謎の病に襲われた女性。原因究明に10年を要した理由とは

キャシー・ウィルソンは、インディアナ州で家族を養う、チャーミングな妻であり母だった。ある時、彼女はインフルエンザや風邪だと思われる症状に見舞われた。これは、多くの人が経験するように誰にでもあることかと思っていたが、彼女の病気は時間が経っても良くならず、どんな治療も効果がなかった。病気の原因がわかるまで、ほとんど寝たきりの状態が続いた。しかし、ある業者のおかげで、彼女は真実を知り、自分の話をすることができるまで回復したのだ。

彼女は普通の母親だった

Regular Mom
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

41歳のキャシー・ウィルソンは、インディアナ州インディアナポリス郊外のシェルビービルという町に住んでいた。彼女は、自動車会社で働いており、母として、妻として、静かな生活を送っていた。

彼女は、小さなことでは動じない、前向きな女性だった。しかし、彼女は自分の人生が間もなく想像もしなかったような形で影響を受けることになるとは知らなかった。

彼女は健康のために最善を尽くしていた

Healthy Lifestyle
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

キャシーは、健康であることに執着していたわけではありませんが、自分自身の体調管理には最善を尽くしていた。自分や家族にも健康的な食事や運動をするようにしていたので、病気になることはほとんどなかったのだ。

だからこそ、10年以上前の病気が不可解だったのだろう。病気になってもすぐに回復していたにも関わらず、長い間、病気を患っていることは非常に煩わしかったのだ。

ただの風邪だと思っていた

A Common Cold
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

風邪をひいたときと同じように、キャシーはある日、目が覚めると体調が悪くなっていた。だるく、力が入らず、体全体が何かおかしいと感じていたのだ。キャシーにとっては珍しいことだったが、その時の彼女はあまり気にしなかった。

ただ、風邪か、最悪の場合はインフルエンザにかかったのだろうと思っていた。さらに、彼女は誰が自分を病気にした特定の犯人を疑った。

仕事のストレスが原因?

Work
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

キャシーは車関係の仕事を楽しんでいたが、病気になる直前は、特に仕事が忙しかったようだ。彼女は、仕事のストレスがたたって風邪をひいたのだと思った。

しかし、彼女の病気はすぐに家庭と仕事の両方に影響を及ぼすようになった。彼女を知る人たちは、キャシーの病気はただの風邪ではないのではないと思い始めた。また、病気のストレスで体調が悪化することもあったのだ。

病状は悪化するばかり

Worse And Worse
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

キャシーの体調が悪化していくにつれ、家族は彼女のことを心配するようになった。こんなに長く体調を崩すことはないし、ただの風邪ではなく、もっと重い病気にかかっていることは明らかだった。しかし、彼女は「いつの日か元気になるだろう」と思っていた。

しかし、その期待は裏切られた。毎日、目が覚めると前日よりも体調が悪くなり、それが深刻な影響を与え始めた。仕事にも家事もできなくなってしまった彼女は、とてもショックを受けたのだった。

症状はそんなにおかしくなかったのに・・

No Stranger
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

特に奇妙だったのは、キャシーの症状は、今までに彼女が経験のある、インフルエンザによく似た症状だった。しかし、病状は一向に収まる気配がない。通常、キャシーは病気になっても数日で回復する。しかし、今回は違うのだ。

全身が痛み、咳で声が出なくなり、もっと深刻な病気かもしれないと思うようになっていた。誰も助けてくれないことに苛立った彼女は、自分の手で解決しようとした。

行動を起こす

Taking Action
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

謎の病気には勝てないと、キャシーは気力を振り絞ってドラッグストアに行き、症状を和らげるために市販の薬を手に入れた。また、免疫力を高めるためのビタミン剤なども一緒に購入したのだ。

本来であれば、市販の薬で風邪は治るのだが、そうはいかなかったので、ついに彼女は医者に診てもらうことにした。

何もうまくいかなかった

Nothing Worked
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

自分で治そうとすればするほど、症状は悪化していった。次のステップとして、彼女は医療関係者に相談した。それが彼女の最後の望みであり、必死に答えを求めていた。そして、少し怖くもなった。

しかし、医者なら何が悪いのか教えてくれるだろうと思っていたのだが、結果的には期待外れに終わった。医者も彼女の悪いところを見つけられなかったのだ。

彼女のテスト結果は意外なものだった

Following Doctor's Orders
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

医師は、体のどこかに原因があるのではないかと思い、いくつかの検査をすることにした。その結果は衝撃的なものだった。診察と検査の結果、彼女の体は、全くの健康体だったのだ。キャシーは、かなり体調がよくなかったので、この事実が信じられなかった。どうして体は健康なのだろう。

