引き取り手がなかなか現れなかったダウン症の少女の養子縁組物語に涙が止まらない

生後13日目にして、20組の家族から拒否されたアルバ。一方、独り身ということから養子縁組の許可がなかなか得られなかったルーカ。運命によって引き寄せられるように、他に選択肢がないという状況で2人は出会いました。2年たった今、父親のルーカと娘のアルバはいつどんなときも一緒です。しかし、2人の親子の関係は普通の関係とは少し違います。これは、愛がすべてであることを証明しステレオタイプを打ち破った父と娘の愛の物語です。

すぐに感じた「繋がり」

Newborn Alba sleeps on Luca's shoulder.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

父親になることを夢見ていた、42歳のルーカ・トランパニーズ。病気や障害を持つ人たちと関わる仕事をしていたため、障害を持った子供でも養子に受け入れることができると自信を感じていました。アルバを受け入れることで、彼の自信は本物であることが証明されることとなります。

生後13日目、アルバは自分の父親となるルーカに出会います。2人の間にはすぐに絆が生まれました。ルーカは『ボン・カルチャー』とのインタビューで、「アルバは自分の一部の様な存在で、養子であることを忘れてしまうこともあるんだ」と話しています。

相性抜群

Luca and Alba sleep on their backs next to one another.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

アルバの受け入れ時、すでに特別支援が必要な人たちのお世話には慣れていたルーカ。BBCに対して、14歳の時に末期がんの親友のディエゴの看病をした経験を語っています。ルーカはディエゴの最期の時まで傍で看病を続けたそうです。

この経験がきっかけとなり、ナポリの教会でボランティアを開始。病気や障害を持つ人たちのお世話をしてきました。アルバの様なダウン症はすでに経験済みだったのです。

法的な問題

Luca holds Alba while posing beside his mom and another relative.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

ルーカは父親になることをずっと夢見てきました。当時のパートナーとは障碍を持った子供を養子縁組に迎える計画まで立てていましたが、10年を共にしたパートナーとは数年前に破局。それでも子供を育てたいというルーカの思いは変わりません。

残念ながら、イタリアの法律では片親は養子を迎えることができません。しかし2017年の法改正により、ルーカの様なシングルでも自分1人で養子を迎えることが可能になりました。さらに、独り身ではあるもののルーカには支援してくれる家族や友達がいます。

リスト最下層

Luca holds up a Snow White mug while Alba drinks from a sippy cup.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

ルーカは養子をとることを許されてはいましたが、エージェントの親候補ではリストの最下層。伝統的な家族が最も求められているため、子供がすべての家族に拒否された場合にのみルーカに連絡が入ります。

アルバが20組の家族に拒否されたことは残念でしたが、だからこそルーカと巡り合うことができたと言えるでしょう。ルーカが望んでいたのは、愛情をもってアルバを受け入れ育てるということだけです。

逆転した状況

Luca smiles down at Alba who is dressed for a wedding.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

出産後に母親に捨てられたアルバ。障碍のこともあり、適切なお世話を受けさせるようにすることは楽ではありません。生みの親は投げ出してしまったかもしれませんが、ルーカはアルバの父親になれるということにワクワクしていました。

BBCとのインタビューで、「養子縁組の連絡をもらった時はうれしすぎて、即座には『イエス』と言えなかったんだ」と話しています。また、元々自分が父親になる準備ができていると感じていましたが、アルバを抱いた瞬間にその気持ちが確信に変わったそうです。

すぐに絆を形成した2人

Luca and Alba stare at the camera in sunglasses.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

養子縁組の許可を得ると、ルーカはすぐに病院にいるアンバーの元へと向かいました。その後2人はルーカの家族が住む田舎町の家に戻り、新しい家族からたくさんの愛情で迎えられます。

生後間もない頃に起こったこれらの幸運な出来事のおかげで、アルバはのびのびと生きることができるようになったと言えるのではないでしょうか。アルバは個性の強い子だとルーカは話します。「1日中、遊んで、食べて、踊っていたいような子なんだ」(ルーカ、『BBC』)

どんな時もそばにいてくれる父親

Luca helps Alba with her floaties.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

生後間もない頃から一緒に過ごしているため、ルーカはアルバの成長過程をすべて見ることができています。外向的なアルバの性格を生かして、公園などのアウトドアアクティビティや博物館などにアルバを連れ出しているようです。

