いつも手を振って挨拶していた少女の命を地域の警察官が救った、その20年後の彼女の姿に涙が止まらない

警察官は市民を助けるという任務の下、街をパトロールしている。時には犯罪を阻止するような仕事もあるが、たいていの場合、近所の子ども達に優しくするといったシンプルな仕事だったりする。

とある警察官にとって、9歳の少女、クリン・スケールズに手を振り返すのはちょっとした日課だった。しかしある日、クリンの命にかかわるような悲劇が起こる。そして地域の優しい警察官は助けに行かなければならないと直感的に感じとったのだ。クリンに一体何が起こったのだろうか。そしてこの恐ろしい出来事の後、どのように警察官とクリンの人生は変わったのだろうか。

手を振り合うだけの挨拶、辛い日も明るい気持ちに

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

9歳のとき、クリン・スケールズは人生で初めてヒーローと出会う。それはクリンの住む地域を毎日巡回する警察官だった。クリンは毎日、この警察官が家の前を通る時間を把握しており、その時間になると窓際に座って、ブンブンと嬉しそうに手を振っていたのだった。

この警察官も子どもが自分に手を振ってくれることが嬉しく、手を振り返していた。毎日、2人は手を振り合っていた。それだけで、辛い日も明るい気持ちで過ごせたのだ。実は、クリンの住む地域を警察官が巡回するのには理由があった。クリンの幼少期は決して簡単なものではなかったのだ。

クリン、危険な地域で育つ

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

クリン・スケールズはミズーリ州のカンザスシティで育った。1990年代、まだ幼いクリンは母親を助け、2人の弟の世話をしていたのだ。はたから見ると、クリンは普通の生活を送っている普通の女の子のようだった。

しかし、クリンの生活は普通とはまったくかけ離れていた。クリンの住む地域は決して安全とは言えなかったため、家の前をパトカーが巡回するのを毎日楽しみに待っていたのだ。これが一見普通に見えたクリンの生活の実態であったが、クリンはこうした毎日を当たり前として受けとめていた。受け入れることでしか、人生で最も辛い日々を乗り越えられなかったのかもしれない。

クリンが弟の世話をしていた

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

クリンが弟や母親と住んでいた街では、ドラッグや暴力は日常茶飯事のことだった。子どもが育つ環境としてはまったく良いものではなかったが、クリンが置かれていたのはこうした環境だった。

さらに悪いことに、クリンの母親は家族を養うために昼夜問わず働いており、滅多に家に帰ってこなかった。つまり、クリンが弟たちの世話をしなければならなかったのだ。まだ10歳にもならない幼いクリンにとって、これは大変なことだった。

クリンが母親代わり

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

親のいない家庭で、一番年上のクリンが弟たちの面倒を一手に引き受けていた。弟たちに何かを食べさせるため、危険な地域を歩いてセブンイレブンにまで歩いて行くことも多々あった。

クリンと弟たちの厳しい生活を思うだけでも心が痛む。どの子も子どもらしく幼少期を過ごすべきなのに、クリンにはそれができなかった。クリンは弟たちにとっての母親代わりであり、必要なことをすべてやってあげていた。たとえ自身の健康を損なったとしても。

警察官、クリンに気づく

Brianna Soukup/Portland Press Herald via Getty Images
Brianna Soukup/Portland Press Herald via Getty Images

生きていくためにやっていたこととはいえ、まもなく警察官らはクリン・スケールズの存在に気づき、この貧しい家族の状態について詳しく知ることとなる。特に、1人の警察官はクリンのことを心配していた。

彼こそ、クリンの家の前を毎日巡回していた警察官で、クリンの暗い世界に光を差し込む存在だった。毎日決まった時間に、互いに手を振り合う。この警察官はクリンの人生に大きな影響を与えたのだ。警察官は知る由もなかったが、クリンにとっては大きな救いとなっていたのだった。

