妊娠している主人のおなかに吠える犬、でもそれは命を救うためだった?

多くのペット主人は、猫、犬もしょくは、他の動物などのふさふさした友達は、人間にはわからない何かを感じることができると言います。その理由として、ペットたちは、何か第6感のようなものがあり、緊急事態を察知できるのです。それがたとえ我々が分からないような非常に些細な事でもです。これが、アラハナ・バトラーと彼女の犬であるキオラにも同じことが起こったのです。アラハナと彼女のフィアンセであるリッキーは、彼女が妊娠したことに大喜びしていました。ところが、妊娠4か月を過ぎたころから、キオラが、変な行動を始め、常にアラハナのおなかを軽く触り始めてのです。

アラハナとリッキーは親になるのが夢でした

alhanna ricky and keola as a pup
Facebook / Alhanna Butler
Facebook / Alhanna Butler

アラハナとフィアンセであるリッキーは、初めて会った時から意気投合し、これからずっと一緒に時間を過ごすパートナーだと感じ、家族になりました。そして、ふたりは、迷うことなく子供を作ることにしました。妊娠を望む中、アラハナは、時々、このまま妊娠しないのではないかと疑った日もありました。しかし、その幸運の日は訪れたのです。ー妊娠したのです。