双子を授かったんです。私はただこのことをシェアしたくて…投稿後はすごいことになりました」。メイヤーズさんは、そのおよそ2年前に溺死事故で息子を亡くしていたため、双子を授かった事を感謝していたことでしょう。

人種は生まれ持ったものではなく学ぶもの

Photo: Whitney Meyer/Facebook
Photo: Whitney Meyer/Facebook

メイヤーズさんには、父親の違うタランという息子もいます。白人のタランは、妹たちの肌の違いを気にしないカラー・ブラインドです。年齢的にも、「人種」という概念を理解するには幼すぎます。

「この国の人達は、私の息子から学べることがあると思う。彼、純粋なの。人種間の緊張関係なんてわからないのよ。だって、この子にはそんなのどうでもいいから。でも、本来そうあるべきじゃないじゃないかしら?肌色違いの双子を生んだことに対する周りの反応には、心が温まります。私自身、この国が必要な時に、人類に対する希望を取り戻してくれるんです」と、メイヤーズさんは『ピーブル』誌に語っています。

バラバラになった姉妹

グレイシーちゃんとオードリーちゃんは、中国で誕生した一卵性双生児です。2人の名前には美しい意味があります。グレイシーちゃんの中国語名はトン・ミン・メイ(Tong Min Mei)、オードリーちゃんの中国語名はトン・ミン・グイ(Tong Min Gui)。2人の名前を合わせると、「バラ」という意味になります。お互いの存在を知らなかったこの双子には、特別な絆がありました。兄弟の絆は強くて重要なものですが、生まれたばかりで養子に出されると、ヒミツの兄弟がいるという事態になり、場合によっては一生出会うことがないでしょう。この2人の少女のストーリーでは、運命によって2人は引き寄せられます。

グレイシーちゃんとオードリーちゃんは、2人が1歳の時の2007年に中国で養子に出されました。子どもが孤児院に入れられた後に新聞に出される典型的な中国の「お探し広告」に載ります。潜在的な親たちはこの広告を見て、養子のための情報を求めます。

2007年の夏の終わりまでには、どちらの女の子も別々の新しい親に引き取られて、孤児院から出ただけでなく、国外に住んでいました。しかし、一体少女たちに何が起こったのでしょうか?養子縁組をした親は、一卵性双生児で片割れがいることを知っていたのでしょうか?

すべてを変えた驚きの写真

2人とも珍しい心臓の病気を抱えていて特別な医療手当てが必要だっため、別々にされて、2007年の夏に別の家族に養子に取られたのかもしれません。さらに、双子を一緒に養子に出す方が状況は厳しくなります。これも別々に養子に出された重要な要因でしょう。ジェニファー・ドーリングさんと旦那さんは、中国からオードリーちゃんを養子にとって、アメリカのウィスコンシン州に連れて帰りました。ドーリングさんは、オードリーちゃんにプレゼントとて養子に出された時の広告をあげたいと考えていました。そこからネットでリサーチをして、広告をみつけます。このリサーチの間に、ドーリングさんは里親の膝に座るオードリーちゃんの写真を発見。その横には、うり二つの別の赤ちゃんが写っていたのです。

別々になった片割れの双子の発見

「その写真を発見してすぐ、もう1人の子どもが誰なのか知りたくてしょうがなくなりました」と、ジェニファー・ドーリングさんは話します。彼女と旦那さんはリサーチをして、写真に写るもう一人の女の子に関して、出来る限りの情報を収集します。そして、最終的に有力な情報を発見。オードリーちゃんの横に写る別の女の子は、どうやら誕生日がオードリーちゃんと近いようです。また、写真の少女はオードリーちゃんと全く同じ特徴としていて、オードリーちゃんと同じ心臓の病気を抱えています。さらに、別の少女は、ワシントン州に住む、レインベリーズ家という別の家族に養子に取られたようです。夫婦はレインズベリーズ家に連絡を取る決意をします。

連絡

ドーリングさんがレインズベリーズ家に連絡を取ると、衝撃的な発見に至りました。レインズベリーズ家は同じ「お探し広告」を何年も前に手に入れたものの、写真に写る別の少女がまさか双子の片割れだとは思わなかったのです。びっくり仰天の両家。「ジェニファーのフェイスブックのページのオードリーの動画をグレイシーに見せたんです。なんていうか、クレイジーですよね」と、『KNDO-TV』に話すのは、グレイシー・レインズベリーちゃんの母親であるニコール・レインズベリーさんです。「瓜二つなだけじゃなくて、声まで一緒なんです。動きも同じなんですよ」

『KNDO-TV』に対して、オードリーちゃんは次のように話しています。「姉妹がいたなんて、全く知らなかったの」。さて、この後双子はどうなったのでしょうか?