警察官、クリンに誓う

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

この警察官は、毎日クリンの家の前を通って安全を確かめていたが、いつでもクリンを守ると彼女に伝えていた。現在大人に成長したクリンは、「辛い毎日の中で、私たちを守ると言ってくれたことが心強かったのです。」と語っている。

この言葉によって、クリンはさらに辛い時期を乗り越えることもできたという。「幼少期の一番辛かったときにも、この言葉に救われました。」まもなく、この誓いが守られることとなる。そしてクリンは、まだこの世の中には良いこともあるということを知るのだった。

毎日の日課がヒントに

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

小さなクリンはすぐに新しい友達に懐いた。「子どもの頃、信頼していたのはあの警察官1人だけでした。」毎日、警察官に手を振り、手を振り返してもらう。だがある日、クリンが窓際にいないことから、この警察官はクリンに何かが起こったに違いないと直感的に知ることとなる。

日常的に行われていた挨拶、クリンの家がある地域の危険性、そして「母親代わり」のクリンが背負う責任…いつもいるはずのクリンが窓際に姿を見せないということは、何か良くないことが起こったに違いなかった。

警察官、家に近づく

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

警察官は自分の直感に従い、慎重にスケールズの家に近づいた。ドアを開けた彼が目にしたものは衝撃的な光景だった。小さなクリンが息も絶え絶えに床に倒れていたのだ。

警察官は急いでクリンを緊急治療室に運びこみ、後は祈るしかなかった。結果的にクリンの命は助かったのだが、当時、何が起こったのかさえ分からない警察官の気持ちを想像してみよう。緊急治療室の外で待つことしかできないのは、どんなに辛かったことだろう!

クリン、完全に回復

Drew Angerer/Getty Images
Drew Angerer/Getty Images

この警察官のとっさの対応によって、重度の栄養失調だと診断されたクリンの命は救われた。もしあの時、彼がクリンを発見していなかったら、助かることはなかったかもしれない。

この出来事の直後、命を救ってくれた警察官にお礼を言うこともできず、クリンは家族とテキサスに移った。ずっと感謝の気持ちを伝えたいと思い続けていたクリンは、20年後、名前も知らないこのヒーローを探し始める。

クリン、インターネットを使って探すことに

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

クリンは自分の命を救ってくれたヒーローを探すべく、まず、インターネット上に自身の経験を投稿した。その投稿で何か手がかりが見つかるのかどうか見当もつかなかったが、希望は失わなかった。その後、ジェニファー・ジョーンズという名の女性からコメントがつく。

ジョーンズはカンザスシティの巡査部長で、クリンの投稿を目にし、その警察官が誰だか知っていると思う、とコメントしたのだ。クリンはついに子どもの頃のヒーローを見つけ出すことができたのだろうか?こんなに早く、簡単に?

その警察官の名前が明らかに

officer checking phone
ADAM BERRY/AFP/Getty Images
ADAM BERRY/AFP/Getty Images

2016年、ジェフ・コルヴィンという名の警察官は、メールボックスにジェニファー・ジョーンズからメールきていることに気づいた。そのメールにはクリンと、クリンがインターネット上に記載した自身の経験について書かれ、さらに、コルヴィンが勤務していた警察署の近くの通りに住んでいた少女が成長し、かつての「守護天使」を探していると書かれていた。

コルヴィンにはすぐに誰のことか分かった。クリンが誰だかも覚えていたし、自分が救った少女が大人になったのだ、と気づいた。長きにわたって心配し、その後を気にかけていたが、その気持ちはすぐに喜びと安堵に変わった。

コルヴィン、大喜び

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

クリン・スケールズがジェフ・コルヴィンのことを忘れたことがなかったように、コルヴィンもクリンのことを忘れたことなどなかった。「彼女のことを思い出して、どうしてるんだろうかと心配していました。」と語る。もう心配する必要はない。

