犬との散歩中にまさかのオオカミに遭遇!次の瞬間に信じられないことが起こった

狼はとてもゴージャスな生き物で、優しくフレンドリーな犬にも見えます。しかし、彼らが野生な動物だということを忘れてはいけません。一緒に添い寝できるような生き物ではないのです。怪我をしないように、彼らに一定のスペースを与えてあげなければいけません。

2004年、アラスカの野生動物専門の写真家ニック・ジャンズは、雪が降る中、犬を散歩に連れ出していました。そしてその時、彼は家のちょうど外で大きな狼に遭遇したのです。ニックはその狼が自分の犬や他の誰かを傷つけるのではないかと恐れましたが、次に起こった出来事は人々を驚愕させました。

狼がどこからともなく現れた

wolf-meets-dog-1-89574
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

2014年、ニック・ジャンズはアラスカにある自宅のポーチに座っていて、隣には彼の犬「ダコタ」がいました。ニックがアラスカの景色に見惚れていた時、大きな黒い狼が木の後ろから現れて、ニックの家の前に立ちはだかりました。

ニックが反応する前に、彼の犬ダコタが、その野生動物めがけて突進して行きました。彼女はその狼がただ遊びたがっている他の犬だと思ったのか、それともこの獰猛な捕食動物からご主人様を守ろうとしていたのかもしれません。

イヌ科同士のにらみ合い

wolf-meets-dog-5-60365
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

最初ニックは恐怖を覚えました。その狼がダコタを傷つけるのではないかと思ったのです。ダコタがその大きな黒い狼にスレスレまで近づいた時、ニックはどうしたらいいのか分かりませんでした。そして次の瞬間、ニックが思いもしなかった事が起こりました。

ダコタと狼はまるで古くからの友達のように、一緒に遊び始めたのです。ダコタが安全だと分かるとすぐ、ニックは家の中に戻ってカメラを持ってきました。そして彼はこの写真を撮ったのです。

狼の名前

wolf-meets-dog-3-93115
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

ニックはその狼が、ニックの家の近くで遊ぶ事が好きなことに気づきました。狼は新しくできた友達ダコタと遊ぶために、よくそこを訪れました。ニックは狼に名前が必要だと考え、しばらく考えた結果、その狼に「ロミオ」という名前を付けました。

ロミオはフレンドリーに見えましたが、ニックは彼が野生動物だということを理解していました。ニックはロミオとダコタが遊んでいる時はしっかりと目を見張り、ロミオには決して近寄り過ぎないようにしました。

ロミオは新しい友達をたくさん作った

wolf-meets-dog-4-35495
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

ロミオがダコタと出会い遊ぶようになってからしばらくした後、彼はメンデンホール氷河公園に向かい、そこにいる犬達の様子を見て回りました。そしてロミオは現地の犬達と遊ぶため、頻繁にそこへ出かけるようになったのです。

ダコタがロミオに、他のイヌ科の友達と会う自信をくれたのでしょう。ロミオはすっかり人気者になっていました。彼は他の犬達と遊んだり取っ組み合いをするのが大好きでした。

人々は彼をすぐに受け入れた

wolf-meets-dog-7-68034
デーブ・ウィルソン
デーブ・ウィルソン

最初、公園の人々はその大きな野生の狼を警戒していました。何人かの訪問者は、狼が彼らやそのペットを傷つけるのではないかと恐れましたが、ロミオが他の犬達と遊ぶ時の優しさを見て、彼らの不安のほとんどは消えていってしまいました。

ロミオはメンデンホール氷河公園の一番大きな犬よりも断然大きかったのですが、それでも人々は、ロミオがただ楽しむためだけにそこにいるのだとすぐに理解しました。

犬達もロミオの存在を受け入れた

wolf-meets-dog-6-44002
デーブ・ウィルソン
デーブ・ウィルソン

公園の犬達の一部はロミオに対して少し懐疑的でした。やはり狼は狼。見た目はかなり怖い。一部の犬達は最初、ロミオと遊ぶのをためらっていましたが、公園の人達と同じように、彼らもすぐにロミオと打ち解けました。

ロミオはただ、新しい友達を作りたかっただけなのです。彼は社会的交流に飢えていました。おそらく彼は群れから逸れてしまい、新しい群れを探していたのでしょう。

ロミオは大きな犬のように振る舞った

wolf-meets-dog-2-47549
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

ロミオは犬の友達だけではなく、人間の友達も作りました。インタビューでニックはこう答えました。「ロミオは自分が隠していたオモチャを持ち出して、よく公園の人々に持って行きました。」彼はアラスカの住人達に気に入られるよう、あらゆる手を尽くしていたのです。