緊張した親たちがきっかけづくり

2人の親はたくさんの話合いをしました。補佐教師として働いていて4人の子ども(グレイシーちゃんには3人の年上の兄弟がいます)と暮らす、グレイシーちゃんの母親のニコール・レインズベリーさんは『USAトゥデイ』に対して、最初のリアクションは恐怖だったと答えています。ドーリング家のことは知らなかったため、どんな人たちなのかがわからず、そもそもなぜ双子が別々に養子に出されたのかも謎でした。しかも、どうやら誕生日が別々ということになっているようです。グレイシーちゃんの誕生日が4月23日、オードリーちゃんの誕生日が28日となっています。里親も養子に出される前は2人が双子で会ったことを知らなかったのかもしれません。

ビデオチャットで会話

「月曜日から水曜日の間に、レインズベリー家を発見したんです」と、『KNDO-TV』に話すのは、オードリーちゃんの母親のジェニファー・ドーリングさんです。「金曜日までには、全員が状況を知っている状態でした」。「私、いっぱいいっぱいになって、泣き出しちゃったの」とグレイシーちゃんは話します。双子はFaceTimeで金曜日に初めて再会します。「それからグレイシーに話しかけて、一杯質問したの」と、『USAトゥデイ』に話すオードリーちゃん。「自分に話してるみたいだった。私と同じで、マカロニ&チーズが好きなの。しかも、似たようなメガネを持ってるんだ。私のは壊れてて、グレイシーのは青緑で、私のはピンクだけどね」。どちらも3人の年上の兄弟がいて、算数を好きな科目にあげています。

初めて実際に出会ったオードリーちゃんとグレイシーちゃん

ナンシー・セガール教授は、双子を研究している心理学者です。教授によってDNAテストが行われ、100%マッチでグレイシーちゃんとオードリーちゃんが一卵性双生児であるということが発覚しました。2017年1月、その日がやってきます。オードリーちゃんとグレイシーちゃんが、人気のデータイムの番組、『グッド・モーニング・アメリカ』で実際に会う日です。

お揃いのピンクのトップスと黒縁のメガネを掛けてお互いに会うためステージ現れると、2人とも泣き出してしまいました。2人は抱き合って、お互いにしがみ付くように涙します。親たちが2人を落ち着けたあと、2人は並んで座りました。

グッド・モーニング・アメリカ

『グッド・モーニング・アメリカ』のホストであるロビン・ロバーツから、再会してどんな気持ちかと聞かれた2人。オードリーちゃんは、「興奮していて、嬉しい」と答えてから、「すごくいっぱいいっぱいです」と付け加えました。『グッド・モーニング・アメリカ』のもう1人のホストであるジンジャー・ズィーは、あとで次のようにツイートしています。再会中は、「スタジオのみんなが泣いてたの」。ニューヨークで姉妹としても時間を過ごせるようにと、2人はブロードウェイの『スクール・オブ・ロック』のチケットと、プラネット・ハリウッドでのディナーをプレゼントされました。双子が自分達の家に戻った後もお互いに会いに行けるように、Expedia.comからは家族にチケットが贈呈されます。

再会して気分は最高

『グッド・モーニング・アメリカ』でコメントをした双子の専門家の心理学者は、お互いに会ってお互いの生活の一部になれることをの重要性について話しています。教授によれば、「双子の絆はとても強いもので、この時期にお互いに会えたということは…これからたくさんの時間をすごせるということです」

『グッド・モーニング・アメリカ』に出演した後すぐに、2人はパンケーキを食べに行って、2人とも顔にチョコを付けてしまったことに気づきます。笑い合って、大きな笑顔を向けて、一緒の時間を楽しんだようです。