この真実を知って、コルヴィンはとても嬉しくなった。クリンが無事に成長していることを知って、喜びで胸がいっぱいだった。その上、自分のことを覚えていて、探そうとしてくれたことにも感動した。名前や所在が明らかになった今、2人は再会を果たすだけだ。

涙を流して再会を果たす

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

20年間もの間、互いがどうしているのかまったく分からないまま過ごし、ついにコルヴィンとクリンは再会を果たした。色々な感情がわきあがり、クリンは子どもの頃のヒーローを目にした瞬間から涙が止まらなかった。コルヴィンを見つけ出せるとは思わなかったし、また再会できるとも思っていなかった。

この再会はコルヴィンの人生も変えた。警察官として人助けをすることよりもむしろ、悪事や犯罪に対応をすることの方が多く、仕事に対する情熱を失いつつあったのだ。しかし、クリンと再会したことで、彼の中で再び情熱が沸き上がった。

コルヴィン、仕事への情熱が再び

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

ジェフ・コルヴィンが20年ぶりにクリンと再会を果たしてから、何かが自分の中で変わった。仕事に対する情熱が再び沸き上がってきたのだ。「この仕事を通して、人を助けたことを実感する機会はあまりありません。本当にこの仕事が自分にあっているのか、悩んだ時期もありました。」

コルヴィンにとって、警察官をやってきて良かったのだと心から思えた瞬間だった。さらに、クリンの将来にも影響を与えたことを知る。

クリンの仕事

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

クリンは子どもの頃のヒーローに触発され、ヒューストンでの警察官の仕事に応募したことをコルヴィンに伝えた。コルヴィンのとった行動のおかげで命を救われたクリンは、自分も周りの人の生活に良い影響を与えたいと、警察官になることに決めたのだった。

さらに驚きのニュースはこれだけではなかった。20年間、クリンはこの再会を夢にまで見ていたのだ。クリンにとって、コルヴィンは子どもの頃のヒーローというだけではなく、警察官になりたいと思わせてくれた人であり、父親像そのものでもあった。そして、クリンはそんなコルヴィンに伝えたいことがもう1つあったのだ。

コルヴィンへの贈り物

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

クリンは幼少期のヒーローの名前を知るや否や、すぐに「ジェフ・コルヴィン巡査部長 真のヒーロー」と文字を刻んだブレスレットを作った。これをヒーローかつ友人でもあったコルヴィンに、彼がクリンにとっての「守護天使」であり、感謝の気持ちを伝えたくて作ったのだという。

クリンとコルヴィンの物語は、警察官が地域社会や人々にとって、良い影響を与えられることを証明している。クリンの体験がインターネット上で拡散された後、警察官によって人生が変わったのは何もクリンだけではないことが明らかになる。

クリンの物語、急速に拡散される

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

警察にとって、地域への働きかけほど強力なものはない。カンザスシティのミズーリ警察はクリンの体験をインターネットでシェアすると、この話は急速に拡散され、多くの人が警察官にまつわる素晴らしい体験をシェアし始めたのだ。

当然のことながら、他の人もコメントで自身とコルヴィン巡査部長との体験を語っている。結局のところ、コルヴィンが何年もその地域を巡回していたことで救われた人はクリンだけではなかったようだ。コルヴィンはカンザスシティの本当のヒーローとも呼ぶべき警察官だった。

圧倒的な支持を得る

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

今日、必ずしも警察官に敬意をもって接する人ばかりではない世の中で、クリンとコルヴィンの物語は圧倒的とも言える人気を得た。「すべての警察官が素晴らしいと思いますが、中には本当に素晴らしく、敬意を表すべき人います。」というコメントまであった。

クリンが苦しい生活を送っているときに、彼女を保護するためにコルヴィンが費やした時間や気持ちを考えても、彼ほど素晴らしい警察官はいないだろう。今や、クリンはこの恩を忘れずに、周りの人に返そうと決めている。