彼はただ、周りの人々や動物達から受け入れてもらいたかっただけなのです。ニックは、ロミオが人間や犬達にとって脅威ではないことを確信していました。

彼は「取って来い遊び」をするのが好きだった

wolf-meets-dog-8-71672
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

ニックは、ロミオが公園の人々に持って行ったアイテムについてさらに詳しく話してくれました。「その中の一つは発砲スチロールのボールでした。ロミオはそれを拾って、僕の友達ハリーに持って行くのです。」

おそらくロミオは他の犬達が取って来い遊びをするのを見ていて、自分もやってみたかったのでしょう。もしかしたらこれはイヌ科の動物が生まれながらにして備えている行動なのかもしれません。どうやら大きな犬も小さな犬も、飛んでいる物体を追うのが好きなようです。

ロミオは半分犬のように見えた

wolf sleeping
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

ロミオは飼いならされた犬ではありませんでしたが、犬達が見せるのと同じような行動を数多く見せました。ニックはこう加えました。「ロミオは、私達が犬に見る同じ行動を確かに理解していました。」

ロミオは犬達と長い間一緒にいたので、彼らがどのように遊び、どのように交流するかを理解していました。彼はダコタや公園の犬達と同じ種ではありませんが、彼はその中に溶け込んでいました。

人間と狼と犬

dog and wolf playing in snow
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

人間と犬と狼が揃って、アラスカの大地にいました。全員が仲良くその大地を満喫し、一緒に遊ぶ…ニックはそれがどれだけ特別な経験なのか実感せずにはいられませんでした。

ニックはこう説明しました。「私達3つの種は、調和的に仲良くする方法を探っていました。そして私達はそれを実現したのです。」このような状況について聞くことはそんなに多くありません。ニックはその貴重な経験をしたのです。

ロミオは家のようにくつろいだ

dog and wolf
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

ロミオはニックとダコタと長い間一緒に暮らしました。もちろん、彼が実際にニック達の家の中に入って生活することはありませんでした。彼はやはり野生動物なのです。しかし彼はその後6年間に渡って、ニック達を頻繁に訪問しました。

もしあなたが2004年から2009年にかけてメンデンホール氷河公園を訪れたなら、ドッグパークで大きな黒い狼が犬達と遊ぶのを目にしたことでしょう。

ロミオは、野生動物と地元の人の架け橋となった

wolf and nick in snow
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

ついにロミオは、コミュニティーの信頼を獲得しただけではなく、その中で欠かせない存在となりました。地元の人達(犬を持った人々、また話題の狼を見に公園にやって来た人々の両方)はその美しい動物に目を奪われました。

コミュニティーは、野生動物を信頼できるという事実に喜び、彼もコミュニティーを信頼しました。地元の人達にとってロミオは、彼らが大地や周りの野生生物達と一つになれるという意味を持った、重要なシンボルだったのです。

人々はロミオを見るためだけに湖を訪れた

dogs and wolf playing in snow
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

ロミオの人気が広がるにつれて地元の人達は、ロミオを見るためだけに、彼が犬達とよく遊ぶ湖を訪れました。最初の頃はみんな、自分達の犬の周りに狼が存在していることに怯えていましたが(それは十分理解できることですが)、その頃から考えると状況はかなり変わっていました。

それでもなお、ロミオについて聞いたことがない多くの人達は、彼らの犬と遊びたがっているその狼を初見では警戒しました。

一部の訪問者は警戒していた

dog with wolf
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

地元の人達は皆、ロミオが危害を加えることがないことを知っていましたが、一部の訪問者達は野生動物に近寄ることに関して警戒していました。狼に全信頼を預けるのは難しいことです。特にロミオのように大きく強い狼には。

「大きな悪い狼」に関するお話や言い伝えは数多くあります。しかし実際には、狼はまったく悪い動物ではありません。彼らはただ本能にしたがって生きているだけなのです。

良いことには全て終わりが来る

dog and wolf playing
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

「ロミオは最初からとてもリラックスしていて、寛容的でした」ニックはこう話します。「まるで空から落ちてきたユニコーンのように。」

ボーダーコリー、ラブラドール、プードルに至るまで、ロミオはあらゆる種類の犬達と友情を築いていました。

残念なことに、いくつかの友情は永遠には続きません。結局のところ、すべてのものにはいつか終わりが来ます。メンデンホール氷河公園でのロミオの時間は終わりを迎えようとしていました。ロミオはその名前と同じような運命に苦しむことになるのでした。

