親のいない赤ちゃんゾウが築く、心温まる特別な友情

人に限らず動物においても、ときにその命を救うのは、予想だにしない友情だったりする。南アフリカで親に捨てられた赤ちゃんゾウの場合も、奇跡を起こしたのは友達との絆だった。チーターと犬、ネコとウサギ、ライオンとクマなど、読者の皆さんはこれまでにもさまざまな動物間の絆について見聞きしてきたことだろう。だが、ゾウとこの動物との絆はどうだろう。これは、スーラ・スーラ動物保護区で実際に起こった物語だ。病気でうつ状態の赤ちゃんゾウの健康を取り戻すためには、面倒見のいい特別な友達が必要だった。

群れから見捨てられた赤ちゃんゾウ

ellie 1
YouTube
YouTube

南アフリカで(諸説あるものの)どうしてこの赤ちゃんゾウが群れから見捨てられたのか、誰にも分からなかった。がしかし、赤ちゃんゾウを見つけたのが救助チームでなかったら、このゾウは決して生きながらえることはできなかっただろう。栄養失調で病気の赤ちゃんゾウを見つけたチームは、この命を救うための戦いは厳しいものになると理解していた。

幸いにも、チーム態勢は万全だった。チームは赤ちゃんゾウの健康を取り戻し、群れに戻そうと計画していた。この時点で、赤ちゃんゾウにとっての最良の治療がこの計画を複雑にするなど、誰も考えていなかった。