クリンの未来は、過去にある

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

将来の計画について話すクリンだが、過去から学んだことを活かしたいと考えているようだ。「いつか、私自身誰かのヒーローになれたら、コルヴィンが私に与えてくれたようないい影響を与えることができたら、と思っています。」2人の子どもに恵まれたクリンは、子どもらに良い影響を与えることから始めたいとしている。

さらに、コルヴィンが暗闇の中に光を与えてくれたように、警察官になることを選んだクリンは、困難にある人達に希望を見いだせる手伝いをすることで、恩返しをしたいと考えている。

ハッピーエンドで一件落着

Klynn Scales/Facebook
Klynn Scales/Facebook

ジェフ・コルヴィン巡査部長とクリン・スケールズの体験は、悲しさの中にあった少女がハッピーエンドになった物語だ。世界にはまだ良いことがあり、良い行いをしようとする人もいることが分かる。これは特に辛いときに覚えておきたいことの1つだ。

2018年6月、クリンは警察学校を卒業し、晴れて警察官となった。誰が彼女の新しい仕事を応援しに駆けつけたのだろうか?もちろん、ジェフ・コルヴィンと彼の妻、ジェニファー・ジョーンズまでみんなが駆けつけてクリンの新しい門出を祝った。

警察官らの親切な行為に、心が和む

Twitter/@ArkansasOnline
Twitter/@ArkansasOnline

ゲーム(ラッパー)の息子は、黒人地域を担当し、そのやり取りをインスタグラムに投稿している素晴らしい警察官のためにゴー・ファンド・ミー(クラウドファンディング)を起ち上げた。アーカンソー州のリトルロックで働く警察官のトミー・ノーマンは、警察官としての仕事に誇りを持ち、地域社会の人々に愛情を持って接している。

ノーマンは、自分がパトロールする地域の人々とやり取りする様子をインスタグラムに投稿している。地域社会に貢献している日々の写真は、人々との繋がりが分かる心温まるもので、なんと100万人弱ものフォロワーがいる。警察官のトミー・ノーマンは人々と踊ったり、冗談を言い合ったり、ポップターツの良さを語ったりして、日々、世界を少しでも良くしようと努力している。

警察官、無事に帰宅できるよう助ける

Twitter/@loafc7
Twitter/@loafc7

イギリスに住むローレンス・コートは、市の中心地で友人らと飲んで酔っ払っていたが、友人の1人がナイトクラブへの入店を断られたため、家路についていた。そこで道が分からなくなってフラフラとしているところを、1人の警察官に呼び止められる。警察官はこの若者の携帯電話を借りて、彼の友人にメールを送った。「こんにちは。キャメロンの携帯電話を借りて、警察官の私がメールしています。彼はかなり酔っ払っていて、家に送ってあげようとしても、ウッドビル通りのどこに住んでいるのか、住所が分からないそうなんです。」

はじめ、彼の友人らはこのメールを送ったのが警察官だということを信じておらず、何かの冗談だと思っていた。しかし、この警察官が自身の写真を撮って送ったことで、やっと友人らはこれを信じ、彼の住所を教えた。友人の1人がツイッターにこの警察官とのやり取りを投稿し、警察官の親切な行為は急速に拡散された。

危機一髪のところを救助

スポケーン警察の警察官であるティム・シュワリングは、キム・ノヴァックという名の女性を煙をあげながら燃え盛る車から救助したことで、ピープル誌に掲載された。2012年式シボレー・マリブに乗っていたノヴァックだが、道路上の氷にぶつかった衝撃で、エンジンとライトが突然停止してしまったのだ。エンジンを再びかけようとしてもかからず、車から出ようとしても、電子機器系統が止まってしまっていたため、ドアをアンロックすることもできず、車から出られなくなってしまった。そして車から煙があがりはじめたのだった。

