ロシアの船員達は、氷上に動物を発見!その感動の救出劇とは

ペットは、人間と同じようにときに不安定な状況に陥ることがあります。この可哀そうな犬は、ロシアの凍えるような寒さの海で、たった一匹浮かんでいた氷の上で動けずにいました。幸いにも、船乗りたちに見つけてもらったのですが、その犬を助けるのはなかなか簡単なことではありませんでした。船員たちは、どうやってこの可哀そうな犬を助けるか、必死に考えました。果たしてこの今にも凍えそうな犬の命は助かるのでしょうか?

どうやってそうなったのか、誰もわからない

dog stranded on ice in russia
YouTube
YouTube

犬は一瞬でも目を離すと、どこかへ行ってしまいます。それでも、普通、海の上に浮いている氷の上にいるとは、普通思いませんよね。そこが、この話のとても奇妙な点なのです。だれもどうやってこの可哀そうな犬が、海の上で動けなくなっていたのかわかりません。

でも、いくつか考えられることはあります。おそらく、犬がその氷の上に立っていた時、その部分が壊れてしまい、陸から離れてしまったのでしょう。心配するオーナーをよそに、その氷の上の犬は、流されてしまったのではないでしょうか。

助けの見込みなし

dog russian ice no rescue
YouTube
YouTube

この犬がいた状況はとても助かる見込みが低かったのです。寒い冬の海で、氷の上にただ彷徨うことが、どれほど怖かったか想像できません、また、犬の頭の中では、一体どんな考えが巡っていたのでしょうか。それでも、たぶん、助かる見込みが低いことは察していたことでしょう。大抵ペットがいなくなったら、木の下に隠れて居たり、助けられやすい場所にひそんだりします。助けて、慰めてやり、二度と迷子にならないように気を付けるでしょう。

永遠に感じられる漂流

dog russian ice floating endlessly
YouTube
YouTube

氷の上に動けずにいて、犬は、とめどなく浮かび続ける。そしてゆっくりと陸地が見えなくなっていく。だれか助けに来てくれるの?今日がこの犬の太陽を見れる最後の日なの?長く浮遊していればいるほど、希望はどんどん薄くなっていく。陸が見えなくなってはじめて、その犬は、周りを見始めた。とんでもなく寒い水の中に飛び込むこともできたが、鼻を水につけて、すぐにそれが良いアイデアではないことを悟りました。その犬は、信念を失わず、ただ待つことだけしかできないのです。

救い求む

dog russian ice looking for help
YouTube
YouTube

犬は、周りを見ました。生きているサインを探しました。犬は、何時間も氷の上で、我慢強く待ったのです。手がだんだん凍ってきました。毛の周りに霜が降りてきました。後数時間で火も落ち、そうなれば、さらに状況はひどくなります。暗くなれば、気温もどんどん下がってくるでしょう。そうなれば、その犬の生き残るチャンスもどんどん減っていき、助かる見込みもなくなります。もし何かが起こるなら、それはすぐに起きなければならないでしょう。

遠くで何かが

russian boat spotted in the distance
YouTube
YouTube

この日は、ロシアの船員たちにとって、水の上の普通の一日でした。何が起こるか予想もしていませんでした。遠くでかすかに、男の一人が何かを聞きました。でも、何?海の中に、何かを見つけました。遠くで何か、何かわからないが、何かが生きていました。彼らが聞いた物音は、遠くの浮いている何かから聞こえていました。次に、彼らは助けるかどうか決めなければなりません。

だんだん近づく

russian sailor moving boat closer
YouTube
YouTube

船員たちは、その生き物の所へ近づくことに決めました。もしかしたら、それは傷ついたアザラシか、それか助けの必要な無防備な動物かもしれない。近づくにつれて、船員たちはそれが何かを見て驚きました。なんと、犬が助けてほしそうに、大きなボートを見つめていました。犬は、ほとんど気力もなくなり、意識を失う寸前でした。すぐにでも助ける必要があったのです。この時点で、太陽の明かりは問題ではありませんでした。一番の問題は、どうやってこの犬を安全に水の上から助けるということです。