ニューヨークの街を楽しんだオードリーちゃんとグレイシーちゃん

オードリーちゃんとグレイシーちゃんは、輝いて、笑い合って、一卵性双生児としてのお互いの共通点を見つけながら、初めての1日を一緒に過ごしました。「私たち、どっちもハトを脅かすのが好きなの!」、とグレイシーちゃんは『グッド・モーニング・アメリカ』に話します。オードリーちゃんは、「何かが欠けてたような気がしてたの。でも今やっとそろった感じ」

『グッド・モーニング・アメリカ』での再会、ニューヨークでの1日のために、子どもたちの親も集まりました。親にとっても、感動的で素晴らしい日となりました。再会中、オードリーちゃんの母親がグレイシーちゃんの顔に手をのばして、「触ってもいいかしら?」と尋ねるシーンがあります。グレイシーちゃんは恥ずかしそうに頷いて、お互いの家族を知っていったようです。

『グッド・モーニング・アメリカ』での再会への批判

中国での養子手続きの最中離ればなれになった一卵性双生児、グレイシーちゃんとオードリーちゃんが家族の手によって『グッド・モーニング・アメリカ』で再会すると、これを良く思わない視聴者もいたようです。公的な場面での再会に対するソーシャルメディアでの反論がありました。『グッド・モーニング・アメリカ』のフェイスブックページでは、番組を見たファンが「お互いを見つけることができたことは喜ばしいけど、初め2人だけで会わせてあげたらよかったのにと思う。感情的な瞬間で、他の人の前にいたことでいっぱいいっぱいになって、本来あるべきように再会を楽しめなかったように思える」

別の投稿者は次のように書いています。「この子たちはまだ子供。バラバラにされたことで得た喪失感は、エンターテイメントとして扱われるべきでない」

再会した双子のオードリーちゃんとグレイシーちゃんの新しい生活

『グッド・モーニング・アメリカ』のインタビューの最後に、どんなことを思っているか聞かれた2人。グレイシーちゃんもオードリーちゃんも、「愛」と答えています。ジェニファー・ドーリングさんは、今でも時々メディアの依頼を受けるものの、プライベートな時間を過ごして、レインズベリー家やグレイシーちゃんのことをより深く知っているところ、と『ジャーナル・センティネル』に答えています。家族は毎日ビデオ電話をして、双子はスナップチャットでも交流しています。家族は3日半をニューヨークで共に過ごして、オードリーちゃんとグレイシーちゃんだけでなく、家族同士がお互いを知るきっかけとなりました。これからは、ずっとお互いの人生の一部でいることができます。

研究に協力するオードリーちゃんとグレイシーちゃん

オードリーちゃんとグレイシーちゃんの家族は、2人が児童心理学者のナンシー・セガール教授が行う研究に参加するための準備を進めています。教授の研究は、養子縁組によってバラバラになったこの2人にフォーカスされたものです。「すでに事務処理は始めているんです」と『ジャーナル・センティネル』に話すのは、ジェニファー・ドーリングさんです。「通常の心理学の研究の置ける書類があるんです。セガール教授と学校のための」

セガール教授は、双子の振舞いにフォーカスした24時間のテストをグレイシーちゃんとオードリーちゃんに行うために研究者を送り込む予定です。どちらの家庭も、今後12回のお互いの訪問で、記入すべきブックレットが渡されています。これは、振舞いや感情を記録するものです。2人の再会のストーリーはここまでですが、これから2人は一緒の人生を歩んでいくことでしょう。

離ればなれになった双子の研究

生まれてすぐバラバラになって別の家庭で育てられた双子は、「生まれVS育ち」の議論やDNAの研究をしている科学者には貴重な研究材料となります。双子のリリーさんとジリアンさんは、生まれた時にバラバラにされ、中国からどちらもカナダのオンタリオ州の別の家庭に引き取られました。驚くべきことに、家族は養子縁組グループでお互いに出会ったのです。