ちょうどその時、警察官のシュワリングが現場に駆けつけた。果敢にも燃えている車に近づき、助手席側の窓ガラスをハンマーで壊し始めた。そしてやっと窓を割ると、ノヴァックを車から引きずり出すことに成功、彼女の命を救ったのだ。シュワリングの同僚は語る。「シュワリングは本当に素晴らしい人です。紳士だし、家族思いの人で、本当のヒーローです。一緒に働いたことのある人ならば、今回のことを聞いても驚くことはないでしょう。」

大吹雪の中、重要な任務についた警察官たち

ケンタッキー州の警察官であるクリス・マーティンとレイニー・ホールは、大雪が降った週末に、骨髄移植患者のためにルイスビルまで薬を取りに行った。あまりの大雪に配達業者らでは配送することができず、この命がけの任務を志願した2人の警察官がいなければ、患者らは大切な薬なしで過ごさなければならなかったのだ。

イギリス・ヘルスケアは「この2人は日々ヒーローとして活躍しているけれども、この時は、患者さんたちの命を救いました。感謝してもしきれません。」薬を配達する仕事は、もちろん警察官の業務ではないが、正しいと信じて任務を達成した2人はまさしくヒーローそのものだ。

何か良いことを、1年に1度くらい

Pinterest/@candysue47
Pinterest/@candysue47

イリノイ州の警察官であるパトリック・ムーディは、シングルマザーであるダニエル・ロビンソンの車を破損するほどの自動車事故に駆けつけ、この完全なる他人のために、1年に1度くらい何か良いことをしてあげようと思ったのだった。というのも、ロビンソンは損害賠償保険しか入っておらず、事故をした相手に過失がある証拠もなく、台無しになったこの車しか持っていなかったのだ。ムーディ警察官はロビンソンを家に送ってあげながら、彼女を助けてあげようと考えた。そこで中古車販売をしている友人に連絡し、友人とムーディで費用を折半し、ロビンソンのために車を用意してあげたのだ。

驚かそうとしたムーディは、ロビンソンに、警察署で署名しなければならない書類があると嘘をついた。そしてロビンソンが到着したところには、なんと、2001年式のシボレー・ルミナが置かれていたのだ!彼女の反応を見たムーディは、「まるで500万円の新車でも当たったかのような反応だったよ。」と語っている。

青年の通勤を助ける

Twitter/@nicki_baybay
Twitter/@nicki_baybay

18歳のジョーダン・ダンカンは、北カリフォルニアにあるベニシアの街で、家から10キロほど離れたところで深夜勤務をしていた。仕事は、栄養補助食品会社で梱包作業をする仕事だったが、車が故障してから、仕事場までおよそ2時間もかけて通わなければならなかった。ダンカンは他の人に迷惑をかけたくなかったため、車に乗せてほしいと頼むこともなかった。ある晩、家に歩いて帰っているとき、パトカーに乗った警察官のケファーに呼び止められた。ダンカンが自身の状況を説明すると、ケファーはダンカンを家まで送ってくれたのだった。

ケファー警察官は、いつか警察官になりたいという夢を抱いたこの若者に何かをしてやりたいと考えた。そこで、同僚らから資金集めに賛同を得て近くの自転車店に行き、およそ5万円の「よく走る」マウンテンバイクを購入した。現在、ダンカンの大学費用を捻出するためのクラウドファンディングまである。

学校駐在警察官、学生はみんなプロムに参加する機会があるべき

レイクランド・シニア高校の3年生のダリウスはプロムを楽しみにしていたものの、服もなく、車もないためどうしようかと考えていた。

学校駐在警察官のダゴン・リーチは、在学生のダリウスを見知っており、キャンパス内でたまに話すこともあった。そしてダリウスがリーチ警官に、プロムにどうやって行こうか悩んでいるという話をしたとき、リーチは「プロムに連れて行ってあげるよ」と申し出てくれたのだ。リーチの車はニッサンのGT-Rだったこともあり、ダリウスはとても喜んだ。さらに、リーチは教員とお金を出し合って、ダリウスにタキシードを用意する。「ダリウスはこれまでに私が見てきた学生の中でも、親切で気持ちの優しい学生です。学校内では仲間から愛されていますし、ダリウスのため、喜んでプロムに連れて行ってあげたいと思います。学校最大の行事であるプロムに参加できる機会は、みんなに与えられるべきなのです。」とリーチは言う。