大きな一吠え

dog russian ice sailors spotted
YouTube
YouTube

ずっと氷の上に座っていた犬は、遠くでロシアの漁船を見たときに、安心したに違いません。最後に力を振り絞って、大きな声で一度吠えたのです。雲をつかむような行為でありましたが、効果があったのです。レスキューは、すぐそこにあったのです。犬は、船が近づく様を見ていました。ボートが十分近づいたときに、次の問題が発生しました。そのボートは、とても大きな漁船であり、その犬は、デッキに飛び乗ることができませんでした。高すぎたのです。

苦境

russian sailors hatch plan to save ice dog
YouTube
YouTube

この話のこの時点で、大きな問題がありました。その犬は、ボートのデッキが高すぎて、安全に飛び乗ることができませんでした。更に悪いことに、船員の一人が、飛び込めば、それこそ命に関わることになります。海の温度がマイナス摂氏11度というだけでなく、飛び込めば、ボードに戻ってくるのは無理な話です。船員たちには、プランが必要であり、しかも早くそのプランを考えなければならなかったのです。

遠すぎる

distance between russian sailors and dog on ice
YouTube
YouTube

船員たちは、犬を救うため、浮いている氷に船を十分近づける方法を見つける必要がありました。漁船からわずか数メートルしか離れていないにも関わらず、状況は悪くなっていくようでした。氷が、ボートの端に流れてくる度に、また離れて行くようでした。船員たちは、ボートを氷の横に着けて、犬を持ち上げるまで、なんとか氷を船の横にとどめておく方法を見つけなければなりませんでした。

やるしかない

russian sailor swims out to dog on ice
YouTube
YouTube

それは危険を伴う行為でしたが、漁船の一人は、どうしても犬を助けたかったのです。彼は、自分の命の危険も顧みず、凍りつく水の中に飛び込み、犬の親友である犬を助けたのでした。このような氷点下以下の温度では、船員が泳ぐことは不可能でした。しかし、アドレナリンのおかげで、彼は、頑張ることができました。彼は、ミッションを達成しました。この犬を助けることを簡単にはあきらめたくなったのでした。

距離を縮める

russian sailor meets dog on ice
YouTube
YouTube

奇跡的にも、船員は、犬の所へ泳ぐことができました。彼は、プランがありませんでした。犬を水の中に引き込み、ボートまで泳いだのか?彼は、犬を見たときに、それは不可能であると悟りました。彼は、氷の板を船まで泳いで引っ張っていくつもりでした。もっと正確に言えば、船員は、氷の板を縄でつないで、船まで引っ張るつもりでした。彼は、海に飛び込む前に、縄を自分の繋いでいたのです。

安全に引っ張る

russian sailors drag dog to safety
YouTube
YouTube

ボートにつながれた船員は、氷の板を掴みました。それで、船員は、ボートにいる他の船員に引っ張るように合図を出しました。ゆっくりと、でもしっかりと、船員と犬を船へ行き寄せました。もちろん、まだ注意しなければいけません。もし、早く引っ張れば、船員が、氷の板を抑えている手が離れてしまいます。つまり、レスキューのやり直しになるのです。こういった凍える状況下では、チャンスは一度きりなのです。二度目はかなりの危険を伴います。

時間との勝負

russian sailors rescue dog
YouTube
YouTube

犬をボートに近づけました。ここで誰しも気付いたことがありました。それは、これが時間との闘いであることです。この犬がどれだけ、氷の上で彷徨っていたのかわかりません。でも、毛皮の霜や氷を見ると、すくなくとも2-3時間はいたことになります。船員にとっては、時間は問題ではありませんでした。彼は、氷をボートの横に引っ張り、彼のチームの次の救出プランを待っていました。

