史上最高の発見!エジプトで見つかった謎の物体とは?

考古学者の仕事は、何年も発見がない場合は退屈で大変だ。しかし、何かが発見された瞬間には、一気に大きな仕事が舞い込み考古学者としての価値を見出すことができる。カイロのスタッフが、史上最も重要な発見の一つとされるエジプトの遺物を発見したときもそうだった。その巨大な像は、エジプトで最も古い町のひとつと、その有名なリーダーの姿を垣間見せてくれるものだったのだ。忍耐強い専門家チームが、泥だらけのスラム街からリフトで運び出したものをその目で確かめてみよう。

カイロのスラム街を掘る

ancient-statue-1
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images

考古学者たちは、エジプトのカイロのスラム街で、かつてヘリオポリスの町だった場所を掘り起こした。エジプトで最も古い都市のひとつであるヘリオポリスには、未発見のものがたくさんあるはずだからだ。

彼らは、どんな場所も見逃さないという強い意志を持っていた。彼らの使命は、その土地にあるものを何でも見つけることだった。その結果、彼らの努力と決意は、この後報われることになったのだ。

水の中を掘る

Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images

考古学者たちが事業の初期に発見した課題のひとつは、水との戦いだった。エジプトのアメリカン・リサーチ・センターによると、この遺跡は急激な水位上昇の影響を受けており、現在もその状態が続いているという。

考古学者たちが掘っていた場所は、水の中につながっており、その中を探し続けなければならなかった。何日もかけて、そこにあるかどうかわからないものを探すのは大変なことだが、水中を探すのは更に困難を強いられた。

廃棄物や瓦礫の中での作業

Ibrahim Ezzat/NurPhoto via Getty Images
Ibrahim Ezzat/NurPhoto via Getty Images

考古学者たちの邪魔をしたのは水だけではない。それに加えて、ゴミ捨て場で作業をしているという事実にも対処しなければならなかった。このスラム街は、数年前からゴミが大量に捨てられていた。

その結果、彼らは8メートルにも及ぶ建物の瓦礫や、家庭用、産業用の廃棄物を避けて作業をしなければならない。しかし、彼らはこの土地の歴史を知っていたので、諦めるわけにはいかなかったのだ。

太陽の都市

Getty Images
Getty Images

現在のカイロ東部に位置するヘリオポリスは、古代エジプトの主要都市である。太陽神の誕生地であり、その後のカルト教団の中心地であったことから、「太陽の都市」という愛称で呼ばれている。

考古学者で教授のサリマ博士は、NBCニュースに対し、この都市は「古代エジプトの歴史の中で最も重要な宗教的集まりのひとつ」であり、エジプトの神話、ひいては文明に与えた影響を指摘している。考古学者たちは、どんな困難が訪れても、この歴史を明らかにするためにそれを乗り越えようとしていた。

都市を脅かす新しい建築物

Ibrahim Ramadan /Anadolu Agency/Getty Images
Ibrahim Ramadan /Anadolu Agency/Getty Images

水、廃棄物、瓦礫に加えて、新たな建設物の脅威もあった。遺跡は労働者階級の地域にあり、泥道や建設途中の建物に囲まれていた。

考古学者たちは、10年以上かけてその大発見をしようとしたのにもかかわらず、熱心な建設業者の反対に直面していた。幸いなことに、土地を未開発のままにしておくことが、その地域の歴史を知る上で非常に重要であることを証明することができたので、そこに新たな建造物が立つことは免れた。

破壊された太陽の神殿

KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images

カイロのスラム、特にマタリヤと呼ばれる場所は、歴史的に重要な古代都市ヘリオポリスに位置していたため、考古学者たちは何が発見されるのかとても楽しみにしていた。彼らは、エジプト最大の神殿のひとつである太陽の神殿だった場所を掘っていたのだから。

この神殿は数千年前にファロア・ラムセス2世が建立したものだ。最終的にはグレコローマン時代に破壊されてしまった。しかし、ルクソールのカルナックの2倍の大きさがあったこの神殿には、多くの発見がいまだに残されていた。