こちらの写真は、浮き具を付けた乳幼児のアルバを慎重に手助けするルーカ。歩くこと、話すこと、泳ぎ方など、シングルファーザーとしてルーカがすべてアルバに教えています。

アルバはルーカがまさに求めていたもの

Luca lifts Alba up over his head and out of the water.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

写真を見と、ルーカはアルバをしっかり見て心から彼女といることを楽しんでいることが見て取れます。ルーカはBBCに次のように話しています。「障碍があるからアルバが第1希望じゃなかったなんてことはないんだ。僕は『アルバを』自分の娘にしたかったんだ」

アルバはダウン症を抱えていますが、幸せな子供として育ち周りからの支援も充実しています。多くの親にとって、アルバの様な障害を持っていたとしても子供が社会にうまく適応することが1番の望みでしょう。

手を差し伸べることをいとわないルーカ

Luca holds Alba on the beach.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

支援を必要とする人たちを援助してきた経験から、ルーカは強い使命を感じていました。カトリック教徒であるルーカは、教会での意味のある活動を続けたいと考えます。そのため、25歳の時には神父になるための勉強をしていたそうです。

しかし、恋に落ちてすべてが変わります。神学校を離れて、パートナーと共に自分のチャリティー団体を設立しました。いつか障碍を持つ子供を養子に迎えたいと思っていたルーカ。家族を始める際に自分が独身になっているとは思いもしませんでしたが、だからこそ娘のアルバとの絆がより深まったと言えるのかもしれません。

アルバのお陰で改善した生活

Luca bends down to smile and look into Alba's eyes.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

他の親同様、父親になってルーカの生活は一変しました。生活のすべてがアルバ一色になりましたが、ルーカはそのことに充足感を得ていると言います。養子縁組斡旋協会から電話を受けたときの喜びは、数年たった今でも忘れられません。

パートナーがいることに幸せを感じる人もいますが、ルーカはアルバとの未来が楽しみで満足しています。一緒にたくさんのいい思い出を作ることができると、ルーカはこれからの2人の人生にワクワクしているようです。

父親でいるのも楽じゃない

Alba lays on Luca's chest.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

片親でいることが楽ではないことはルーカ自身も認めています。しかし、パートナーを持つ友人の多くが同じように子育てに苦戦していることをルーカは知っています。個々の状況に関係なく、おそらく多くの親が「子育ては一番難しい仕事」と考えているのではないでしょうか。

幸せな子供らしく、アルバはエネルギーと好奇心にあふれています。ルーカはアルバの精神を豊かにしようとできる限りの時間を投資していますが…時にはお昼寝の休息も必要です。

父親であるという誇り

Luca hold Alba while she reaches out to touch a cow.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

アルバには頑固なところがある、とルーカは話します。幼児にはよく見られる傾向です。しかし、このような自己主張の傾向は、幼い頃に突然母親との別れを経験したアルバの様な児童に特に重要な自信を与えてくれると言えるでしょう。

アルバの自信はルーカの高い子育てスキルの証です。アルバを一番に考え人生のあらゆることを経験させることで、ルーカは人生の困難を乗り越えるための糧となる強い個性をアルバが構築する手助けをしています。

取り払うべき障害

Luca kisses Alba's hand while she covers her eyes.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

ルーカとアルバは伝統的な家族とは言えませんが、2人の物語は「健全な家族の在り方」というものを考えさせてくれます。愛情という点に関しては、2人は親子の絆の美の象徴と言えるのではないでしょうか。

ルーカとアルバは、似たような状況にいる他の家族にも勇気を与えてくれます。親になることを夢見ているのに、一生添い遂げるパートナーをただ待つだけの日々に飽き飽きしてしまった人もいるでしょう。家族を必要とするアルバのような子供たちは世界にたくさん存在します。

自立は大歓迎

Alba pretends to steer a tractor
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

ルーカのチャリティー団体は、障碍者がより自立した生活を送るお手伝いをするためのアクティビティの支援を行っています。障碍者に対するルーカのアプローチは、アルバに対する姿勢にもよく表れていると言えるでしょう。

アルバはダウン症を抱えていますが、動物園に行ったり、海で遊んだりと2人は普通の親子がするようなアクティビティを楽しんでいます。ルーカの励ましは、自分が他人とは違う、能力が低いと思ってしまいがちな特別支援を必要とする児童にとってかなり大きな意味を持ちます。

