アリゾナ州の男性は、噂を聞いた、裏庭であるものを発見

誰だって、新居の購入は緊張もするし、良からぬ失敗はなるべく避けたい。しかし、不運なことにこのアリゾナ州の男性は、新居購入後に奇妙な噂を耳にしてしまったのだ。その奇妙な噂に、彼は振り回され、夜も寝付くことができなくなった。最終的に、彼はその噂の真実を突き止めることになるのだが・・そこあったのは、私達の想像をはるかに越える驚きの発見だったのだ。

新居の購入に安堵もつかの間

Jeffrey Greenberg/UIG via Getty Images
Jeffrey Greenberg/UIG via Getty Images

ジョン・シムスは、アリゾナ州トゥーソンの市街地近郊に、やっとの思いで新しい家を購入した。この時の彼は、決してその家に何か特別なことを期待しているわけではなく、ただ新たな生活を楽しみたいと思っていた。しかし、不運にも家に関する不穏な噂を聞いてしまった時、決して彼の生活は”ただ楽しむ”だけには行かなくなってしまったのだ。

彼は、以前の所有者から、その家の裏庭には何かが埋まっているらしいと聞いたのだ。それが何なのかは、彼らも知らないという。せっかく買った家の良からぬ噂。彼は、その事を考えれば考える程、寝つきが悪くなってしまった。そして、ついに持ち前の好奇心で、この噂の真相をどうにか突き止めようと決めたのだ。

鍵の引き渡し

Jeffrey Greenberg/UIG via Getty Images
Jeffrey Greenberg/UIG via Getty Images

ジョン・シムスが購入した家は元々、彼の友人が所有していたものだった。ジョンは、この家の購入にあたり、既に友人がそこに暮らしていたこともあり、問題があれば教えてくれるはずだと考え、安心しきっていた。

しかし、ジョンが契約を交わした後になって、友人が思いがけないことを口にするとは、夢にも思わなかったのだ。その友人によると、その家には、何年も前に裏庭に何かが埋められてしまったらしいという謎めいた話をしてきた。

それを聞いて、どうする?

YouTube/@youshouldknow
YouTube/@youshouldknow

その家を所有していた友人は、その噂は、興味深いが薄気味悪くもあると話した。しかし、その友人は、気になりながらもその噂が真実なのかどうか、確かめるために時間を割くことはなかったのだ。

荷解きや新居に落ち着けるよう雑用をこなす中で、ジョンは友人が言った噂が気になって仕方がなかった。一度気になったらとことん追求したくなってしまうジョンは、裏庭で何が起こっているのか行動して、確かめるよりほかはなかった。

ジョンが解き明かす謎

shovels-fence
kelly bowden / Contributor / Getty
kelly bowden / Contributor / Getty

ジョンはもはや、友人からほのめかされたその新居にまつわる謎に取りつかれており、真相を探るためには、何でもするぞという気になっていた。実際、初めて友人がその家の秘密について軽く触れたときでさえ彼は、”シャベルを貸して欲しい”と冗談をいうほどに興味をひかれていたのだった。

ほどなくして、シャベル1本では足りないことに気付いた。そして、ジョンは何を探しているのか自分でも見当がつかなかったが、この謎について調査することにしたのだ。

どこから始めれば良いのか

Twitter/@TotoIlonggo
Twitter/@TotoIlonggo

ジョンは、裏庭に隠された謎について想像することを楽しんでいた。なんと説明したらいいのだろう。この話は、ただの噂話で、何も出てこない可能性があることも十分に分かっていた。でも、もしかしたら、何か素晴らしい物を見つけることができるかもしれない、という期待も捨てられずにいた。

何もしないで、このモヤモヤをそのままにしておくことに、我慢がならなかったので、ジョンは何をすればいいのか考えた。もし、庭に穴を開けたとしても、それは後から埋めることができる。目下の課題は、庭の見てくれよりもずっと重要だったので、シャベルをもって庭へ行き、ついに土を掘り起こし始めた。