希望のはしご

russian sailor dog ice ladder
YouTube
YouTube

ボートの横で待っていました。この犬を救った英雄にできることはもうありません。後は、船の上にいる船員たちの番なのです。彼らは、すぐに行動に移しました。ボートの横に鉄のはしごを下ろしてきました。これで、船員は、凍える水の上から出られるのです。しかし、これで終わりではありません。どう考えても、犬を担いで、はしごを上るのは不可能だからです。

まだ怖いのです

dog doesnt trust russian sailors
YouTube
YouTube

この船員が、勇気をもって犬を助けたにも関わらず、犬はまだ信用していなかったようでした。はしごにいた男が、犬を掴もうとすると、犬は、後ろへ下がり、怖がっていたのです。もう時間がありません。船員たちは、犬の信用を得ている時間などありませんでした。とにかく急がなければなりませんでした。ここまでのプランは、うまく行きましたが、ここからが、本当のレスキューの始まりでした。彼らはどうやって、犬をデッキにのせたのでしょうか?

打つ手なし

dog on tether
YouTube
YouTube

方法がなくなり、船員は、もう最後の手段しか残っていませんでした。彼は、縄をほどいて、犬に巻き付けました、そうすることで、犬を上まで安全に上げることができます。怯えている犬は、船員が縄を捲こうとすると、抵抗しました。犬には何が起きているのかわからず、助けられていることを理解していないようでした。ようやく、手早く縄を犬に巻き付け、引っ張り上げる準備ができました。

優しい手

russian sailors hoist dog up side of ship
YouTube
YouTube

船員たちは、犬を安全に引っ張る準備はできていましたが、まだ救出には成功していません。できるかぎり優しく、落ち着いて行い、はしごの船員は、犬を抱きかかえ、持ち上げていきました。ボートの上にいた船員たちは、やさしく犬をボートの横に引っ張り上げ、デッキの上に降ろしました。次に起こったことにみな驚きました。だれもどれだけ、この犬に体力が残っていたのか、また固い表面に立った時にどう反応するかわかりませんでした。

新しい友達

all the dogs
YouTube
YouTube

犬が船の上に無事乗ったことを確認して、水の中にいた船員は、はしごを上り、船に戻りました。彼は、もはやこの犬が怯えていないことをみて、とても安堵しました。ボートには、他にも2匹犬がいたことが助けにもなったのでしょう。犬たちは、その新しい友達をしっぽを振って快く迎えてくれました。この犬は、新しい友達もでき、恐怖から、とても楽しい時を迎えることができました。

幸せで健康

happy healthy russian dog
YouTube
YouTube

その犬は、救出された後、とても幸せそうで、皆安堵しました。唯一気がかりだったのは、その犬が健康であるかどうかでした。凍える氷の上で何時間も閉じ込められていたので、何か健康的に問題がるかもしれないからです。幸運にも、暖かい食べ物と暖かい毛布の横で、その犬は、とても健康そうでした。他の犬の友達と接している状況を見ると、とても嬉しそうにしていました。この光景を見て、多くの人が幸せになったことでしょう。

人間の優しさを信じる

russian sailors save ice dog
YouTube
YouTube

このような話を見て、我々はとても大切なことを思い出させられます。どんなに世界が厳しい状況下にあったとしても、それでもなお、自分の危険も顧みずに、他を助ける人達がいるということです。もし、そこに違う船員たちがいたとしたら、その犬がどうなっていたのかわかりません。大事なことは、その運命に向き合うかということです。この犬は、これからも生きて行かなくてはいけません。そしてこの心優しい船員たちは、きっとこれからもこの犬の面倒を見ていくでしょう。

