妊娠している主人のおなかに吠える犬、でもそれは命を救うためだった?

多くのペット主人は、猫、犬もしょくは、他の動物などのふさふさした友達は、人間にはわからない何かを感じることができると言います。その理由として、ペットたちは、何か第6感のようなものがあり、緊急事態を察知できるのです。それがたとえ我々が分からないような非常に些細な事でもです。これが、アラハナ・バトラーと彼女の犬であるキオラにも同じことが起こったのです。アラハナと彼女のフィアンセであるリッキーは、彼女が妊娠したことに大喜びしていました。ところが、妊娠4か月を過ぎたころから、キオラが、変な行動を始め、常にアラハナのおなかを軽く触り始めてのです。

アラハナとリッキーは親になるのが夢でした

アラハナとフィアンセであるリッキーは、初めて会った時から意気投合し、これからずっと一緒に時間を過ごすパートナーだと感じ、家族になりました。そして、ふたりは、迷うことなく子供を作ることにしました。妊娠を望む中、アラハナは、時々、このまま妊娠しないのではないかと疑った日もありました。しかし、その幸運の日は訪れたのです。ー妊娠したのです。

キオラも同じようにアラハナの妊娠を喜びました

秋田犬のキオラが、アラハナが妊娠していることに気が付くのに、そんなに時間はかかりませんでした。キオラは、かわいい子犬でいつも一緒にごろ寝していました。この時間がアラハナにとって、妊娠してからは、より安らぎを感じるいい時間となっていました。キオラは、日に日に大きくなってくるアラハナのおなかのすぐ側にいました。外に出かけるよりも、大抵の夜は、キオラがアラハナのおなかの上に頭をのせて、ソファーの上でくつろぐのがいつもの過ごし方となっていました。

キオラの変な行動

alhanna and keola
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナが妊娠4か月になったころ、キオラの変な行動が目立ち始めました。いつもは、穏やかで、ぴったりとくっついてきたのが、180度変わってきました。やさしいタッチでアラハナを触っていたのが、何時間もアラハナのおなかに対してクンクン泣いたり、軽くツンツンしてくるのです。ある日、キオラは、アラハナのおなかに鼻をうずめて、何かを出すかのようにしてきたのです。初め、アラハナとリッキーは、その行動が信じられませんでした。

アラハナの妊娠は、すべて順調

alhanna-pregnant.jpg-57954
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナは、妊娠していることを心から楽しんでいました。妊娠初期の他のお母さんたちから聞いたあまり好ましくない症状は、うまく回避することができていたので、幸運に恵まれていました。アラハナもリッキーも、その子供が産まれてくるのをとても心待ちにしていました。二人とも、はやく親になりたくて、家族が増える、その光景を考えては、楽しくなりました。アラハナの妊娠はとても順調でした。キオラのアラハナへの、ツンツンしたり、何かを呼び起こしているような奇妙な行動はまだ続いていましたが、ふたりは、それも一時のことだと思っていました。

アラハナ、鋭い痛みを感じ始める

alhanna-and-keola-couch.jpg-34526
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナは、妊娠16週目まで、順調でしたが、その後とても信じられないようなことが起こりました。アラハナは、急に後ろの腰の下あたりに鋭い痛みを感じ始めたのでした。痛みはとてもひどかったため、彼女は、歩くことも話すこともできなくなりました。痛みのせいで、アラハナは、とても悪いことが起こるのではないかと思い始めました。赤ちゃんは大丈夫なの?ふたりの親になるという夢が壊されないだろうか?リッキーは、アラハナをすぐに病院に連れていき、神に祈りました。

アラハナ、病院へ担ぎ込まれる

alhanna goes to the hosptial
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

ものすごい痛みがアラハナを襲い、リッキーは、すぐに彼女を診てくれる病院へ連れて行きました。ふたりは、悪い知らせを覚悟していましたが、以外にも、医者から、アラハナと赤ちゃんは無事であると告げられました。医療スタッフによると、妊娠のためにアラハナの体はすごく負担がかけられていたそうです。そのため、アラハナは赤ちゃんが産まれるまで、しっかりと休養を取るように言われました。二人は安心して、家へ帰りました。