医者は、全ての病気を除外することはできていないが、身体的には何の問題もないと言った。そして、医者は今までと同じように仕事を休むように言った。

医師の指示に従った

Test Results
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

キャシーは、医師のアドバイスに従い、仕事を休んで体を休め、自然治癒力を高めるようにした。この時点で、彼女は何週間も体調を崩していたので、どうにかして回復したいと思っていた。

しかし、不思議なことに、家にいればいるほど、症状は悪化していった。家にいることが、彼女の健康に悪い影響を与えているようだった。そろそろまた医者に行かなければならないと思い始めたのだった。

更に検査を重ねる

More Tests
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

医師は、もう少し検査をしたほうがいいと考えた。彼女のどこが悪いのかを徹底的に解明する時が来たのだ。血液検査、心臓検査、心電図、MRI、CTスキャンなどを行い、彼女の病気の真相を突き止めようとした。

長い間、辛抱強く待っていた答えがようやく得られるかと思われた。しかし、残念ながらそう簡単にはうまくいかないのだった。

まだ答えは出ない

Still No Answer
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

しかし、医師から何も見つけられないと伝えられたとき、キャシーは当然ながら落胆した。何度検査をしても答えは出ない。何週間も自宅で安静にしていたが、不満は募るばかりだった。

そして、このままでは医者が答えを出してくれないのではないかという不安が募っていった。彼女を担当する医師たちも、同じようにキャシーの状態に困惑していた。

迅速な助けを必要としていた

Needed Help, Fast
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

当然のことながら、キャシーは日に日に精神的に追い詰められていった。”家にいればいるほど、眠れば眠るほど、体調が悪くなっていった”と振り返る。

家で休めば休むほど、病状は悪化していく。ついにはその症状は、一人では家の中を移動できないほどにまでなってしまった。

負担が大きかった

Taking A Toll
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

検査をしても、医師と話し合っても、キャシーの診断結果は出ないままだった。彼女の症状は日に日に悪化していくばかり。誰も答えを見つけてくれないことに心を痛め、体調だけでなく、次第に精神的にも苦しくなっていった。

あまりにも長い間苦しんでいたため、彼女は完全に希望を失い、一生治らないかもしれないという事実を受け入れ始めていた。

10年以上も苦しむことに

new-Inside-Edition
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

週が月に変わり、月が年に変わっても、キャシーは謎の病気に悩まされていた。彼女は最終的に、苦しみながらもできる限りのことをして生きていこうと決心した。

キャシーは約10年間、謎の病気と付き合ってきた。そして、その時には夫と娘が慢性気管支炎と肺炎にかかってしまった。そんな中、家をリフォームするという家族の決断が、彼らの人生を大きく変えることになるとはまだこの時は知らなかった。

バスルームをリフォームした

Remodel
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

家の状態を良く保つために、家族はバスルームをリフォームする時期だと考えた。浴室のリフォームは、まさにこの家に必要なものだと考えたのだ。

そこで、地元の工務店に仕事を依頼した。業者のDoug TruckerとEvans、Luze Duranの兄弟は、これから起こることの予想なんてできていなかった。

医師が見つけられなかったものを見つけた

The Found What The Doctors Couldn't
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

なんと、この家には大きな問題があり、それがキャシーと彼女の家族の病気に関係している可能性があることがわかったのだ。

キャシーが10年以上も病気を患っていたことを知り、業者は「家が原因で病気になった」という結論に達した。誰も家が原因ではないかなんてと考えもしなかったのだ。

謎が解けた

Mystery Solved
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

バスルームをリフォームするためには、給湯器を取り外す必要があったが、そこで作業員が驚くべきものを目にしたのだ。そこには、給湯器と炉をつなぐパイプが正しく取り付けられずに、家全体に水漏れが発生している様子だった。

致命的な一酸化炭素が、10年以上にわたってウィルソン家に漏れていたのだ。建設作業員は、彼女とその家族が病気になった原因を簡単にも突き止めたのだった。

建設作業員の救助活動

To The Rescue
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

問題を発見した請負業者は、すぐにキャシーとその家族に知らせた。一酸化炭素の危険性を理解していた彼女は、水漏れが病気の原因に違いないと確信した。だからこそ、家の中にいればいるほど病状が悪化したのだと考えたのだ。