このようなケースによって、科学者たちは貴重な研究を行うことができます。双子の遺伝子研究の重要性を強調することは難しいことではありません。『ザ・スター』によれば、「双子は、自然の生きた研究所、科学の宝、行動遺伝学への貢献などと呼ばれています。双子は、ふるまいにおける生まれと育ちの影響、性格、病気の影響の受けやすさなどを解明することができる媒体です」。

ミアちゃんとアレクサンドラちゃん:赤いドレスでつながれた2人

中国で生まれたミアちゃんとアレクサンドラちゃんは、段ボールの箱の中に捨てられているところを発見され、17ヶ月の時に別の家族によって養子に取られました。どちらの家族もお互いのことを知らなかったにもかかわらず、同じギンガムチェックのドレスを双子に用意していたそうです。アンジェラさんとアンディ・ハンセンさんは、ミアちゃんを養子縁組に迎えるためにカリフォルニアのサクラメントからやってきて、ヴェンケさんとジークムント・ホウグラムさんは、アレクサンドラちゃんを養子に迎えるため、ノルウェーから飛んできました。

まるで運命かのごとく、家族は同じ部屋に同じ時間に、偶然同じ赤いドレスを着た自分達の赤ちゃんを抱いて立つこととなったのです。赤いドレスがお互いの注意を惹いて、会話をするうちに、他にも共通点があることに気づきます。

ミアちゃんとアレクサンドラちゃんと運命

家族は自分たちの娘が瓜二つであるということで同意し、連絡を取り合うことにしました。双子が世界の別の場所に住むことになり、関係性が限定されるということを受け入れることは簡単なことではありません。

家族は、娘が6歳になった時にお互いに引き合わせました。カリフォルニアでの再会はうまくいって、なんとどちらも偶然厚い前髪とロングへの同じ髪型をしていたのです。ミアちゃんの母親のアンジェラさんは、お互いに会う時に「ウォームアップ期間」は必要なかったと、『Sheknows』に話しています。

アナイスさんとサマンサさん:韓国で別々になった2人

2013年2月、フランスからファッションを学びに来たロンドン在住のアナイス・ボーディアさんは、サマンサ・ファーターマンさんのYouTubeの動画をたまたま見つけました。サマンサさんはロス在住の女優で、アナイスさんは全く自分と見た目が同じだということに気づかずを得ませんでした。アナイスさんは少し調べて、2人とも同じ日に韓国のプサンで生まれて、養子に掛けられたことを知ります。

それから、アナイスさんはフェイスブックを使ってサマンサさんに連絡を取ります。この時点から、女優であるサマンサさんは、自分達の交流、議論、2人の関係性における説をすべて記録し始めました。こうして、映画『ツインスターズ』が生まれたのです。

映画:『ツインスターズ』

長く失われていた兄弟を見つける話は珍しくはありません。ただ、『ツインスター』のユニークなところは、それが「リアルタイム」で語られていることです。サマンサ・ファーターマンさんが監督を務め、ストーリーはYouTube動画、スナップチャット、フェイスタイム、フェイスブック、2人が会った際の映像によって語られます。そのため、サマンサさんとアナイスさんのお互いを見つける旅路を追っていくことができるのです。アメリカで生まれ育ったサマンサ・ファーターマンさんは、アナイスさんに会うべくイギリスへ飛び立ちます。

DNAテストによって、2人の説は証明されました。双子の姉妹であることがわかったのです。2人は地理的な距離のためなかなか会えず、もっと一緒に時間を過ごしたいと考えていました。最終的に、2人は韓国へ飛び、生まれて間もないころにお世話をしてくれた里親との再会を映像に残しています。さらに、悲しい実の母親を探す旅も撮影しています。2人ともお互いを見つけることができたことに喜びを感じ、深い絆を形成しています。

双子を養子に取ったマドンナ

双子が一緒に養子に取られた場合を見て見ても面白いでしょう。2017年、マドンナはエスターちゃんとステラちゃんという双子を養子に迎えます。出産時に母親のパトリシアさんが亡くなったため、マラウイから養子に迎えられました。父親のアダムさんは、契約書の内容を誤解して、教育を受けた後自分の元にいつか帰ってくると思ったと話しています。

