コヨーテの群れに仲間入りした野良犬に驚きの結末が待っていた

多くの人は、アメリカ国内においてコヨーテの数が増えていることあまり気づいていません。コヨーテは、かなり狂暴なので、当然、ワクワクするようなニュースではないのは確かです。これは、ある日、動物愛護協会に勤務する、サラ・ネイスさんとニコル・アッシャーさんが、ニューヨーク州のキングストンで野生のコヨーテに囲まれた捨て犬を目撃した話です。しかし、この状況には、驚きの真実が隠されていたのです。それでは、コヨーテの群れに囲まれていたこの野良犬に起こった驚きの出来事をご紹介していきましょう。

問題を目にしたサラ・ネイス

Buddha Dog Rescue & Recovery/Facebook
Buddha Dog Rescue & Recovery/Facebook

ロスト・ペット・オブ・ハドソン・バレーに勤務しているネイスさんは、自分の居住地域のコヨーテの数が増加していることに気づいていました。ある時、ネイスさんはニューヨークのキングストン周辺に野良犬が走り回っていることに気が付きます。

コヨーテの群れがうろついているという潜在的な脅威を考えれば誰もがそうなるように、ネイスさんはイヌの安全を心配しました。ネイスさんは、犬をつかまえて安全を確保できる動物シェルターに連れていくべきだろうと考えます。