請負業者のルゼ・デュランは、「これまでに見たことのないようなひどい水漏れ」と表現していた。作業員たちはすぐに雨漏りを直してくれ、彼女はようやく自分の病気が良くなることに胸を踊らせていた。これで、自分の人生を取り戻せると強く思ったのだ。

復興への道のり

Road To Recovery
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

工事関係者が雨漏りを直してくれたおかげで、彼女は元の生活に戻ることができる。時間はかかるだろうが、いずれ普通の生活に戻れるだろうと周囲も安堵していたのだ。

疲れていた彼女は、全てが明確になり、この長かった辛い生活に終止符を打てたことに喜びを感じていた。まだ声はかすれていたが、この10年間で一番幸せな瞬間を彼らに表した。彼女の人生は、ようやく変わったのだ!

彼女の幸せが戻ってくる

Eternally Grateful
watchJojo
watchJojo

奇跡的に病気から回復したのは、これまで助けてくれた人たちのおかげだ。結果的に直接的な原因が見つけられなかった医師や医療スタッフにも感謝しているという。彼らには何の恨みもないとのことだ。

もちろん、彼女が最も感謝しているのは、文字通り彼女の命を救ってくれた工事関係者たちだ。もし彼らが水漏れを発見していなかったら、今彼女がどうなっていたかわからない。”彼らは私の天使でした。私を生き返らせてくれました”と彼女は強く語った。

他者を守るために

Protecting Others
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

危機一髪の体験をしたキャシーは、同じようなことが他の人に起こらないようにしたいと考えた。彼女は、一酸化炭素が漏れているときにどうすればいいのかを人々に伝えたいと考えたのだ。

彼女は、家のメンテナンスや、自分や家族に害を及ぼす可能性のある機器を再確認することの重要性を人々に伝えている。彼女は、警告サインを学ぶことも非常に重要だと考えているのだ。

準備を怠らない

Staying Prepared
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

現在、アメリカをはじめとする多くの国で、住宅には一酸化炭素警報器の設置が義務付けられている。ウィルソン夫妻は警報器を設置していたが、適切な場所に設置していなかったため、警報器が作動することはなかったのだ。

彼らはその教訓を得て、代償を払うことになってしまったのだ。一酸化炭素は空気より重いため、天井に設置されたユニットでは作動しないことがある。検知器は地面に近い位置に設置する必要があり、通常はコンセントの中に設置するのだ。

サイレントキラー

The Silent Killer
watchJojo/YouTube
watchJojo/YouTube

残念ながら、一酸化炭素を検知するには、一酸化炭素検知器を使用するしかない。一酸化炭素は、匂いも味も色もないので、特に危険だ。だからこそ、効果的な検知器を手に入れ、適切な場所に設置することが重要なのだ。

炉や暖炉、発電機などから漏れる可能性が高い冬場は、なおさら注意する必要があるだろう。

アラハナとリッキーは親になるのが夢でした

alhanna-ricky-and-keola-as-a-pup.jpg-69361
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナとフィアンセであるリッキーは、初めて会った時から意気投合し、これからずっと一緒に時間を過ごすパートナーだと感じ、家族になりました。そして、ふたりは、迷うことなく子供を作ることにしました。

妊娠を望む中、アラハナは、時々、このまま妊娠しないのではないかと疑った日もありました。しかし、その幸運の日は訪れたのです。ー妊娠したのです。

キオラも同じようにアラハナの妊娠を喜びました

alhanna-ricky-and-keola-61985-13946
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

秋田犬のキオラが、アラハナが妊娠していることに気が付くのに、そんなに時間はかかりませんでした。キオラは、かわいい子犬でいつも一緒にごろ寝していました。この時間がアラハナにとって、妊娠してからは、より安らぎを感じるいい時間となっていました。

キオラは、日に日に大きくなってくるアラハナのおなかのすぐ側にいました。外に出かけるよりも、大抵の夜は、キオラがアラハナのおなかの上に頭をのせて、ソファーの上でくつろぐのがいつもの過ごし方となっていました。

キオラの変な行動

alhanna-and-keola.jpg-53174
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナが妊娠4か月になったころ、キオラの変な行動が目立ち始めました。いつもは、穏やかで、ぴったりとくっついてきたのが、180度変わってきました。