家に帰って、まずは安心。(でも疲れた)

アラハナとリッキーは、病院を出て家に帰りました。ふたりは、赤ちゃんが無事と知り、胸をなでおろしました。ふたりは、とにかく早く家に帰って、リラックスして、子犬のキオラとごろ寝したかったのです。アラハナは、まだ、鋭い痛みを腰の後ろ辺りに感じていましたが、医者の言葉を信じるしかありませんでした。アラハナは、家について、ベッドでゆっくりし、長引く痛みを感じながらも寝ようとしました。

ファイスブックをはけ口に

keolaconcerned
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

次の日、アラハナは、フェイスブックを更新し、友達や家族に近況を伝えました。アラハナは、自分のキツイ症状の詳細を伝え、医者に、彼女自身と赤ちゃんが無事であると言われたことを投稿しました。それから、キオラが、ここ2週間ほど変であることも付け加えました。友達や家族は、すぐに、ふたりに手助けを申し出ましたが、キオラの行動についてのコメントもたくさんきました。皆、すぐに、キオラの本能を信じ、医者に行くようにと、促すコメントがたくさん来たのです。

キオラは、アラハナに何かを伝えようとしたのか?

alhanna-and-keola-cuddling.jpg-81835
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

この時、アラハナは、どうしていいかわかりませんでした。この2、3日は、母親になろうと疲弊していて、どこか悪いはずだと主張して医者の機嫌を損なうのにも乗り気ではありませんでした。しかし、痛みが消えることはなく、アラハナは、キオラのことを信じよう思いました。現時点では、キオラの行動は、とても奇妙でしたが、キオラは、一体何を彼女に伝えようとしているのでしょうか?

アラハナの母も助けに

alhanna-and-her-mom.jpg-33557
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

今、アラハナは、友達や家族みんなから、医者に行くべきであると言われ続けていました。アラハナは、状態が良くないにしろ、どうしていいかわかりませんでした。でも、彼女にセカンドオピーニオンを受けなさいと、必死で説得する母親に後押しされました。アラハナの母親は、キオラの行動が単なる偶然だとはどうしても思えませんでした。次の日、アラハナは、痛みをこらえて、仕事に行くことにしました。しかし、とても恐ろしいことが待ち受けていたのでした。

キオラがドアを閉じで、アラハナを仕事に行かせなかった

keola-blocked-the-do.jpg-85729
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

次の朝、アラハナは朝起きて、まだ痛みを感じていました。しかし、彼女は、頑張って仕事に行こうとしました。準備ができ、アラハナがドアへ向かうと、キオラが、彼女を行かせなかったのです。キオラは、跳ね上がり、ドアを塞いで、駄々をこねました。アラハナは、キオラの行動が全く理解できませんでした。その時、アラハナは倒れたのです。リッキーは、物音を聞きつけ、急いで、アラハナを緊急救命室へ連れて行きました。

アラハナと家族は、答えを探す

looking for answers
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

今、アラハナは緊急救命室にいます。アラハナは、落ち着き、自分の今の症状を説明しました。でも、キオラにも自分が今ここにいる原因があることは言いませんでした。医師は、アラハナに、色々検査を行い、痛みや倒れた原因が、何か深刻な病気によるものなのか、それともただの妊娠による疲労なのか調べていました。アラハナ、リッキーそしてアラハナの母は、その結果を待っていました。

アラハナは、二つの腎臓が同時に感染症を起こしていたのです

sonogram.jpg-30420
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

様々な検査の結果が終わった後で、アラハナの医師から、悪い報告がありました。アラハナは、ただの腎臓感染症ではなく、両方の腎臓が感染症を起こしていたのです。それ以上に、彼女のバイタルはとても悪く、もう少し遅ければ、アラハナと赤ちゃんは、ともに死んでいたかもしれなかったのです。一方で、アラハナは、痛みが自分の想像ではなかったことに安心したと同時に、自分の生命の危機と自分のまだ生まれていない赤ちゃんの命に恐怖感じたのでした。