この親友は、二人一緒でないと助けられるのを拒んだ

Dogs1-83310

この二匹は、捨てられた後、一緒にいるところを発見されました。何か月もの間、この野良犬たちは、ロサンジェルス郊外を彷徨い、トラックヤードで住んでいました。ロサンジェルスにあるトラックヤードで、二匹はそこを家にして一緒に暮らしていました。二匹は、そのトラックヤードの近くで働く親切な女性に餌をもらっていましたが、二匹は、お互い以外は、誰も信じていなかったようです。一度二匹を見つけたレスキューチームですら、信用していませんでした。

親友

Dog2-13094

この二匹を引き離すことはできませんでした。二匹とも、路上を何週間も彷徨い、見つけられる食べ物の残りをあさって食べていました。幸運なことに、二匹は出会い、一緒に生活し、二匹で一匹の状態になりました。二匹が一緒にいることで、路上で生き残るチャンスが上がっただけでなく、二匹は親友になったのでした。生き残るために、二匹はチームを組み、一緒に頑張ったのです。家のない飼われていた犬は、簡単に飢えで死んでいたことでしょう。

生き残る本能

Dog3-44113

犬は自分で生き残る能力があって、そういう状況下にいれば、自分の世話ができると思っているひともいるでしょう。しかし、それがいつも正しいとは限りません。家でペットとして飼われ、いつも世話をしてくれる人がいた家族の中で大きくなった犬は、野生の犬と比べて、生き残る本能と言うものをもっていません。多くの本能と言うものが、何百年もの人による繁殖により、失われていき、家畜化によってその本能が薄れています。そのなめ、ホームレスの犬は問題なのです。多くのホームレスの犬たちは、飢えで死んだり、路上での生き方を知らないために、怪我をしたりします。

一時的な家

Dog4-90719

この二匹の犬たちは、一時的な家を見つけるまで、何週間も路上を彷徨っていました。最初は、ロサンジェルスのトラックヤードですごし、隣の工場へ行きました。ある日、そこで働く女性が現れ、二匹を助けることを決めました。彼女は、二匹を引き取ることができなかったので、せめて餌をあげることにしました。6か月以上も、その工場で働いていた女性は、犬たちに餌を持って来て、二匹が十分食べるだけの食べ物を与えました。何か月もの間、彼らにとって、彼女は天使でした。

生活を変えるニュース

Dog5-58644

しかしながら、6か月後、その女性は、彼女の職場が変わるというニュースを聞きました。それは、その犬たちが、今までもらえていた食べ物をもうもらえなくなってしまうということでした。その女性は、すぐに引っ越さなければなりませんでした。今まで世話をしていた犬に餌をあげることは、遠くてもうできなくなるのでした。彼女は、犬たちがどうなるかとても心配でした。だれかが、この犬たちに餌をあげるの?おなかをすかせないかしら?餌がなくなるという事は、二匹はまた、路上を彷徨ってごみ箱漁りをするのかしら?彼女は、何かしなければいと思いました。

助けを求める

Dog6-10739

定期的な食べ物無しで、二匹がやっていけるのか、二匹のことがとても心配になり、その女性は、二匹を助けてくれる場所を探しました。彼女は、地元の”犬の希望”というアニマルレスキューについて調べました。その団体が、野良犬も助けてくれるのか知りたかったのです。犬の希望では、動物に必要なものを供給し、必要であれば、医療的介護もします。また、動物が幸せで、安全な家を見つける手助けもします。でも、彼らは、この二匹のホームレスの犬も助けてくれるのでしょうか?