シェイクスピアの悲劇

nick holding plaque
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

ロミオはシェイクスピアの悲劇に出てくる人物にちなんで名付けられました。そして悲しいことに、彼もまた悲劇的な最後を迎えることになったのです。2009年、ロミオはハンターによって撃たれ、殺されました。

メンデンホール氷河公園の近くに住むすべての人達は、大切な友の死に衝撃を受け、深い悲しみに打ちひしがれました。ジュノーの住人達はロミオのために告別式を行うことを決め、ロミオを追悼した飾りの額を作りました。ロミオは永遠に人々の中に生き続けることでしょう。

ロミオにふさわしい賛辞

romeo's plaque
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

その飾り額は今もなおジュノーに置かれています。もしあなたがアラスカに旅行に行くことがあれば、かつてロミオが散策していたその場所を訪問してみてください。その美しい町の住人達は、飾り額をこれからもずっとそこに残しておくつもりです。

飾り額にはこう書かれています。「ロミオ 2003-2009。ジュノーのフレンドリーな黒狼の魂は、この野生の地に永遠に生き続ける。」この碑文のすぐ上にはロミオの姿が刻まれています。

ロミオは彼らの心の中で永遠に生き続ける

romeo wolf in the snow
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

ロミオはもうこの世にはいませんが、彼はジュノーの住人達全員に忘れられない感銘を与えました。ニックはロミオと友達になることができてとても幸せでしたし、彼はダコタもまた同じ気持ちでいると確信しています。

ロミオは野生動物でしたが、彼はニックが出会った最もフレンドリーな動物の一匹でした。時として狩猟はやむを得ませんが、ロミオは食料のために撃たれたわけではありません。私達が地球に、そしてその美しい生き物達に与えているダメージをもっと認識しましょう。

ロミオの物語は受け継がれていく

a wolf called romeo book
ニック・ジャンズ
ニック・ジャンズ

ロミオがこの世を去ってからすぐ後、ニックはその大切な動物の友達との友情を「ロミオと呼ばれたオオカミ」という本の中に記しました。ロミオがどのようにしてジュノーの人達や犬達と仲良くなったのかより詳しく知りたければ、ぜひこの本を手にとってみてください。

アラスカは、動物と人間との絆にまつわる多くの物語を持った、非常に素晴らしい場所です。ニックが住む場所からそう遠くない場所で、ある女性もまた、野生動物との遭遇を経験しました…

野生動物に遭遇したもう一人のアラスカの住人

woman in field
パム・アース
パム・アース

パム・アースはアラスカのアナラスカに住んでいます。彼女がそこに住むことに決めた理由の一つは、自宅の玄関先から見ることのできるたくさんの動物達でした。パムは家の周りで野生生物を見ることに慣れていました。

彼女はカリブーが通り過ぎていくのをよく見ました。また、野ウサギもよく現れました。パムは他の場所で住むことは考えられませんでした。彼女は自分の国、そして自分の近くに住むすべての動物達を愛していました。

それは新たな動物の訪問者なのか?

alaskan wildlife encounters
パム・アース
パム・アース

ある日、パムは家の外から聞こえる、よく分からない変な物音を聞きました。何かの動物がその物音を立てているんだろうと思いましたが、確信はありませんでした。彼女はただ、それが侵入者ではないことを祈っていました。

パムはその物音が何なのか気になり、注意深くそこに向かって歩いて行きました。もしそれが動物であれば、驚かしたり、刺激して自分が攻撃を受けるようなことは避けたかったのです。

パムは調べてみることにした

investigating
パム・アース
パム・アース

パムはその物音の発信元にもっと近付いてみることに決めました。すると彼女は、その音が玄関先から聞こえてきていることに気づきました。誰、または何がそこで動き回っているのか確かめようと、パムは玄関先に向かいました。

最初はそれが侵入者だった場合に備えて、彼女はとてもゆっくり動きました。気づかれることは避けたかったのです。パムは少しばかり緊張していました。

最初は何も異常がないように見えた

fluffy cat alaska
パム・アース
パム・アース

彼女が玄関先に着いた時、最初に見えたのは彼女の猫「ギズモ」でした。ギズモは玄関先にいるのが許されていたので、それに関しては特に何も異常なことはありませんでした。ギズモは屋内・屋外の両方で生活していました。

一瞬、パムはギズモがその物音を立てていたんだと思いました。しかし、ギズモが静かに座っているのに、その物音は鳴り続けました。何か他の生き物に違いありません。

ギズモはまったく動じていなかった

cat on deck
パム・アース
パム・アース

パムはギズモを見て、ギズモはパムを見返しました。するとギズモはそっぽを向いて、何か自分のことに集中し始めました。彼は明らかに、騒音を立てている張本人ではありませんでした。しかしそれがギズモでないとすれば、一体何なのか?