家まで散歩

elderly-assistance
Twitter/@glasercm
Twitter/@glasercm

81歳のロベルタはメリーランド州のチャールズ郡に娘と暮らしており、毎日広い敷地内の道を歩くのを日課にしていた。ある日、ロベルタが散歩から帰ってこないことに気づいた娘は心配になり、すぐさま911に通報した。ただちにモリソン警察官らがロベルタを捜索するために向かった。1時間後、ようやくモリソンはロベルタを発見したが、娘が心配して緊急通報したことを知らせずに、黙ってロベルタを家まで送っていった。

上の写真は、2人が手をつないで家まで歩いて帰っているところをとらえたものだ。P・デボー警官、C・ケイウッド警官、B・モリソン警官、C・ブラック巡査部長、C・クレベンジャー伍長と警察犬が総動員でロベルタを探し、家まで一緒に歩いて帰ったのだ。

誕生日のサプライズ

タイラー・リジーが7月30日の自分の誕生日に欲しいものは、たった1つ。警察官が自分の家に来てくれることだけだった。脳性まひを患うタイラーは警察官が大好きで、よく警察ごっこをして遊んでいた。タイラーが自分の誕生日パーティーに来てくれたお友達と遊んでいたときのことだった。サプライズで警察官がタイラーの誕生日パーティーに立ち寄ってくれたのだ!バブル誌は「タイラーはあまりに驚いて、歓声をあげました!」と様子を記す。

「嬉しさのあまり、聞いたこともないくらいの大声をあげていました。すごく嬉しかったんだと思います。家には歩行器があるんですが、いつもスクーターの方が簡単だから、タイラーは家の中でスクーターを歩行器代わりに使ったりするんです。警察官の方が来られたとき、タイラーは喜びのあまり歩行器のことなど忘れて、スクーターでドアまで行ってしまったんですよ。」タイラーは後に、この警察官らと友達になったようだ。

心臓発作からの生還

elderly-assistance
Twitter/@glasercm
Twitter/@glasercm

デニス・オウはマラソンの練習中に心臓発作を起こした。幸い、すぐに警察官や救急隊が駆けつけ、CPR(心拍停止後の蘇生救急措置)を行って救助にあたることで、事なきを得た。オウは後に命の恩人らを探し出し、食事会への招待状を郵送した。オウは、食事会に出席した警察官らそれぞれに感謝の意を記した記念品を送っている。所長のケン・クザーノは「彼と同じような出来事を体験した人から、(我々にとっては仕事をしただけであっても)こうして感謝してもらえると、また気持ちも新たによし、頑張ろうとやる気をもらえます。こんな風に感謝を示してもらえるなんて、本当に嬉しく思います。」

デニス・オウは心臓発作を起こしたときの生存率がわずか2~3%だと言いながら、まだ生きていられることに感謝している。それ以降もマラソンを続けているが、この体験からCPRを学んだのだという。

家族の引越しを手伝う

トロントはオシャワのダラム地域に勤務する警察官は、家族の引越しを1時間5,000円で引き受けると口頭で約束した引越し業者から、結果的になんと16万円も請求されることとなった。さらに、その引越し業者はトラックの中に家具などを載せたまま引越し先に到着すると、追加費用を請求し、それが支払われるまでは家財道具をトラックから下ろすのに指一本貸さないと言ってのけたのだ。家族は警察に通報したが、その時点では警察にできることは何もなかった(刑事事件ではなく民事事件だったため)。