猛暑の脅威

YouTube/@youshouldknow
YouTube/@youshouldknow

ジョンは、噂の真相を探ろうという強い決意があったため、たとえそこに多くの労力を割かなくてはならないとしても、それを乗り越えるつもりだった。また、彼は、消防隊の隊長として働いていた。しかし、アリゾナ州トゥーソンの夏はとても暑い。気温38℃を超える猛暑なのだ。そして、そんな状況の中で作業するのは、危険をも伴っていた。

多くの人は、この状況を抱えている時点で諦めるだろう。しかし、暑さに阻まれることなく、ジョンは任務を続行した。シャベルを手に、掘って掘って、掘り続けた。この重労働が報われる事を願いながら。

庭に穴が点在

Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

ジョンは、この骨の折れる穴掘りを無計画に始めていた。ただ穴を、次から次へと裏庭に掘ったのだった。4つ目の穴を掘り終えたところで、庭はひどくめちゃくちゃになっていたが、何も見つけることはできないでいた。

彼は、実際に何かが庭の中にあったとしても、自分が掘り起こした事でだめにしてしまっていたら・・と不安になり始めていた。失意が沸き、一時的にではあったが、ジョンは、庭に隠された謎の解明を諦めかけていた。

ひらめき

WikiMedia
WikiMedia

一時的にやる気を喪失し、掘り起こし作業を中断したことで、ジョンは、また違った角度から今おかれた状況について考えることができた。そしてついに、彼の家の謎のお宝の場所を示す手助けになるだろう新しいアイディアを思いついたのだった。

ジョンは、トゥーソン市の記録を調べ始めたのだ。彼の家の情報が記載されているページが見つかるまで、徹底的に探し続けた。そして、この完璧な調査は大いに報われることとなった。庭の芝生の下には何が潜んでいるのか、手がかりをつかむことができたのだ。

新たな手掛かり

Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

トゥーソン市の記録は、何年に家が建てられたのかなど、既に知っている情報ばかりだった。しかし、その書類の中に入っていたラフスケッチのおかげで、ジョンは新たな情報を得ることができた。

記録によると、ホイテカー・プールズ社というプール会社が1961年、今から50年以上も前に、作業許可の申請をしている。しかし、ジョンの家にプールはない。では、プール会社は一体、1961年に何をしたのだろうか?この答えが人々を驚かせることになった。

謎は深まる

Christian Charisius/picture alliance via Getty Images
Christian Charisius/picture alliance via Getty Images

スケッチも手に入り、より詳細な情報も得た今、ジョンはより慎重に調査を進めなければならないことは分かっていた。もう直感だけで、考えなしにシャベルで掘ってはいけない!もうそろそろ、計画的に真剣にならなければ。

そこでジョンは、金属探知機を含むきちんとした道具を装備した、コンサルタントチームを雇った。この一回の調査で、謎の真相解明に繋がれば良いのだが。

金属探知機で何かみつかったのだろうか?

Pinterest/@minelabmetaldetectors
Pinterest/@minelabmetaldetectors

調査は、とても慎重かつ徹底していたので、ジョンは程なくして、新居の古いミステリアスな噂が真実であると分かるのではないかと期待していた。しかし、コンサルタントチームは庭のいろんな場所で調査をしたが、金属探知機から音は鳴らなかった。

調査で結果が得られない状況に、コンサルタントチームにも緊張感が漂っていた。しかしその時、探知機がなんとなり始めたのだ。その音は、ジョンの耳にはまるで音楽のように聞こえた。

さらに調査するため、他の場所へも

GoFundMe/@John Sims
GoFundMe/@John Sims

ジョンは、暑いアリゾナで、専門家の金属探知機がピーンと、甲高い音を立てるのを聞いて大喜びした。更に探知機は1か所だけでなく、2か所で反応したのだ!慎重にその両方の場所に印をつけた後、ジョンは調査の次のステップの計画を練るため、つかの間の休息を得ることにした。

ようやくジョン労力を一つの事に集中させることができる。これで、やみくもにパワーを浪費せずに済むだろう。裏庭の下に何があるのか、発見するのが待ち切れないほど、気持ちは高まっていた。