さらに、マドンナはデイビッドくん、その3年後マーシーちゃんをマラウイから養子に迎えました。マドンナには、実子のロッコくんとローデスちゃんもいます。マドンナは、2月7日にマラウイの高等裁判所から養子の許可を得て、新しい生活をスタートさせるべく、正式に双子をアメリカに連れ帰りました。

別々に養子にするか、一緒に養子に取るか

行動遺伝学の研究では、別々に育てられた双子を見ていきます。様々な国で実施された何年にも及ぶ研究後、誕生後にバラバラになって別の家庭に養子に取られた双子は、一緒に実の親に育てられた双子に比べても様々なテストの結果類似している、と研究者は結論付けています。これらのテストには、性格、気質、知能、興味、肉体的・精神的病気のなりやすさなどです。驚くべきことに、別々に育てられた双子は、一緒に育てられた二卵性双生児よりも似ているということもわかっています!

双子の力というのは明確ですよね。双子のひとりを養子にとって、双子が関係性を築けるように努力する家族は、子どもたちの精神的、感情的健康に大きな役割を果たしています。さらに、もちろん、親たちも双子の片割れのことを知る必要があります!

アン・ハントさんとエリザベス・ハメルさん

さて、双子の力についてはわかって頂けたと思いますが、バラバラにされてから78年後にやっと再会してギネス記録になった双子の話にはさらに驚くはずです。二卵性双生児のアン・ハントさん(元の名前:パトリシア・スーザン・ラム)とエリザベス・ハメルさん(エリザベス・アン・ラム)は、1936年にイギリスのアルダーショットで生まれますが、彼女たちの未婚の母親には辛い状況でした。

アリス・ラムさんは使用人であり、2人の子どもを育てるお金もサポートもありませんでした。そのため、赤ちゃんのひとりを養子に出すという辛い決断をします。78年後に再会するまで、2人がどんな旅路をたどることになるのかは、母親は知る由もなかったでしょう。

アリス・ラムさんはどうなったのか?

アリス・アレクサンドラ・ペイシェンス・ラムさんは、1936年に二卵性双生児の双子を出産します。すでにお話しした通り、アリスさんはイギリスのアルダーショットにて未婚の使用人として従事していました。双子の父親は軍隊に所属しており、アルダーショットに駐在していましたが、家族として生活することはおろか一度も子供に会うことがありませんでした。

赤ちゃん(一人は背中が曲がるという障害付き)と取り残されたアリスさんは、2人を養うことはできません。そのため、5ヶ月のパトリシア・スーザン・ラムさんを諦めて、赤ちゃんは養子に取られて一人っ子としてウィルソン家のヘクターさんとグラディスさんに育てられます。背骨の異常によって養子に取ってもらえない可能性があると考えたアリスさんは、エリザベスさんを手元に置いておくことにしました。

人生の分岐:エリザベスさん

エリザベスさんは、実の母親のアリスさんと一緒に成長しました。曲がった背骨によって養子に取ってもらえる可能性が薄かったため、母親は友だちや叔母に助けを求めて、援助を受けながらエリザベスさんを育てていきます。アリスさんは、エリザベスさんが15歳の時に、元々は双子であり片割れは養子に出されたことを話しました。しかし、エリザベスさんは母親が生きている間に片割れを探そうとするようなことはしませんでした。アリスさんが1980年に亡くなった時、エリザベスさんは全ての養子の記録がすでに失われていることを知ります。どこかで書類を見たのですが、アリスさんが亡くなった際に書類がどこへいったのかははっきりしていません。

アンさんはどうなったのか

アンさんは、育ての親であるウィルソン家のヘクターさんとグラディスさんと育ちました。実の母親のアンさんは、元々養子に出す予定で双子を出産しています。しかし、未婚で使用人だったため、そのような状況の子どもや母親にはかなりの偏見がありました。また、雇先がそのような境遇の女性を雇い続けてはくれない可能性があります。