乳幼児を抱いたことすらなかったルーカ

Luca takes a selfie of him and Alba riding a bicycle
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

ルーカは父親になるべくして生まれてきたような人物に思われるかもしれませんが、養子縁組の手続きの際にはかなり不安を感じていたようです。それもそのはず、ルーカには乳幼児を抱いた経験すらありませんでした。しかし1度その腕に抱きかかえると、恐怖が嘘のように消えていきました。

親になるということは大きな責任を伴います。障碍を持った人のお世話には自信があったルーカでしたが、父親になるということはまた別問題です。幸い、アルバを受け入れてみるとルーカの父性は自然と芽生えてきました。

楽しみの絶えない生活

Luca pushes his nose against Alba's nose
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

一緒に休暇を過ごしたルーカの母親か叔母によって撮影されたと思われるこちらのキュートな1枚。キャプションを見てみると、朝6時半にアルバからたたき起こされたというほほえましいエピソードが添えられています。

さらにこの休暇では、2人は1日をビーチで過ごし、親せきと一緒に食事を楽しんだようです。最後は、ルーカが庭で読書を楽しむ中、アルバが寝落ち。キャプションの中でルーカは、読書中にいびきがうるさかったとアルバをからかっています。

幸運なアルバ

Alba and Luca laugh at one another in the jacuzzi
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

他人の何十年分の不幸を生後2週間で経験したアルバ。状況を100%理解していたわけではないでしょう。ただ、拒絶された経験は残ります。

しかし、どんな子供もうらやむような父親に巡り合えたことで、アルバの人生はバランスが取れたと言えるかもしれません。写真の2人の表情からは喜びがにじみ出ていますよね。アルバの生まれた環境は決して理想的ではありませんでしたが、父親を得た今、彼女の人生は愛情と支援に溢れていることでしょう。

経験を共有

Luca reads a story to Alba
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

最近、ルーカは自分とアルバの物語に関する本を出版しました。タイトルはイタリア語で「あなたのために生まれた」を意味する『Nata Per Te』。本の中では、感動的な2人の物語の詳細が語られています。

自分のプライベート生活に関することを出版するということには、弱さをさらけ出す勇気が必要です。しかし、2人の物語はそれだけの価値がある特別なものであると言えるでしょう。障碍を持った子供に絶え間ない愛情を注ぐルーカの姿を見て考えさせられる人も多いはずです。

普通の家族

Alba sits on Luca's lap and they smile at one another.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

ルーカとアルバの物語は世界的な認知を得て、このようなユニークな家族構造が一般化しつつあります。もし養子縁組斡旋協会がストレートでない人、独り身の人を拒否していたら、アルバは愛に満ち溢れた父親に出会うことができなかったかもしれません。

とにかく父親になりたかったルーカは、ステレオタイプに対抗するために養子を迎えたわけではありません。ただ、アルバと共に築き上げてきた家族が結果的に固定概念を破ったということは本人も認めています。2人の絆は、愛情には様々な形があることを証明してくれました。

一生モノの絆

Luca and Alba snuggle with their faces together.
trapaluca/Instagram
trapaluca/Instagram

ルーカは愛する娘と経験する未来を楽しみにしています。いつか自分と同じようにソーシャルワークに従事してほしいという思いがなくはないものの、アルバが自分自身の夢を追い求める支援をしていくつもりです。

ダウン症においては、確かに関連する健康問題が指摘されています。ただ現代医療のお陰で、現在障碍のコントロールは以前よりしやすくなってきています。アルバもおそらく長生きできるでしょう。そして、愛情に満ち溢れた父親が彼女を傍から支援してくれるはずです。

知られてはいけない妊娠

baby-kati-35028-32376-45139

およそ22年前、ケイティの生みの母親であるセン・ホウショウは2人目の娘を妊娠していました。一人っ子政策により、中国で2人目を持つことは違法です。妊娠してから日数が立ちすぎていたため、センには中絶という選択肢はありません。政府に見つかって子供を取り上げされることを恐れた彼女には、出産まで6週間ほどしか残されていませんでした。

問題だらけ

river-boat-39512-90156-30449

センは夫のシェイ・リダの力を借り、ボートの上で娘を出産。沸騰したお湯ではさみを消毒して、へその緒を切り落としました。しかし、合併症のために政府に通報しないと約束をしてくれた医師の元に駆け込むことを余儀なくされます。

命を救うために

vegetable-market-in-Suzhou-77913-26969-14466

娘と長くいればいるほどその命を危険にさらしてしまうことをわかっていたシェイは、朝早く家を出て、娘を引き取ってくれるようにお願する手紙を添えて娘を野菜市場に置き去りにします。この手紙には、10年後または20年後に杭州市の有名なブロークン・ブリッジで再会したいということが書かれていました。しかし、別の思惑を持っていたケイティの育ての親。一体どうなってしまうのでしょうか?