もう一度シャベルで

Pinterest/@jessicacirloganu
Pinterest/@jessicacirloganu

ジョンは、シャベルを掴むと、暑くて過酷な穴掘り作業に戻った。しかし、今回は何に集中すべきなのかよく分かっている。期待に胸を膨らませて、金属探知機が示した二か所を掘り始めた。

ジョンの努力は、コンサルタントがピンポイントに示した二ヶ所目で、すぐに報われた。掘り始めてからほどなくして、シャベルが何か硬い物に当たったのを感じ、紛れもなく金属と金属が擦れ合う音を聞いたのだ。裏庭の謎を解明するまであと少しだ。

地下へ3フィート

YouTube/@youshouldknow
YouTube/@youshouldknow

初めて、シャベルが金属性のものに当たった感触を得るまで、ジョンは3フィート(約90cm)も掘っていた。努力の甲斐あって、ようやく何か発見できたことが嬉しい一方で、浄化槽だったらどうしようなどの不安も襲ってきていた。

これだけの時間と労力をかけて、汚水処理タンクだったらがっかりするだけでなく、細心の注意を払って周囲を掘らなければならない。浄化槽を傷つたり、パイプが割れたりでもしたら、とんでもないことになるからだ。

浄化槽ではなかった!

YouTube/@freesoundeffects
YouTube/@freesoundeffects

ジョンは、今までにも増して慎重に掘り進めた。見つけたのは結局のところ、浄化槽ではなかったので、彼は大喜びした。いや、それどころか、もっともっと面白いものだった。

恐る恐るシャベルを使って、周りの土を払っていった。まもなく何が埋まっているのかがわかり、中身を調査することができる。期待の高まりと共に、ジョンの作業スピードも上がる。そして、スピードが上がるにつれて、時間が過ぎるのもとても早く感じられた。

更なる疑問が発生

YouTube/@youshouldknow
YouTube/@youshouldknow

ジョンは、ようやく裏庭に埋まっていたのが浄化槽ではないという確信がもてた。しかし、掘り当てた物が見えてきたものの、今度は、それはこの裏庭の噂の真相を解明しようと作業を始めた頃よりも、さらに疑問を生じさせる形となった。

ジョンが掘り起こしたコンクリートの形は何かの入口のような形をしていた。しかしそれはどこへ繋がり、どうやって入るのだろうか?

入れるようになるまで、あともう少し

Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

自分の家の裏庭の地中深くにこんな入口のような、扉が隠されていたことに驚いた。謎の解明まであともう少しだ!

ジョンは、周囲の土をよけ、蓋のついた入り口を発見した。慎重に蓋を取り外したが、かつて、消防隊隊長として勤務していたジョンの経験から 、その入り口からすぐ中に入っていくのは危険だと判断した。

待機の長い1日

YouTube/@youshouldknow
YouTube/@youshouldknow

ジョンが家の裏庭に隠された秘密の答えを一部でも得られたことが、どれほど興奮したことか想像がつくだろうか。しかし、1日待機しなければならなかった。消防隊の訓練から、密閉空間の危険性をよく知っていたからだ。

その空間は、カビが蔓延していて吸い込むと危険であるし、有毒ガスが出ているかも知れないからだ。それから、実際にこの中に入っていくには、構造物が崩れた場合や、何かが起こって中に閉じ込められてしまった場合に備えて、何人か近くに待機しておく必要があったのだ。

ジョンが真実を知る瞬間

GoFundMe/@John Sims
GoFundMe/@John Sims

耐え難いほど長く感じられた待機時間を終え、ようやく、ジョンが扉の向こう側の隠された空間へ入る時がきたのだ。この裏庭の調査の結果、ついにジョンは、そこに何があったのかを真実を知ることになるのだ。

彼は、穴の中を慎重に降り、金属ハッチのついた中をそっと覗いた。好奇心を抑えられずに覗いた彼の目に映ったものは、意外なものだった。一体何だったのだろうか?

これは何だ?

Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

ジョンがハッチの中を覗いて目にしたものに、彼はひどく驚いた。そこには、鋭い金属の刃が並んでいたのだ。これは、何のためのものだろうか?

しかし、ジョンの目が慣れ、見ているものが実際に何なのか判断するのに、そう時間はかからなかった。不揃いな金属の刃に見えたのは、もっと深い場所へと繋がる螺旋階段の一部だったのだ。

危険な判断

Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

ジョンは自身の裏庭で見つけた螺旋階段を駆け下りたかったことだろう。何しろ裏庭の謎の真実は、もう手を伸ばせば届きそうなところにまで迫っている。

しかしジョンはそうしなかった。消防隊隊長としての経験と良識が、自身の裏庭で見つかった地下空間への進入にストップをかけた。何も考えずに無謀にもその階段を駆け下りるには、危険が多すぎたのだ。

満足感と少しの延期

Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

地下へと繋がる螺旋階段をただ降りていくことに、どんなリスクがあるのだろうか?それは、まず初めにその構造物が安定していなかったことが挙げられる。ジョンが見つける50年以上も前に作られたものであり、その構造物がどういった状態であるのか全く分からないことにリスクがあったのだ。

さらに、ジョンはハッチから下へ降りるなら、誰か人を呼ぶべきだと分かっていた。そうすれば、万が一中から出られない事態になっても、構造物が崩壊しても助けてもらえるからだ。そこでジョンは、友人らを集め、構造物に安全に進入できるようにするチームを作った。

計画は順調に進む

Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

ジョンは裏庭で見つかったものに安全策を講じた。ようやく謎の解明ができる可能性に興奮しきりではあったものの、彼は一時の快楽よりも安全が重要であることを誰よりも分かっていた。

信用のおける友人たちと共に、ジョンは地下へ安全に進入するための作戦を立てた。こうして辛抱強く立てた作戦は、まもなく、大きく、そして想定外の方法で報われることとなる。そして幸運にも、彼らは発見に至るまでの工程を共有するために記録していた。

通路の準備

YouTube/@youshouldknow
YouTube/@youshouldknow

ジョンはこれから入ろうとしている、何十年も使われないまま放置されていた構造物の状態について、何も知らなかった。そのため、ジョンは友人らと、コンクリートの入り口全体の強化と必要に応じて修復しなければならないと考えた。

地下へと続く螺旋階段についても、何か作戦を立てなければならなかった。金属の階段は、全体的に錆ついていて、安全に使える状態ではなかった。このまま何もせずにこの階段を使おうものなら、崩れてしまっていただろう。

岩のように頑丈

Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

ジョン・シムスは友人らと、入口周りに新しく鉄筋を組み、何層ものコンクリートで拡げ、強化した。入口を安全に入るためにも、この工程は必要不可欠だった。さもなければ、構造物が崩壊するリスクはかなり高かったことだろう。

何層ものコンクリートで構造物を強化し続けながら、興奮と好奇心は増す一方だった。アリゾナの熱気の中での作業は耐え難いものだったが、湧き上がる興奮と好奇心が彼らを作業に没頭させたと言えよう。太陽を遮るようにテントを設置し、できるだけ直射日光で温度が上がらないようにした。

まだ残るいくつかの作業

Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

ジョンは明らかに先を読むタイプの人間だ。ついに、ようやく、裏庭の謎の構造物の中に入る準備が整ったときにも、中が見えなければ意味がないことに気づいていた。たいていの人は懐中電灯を持って先へ急ぐだろうが、ジョンは違った。

そのため、ジョンは電気を引き、構造物内を照らせるようにした。ジョンと友人らは電気工事を終える際に、必要に応じて電動工具も使えるように、電源を用意しておくことを忘れなかった。

新鮮な空気の必要性

YouTube/@youshouldknow
YouTube/@youshouldknow

ここまで読めばお分かりのように、消防士という職業柄、ジョンは狭く密閉された空間の危険性を熟知していた。築50年の構造物にあるかもしれないカビやガス漏れが、これからこの中に入ろうとしているジョンの大きな懸念事項だった。