犬への希望

Dog7-10726

犬の希望の創立者のひとりであるエルダッド・ハガーは、”この二匹の犬を喜んで助けます”と述べています。ハガーは、二匹が住んでいたヤードげ行き、どういった助けが二匹にとって一番か考えました。この二匹がいる状況を見て、この二匹が路上で生き続けるのは無理だと判断しました。二匹にとって一番の方法は、二匹を助けて、愛のある家族とずっと一緒に住むことが一番の幸せだと考えました。

インターナショナルチーム

Dog8-31641

エルダッド・ハガーのチームは、この世界のすべての動物にとってより良い場所にすることを掲げた犬の希望で働く様々な国からのボランティアで形成されています。そのボランティアの人達は、オーストラリア、イギリス、そしてコスタリカから来ていました。そのグループは、その動物にとって一番良い救出の仕方を考えて活動していました。多くの路上生活をしている動物は、虐待されたり、ネグレクトされたことなどから、人間不信になっています。これまでに多くの犬の救出をしてきたこともあり、犬の希望は、レスキューが簡単ではないことを知っています。

逃げられたり、隠れられたり

Dog9-58023

犬の希望が、トラックヤードに行ったときに、彼らの不安は的中しました。この二匹は、人間とのコンタクト(餌を与え続けた女性を除いて)が無かったため、知らない人間には不信感でいっぱいでした。このチームが、餌で二匹を釣れれば、簡単に事が進んだのですが、二匹はレスキューチームを見ると、すぐに逃げて隠れてしまいました。ハガーとチームは、トラックヤードから逃げた二匹を捕まえるために、頭をひねらないといけないと知っていました。チームは皆で計画を練りました。

巧妙な計画

Dog11-48309

トラックヤードのオーナーは、快く二匹を救出するために協力してくれました。オーナーの協力は、この二匹を捕まえるには必要不可欠で、この犬たちをここから出すためには、いくつかの複雑な罠をしかけなくてはいけませんでした。まず初めに、チームは、プラスチックのバリケードをつくり、それをヤードの前に置きました。それで、もし、二匹がまた、逃げて隠れても、ヤードの中に閉じ込められて逃げ出すことができなくなります。オーナーは、チームをヤードの囲いの中に入れました。チームの計画は、犬たちの周りを囲み、徐々に信用を得ようとしました。

試練

Dog10-12139

エルダッド・ハガーは、救出後の新しい出口についての計画を説明しました。トラックヤードにある障害物でチームが挑む救出プランが、とてもユニークなものであるとメディアに伝えました。トラックヤードは大きくて、混雑しているので、チームにとって、犬たちが住んでいる場所に誘導するのが難しいのです。”一旦、その場所を塞げば、二匹を角に追いやります。このプランは、多くの場合、トラックの下に潜るので、頭を打たないように気を付けないといけないので、とても大変です”と述べていました。

最初の一匹確保

Dog13-87648

ハガーとチームは、まず初めに、オス犬の救出に焦点を合わせました。トラックヤードへの人の侵入に恐れをなした犬は、何の抵抗も見せませんでした。こういった場合、多くの犬は、救出者を攻撃することが多いのですが、このオス犬はとても従順でした。攻撃する代わりに、その犬は、犬の希望チームをよけ始めました。犬は、静かに追いかけられ、角に追い詰めたところで、首輪をつけて確保しました。犬は、まだ怖がっていましたが、チームが近寄るのに抵抗しませんでした。

一匹確保、もう一匹

Dog12-89510

オス犬は、まだ怖がっていましたが、犬の希望チームが攻撃するつもりがないことに気が付くと、おとなしくなってきました。彼は、捕獲者に徐々に心を開き、その後、チームのうちのひとりに、なでなでまでさせてあげました。オス犬が、一旦、落ち着き、その状況に慣れたところで、チームは、まだ隠れているメス犬のほうに、注目していきました。メス犬のほうは、オス犬よりも協力的ではなく、特に、彼女の友達が捕まったのを見た後は、特にひどくなりました。

追跡

Dog15-18988

オス犬の縄をトラックヤードのフェンスにくくりつけて、犬の希望チームは、メス犬の救出を始めました。チームは、怖がらせないようにしましたが、メス犬は、拒み続けました。メス犬は、箱の周りを行ったり来たり、トラックの下に隠れたり、チームから逃げ回っていました。しかし、彼女にも一つだけミスがありました。それは、友達のオス犬です。メス犬は、オス犬が、フェンスに繋がっているのを見ると、オス犬の方へ走っていき、その無事を確認していました。チームは、そのチャンスを利用して、彼女を捉えました。