そのため、エリザベスさんは3歳か4歳ごろになるまで母親と住むことができませんでした。当時、母親はバーカムステッドへ引っ越して、ハラーム大佐の元で働き始めていました。アリスさんはエリザベスさんのケアのために人を雇って、半休の日に娘に会いに行く生活。ある時、アリスさんは連絡なしにエリザベスさんの元を訪れ、アリスさんが服を作ったにも関わらず布切れのみをまとったエリザベスさんを目撃します。この事件を受けて、第二次世界大戦中、アリスさんはエリザベスさんをハラーム邸の使用人の居住スペースに連れ帰りました。

ストーリーの疑問点

かなりの時が経ち、アリスさんが亡くなってからも大分月日が経った頃、2人の娘さんには聞きたかった質問がたくさんありました。しかし、アリスさんの死後、ストーリーは動き始めたのです。

アリスさんが1980年に亡くなったのち、エリザベスさんは父親に関して矛盾する報告を耳にします。いとこによれば、父親はアリスさんが妊娠していることを知って、完全に拒否したそうです。しかし一方で、父親は双子を引き取りたかったものの、アリスさんにその意向が伝わった時には遅すぎたという話もあります。真実がどうであれ、どちらの可能性もあり得るわけです。かなりの月日が経っているため、過去は過去でしかありません。

成長

双子は人生で別々の道をたどっていきました。エリザベスさんは母親とロンドンへ引っ越して、15歳の時に実は双子であったことを知ります。これは、母親がジョージ・バートンさんと結婚した当たりのことでした。その後、エリザベスさんはチェスターに引っ越して、ウィメンズ・ロイヤル・エンリスティット・ネイビーに参加し、イングランドのポーツマス、その後はイタリアのマルタに駐在します。エリザベスさんは、アメリカ人の海軍船乗りと結婚。オレゴン州のポートランドに移り住んで、そこで2人の男の子を育て上げました。

アンさんは、14歳の時に双子の片割れの存在を知ります。おばさんから養子であることを聞き、親にそのことを話したのです。母親のグラディスさんは、実の母親はアンさんを育てることができず、養子に出してくれたと説明しました。養子に取られたということを知った後、アンさんはより調査してみることにします。

似たような結婚?

アンさんもエリザベスさんも、別の大陸に住んではいるものの、「ジム」という名前の男性と結婚しています。アンさんは、生涯自分の生まれ故郷であるイングランドのアルダーショットで暮らしました。印刷業を営み、3人の美しい娘を育て上げています。

すでにご存じの通り、エリザベスさんはアメリカ人の船乗りと結婚して、オレゴン州のポートランドに引っ越して、2人の息子を授かっています。さらに、最終的にはオールバニーに越しています。アンさんの方は、アルダーショットから一度も引っ越していないというのは面白いですよね。エリザベスさんは、インタビューで次のように話しています。「アンは世界のどこにいてもおかしくなかったのよ」。しかし、偶然にもすべてが始まったその場所で、2人はお互いを見つけることができたのです。

清算された家族の歴史

エリザベスさんは、何年にも渡って双子の姉妹を探し続けましたが、見つけることはできませんでした。エリザベスさんは、どこにアンさんが行ったのか、どのような名前を与えられたのか分からなかったのです。「養子にされたんだから、世界のどこにいてもおかしくないと思ったの。まだアルダーショットにいたなんて、驚きよね」

そして、突破口はエリザベスさん自身が開いたわけではありません。アンさんの娘であるサマンサさんが、家系図研究の中でアンさんには姉妹がいるということを発見したのです。アンさんの娘はエリザベスさんがアメリカにいることを突き止めて、最終的に母親にそのことを告げました。「この人が、双子の片割れよ!」

世界を超えた手紙

サマンサさんが母親にこの知らせを告げてエリザベスさんの詳細を渡すと、アンさんはすぐにエリザベスさんに手紙を書きます。「家族のつながりを求めて、お手紙を差し上げております」。アルダーショットからの手紙を開いてすぐ、エリザベスさんはイングランドの双子の片割れに電話をしました。

1936年に最悪の状況に陥った若い女性によってバラバラになった二人は、家族とたくさんの運のお陰で遂に再会します。記録が失われ破棄された状況で、大陸を超えて、たくさんの引っ越しを経て、姉妹を見つけるというのはかなりの運が良かったと言わざるをえません。どれも、再会を妨害してしまいかねない要素です。