やさしいタッチでアラハナを触っていたのが、何時間もアラハナのおなかに対してクンクン泣いたり、軽くツンツンしてくるのです。ある日、キオラは、アラハナのおなかに鼻をうずめて、何かを出すかのようにしてきたのです。初め、アラハナとリッキーは、その行動が信じられませんでした。

アラハナの妊娠は、すべて順調

alhanna-pregnant-57954-61416
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナは、妊娠していることを心から楽しんでいました。妊娠初期の他のお母さんたちから聞いたあまり好ましくない症状は、うまく回避することができていたので、幸運に恵まれていました。アラハナもリッキーも、その子供が産まれてくるのをとても心待ちにしていました。二人とも、はやく親になりたくて、家族が増える、その光景を考えては、楽しくなりました。アラハナの妊娠はとても順調でした。

キオラのアラハナへの、ツンツンしたり、何かを呼び起こしているような奇妙な行動はまだ続いていましたが、ふたりは、それも一時のことだと思っていました。

アラハナ、鋭い痛みを感じ始める

alhanna-and-keola-couch-34526-67524
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナは、妊娠16週目まで、順調でしたが、その後とても信じられないようなことが起こりました。アラハナは、急に後ろの腰の下あたりに鋭い痛みを感じ始めたのでした。痛みはとてもひどかったため、彼女は、歩くことも話すこともできなくなりました。

痛みのせいで、アラハナは、とても悪いことが起こるのではないかと思い始めました。赤ちゃんは大丈夫なの?ふたりの親になるという夢が壊されないだろうか?リッキーは、アラハナをすぐに病院に連れていき、神に祈りました。

アラハナ、病院へ担ぎ込まれる

alhanna-goes-to-the-hosptial.jpg-78246 (1)
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

ものすごい痛みがアラハナを襲い、リッキーは、すぐに彼女を診てくれる病院へ連れて行きました。ふたりは、悪い知らせを覚悟していましたが、以外にも、医者から、アラハナと赤ちゃんは無事であると告げられました。

医療スタッフによると、妊娠のためにアラハナの体はすごく負担がかけられていたそうです。そのため、アラハナは赤ちゃんが産まれるまで、しっかりと休養を取るように言われました。二人は安心して、家へ帰りました。

家に帰って、まずは安心。(でも疲れた)

ricky-exhausted.jpg-31971
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナとリッキーは、病院を出て家に帰りました。ふたりは、赤ちゃんが無事と知り、胸をなでおろしました。ふたりは、とにかく早く家に帰って、リラックスして、子犬のキオラとごろ寝したかったのです。

アラハナは、まだ、鋭い痛みを腰の後ろ辺りに感じていましたが、医者の言葉を信じるしかありませんでした。アラハナは、家について、ベッドでゆっくりし、長引く痛みを感じながらも寝ようとしました。

ファイスブックをはけ口に

keolaconcerned.jpg-93780
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

次の日、アラハナは、フェイスブックを更新し、友達や家族に近況を伝えました。アラハナは、自分のキツイ症状の詳細を伝え、医者に、彼女自身と赤ちゃんが無事であると言われたことを投稿しました。

それから、キオラが、ここ2週間ほど変であることも付け加えました。友達や家族は、すぐに、ふたりに手助けを申し出ましたが、キオラの行動についてのコメントもたくさんきました。皆、すぐに、キオラの本能を信じ、医者に行くようにと、促すコメントがたくさん来たのです

キオラは、アラハナに何かを伝えようとしたのか?

alhanna-and-keola-cuddling-81835-85409
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

この時、アラハナは、どうしていいかわかりませんでした。この2、3日は、母親になろうと疲弊していて、どこか悪いはずだと主張して医者の機嫌を損なうのにも乗り気ではありませんでした。

しかし、痛みが消えることはなく、アラハナは、キオラのことを信じよう思いました。現時点では、キオラの行動は、とても奇妙でしたが、キオラは、一体何を彼女に伝えようとしているのでしょうか?