治療中

undergoing treatment
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナの医師は、時間が急務だと知っていました。彼女が、流産する危険性もあり、最悪の事態であれば、母子ともに命を失うこともあったのです。医師は、これ以上彼女の腎臓にダメージを与えないために抗生物質の治療や最善のケアを行いました。アラハナは、自分でも回復したことが分かりましたが、自分が赤ちゃんの命を危険にさらしたことに打ちひしがれていました。

治療にも効果が表れる

怖くて、ストレスな2-3週間も終わり、アラハナも抗生物質の治療もおわり、十分休養も取れました。アラハナと赤ちゃんは、医師によって、注意い深く看病されました。幸運にも、ケアと治療もうまく効果を示し、アラハナの腎臓感染症も感知し、母子ともに健康になりました。これで、アラハナとリッキーのすることは、新しくこの世に生を受ける赤ちゃんの誕生を待つのみとなりました。

アラハナとリッキーは、健康な赤ちゃんとご対面

遂に、ものすごく長い時間だったようにも思えた瞬間が2015年の11月に来ました。アラハナとリッキーは、その大事な赤ちゃんをリンカーンと名付けました。二人はすぐにその赤ちゃんのとりこになりました。これまでのことを考えると、遂に自分たちが親になったことが信じられませんでした。アラハナが、とても深刻な健康状態にあったにも関わらず、リンカーンはとても健康だったのです。ふたりは、これ以上何も望みませんでした。このすべてのことに対して、キオラに感謝しました。

リンカーン、家に帰る

リンカーンが産まれた後、アラハナとリッキーは、病院で2-3日泊まりました。ふたりは、この小さい男の子を家に連れて帰るのがとても嬉しくて、何よりも、キオラに紹介するのがとでも楽しみでした。妊娠のことを思い出して、アラハナは、キオラが、何週間も悪いニュースを教えようとしていた事ばかり考えていました。アラハナは、キオラにものすごい愛情を感じ、これからキオラに恩返しできるかわからないでいました。

キオラ、リンカーンに夢中

アラハナとリッキーは、新しい家族を大事にして、帰ってきました。キオラは、すぐに、父と母が、新しい赤ちゃんの弟を連れて帰って来たことを察し、興奮しました。アラハナとリッキーと同じように、キオラもすぐにリンカーンに夢中になりました。すぐに、キオラは、リンカーに興味を示し、自分の小さな弟の側から離れなくなりました。まるで、キオラは、リンカーンのことをずっと前から知っていたかのようでした。

キオラは、いつもリンカーンと一緒

今は、アラハナとリッキーは、キオラが何か悪い知らせを知らせようとしていたことが分かりました。それも当然で、キオラと彼らの息子は強い絆で結ばれていたことをわかっていました。リンカーンを家に連れてきてから、キオラはいつもリンカーンの側にいました。リンカーンがお昼寝している時も、イスでご飯を食べている時も、自分の部屋でおもちゃで遊んでいる時も、いつもキオラはそこにいました。リンカーンは、家に備え付きの親友がいたのです。

細心の注意を

キオラは、小さな赤ちゃんと比べると、とても大きな犬でした。そのため自然と、アラハナ、リッキーそして家族も友達も皆、間違ってリンカーンを傷つけることがないか心配でした。しかし、二人の関係を見ると、明らかにキオラは、大きさの違いを理解していたようです。キオラは、いつもふたりでゴロ寝したり、遊んだりするときに、細心の注意を払っているようでした。キオラは、まさに、”第6感”という動物が持っているとされるものを持っているようでした。

一緒に成長

アラハナとリッキーが気付く前に、リンカーンは、一歳になろうとしていました。リンカーンは、目に見はるように大きくなっていました。しかもはやく。この彼の一年の間、キオラはいつもリンカーンの傍にいました。二人はいつも何時間も一緒に遊び、ママとパパと散歩に行き、一緒にごろ寝しました。二人は稀に見るとてもユニークで特別な絆で繋がっていたことは明らかでした。

もう歩けるよ!