手紙の全容

Note-Left-35552-64007-64760

「私たちの娘のジンジーは、1995年の太陰暦7月の24日、午前10時に誕生しました。貧困と政府の決まりによって娘を手放さなくてはいけません。両親としては断腸の思いです。娘を救い育ててくれてありがとうございます。もし天が我々の気持ちをおもんぱかり、運命によって我々を引き寄せてくれるなら、今から10年または20年後、杭州市のブロークン・ブリッジの七夕祭りで再び会えますように。」

一人っ子政策

china-one-child-policy-92758-86221-14383

一人っ子政策は、1979年、人口をコントロールして貧困を軽減する目的で毛沢東政権によって導入されました。この政策は35年以上も続き、4億人の出産を防止したと言われています。ただ、政策が廃止された2015年以降、その数字には様々な反論がなされているようです。

養子縁組

Suzhou-Welfare-Home-41213-35835-80731

ジンジーが手紙と共に蘇州市にある児童福祉センターに届けられてから間もなくして、ケン&ルース・ポーラーと9組の家族はベサニー・クリスチャン・サービスと共に中国の孤児院にやってきました。センとシェイの動向については、記事の後半でご紹介していきましょう。

手紙はどうなったのか

e31efd1e-d361-11e7-93d7-6d6fc14be448_1320x770_163623-86517-93319-20790

ジンジーとキャサリン・スー・ポーラーと共にバスに乗り込んだケンとルースは、通訳に手紙を中国語に訳してもらいました。生みの親の真実を知らせることは幼いケイティの人生を複雑にしてしまうと考えた2人は、精神的にこの事実を受け止められる年齢に成長するまでケイティにこのことは話さないという決断を下します。

根っからのアメリカ人

de8760b6-d361-11e7-93d7-6d6fc14be448_1320x770_163623-38759-48862-42419

人口7,000人ほどの小さな町でポーラー家に育てられたケイティ。ここで伝統的なアメリカらしいライフスタイルを送ってきました。敬虔な育ての親と共に教会に通い、スポーツに打ち込み、バイオリンやピアノをたしなみ、旅行でアメリカ中を訪れます。高校卒業後は、公衆衛生と音楽を学びました。

一方中国では…

store-qian-and-xu-26233-35579-31240

ケイティの実の親は、中古のテレビ、洗濯機、冷蔵庫などを販売するお店を経営しています。家族を養うために365日働く夫婦。長年貧困生活を送っていたセンとシェイは、現在やっと貯めたお金で購入した寝室が2部屋あるアパートで暮らしています。センとシェイは一人娘のために一生懸命働いていましたが、ケイティにした約束のことは忘れていません。さて、この親子に一体何が待ち受けているのでしょうか?

1度目の挑戦

Qian-and-Xu-33122-91976-47084

我が子に残した手紙が養子として受け入れてくれた家族の元に渡ったことを願って、誕生から実に10年後、センとシェイはジンジー(ケイティ)を一目見ようと七夕祭りの日にブロークン・ブリッジへと向かいます。

実際に壊れているわけではないブロークン・ブリッジ

Broken-Bridge-97621-63773-25152

困惑する方も少なくはないと思いますが、ブロークン・ブリッジは「ブロークン」、つまり破損しているわけではありません。この橋は、ジンジーが生まれた場所であり生みの親が今でも暮らしている杭州市に位置しています。中国での七夕祭りは西洋のバレンタインのようで、毎年7月の7日に当たります。

連絡を取ろうと試みたポーラー家

slide-12-family-91220-29590

ケンとルースは「過去のことでケイティを混乱させない」という約束をしましたが、それでも生みの親が誕生から10年後の七夕祭りでケイティに会うことを望んでいるということを忘れたわけではありません。実の親と関係を持たせることは早すぎると思ってはいましたが、少なくともケイティの家族には元気で問題なく暮らしている旨を伝えたいとは考えていました。ケイティが過去を受け入れられる年齢に達した頃、ケンとルースはケイティに話すことにまだためらいを感じます。その理由とは何だったのでしょうか?