アラハナの母も助けに

alhanna-and-her-mom-33557-31189
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

今、アラハナは、友達や家族みんなから、医者に行くべきであると言われ続けていました。アラハナは、状態が良くないにしろ、どうしていいかわかりませんでした。でも、彼女にセカンドオピーニオンを受けなさいと、必死で説得する母親に後押しされました。

アラハナの母親は、キオラの行動が単なる偶然だとはどうしても思えませんでした。次の日、アラハナは、痛みをこらえて、仕事に行くことにしました。しかし、とても恐ろしいことが待ち受けていたのでした。

キオラがドアを閉じで、アラハナを仕事に行かせなかった

keola-blocked-the-do-85729-61271
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

次の朝、アラハナは朝起きて、まだ痛みを感じていました。しかし、彼女は、頑張って仕事に行こうとしました。準備ができ、アラハナがドアへ向かうと、キオラが、彼女を行かせなかったのです。

キオラは、跳ね上がり、ドアを塞いで、駄々をこねました。アラハナは、キオラの行動が全く理解できませんでした。その時、アラハナは倒れたのです。リッキーは、物音を聞きつけ、急いで、アラハナを緊急救命室へ連れて行きました。

アラハナと家族は、答えを探す

looking-for-answers.jpg-61253
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

今、アラハナは緊急救命室にいます。アラハナは、落ち着き、自分の今の症状を説明しました。でも、キオラにも自分が今ここにいる原因があることは言いませんでした。医師は、アラハナに、色々検査を行い、痛みや倒れた原因が、何か深刻な病気によるものなのか、それともただの妊娠による疲労なのか調べていました。

アラハナ、リッキーそしてアラハナの母は、その結果を待っていました。

アラハナは、二つの腎臓が同時に感染症を起こしていたのです

sonogram-30420-37595
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

様々な検査の結果が終わった後で、アラハナの医師から、悪い報告がありました。アラハナは、ただの腎臓感染症ではなく、両方の腎臓が感染症を起こしていたのです。それ以上に、彼女のバイタルはとても悪く、もう少し遅ければ、アラハナと赤ちゃんは、ともに死んでいたかもしれなかったのです。

一方で、アラハナは、痛みが自分の想像ではなかったことに安心したと同時に、自分の生命の危機と自分のまだ生まれていない赤ちゃんの命に恐怖を感じたのでした。

治療中

undergoing-treatment.jpg-77144
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナの医師は、時間が急務だと知っていました。彼女が、流産する危険性もあり、最悪の事態であれば、母子ともに命を失うこともあったのです。医師は、これ以上彼女の腎臓にダメージを与えないために抗生物質の治療や最善のケアを行いました。

アラハナは、自分でも回復したことが分かりましたが、自分が赤ちゃんの命を危険にさらしたことに打ちひしがれていました。

治療にも効果が表れる

nesting-46742-87083
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

怖くて、ストレスな2-3週間も終わり、アラハナも抗生物質の治療もおわり、十分休養も取れました。アラハナと赤ちゃんは、医師によって、注意い深く看病されました。幸運にも、ケアと治療もうまく効果を示し、アラハナの腎臓感染症も感知し、母子ともに健康になりました。

これで、アラハナとリッキーのすることは、新しくこの世に生を受ける赤ちゃんの誕生を待つのみとなりました。

アラハナとリッキーは、健康な赤ちゃんとご対面

welcome-baby-boy.jpg-50354
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

遂に、ものすごく長い時間だったようにも思えた瞬間が2015年の11月に来ました。アラハナとリッキーは、その大事な赤ちゃんをリンカーンと名付けました。二人はすぐにその赤ちゃんのとりこになりました。

これまでのことを考えると、遂に自分たちが親になったことが信じられませんでした。アラハナが、とても深刻な健康状態にあったにも関わらず、リンカーンはとても健康だったのです。ふたりは、これ以上何も望みませんでした。このすべてのことに対して、キオラに感謝しました。

リンカーン、家に帰る

lincoln-comes-home-20732-18663
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

リンカーンが産まれた後、アラハナとリッキーは、病院で2-3日泊まりました。ふたりは、この小さい男の子を家に連れて帰るのがとても嬉しくて、何よりも、キオラに紹介するのがとでも楽しみでした。

妊娠のことを思い出して、アラハナは、キオラが、何週間も悪いニュースを教えようとしていた事ばかり考えていました。アラハナは、キオラにものすごい愛情を感じ、これからキオラに恩返しできるかわからないでいました。

キオラ、リンカーンに夢中

keola-and-lincoln.jpg-17911
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナとリッキーは、新しい家族を大事にして、帰ってきました。キオラは、すぐに、父と母が、新しい赤ちゃんの弟を連れて帰って来たことを察し、興奮しました。アラハナとリッキーと同じように、キオラもすぐにリンカーンに夢中になりました。