家族の一番の一緒に過ごす楽しみは、近所や公園を長い間散歩することです。アラハナとリッキーが、リンカーンの乳母車を押している横を、キオラがいつも小さな弟である、親友の横にいました。アラハナによると、一番かわいいのが、キオラは、一日のうちで、いつ散歩に行くか知っていたのです。アラハナが、リンカーンの着替えをすると、キオラは、その時間が来たと察し、おおはしゃぎします。

最近は、お昼寝姿がたまらなくかわいい

もちろん、長い散歩のあとは疲れるので、お昼寝は必要なことです。私をのけ者にはしないでよと言わんばかりに、キオラはいつもリンカーンの横で寝ます。これ以上可愛いものはないですよね。キオラとリンカーンの間には特別な絆があるのは明らかです。アラハナとリッキーは、ふたりの絆が特別なのを知っていましたが、他の人にもふたりの絆が特別だとわかるとは思ってもいませんでした。

キオラに名誉を称えて

アラハナは、心からキオラが彼女自身とリンカーンの命の恩人だと感じています。キオラは彼女にとって、ヒーローであり、それは皆にとっても同じでした。キオラの話はすぐにひろまり、キオラは、RSPCAによってアニマルヒーロー賞に選ばれました。ノミネートの一環として、キオラは、アラハナとリッキーと一緒に、受傷した場所でセレモニーに出席しました。もちろん、真のアニマルヒーローには、たくさんのご褒美がありました。

その笑顔がすべて

リンカーンは、まだ赤ちゃんではあるかもしれませんが、明らかにキオラとの特別な絆を理解していて、その絆は、時と共に強くなる一方です。もし、何かの悪い知らせを知らせようとしていたキオラがそこにいなかったら、アラハナとリンカーンに何が起こっていたかを想像することは難しいです。でも、キオラのおかげで、ママも赤ちゃんも、二人とも元気です。見て、この笑顔。それがすべてを物語っています。

リンカーンは、元気で健康そのもの

今、リンカーンは、ヨチヨチ歩きをしています。アラハナとリッキーは、よく妊娠していたころを思い出し、ダブルの腎臓感染症で母子ともの命を奪っていたかもしれないことを思い出します。ふたりとも、キオラにとても感謝していて、今日の元気で健康なリンカーンを見るたびに感じます。アラハナとリッキーは、リンカーンの成長を見るだけでなく、キオラと一緒にいつもいるリンカーンの成長も見ています。

アラハナとリッキーは、いまでも妊娠時の恐怖を考える

アラハナ、リッキー、リンカーン、そしてキオラの話を聞くと、あなたのペットが何かを伝えようとしているのではと考えます。多分、私たちもちゃんと耳をすませば、わかるはずです。”私は、キオラがいなかったら、私も、息子のリンカーンもここにはいなかったであろうと疑う余地はありません。”とアラハナは、デイリーミラーのインタビューでコメントしています。

何か悪いことがあれな、本当に犬は知らせてくる?

中には、キオラの行動は単に偶然にすぎないと言う人もいるかもしれないが、多くのペットオーナーたちは、何か悪いことがあれば、私たちのふさふさした友達は教えてくれると言っています。犬(動物全般)は、本当に何かおかしなことがあれば、教えてくれるでしょうか?サイエンスは、YESと言っています。動物、特に犬は、人が病気であれば、それを感知する特別な能力があると言っています。その一つの能力が、その鋭い嗅覚です。犬は、においを識別する受容体が、人間より50倍も多く存在し、その匂いに対する感覚は、人間の10万倍にもなります。

犬は、人が病気であれば、それを匂いで嗅ぎ分ける

ひとは、病気になると、その生体反応が変わります。そのため、犬は、その変化を嗅ぎ分けることができるのです。それがとても些細な違いでもです。犬の中には、ガンのような重篤な病気を嗅ぎ分けることができるように訓練されている犬もます。信じるか信じないかはあなた次第ですが、犬の中には、ヒトの呼吸から、肺がんを嗅ぎ分け、しかも、その腫瘍のおよその場所もわかります。アラハナが、ダブルで腎臓感染症になったときに、キオラは、彼女の生体反応の違いを見極めていたのです。