そこで、警察官のキャンベルは一個人としてできることをしてあげようと、なんと自らトラックから家具を下ろし、家に運び込むのを手伝ったのだ。引越し業者ともめたことでストレスでいっぱいだった家族にとっては、このキャンベルの行為はかなりありがたいものだった。「彼が来てくれるまで、すごくイライラして難しい状況だったんですが、彼が引越しを手伝ってくれたことで、『世の中まだ捨てたもんじゃないな』と思えました」と、この家族は語っている。

ポートランド警察、ピザを配達

Pinterest/@Imgur
Pinterest/@Imgur

オレゴン州ポートランドで、ピザハットの配達ドライバーが事故にあい、病院に搬送された。そしてその事故に駆けつけた警察官は、ドライバーが持っていく予定だったピザの配達を代わりにしようと、配達先リストを手に、すべてのピザを注文した客のもとへ届けた。スティーブ・ハッキンスと彼の妻は玄関ドアを開けると、2人の警察官がピザを持って立っていることにかなり驚いたという。

「2人は配達が済むと、そのまま帰ろうとしたんです。そこで、『えっ、ちょっと待ってください!写真撮らないと!ポートランド警察がピザを宅配してくれたなんて、誰も信じてくれないよ!』って言って、写真を撮らせてもらったんです。これがその写真です。」とハッキンスは言う。

子守歌

Twitter/@mike_prizio
Twitter/@mike_prizio

警察官のニック・ストラックは、コロラド州ブライトンで起こった酷い自動車事故現場に駆けつけると、自身の娘と同じ2歳の、ガソリンまみれになって泣いている女の子を手渡された。白いSUV車はひっくり返り、女の子の父親はすでに死亡し、母親と兄弟は、駆けつけた救急医療隊員によって車から救出されたが、酷いケガを負っており、現場で治療を受けていた。

この悲惨な事故を目撃したカメラマンのジェシカ・ダグ・マトリウスは、現場から少し離れた場所でストラック警察官と女の子の写真を撮影した。ストラックは女の子を抱っこしたまま『きらきら星』を歌って、あやしていた。この子にとって人生最悪の日となったが、ストラック警察官の存在は癒しとなったに違いない。

迷子

ルイジアナ州警察のデイヴィッド・テイラーは、家族とはぐれて不安になって泣いている子どもを抱っこして歩き回っていた。この写真はその時に撮られたものだ。この男の子が疲れて眠ってしまうまで、抱っこしたり肩車をしたりしてあやしていた。

結局、1時間半ばかりこの4歳の男の子を抱っこしていたのだが、やっと心配した母親との再会を果たすことができた。テイラーは単に自分の職務をまっとうしただけだと話すが、地域の人々の安全と癒しを提供することが警察官としての職務の1つだと考えているなんて、本当に素晴らしい。

警察官、幼児をあやす

YouTube/@KSNT News
YouTube/@KSNT News

警察官のジェームズ・ハーストは、16ヶ月の幼児が外に1人でいるところを発見し、すぐにジョージア州の病院に連れて行った。ハーストはこの幼児が不安がっている様子を見て、そばについていることにした。どうしてこの子が1人でいたのだろうかと考えながら、怯えて泣きながら検査を受けている様子を見守ると、検査後にはこの子が安心できるよう、抱っこして病院のベッドに横たわった。

この父親でもある警察官は、地域社会への献身を真剣に考えている。「警察官という仕事は、単に悪い人を捕まえるだけじゃなく、担当する地域社会に住む人々のために尽くし、必要とされるサービスを提供することです。」

時間をかけて対話

Facebook/@CMPDNews
Facebook/@CMPDNews

シャーロット・メクレンブルク警察署の警察官ティム・パーディーは、校庭を飛び出し、もしかしたら自暴自棄になっているとされた18歳の自閉症の少年に対応するべく派遣された。パーディーはおよそ30分かけて少年と話し、笑わせるほどにまで打ち解けた。