ジョンと友人たちは通路にパイプを設置した。これで下に新鮮な空気を送り込むことができるので、中に入ったときの安全性をより確保できる。全員がジョンの裏庭に隠されてきた秘密を目の当たりにするまで、あともう少しだ。

最終段階

Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

残念ながら、この段階で、ジョンと友人らは錆びついた螺旋階段の修復をできずにいた。これは中に入ってからでないと出来ないからだ。階段がどれだけ頑丈か分からないため、少しでも重みをかけるのは危険すぎた。ではどうすれば、安全に中へ降りられるのだろうか。

ジョンには解決策があった。長いはしごを入口にしっかりと固定した。これで、ついに中に何があるのか確認に行ける。

待つのは終わり

man-makes-discovery-in-arizona-29-75289-36164
YouTube/@John Sims
YouTube/@John Sims

やっと、ジョンは友人から聞いていた秘密を明らかにするときがきた。ジョンはまるで噂に隠された真実を解明することにとりつかれたように、この瞬間のためにずっと作業を続けてきたのだ。

ジョンは裏庭の謎めいた穴の中にこの50年間で初めてはしごをつたって足を踏み入れる最初の人になろうとしている。降りていきながら、想像が膨らみ続けた。一体、何が見られるのだろうか?

空間に降り立つ

ジョンははしごを伝って降りた。一段一段降りるごとに興奮が増す。ジョンはついにはしごから降り、そのとき、今までのすべての努力が報われたのだ。

ジョンは自身の裏庭の奥底に大広間がある事にショックを受けた!状態もよく、ちゃんとした床もそなえていた。しかしそれだけではなかった。それどころか、地下でトンネルが繋がり、ちょっとした複合施設になっていたのだ!

噂は本当だった

YouTube/@John Sims
YouTube/@John Sims

ジョンの友人で、ジョンに家を売却した元所有者は、裏庭の地中奥深くに埋められた秘密の存在について語っていた。調査をした結果、ジョンは問題の建造物がホイテカー・プールズ社という会社によって作られたことを知った。

しかしこの地下洞は確実にプールではない。工事がされた1961年という年が、建造物の本来の目的を知る上の大きな手掛かりとなる。だが、ジョンにはその理由が地下のスペースを見た瞬間に分かった。

年月による損傷

Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

築年数の割には良い状態だったが、その地下空間を安全にするためには、ジョンにはまだしなければならない作業が残っていた。ヒントはグラスファイバーの天井だ。

ファイバーグラスは吸い込めば極めて有毒で、肌には刺激物となる。そして、その天井のファイバーグラスは剥がれ落ちそうになっていた。間違いなく良い状況ではない。しかしながら、幸運にもそれは修復可能なものだった。ジョンは、これまでにかけた時間と労力を思うと、新たに発見したものを諦める気にはなれなかった。

冷戦の遺構

Pinterest/@arizonadailystar
Pinterest/@arizonadailystar

ジョン・シムスの家の地下にあった構造物はとても大きかったが、家具などはなく、インテリアも何もなかった。しかし、その地下貯蔵庫が核シェルターとして建設されたことは、すぐに明らかになった。

ソビエト連邦とアメリカ合衆国の戦闘下にあったいわゆる冷戦時代、多くの人が恐怖をつのらせ、いつかソ連がアメリカ本土に核ミサイルを落とすという考えが蔓延していった。その結果が庭に作った防空壕だ。しかしなぜホイテカー・プールズ社というプール会社が核防空壕を作ったのだろうか?

ダブルワーク

YouTube/@noahjoseph
YouTube/@noahjoseph

結局、冷戦時代にホイテカー・プールズ社は消費者需要に応えるかたちで、取扱サービスに裏庭への防空壕建築を加えていたようだった。事実、裏庭への防空壕の建築は、当時全米ではそんなに常軌を逸することではなかった。

プール建築会社は、核シェルターの施工は埋め込み式プールの施工と大差ないことに気が付き、結果的に多くの会社がその仕事を取り入れた。ロサンゼルスにあるカタリーナ・プールズ社は1961年までに500ものシェルターを施工している!