犬は、妊娠も感知できる

keola-the-dog.jpg-25281
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

犬のもう一つのすごい能力が、女性が妊娠しているかを匂いで嗅ぎ分けることができることです。彼らのすごい嗅覚の能力で、犬は女性のホルモン変化を嗅ぎ分けることができます。犬は、基本的に主人の匂いを知っているので、妊娠によるホルモン変化で、犬の行動もかわる原因になると言われています。科学者によると、犬は、その匂いの違いでそれが妊娠であるとわかるわけではなく、ただ、主人の匂いの違いを嗅ぎ分け、行動が変わると言われています。

シャナ、年老いた主人を吹雪から助ける

このすごいジャーマンシェパードの雑種は、2歳のころに捨てられた所を、今の優しい主人に引き取られました。たったの7年後にシャナがレスキューをするであろうと誰が予想したでしょうか。2006年にニューヨークアップステイトで起こった急な吹雪から、81歳の主人であるノーマンとエヴァ・ファーティグを助けたのです。ファーティグ夫妻は、停電のために倒れた木の下敷きになってしまったのです。シャナは、穴をほって、二人を助けたのです。しかも、消防隊が駆け付けるまで、二人を自分の体をくっつけて温め続けたのです。フォックスニュースのノーマンのコメントによると、”私は今まで、こんなヒーロー劇は見たことがない。”とのことでした。

主人を守るピット・ブル

2008年の名誉ある犬に選ばれるのは簡単なことではありません。でも、マヤは、そのドッグオブザイヤー賞に輝きました。ピット・ブルであるマヤは、攻撃的な男の暴行者から女性主人を守ったことで賞を受けました。マヤの主人は、シングルマザーです。アンジェラ・マーセリーノは、自分のバースデーパーティーで帰宅するのが遅くなり、その時に男の暴行者に後ろから襲われました。彼女は、恐怖で動けず何もできませんでした。ところが、彼女の愛する白い毛の犬が、その男の後ろに来ました。アンジェラは、マヤに攻撃するように命令し、その男にかみつきました。その男を撃退したのです。

勇敢なコッパ―スパニエル、ハニー

見て、このとてもかわいいイギリスのコッパ―スパニエルの子犬。ハニーもまた、主人であるマイケル・ボッシュを車の事故から救った功績でドッグオブザイヤーに輝きました。マイケル・ボッシュと愛犬ハニーは、車が転倒し、崖に落ちてしまい、SUVの中に閉じ込められてしまいました。マイケルは、ハニーに希望を託し、ハニーを瓦礫の中から出して、助けを呼ぶように命令しました。まだ5か月にもみたなかったハニーは、その現場から半マイル先で、男性の注意を惹き、みごとマイケルの救出に成功しました。ハニーがいなければ、マイケルの命もなかったでしょう。

ナポレオン、6匹の猫を救出

ちょっと変わった救出劇をした犬の話。ナポレオンは、主人を救ったのではなく、危険なミシガン湖でおぼれていた生まれたての子猫たちを助けたのです。ナポレオンは、他のイギリスのブルドッグと同じように、びっくりするほど泳ぎが下手にもかかわらず、家から道を横切って、水の中に飛び込んだのです。彼の主人は、ナポレオンが道の反対側から、布のようなものを引きずって来たのに驚きました。主人は、袋の中を見てみて、びっくり。中には、6匹の子猫がいたのです。ナポレオンが、勇敢にも救ったのです。主人は、そのうちの4匹を元気にすることができましたが、2匹は、トラウマのせいもあり、シェルターへ連れて行き、どこかの優しい家族に引き取られました。

小さい、でも強いの

この小さなワンちゃんをなめないでください。ジュニアは、他のここで紹介した犬たちと同じように勇敢な犬なのです。14歳のシーツ―の雑種であるジュニアは、なんと、ひどい火事の騒動から家のみんなを救出したのです。真夜中に、主人であるマデラス・デビルマーの家から出火が起こり、マデラスも6人のゲストだれも起きていませんでした。ジュニアを除いては。家の中で、ジュニアは、できる限りの大声で吠え続け、皆を起しました。デビルマーによると、”ジュニアは、おとなしい犬で、それが大きな声で吠えたのです。”有難いことに、その声で皆起き、無事に外へ逃げることができたのです。