パムにはもう一匹猫がいました。おそらくその猫がその音を立てているのでしょう。しかしパムは、彼女の猫達がそんな音を立ているのは聞いたことがありませんでした。おそらく何か他の動物だろうとパムは思いました。

二匹目の猫はどこにいたのか?

cat on deck in snow
パム・アース
パム・アース

パムのもう一匹の猫は「スーツケース」という名前でした。猫の名前としてはおそらく最高でしょう。最初パムはスーツケースを見つけることができませんでした。スーツケースとギズモはいつも一緒にいましたが、この日スーツケースはどこにもいませんでした。

おそらく、その物音を立てていたのはスーツケースだったのでしょう。しかし次の瞬間、スーツケースが突然ポーチに飛び乗ってきました。どっちの猫でもないとすれば、何がその物音を立てているのか、パムにはまだ分かりませんでした。

このミステリーは解決されるのか?

2 cats on deck in snow
パム・アース
パム・アース

物音は次第に小さくなり始め、どうやらそこにはパム、そして雪の中でくつろぐのが好きな彼女の猫達だけしかいないようでした。パムは未だに誰、または何が先ほどの物音を立てていたのか全く分かりませんでしたが、今のところここアラスカのアナラスカでは、物事はいたって穏やかでした。

パムは、あの騒音が何だったのかもう永遠に分からないだろう、そう思い始めていました。いっそすべて忘れてしまおうと。

彼女が最初に見逃したもの

bald eagle sitting on deck
パム・アース
パム・アース

ギズモが起き上がって玄関の反対側に向かって歩いていった時、パムはもう家の中に戻ろうとしていました。しかしその時パムは、最初に玄関を捜索した時には見逃していたある物を目撃しました。家の周りを囲む柵の上に、なんと大きくて綺麗な白頭ワシが座っていたのです。

パムはアラスカで白頭ワシを見たことはありましたが、こんなにも間近で見たことはありませんでした。それはまるで息を呑むような光景でした。

パムは立ち止まって、ただ眺めた

cat and eagle on deck
YouTube
YouTube

パムはその光景に圧倒されて、ただ呆然としていました。彼が怖がって逃げていかないように、筋肉一つさえも動かしませんでした。彼女はただ、玄関に座っているそのワシをしばらく見て、写真をいくつか撮りたかったのです。

その時彼女は思い出しました。ワシは、ちょうど彼女の猫くらいのサイズの哺乳類を食べるのが好きだと。このワシは非常に大きなかぎ爪を持っており、彼はギズモにかなり近づいていました。

ワシは一匹ではなかった

eagles-on-alaska-porch
パム・アース
パム・アース

ギズモはワシの存在を気に留めていないようでした。スーツケースも同じでした。彼女は、ワシが猫達をすくい上げて連れ去っていくことは無いと確信していました。(猫達は実際かなり太っていて、ワシが連れ去っていくには重すぎました。)

パムは辺りを見渡して、車寄せの端にある街灯柱の上に二匹目の白頭ワシがいることに気づきました。一日に白頭ワシを二匹も見ることができるなんて、パムには信じられませんでした。

これは何なのか?別の訪問者?

eagle and fox
パム・アース
パム・アース

すると突然、先ほど聞いた音とは違う、カサカサとした音が聞こえてきました。振り返ってみると、なんと赤くてフワフワしたキツネが、玄関に向かって歩いて来るのが見えました。パムの家は「ノアの方舟」と化していたのです!彼女は遠くに二匹目のキツネが隠れていないかと半分期待していました。

パムはソーシャルメディアでこの遭遇について投稿しました。投稿にはこう書かれています。「キツネとワシと猫が、ここでは仲良くやっています。彼らはいつもお互いを攻撃し、殺し合っているわけではありません。」この異種間の友情から、私達はみな何かを学ぶことができます。もし猫やワシ、キツネ、犬、そして狼達が仲良くできるなら、私達にもできるはずです。