また逃げる

lois-and-clark-69859

メス犬は、囲まれていたにも関わらず、また逃げることに成功しました。この追跡劇は、更に10分続き、すべてオス犬がフェンスに繋がっていた時に起きていました。遂に、メス犬も観念した様でした。疲労もたまり、ついに諦め、犬の希望チームに捉えられました。オス犬同様に、メス犬も始め、怯えていましたが、首輪をつけるとすぐに落ち着き始めました。メス犬に首輪が付けられると、二匹はまた一緒になりました。

怯えた二匹

Dog16-99819

二匹は、自分たちに起きたことで、まだ怖がっていましたが、二匹ともおとなしくしていました。動物の中には、この状況で、捕獲者に危害を加えることもありますが、二匹は誰も傷つけたくないようです。単に、人間に囚われられ、自分たちに起こったことに怖がっていました。エルダッド・ハガーは、また後でこうも述べています”二匹とも、全く攻撃する素振りもありませんでした。二匹は、怯えてはいましたが、安心したようでもありました。私たちは、二匹を一緒にすることで、我々が好意を持っていることを示しました。それから、30分ほどそこに座って、彼らの新しい名前について話し合いました。”

新しい名前

Dog17-22841

これで、二匹は、遂に救出されました。チームは、二匹がこの新しい場所で快適に住めるように手助けすることにフォーカスしました。初めにしたことの一つが、新しい名前を付けたことです。二匹の犬が、オスとメスで、二匹一緒に障害物の中を逃げ回ったことから、犬の希望チームは、二匹を皮肉ってスーパーヒーローである:ロイスとクラークと名付けました。チームは、ロイスとクラークの側にしばらくすわって、二匹を落ち着かせてあげました。二匹が新しい場所に落ち着いたところで、エルダッド・ハガーは、二匹を動物病院へ連れて行きました。

怖いドライブ

Dog18-68331

この数か月の間で、初めて二匹は別々になりました。二匹は、それぞれ別々の車で動物病院へ向かいました。二匹とも、チームのメンバーがそれぞれ落ち着かせるため一緒に車に乗り合わせましたが、二匹とも新しい場所で、これから何が起きるのかとても不安そうでした。二匹は、これまで長い間、お互い以外に誰にも頼っていなかったので、困惑し、新しい場所でどう反応していいのかわからないようでした。しかし、それはすぐに変わりました。

ミステリー

Dog19-39374

二匹を獣医の所に連れて行くと、二匹とも雑種であったことがわかりました。また、獣医は、二匹とも2歳ぐらいだと断定しました。二匹は、ひどい状況にいたにも関わらず、ロイスとクラークの健康状態は、かなり良かったのです。クラークは、スタッフィーとピットブルの雑種で、ロイスは、少し謎なのです。彼女は、ボーダーコリーとオーストラリアンシェパードの雑種の様でありますが、誰もよくわかりません。でもそんなのは関係ありません、だって、二匹がすべての困難を乗り越えた後は、少しシャイでしたが、救出後は、愛嬌があって、かわいらしい犬になりましたから。

家探し

Dog20-96684

二匹は、現在インドアで生活していて、愛されていますが、まだ家探しをしています。二匹とも、若くて、しつけができています。また、人にも他の犬とも相性がいいです。この二匹は、初めはつらい生活をしていましたが、これからは、一緒に幸せな生活を送る準備ができています。誰かこの二匹を一緒にもらってくれる人が出てくることを祈っています。この二匹は、一緒に困難を乗り越えてきたのです。一緒にいなくてはいけません。この話は、我々を感動させてくれるだけでなく、またやる気にもさせてくれます。この二匹が困難に立ち向かって、親友でいられるのです。誰にだってできます!