ついに発見

ancient-statue-7
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images

国際的な考古学者たちは、何年もかけて地下深くにあるとされるものの痕跡を見つけようとした。そして、その努力が実を結び、史上最大級の発見となるものを手に入れたのである。

発掘されたのは、石英の巨石である。これが非常に重要なものであることはすぐにわかった。しかし、これを評価するためには、水や泥の中から引き上げなければならない。

フォークリフティングの不思議な発見

ancient-statue-8
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images

何か巨大なものが発見されたというニュースはすぐに広まり、その発見されたものを一目見ようと大勢の見物人が待ち望んでいた。関係者、地元住民、報道関係者は、海中から石の塊が引き上げられるのを固唾を飲んで見守った。

その石は、3,000年前に作られた高さ26フィートの像の頭部だった。考古学者は、大きさや材質の観点から、その石を特定することができたが、それよりも重要なのは、その石の意味だった。

ファラオ・ラムセス2世の可能性

ancient-statue-9
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images

先に述べたように、考古学者たちは、数千年前にファラオ・ラムセス2世が設立したヘリオポリスの旧太陽神殿の近くを掘っていた。考古学者たちは、この像が、数千年前にファラオ・ラムセス2世が建立したヘリオポリスの太陽神殿の近くで発掘されていたことを分かっていた。

考古学者たちは、この像が実際に古代エジプトの支配者の像であると推測した。確かめるためには、像のすべての部分を発掘しなければならないが、それだけに今回の発見は画期的なものだったのだ。

古代エジプトで最も称賛された支配者

ancient-statue-10
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images

この像がファラオ・ラムセス2世のものである可能性は、歴史的背景を考えると大きな意味を持つ。ラムセス大王と呼ばれることもあるこの支配者は、その時代で最も有名で強力な人物だった。

彼はエジプト第19王朝の第3代ファラオで、若い世代からは「偉大なる祖先」と呼ばれていた。彼は60年以上にわたって多くの人を支配し、その間にカナンの支配権を回復し、ヌビアへの遠征を指揮し、都市、神殿、記念碑を建設した。

最初に発見されたラムセス2世の像ではない

ancient-statue-11
Richard Baker / In Pictures via Getty Images Images
Richard Baker / In Pictures via Getty Images Images

オジマンディアスとも呼ばれるラムセス2世は、この発掘のずっと前に彫像として発見されていた。大英博物館に展示されている壊れたラムセス2世の像は、ロマン派の詩人パーシー・バイシェ・シェリーのソネットに影響を与えたと言われている。

このソネットは、ロマン派の詩人パーシー・バイシェ・シェリーが、旅人がオジマンディアスの像を見たことを書いたものである。このソネットは1818年に発表され、古代の指導者を普及させた。シェリーの最も有名な作品のひとつである。

記念碑的な銅像の計画

KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images

像が発見された今、あなたはその像がどうなるのか気になっているかもしれない。考古学者はまず、できる限り多くの部品を回収することから始めた。そこから、描かれている人物の身元を確認するのだ。

身元確認の一環として、像を可能な限り修復する。これらの過程を経て、カイロの大エジプト博物館の入り口に置かれることになるだろう。

信じられないような新しい発見

Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images
Ibrahim Ramadan/Anadolu Agency/Getty Images

ラムセス大王と思われる巨大な石像だけではなく、もう一つの衝撃的な物体が発見された。考古学者たちは、ラムセス2世の孫であるファラオ・セティ2世を描いた、石灰岩でできた実物大の像を発見したのでだ。

出土したのは像の上部分だけで、長さはわずか78cm。エジプト第19王朝の第5代ファラオであるラムセス2世は、異母兄に王位を奪われる危機に直面し、テーベやヌビアを支配したことで有名だ。

もう一つの感動的な作品

DeAgostini/Getty Images
DeAgostini/Getty Images

ファラオ・セティ2世の小さな像は、巨大な巨像がラムセス2世のものであることをさらに示唆しているようだった。考古学者たちは、何かが確定する前に、他のアイテムや手掛かりを探し続けた。