ミリーが、一酸化炭素中毒から家族全員を守った

アーカンサスの子犬であるミリーは、彼女の努力により、家族を毒性の高い一酸化炭素中毒から守ったのです。主人であるステイシー・ピッツは、ミリーがずっと起し続けるのにイライラしていました。何度も何度も眠ろうとし、ミリーをしずかにさせ、そのたびに、ミリーは、癇癪を起し、ステイシーを眠らせませんでした。最終的に、ステイシーは、何かの異変に気付きました。彼女は、家族みんなを起し、みんなが、ふらふらして、すごくひどい頭痛があったのに気づきました。家族は、病院へ行き、そこで、ミリーが家族みんなを、肺への永久的なダメージが起こる前に、毒性の強い一酸化炭素中毒から守ったことを聞かされました。

エンジェルは、本当のエンジェルだった

とてもラッキーなカナダ人の少年は、とてもいい名前の犬、エンジェルにクーガーの攻撃から救われました。11歳であったオースティン・フォーマンは、午後5:30ごろ、自分の家の裏庭で、子犬と一緒に遊んでいました。そこへ、まだ姿を見せぬ危険な生き物が待ち構えていたのです。悪魔のようなクーガーが、少年に飛びかかろうとしたその時、エンジェルが割って入り、助けたのです。エンジェルは、オースティンが安全に家に入りきるまで、クーガーの攻撃を防いだのです。エンジェルは、頭、首、肩に深傷や噛み痕などのひどい怪我を負ったものの、愛のあるとても感謝に満ちた家族の献身的な介護で回復したのでした。

“レイラは、私の命の恩人”

元囚人で退役軍人であるバディー・ブレアは、たくさん問題を抱えていました。彼は、中近東から帰還した後にPTSDに苦しみ、そのため警察官や妻に暴言や暴力をはたらき、結局逮捕されることになりました。刑務所に服役中にレイラに出会いました。レイラは、ピット・ブルで、ひどい車の事故により負傷していました。バディーは、その犬の中に自分を見ていました。虐待され、捨てられたという。。バディーは、レイラをかわいがり、後ろを向くのをやめました。”あの犬が私を救ってくれた。レイラは、私の命の恩人で、その犬は、私にとって、抗うつ剤より効果がある。”と言っていました。バディーは、刑務所で、囚人と虐待された犬やシェルターの犬とでペアになる犬のトレーニングのプログラムに参加しました。

シーナ、子犬の戦士

ひどいネグレクトと虐待を受けていたシーナは、シェルターに運ばれてきたときには、たったの1キロほどで、空腹で死ぬ一歩手前でした。その数か月後の現在、シーナは、8歳になる自閉症のジョニー・ヒッカリーのベストフレンドであり、セラピストになったのです。ジョニーの母親は、”ジョニーは、シーナのおかげでものすごく成長しました。この8年間で彼の一番幸せな顔を見ました。”と述べています。ジョニーは、今はおしゃべりな子ですが、それまでは、ほとんど何も言わない子でした。シーナが彼に自信をつけさせ、愛情をたっぷりと注ぎ、いつも見守っていたのです。なんて完璧なペアなんでしょう。

恐れを知らぬナイラ、主人を助ける

犬の嗅覚の鋭さのおかげで、人間が危険を感知するずっと前に、犬は危険を察知することができます。ナイラは、自らの命の危険をさらしてひどい火事から主人を救出したもうひとつのいい例です。シーラが、煙や炎に捲かれ、前が見えないでいるところに、ナイラがシーラを勇気づけて、ドアの方へ誘導しました。さらに、シーラがナイラを見失うと、吠えて場所を知らせました。ライラにより、シーラは無事燃え上げる家から脱出することができました。シーラの家と所有物が燃え盛る中、シーラには希望が見えていました。”ナイラは、いつでも私を捨てて逃げることができた。でも、そんなことはお構いなく、ライラは、自分の命を危険にさらしてまでも私を救い出してくれた。”と述べています。