実際のハグ

誰かを失って、その部分を二度と取り戻すことができないという状況に陥ったことがない限り、2014年の再会したアンさんとエリザベスさんがどのような気持ちだったかを理解することは難しいでしょう。別々に育てられ、別々の人生を送り、サマンサさんのお陰で再び再会することができた2人。すでにスカイプを通じて話したことはありましたが、実際にハグしてお互いを目にすることとはわけが違います。

アンさんは次のように話しています。「私、姉妹がいるんだって実感しました。素敵なことで、私はもう1人じゃないんです。言葉では表せません。とっても幸せです。私にはエリザベスがいるんです」

ナンシー・セガール教授の登場

双子はサマンサさんの力を借りてお互いを見つけることができましたが、カリフォルニア州立大学のナンシー・セガール教授の存在がなかったら出会っていなかったかもしれません。セガール教授が再会を設定し資金を援助をして、さらに2人を自身の研究やテストにかけたのです。そもそも、2人が再会できたのは、これが目的だったのです。

セガール教授は、双子の専門家で、カリフォルニア州立大学の双子研究センターの創設者です。「人間の興味と科学的な価値が盛りだくさんの、非常に珍しいケースです」と、セガール教授は話します。「とてもユニークな機会でした」

研究の角度

お互いに実際に触れて、1人に思えた長い時を経て初めて姉妹に触れるという経験は、とてもユニークな体験です。さらに、仮説をテストして、長い間別々に育った二卵性双生児が大陸を超えて再会するという素晴らしい現実を観察する研究の新しい機会でもあります。

双子研究センターでは、遺伝子と環境がどのように成長に影響するかを観察します。これ以上最適なテスト被験者はいませんよね?短い再会だけでも、同分野におけるセガール教授やその他の研究者にかなりのインスパイアと情報を与えてくれるかなりのデータが取れました。

安らかに

このストーリーの最も悲劇的な部分は、再会からすぐの2014年11月、エリザベスさんが亡くなってしまったというところでしょう。初の再会が最後の再会となってしまいました。

エリザベスさんの遺志は、クイントン&ダニータ・ハメルとジェフ&エイミー・ハメルの、2人の息子とその奥さんに引き継がれています。さらに、エリザベスさんには7人の孫もいます。さらに、もちろん双子の片割れのアン・パトリシア・ハントさんもいます。彼女の笑顔をご覧ください。素晴らしい人生を送って、愛するたくさんの人たちに囲まれて、心に穴を残したままになってしまいかねなかった双子の問題を解消できたことが、見て取れますよね。

ジョージ・スキネツキーさんとルシアン・ポンナンツキ―さん

生後間もなくバラバラになった双子は珍しく稀だと思われるかもしれませんが、みなさんが想像しているよりもはるかに頻繁に起こり得ます。特に、親が貧しく戦争が勃発している地域ではなおさらです。親は子供にとって最もいい状況を作ってあげたいだけなのに、養子に出すしか選択肢がない場合もあります。そうでなければ、保護団体がどうしようもない状況下で手を打つ場合もあり得ます。

ジョージ・スキネツキーさんとルシアン・ポンナンツキ―さんの母親は、まさにそのような状況でした。2人の母親を助けてくれた人たちは、彼女のことを一番に思っていたのです。母親はドイツの強制労働キャンプと戦争の恐怖を生き延びたものの、自分の双子の息子は別々に養子に取られたということを知ります。この双子は、68年間の間お互いに会うことがありませんでした。

強制労働キャンプ

ジョージ・スキネツキーさんとルシアン・ポンナンツキ―さんの母親は、第二次世界大戦の後期に、連合国によってドイツの強制労働キャンプから救出されたエリザベスという名のポーランド人の女性です。このような労働キャンプで拘束されることはそれほど悪くはないように思われるかもしれませんが、コンディションは劣悪で、きちんとした栄養も、ヘルスケアも、必要最低限のものもない状況でした。