シャーロット・メクレンブルク警察署の広報担当者のロブ・テュファーノは、「パーディー警察官は少年を笑わせ、母親と学校スタッフのもとに無事戻らせることに成功しました。」上の写真はインターネット上で共有され、64万件のイイね!が付き、25万回もシェアされている。警察官が時間をとって少年とやり取りをしている様子は、世間の人々に評価されている。

少年のSOSにこたえる

サウスカロライナ州サムターの警察官ガエターノ・アチェッラは、13歳の少年からの電話を受けた。キャメロン・シモンズというこの少年は、もうこれ以上、家に住みたくないとアチェッラに話した。エアマットレスに寝ていたが、空気が抜け、背中が痛くて耐えられないという話を聞いて、アチェッラは何とかしてあげたいと考え、1週間後、ベッドと机、イスにテレビをこの少年にプレゼントしたのだ。

この話を聞いて、シモンズにゲーム機をプレゼントした人もいた。少年はいたく感謝し、アチェッラにお礼の手紙を書いている。「勇敢な警察官のおじさん、ありがとうございました。とても助かりました。」

一緒にゲームを楽しむ

Pinterest/@huffpostcaliv
Pinterest/@huffpostcaliv

デンマークの警察官とシリアの少女の写真が初めてレディットに掲載されたとき、『デンマーク警察、違法に国境を越えるシリア人の少女にうんざり』というタイトルがついていた。もちろんこのタイトルは冗談だが、ほろ苦いニュアンスが含まれている。この写真からは両親を待つ少女とさまざまなゲームをして楽しませている若い警察官の優しさが見える。

メディアによってこの警察官が誰なのか特定されたものの、彼は自分の名前をメディアに出すのは断ったようだ。警視総監のクヌート・ラインホルトはこう語る。「我々は、かなりの距離を移動し、さまざまな困難を経験してきた子ども達と接しなければなりません。そのため、写真のように、我々がその子たちの人生を少しでも良くしてあげられるのであれば、費用がかかるわけでもないですし、できることをやってあげる価値はあると考えています。」

クリスマスプレゼントを宅配

ノースカロライナ州では、ヒッコリー・グローブ地区のシャーロット・メクレンブルク警察署の警察官らがクリスマスにプレゼントを配達する。このプロジェクトは『シャーロット・メクレンブルク警察署のクリスマス・プロジェクト』と呼ばれ、クリスマスに金銭的にひっ迫してプレゼントをあげられない家庭におもちゃを届けるものだ。この親切なプログラムのおかげで、およそ2,000件の家庭におもちゃが配られている。

巡査部長のクリス・コップは、ノースカロライナ州の新聞社シャーロット・オブザーバーにこう語っている。「子ども達にとって、初めて警察官と関わるのが問題行動を起こしたときということになってほしくないのです。警察官に対して拒否的な反応をするのではなく、安全だということを分かった上で、安心して関わり合いを持ってほしいと思います。このようなイベントを通じて、子ども達の家に行くことができますし、警察官も自分たちと同じ、普通の人だと分かってもらえるのです。我々はただ親切な行為を示したいと思っています。」

引越し中の家族のためにホテル代を負担

Pinterest/@goodnewsnetwork
Pinterest/@goodnewsnetwork

ロバート・ウッドと彼の家族は、アラスカ州からオレゴン州へと引っ越す道中にいた。2人の子どもらを乗せて長距離を移動することに疲れたウッドは高速道路を下り、市立公園内に駐車して少し眠ることにした。金銭的に余裕がない家族にとって、ホテルに滞在する費用を出すことはできないため、車中泊をすることにしたのだ。

ちょうどその時、警部補のデイヴィッド・ナットがウッドらの乗った車を見つけて、移動しなければならないと伝えるために近づいた。しかし、ウッドと話すうちに、2人の少年が両親の膝の上で眠っていることに気づき、市立公園への立入禁止違反の反則切符を切る代わりに、こじんまりした居心地の良いモーテルを用意し、宿泊費を払ってあげたのだった。