時すでに遅し

Xu-with-picture-of-daughter.jpg-82812.jpg-73143.jpg-77699

ポーラー家は中国に住む友人のアニー・ウーに連絡を取り、七夕祭りの当日に彼女が代理としてケイティの実の親を探しに橋まで向かいました。残念ながら、しばらく橋の上で待っていたセンとシェイはアンが橋に到着するころにはその場を去っていました。しかし、お祭りの風景を撮影していたテレビクルーを目撃したアンは、撮影したテープを見せてもらえるように頼みこみます。その映像の中には、娘の名前が書かれたポスターを掲げたシェイの姿がありました。

ニュース特集のお陰

Xu-newspaper.jpg-97930.jpg-91796.jpg-22173

娘の名前が書かれたサインを掲げたシェイをたまたま撮影したテレビクルーが、誕生時に生みの親と離れ離れになってしまった中国人少女の悲劇的なストーリーを報じました。この報道を目にしたセンとシェイはテレビ局に連絡を取り、局内でアンと会う約束をします。ここで夫婦にポーラー家からの手紙が渡されました。

手紙のみ

qian-and-xu-documentary-44392-74461-44190

センとシェイは娘に関してさらなる情報を期待していましたが、娘を守りたい一心のポーラー家は手紙のみで留めたいと考えていました。あきらめざるを得なかった娘に関するさらなる情報を得られないまま、それから10年以上がたちます。

センとシェイは我が子に関わりたいと思っていましたが、ポーラー夫妻はそれに対してどのように反応したのでしょうか?

ニュース番組からドキュメンタリーへ

Chang-Changfu-Docu-34263-65002-74175

この話を耳にした中国人ドキュメンタリー監督のチャン・チャンフーは、ぜひこの話を伝えたいと考えます。監督はまず実際にセンとシェイに会ってから、ケンとルースを見つけ出すことにしました。大した手がかりがなかったため、チャンはインターネットを駆使して蘇州市から中国人の女の子を養子に取ったミシガン州在住のアメリカ人家庭を検索します。

すぐには得られなかった確信

Kati-alone-12480-27312-93292

ついにポーラー家と連絡を取ることができたチェンでしたが、夫妻は乗り気ではありませんでした。2人の間でケイティが21歳になるまでは過去のことは話さないと決めていたのです。「私が中国人だけどアメリカ人ってことに疑問を抱いている人もいると思ったの。だから、ママに過去ついて話してほしいって私からお願いしたのよ」と、のちにケイティは『サウス・チャイナ・ポスト・マガジン』に話しています。

一瞬で決意

Kati-and-Her-Birth-Parents-41214-36171-96847

育ての親から実の親のことを聞いたケイティはすぐに会ってみたいと思いました。ケイティは自らチェンに連絡を入れ、ドキュメンタリーへの参加に同意します。チェンは、手紙と一緒にケイティが置き去りにされた中国の野菜市場に彼女を連れてきました。感情があふれ出してきていっぱいいっぱいだったケイティ。初めて生みの親を目にした時のケイティの反応は感動的なものでした。

ついに橋の上で再会

Kati-Qian-Crying.jpg-10124.jpg-68246.jpg-60034

劇的な効果を出すために、チェンは元々ケイティと実の親が会うように約束していたブロークン・ブリッジでの再会を手配します。22年間で初めて娘の姿を目にしたセンは泣き崩れてしまいました。ケイティは中国語を話すことができず、実の家族はほとんど英語を話せません。しかし、できる限りの方法でコミュニケーションをとろうとお互い努力しました。

一からのスタート

Kati-and-Family.jpg-18892.jpg-94309.jpg-56096

中国を訪れたケイティは、実の親のアパートにある姉の部屋で数日を過ごしました。センとシェイは、数年前に深刻な脳卒中を起こした祖母にもケイティを引き合わせます。

ケイティはまだ自分の過去を消化しきれていませんが、中国の実の家族との関係を築くことに意欲的です。一方センとシェイは、娘の気持ちを尊重しつつ本人の望む形で娘と関わっていきたいと考えています。