そのため、アメリカ人の軍人との子どもを身ごもった際に、エリザベスさんの健康状態が悪化したことは驚きではありませんでした。1946年に双子の男の子を出産します。エリザベスさんが回復を待つ中、双子は別の家に養子に出すためにポーランドに送られます。健康状態が回復した際、エリザベスさんは双子の赤ちゃんを探そうとしましたが、すでに時遅し。すでに契約が交わされた後でした。もう後戻りはできません。第二次世界大戦後、失われた家族を探していた人は他にもたくさんいたはずです。

人知らず成長していった双子

ジョージ・スキネツキーさんとルシアン・ポンナンツキ―さんは、育ての親からどこかに双子の片割れがいるということを聞かされていませんでした。ポンナンツキ―さんは、BBCに次のように話しています。「心のどこかでは、双子の兄弟がいるような感覚があったんです。宝くじになんかに当たらなくていい、自分の兄弟に傍にいてもらいたいって思ってたんです」

ジョージ・スキネツキーさんは、17歳の時に軍隊に徴兵されて、自分には双子がおり自分は養子であることを知りました。母親が実の母親ではなく、自分には双子がいたということを、育ての親から伝えられなかったことにショックを受けたと話しています。ジョージさんは、双子の片割れを見つけようと1960年代に赤十字に連絡を取りましたが、見つからず仕舞い。その後ジョージさんはアメリカに引っ越すも、双子の片割れを見つけることを諦めてはいませんでした。

続く捜索

ジョージ・スキネツキーさんとルシアン・ポンナンツキ―さんは、赤十字家族引き合わせプログラムのお陰で、2014年に遂にお互いを見つけることに成功します。ルシアンさんは、実の母親の情報と自分には双子がいるということを知りました。ルシアンさんは、最新の情報を赤十字に提供します。

ルシアンさんは、母親が自分のことを探していて、母親は双子が養子に出されたことを知っていたものの、取り返すことができなかったということを知りました。書類にはこう書かれています。「誤って子どもたちは親の許可なくポーランドに送還された」。この情報、時期によって、赤十字は2人の兄弟をつなぎ合わせることができたのです。

初めて会った兄弟たち

ジョージ・スキネツキーさんとルシアン・ポンナンツキ―さんは、ポーランドで初めて再会しました。母親は、双子が養子に出されて間もなくの1952年に亡くなっています。同じようなストーリー同様、母親は悲しみに暮れて亡くなったのではないでしょうか。「母は2人の息子を失ったんです」とルシアンさんは話します。

これだけの時が経って、双子がお互いを見つけることができたという事実に、母親も誇らしく思うはずでしょう。双子はたくさんの時間を共に過ごして、失われた時を取り戻し、過去は忘れ去られたかのようです。ジョージさんは次のように話しています。「この話は終わりを迎えたんだ。何が一番いいかって、長い間離ればなれだったのにお互いを見つけることができたということだよ」

失われた子どもたち

長く失われた兄弟が長い時を経てお互いを見つけるという話は、悲劇であり心温まるものです。ジョージ・スキネツキーさんは次のように話しています。「過去に起こったことは、変えることができません」。これだけ時が経ってしまうと、「もしこうなっていたら…」と想像するのも簡単ではありませんよね…。

さらに、ジョージさんはこう話します。「戦争は恐ろしいものだ。いま世界中で戦争が起きていて、人びとが死んでいて、別の場所に連れて行かれて…とても悲しいことです」。ジョージさんは、自分の個人的な経験から、最悪の悲劇が起こり得るということを知っているのです。赤十字がバラバラになった家族を見つけるお手伝いをする様子を目にすると、心が温まります。ただ、そもそもこのような再会が必要になるような状況にならず、家族が別々に引き裂かれないことが理想です。

未来を見据えて

「ただ、私たちにとってはお祝いの時です」とジョージさんは話します。「未来を見据えて行かないと」

長い間バラバラになって再会した双子の話はどれも似通ったところがあります。何かを失ったような感覚があって、しかし再会すれば共に学び、成長し、笑いあい、泣き合うこともできるのです。やり直しを願う人はいません。起こってしまったことに対して、誰かに責任を押し付けるような人達はいないのです。ただ、みなさん、前に進んで目の前にある日々から得られることを受け入れたいと思っています。その希望に満ち溢れた交戦的な楽観主義からは、私たちも学べることが多いはずです。