その時、彼らはもう一つの重要な発見をした。それは、ヒエログリフが書かれたオベリスクの破片だった。これらのアイテムがどのようにつながっているのか、あるいは相互に影響し合っているのかを知るには、ある程度の修復が必要である。

地元の人も観光客も楽しめる

Ibrahim Ezzat/NurPhoto via Getty Images
Ibrahim Ezzat/NurPhoto via Getty Images

その発見は、地元の人々に畏敬の念を抱かせるものだった。自分の住んでいる場所と古代の歴史がつながっているとしたら、どんなに素晴らしいことだろう。住民たちは、信じられないような古代の遺物と一緒に写真を撮るためにその場に駆けつけた。

また、観光客を呼び込める可能性があったことも重要な理由である。近年、観光客は減少していたが、このような画期的なニュースがあれば、旅行者がカイロを訪れ、町の経済を活性化させることができる。

サッカラのネクロポリスの財宝

ancient-statue-16
AHMED HASAN/AFP via Getty Images
AHMED HASAN/AFP via Getty Images

カイロの南に位置するサッカラのネクロポリスは、エジプト最大の墳墓群とされている。これらの考古学者は、古代エジプトの後期およびプトレマイオス朝時代にさかのぼる、新たに発見された遺物をほじくり返している。

その中には、地下12m以上の埋葬用シャフトから発掘された小さな彫像や葬儀用マスクなどが含まれている。ネクロポリスはナイル川の西側に位置し、8キロに渡って広がっているのだ。

古代のスカラベの彫像

ancient-statue-17
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images

また、考古学者は、サッカラのネクロポリスで、このスカラベの像を発見した。スカラベとは、学名のScarabaeus sacerに由来するもので、ダンゴムシのことだ。古代エジプトでは、これらの昆虫は重要な意味を持っていた。

この甲虫の宗教的な意味は、毎日空を転がりながら魂を変化させると信じられていた太陽神ラーと関係していた。同じように、この昆虫は糞をボール状に丸めて食用にしたり、卵の部屋にしたりして、再生と生まれ変わりを表現している。

ワフティの墓

KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images
KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images

ワフティは、古代エジプト第5王朝のネフェリルカレ王に仕えた大司祭。最近、考古学者が彼の精巧な墓を発見したが、その歴史は4,400年前にさかのぼる。

墓の大きさは、長さ30フィート、幅10フィート、高さ10フィート以上ある。そして、印象的な形をした彫刻や碑文があるのだ。また、ワフティ、彼の妻、彼の母親のレリーフが描かれており、狩猟や製品の製造などを行っている人々の様子も描かれている。

クレオパトラの小さな像

An alabaster statue of Cleopatra is shown.
CRIS BOURONCLE/AFP via Getty Images
CRIS BOURONCLE/AFP via Getty Images

クレオパトラの墓を探していた考古学者は、この小さなアラバスター製の像を偶然発見した。アレクサンドリアの西に位置するタスポジリス・マグナ神殿で発見されたのだ。

クレオパトラは、プトレマイオス朝最後の現役の支配者であり、アレキサンダー大王の伴侶でもあった。クレオパトラを描いた多くの芸術作品は、何世紀にもわたって最近の芸術家たちの題材となっています。彼女は古代エジプトの人気者の一人であり、文化的アイコンでもある。

ローマ帝国の将軍マルク・アントニーを描いたマスク

A mask believed to depict Roman general.
CRIS BOURONCLE/AFP via Getty Images
CRIS BOURONCLE/AFP via Getty Images

前述のクレオパトラ像が発見されたのと同じ場所で、このマスクの作品も発見された。マーク・アントニーことマルクス・アントニウスを描いたものと考えられている。

マーク・アントニーは、ローマ共和国を独裁的なローマ帝国へと変貌させる上で重要な役割を果たした将軍として知られている。ユリウス・カエサルの将軍として、ガリアの征服やカエサルの内戦に参加した。また、クレオパトラとの間に3人の子供をもうけている。