地下に新たな可能性

man-makes-discovery-in-arizona-35
Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

もし自宅の裏庭にたくさんの部屋からなる巨大迷路が埋まっているのを発見したら、あなたならどうするだろうか?そのスペースをどう利用するだろう?ジョンの友人らは、シガーバーやワインセラー、はたまた女人禁制の、男性だけが趣味を楽しめる男性専用部屋など、楽しいアイデアをいくつも挙げた。

一方、防空壕を持つ世界中の他の人々は、古い防空壕を美しいモダンな家やホテル、アートギャラリー、レコーディングスタジオなどに改造している。だが、ジョンには、この裏庭の宝物に対し、ひと味違うアイデアがあった。

裏庭の防空壕で、ジョンは繋がりを広げた

Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

インターネットに防空壕について投稿してから、ジョン・シムスは仲間がたくさんいることを知った。ジョンがレディット(Reddit)に載せた投稿は瞬く間に拡散され、ジョンは裏庭に核シェルターを持つ人々と繋がり始めた。

ジョンは、こういったシェルターと冷戦時代に対する興味をふくらませていった。実際に、ジョンには、この歴史的な防空壕を博物館のようなものにしようという特別な計画があった。しかし、そのためにはやらなければならないことが山積みであることを意味していた。さぁ、ジョンが次にとった行動は何だろうか?

始めはクラウドファンディングから

man-makes-discovery-in-arizona-37
Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

発見した防空壕に、かつての栄光を取り戻すための次のステップは、クラウドファンディングサイト「ゴーファンドミー」でページを作ることだった。ジョンは「こんにちは。ジョンと言います。裏庭に見つけた古い核シェルターを修復する費用を少し助けて欲しいです」と書き込んだ。

ジョンは、特にシェルターの通路を再建するための援助を求めていた。まずそれがないと地下の修復も改善も始められないからだ。「安全確保のため、入口にもっとコンクリートを打設しないといけないのと、金属製の螺旋階段を交換しなければなりません」と詳細を記述し、このプロジェクトにおよそ2000ドルかかるだろうと見積もった。

階段が完成!

GoFundMe/@John Sims
GoFundMe/@John Sims

ジョンの「ゴーファンドミー」キャンペーンは拡散され、数百ドルの寄付が集まったが、螺旋階段の再建のための目標2000ドルには全然足りなかった。もちろん、このせいでジョンが計画を断念することにはならなかった!ジョンは仕事を休んででも、この極めて重要な階段作りに取り組んだのだ。

プロジェクトの進捗状況を何度かシェアした後、ジョンは入り口部分がついに完成したことを報告した。「階段が完成しました!ようやく上り下りが簡単で安全になりました」ジョンは素敵な青に塗られ完成した階段の写真も載せた。

やっと階段が完成した次は

GoFundMe/@John Sims
GoFundMe/@John Sims

「ゴーファンドミー」のページで、ジョンは完成した階段と、今後のシェルター計画について詳細をシェアした。「今後の計画としては内部をきれいにし、ペンキを塗りなおし、そして男性専用部屋、アマチュア無線部屋、そして民間防衛博物館として仕上げることです」

さらに「このプロジェクトを始めてから、冷戦時代と、どれだけの恐怖がこれだけ多くのシェルターを民間人に作らせるほどに駆り立てたのか、調査を重ねました」と続けた。防空壕の発見は、確実にジョンの人生に大きな影響を与えた。

シェルターに歴史を詰める

Imgur/@captantarctica
Imgur/@captantarctica

ジョンは既に裏庭のシェルターの博物館を作る部分に必要な物や小道具を蓄えはじめている。かつての貯水タンクや放射線を測定するガイガーカウンター、無線ラジオ、携帯トイレなどといった遺物を展示用に見つけているそうだ。

写真は、ジョンが博物館に展示する予定のアイテムの一部だ。年代物の品の多くが歴史を物語るのにとても良い状態で手に入れられたというのが印象的だ。