すぐに、キオラは、リンカーに興味を示し、自分の小さな弟の側から離れなくなりました。まるで、キオラは、リンカーンのことをずっと前から知っていたかのようでした。

キオラは、いつもリンカーンと一緒

bff-99176-16665
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

今は、アラハナとリッキーは、キオラが何か悪い知らせを知らせようとしていたことが分かりました。それも当然で、キオラと彼らの息子は強い絆で結ばれていたことをわかっていました。リンカーンを家に連れてきてから、キオラはいつもリンカーンの側にいました。

リンカーンがお昼寝している時も、イスでご飯を食べている時も、自分の部屋でおもちゃで遊んでいる時も、いつもキオラはそこにいました。リンカーンは、家に備え付きの親友がいたのです。

細心の注意を

keola-and-lincoln-together.jpg-33012
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

キオラは、小さな赤ちゃんと比べると、とても大きな犬でした。そのため自然と、アラハナ、リッキーそして家族も友達も皆、間違ってリンカーンを傷つけることがないか心配でした。しかし、二人の関係を見ると、明らかにキオラは、大きさの違いを理解していたようです。キオラは、いつもふたりでゴロ寝したり、遊んだりするときに、細心の注意を払っているようでした。

キオラは、まさに、”第6感”という動物が持っているとされるものを持っているようでした。

一緒に成長

best-friends-62371-34690
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナとリッキーが気付く前に、リンカーンは、一歳になろうとしていました。リンカーンは、目に見はるように大きくなっていました。しかもはやく。この彼の一年の間、キオラはいつもリンカーンの傍にいました。

二人はいつも何時間も一緒に遊び、ママとパパと散歩に行き、一緒にごろ寝しました。二人は稀に見るとてもユニークで特別な絆で繋がっていたことは明らかでした。

もう歩けるよ!

ready-for-a-walk.jpg-76602
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

家族の一番の一緒に過ごす楽しみは、近所や公園を長い間散歩することです。アラハナとリッキーが、リンカーンの乳母車を押している横を、キオラがいつも小さな弟である、親友の横にいました。

アラハナによると、一番かわいいのが、キオラは、一日のうちで、いつ散歩に行くか知っていたのです。アラハナが、リンカーンの着替えをすると、キオラは、その時間が来たと察し、おおはしゃぎします。

最近は、お昼寝姿がたまらなくかわいい

nap-time.jpg-44804
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

もちろん、長い散歩のあとは疲れるので、お昼寝は必要なことです。私をのけ者にはしないでよと言わんばかりに、キオラはいつもリンカーンの横で寝ます。これ以上可愛いものはないですよね。

キオラとリンカーンの間には特別な絆があるのは明らかです。アラハナとリッキーは、ふたりの絆が特別なのを知っていましたが、他の人にもふたりの絆が特別だとわかるとは思ってもいませんでした。

キオラに名誉を称えて

keola-award.jpg-29401
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナは、心からキオラが彼女自身とリンカーンの命の恩人だと感じています。キオラは彼女にとって、ヒーローであり、それは皆にとっても同じでした。キオラの話はすぐにひろまり、キオラは、RSPCAによってアニマルヒーロー賞に選ばれました。

ノミネートの一環として、キオラは、アラハナとリッキーと一緒に、受傷した場所でセレモニーに出席しました。もちろん、真のアニマルヒーローには、たくさんのご褒美がありました。

その笑顔がすべて

smiling-lincoln.jpg-80819
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

リンカーンは、まだ赤ちゃんではあるかもしれませんが、明らかにキオラとの特別な絆を理解していて、その絆は、時と共に強くなる一方です。

もし、何かの悪い知らせを知らせようとしていたキオラがそこにいなかったら、アラハナとリンカーンに何が起こっていたかを想像することは難しいです。でも、キオラのおかげで、ママも赤ちゃんも、二人とも元気です。見て、この笑顔。それがすべてを物語っています。

リンカーンは、元気で健康そのもの

best-friends-forever.jpg-72318
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

今、リンカーンは、ヨチヨチ歩きをしています。アラハナとリッキーは、よく妊娠していたころを思い出し、ダブルの腎臓感染症で母子ともの命を奪っていたかもしれないことを思い出します。

ふたりとも、キオラにとても感謝していて、今日の元気で健康なリンカーンを見るたびに感じます。アラハナとリッキーは、リンカーンの成長を見るだけでなく、キオラと一緒にいつもいるリンカーンの成長も見ています。