耳の聞こえない子犬は、本当に理解してくれる最高の飼い主に出会う

ブラックラボラトリーのエマーソンにとって、”大変な人生”は産まれたときから付きまとっていることでした。他の兄弟たちと一緒に路上に捨てられ、シェルターに引き取られてからも、何も良くはなりませんでした。エマーソンの危機的な健康状態もあり、なかなか里親に名乗り出る人もいませんでしたが、幸せになるチャンスが無かったとは言っていません。エマーソンの体の状態が良くなった後でも、”特別な世話”が必要であるという事で、里親を足踏みする人も多かったのです。でも、それもある一人の人が出てくるまででした。

路上に捨てられる

51866026_2124225214337102_5301844433480712192_n-90620
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

この可愛い子犬のエマーソンは、フロリダの北西にある路上で、生後6週目で、ほかの兄弟たちと一緒に捨てられていました。運よく、優しいサマリア人に見つけられ、北フロリダのシェルターに連れてこられました。

ここのシェルターは、多くの犬を安楽死から救ってきました。ここのスタッフは、犬たちが、安全で一生暮らせるような家を見つけるまで、献身的に世話をします。でも、エマーソンにとって、我が家を見つけるのは容易なことではありませんでした。

“特別な世話”が必要な子犬

52283868_2124225191003771_4361930363040169984_o-70664
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

ここに連れてこられて、エマーソンと兄弟は、メインにあるシェルターに引き取られていきました。8週目で、ブラックラボラトリーの子犬たちは、メインでうまくやっていけるだろうと思われていましたが、エマーソンにとっては、そうもいきませんでした。

エマーソンは、他の兄弟と比べて、とても小さかったのです。しかも、”特別な世話”が一目でわかる足の生まれつきの障害があったのです。

エマーソンには、てんかん発作も

51221395_2110664775693146_7831503484183642112_n-45555
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

エマーソンにはの前右足が、一番まとものようでした。まもなく、エマーソンは、てんかん発作も出てき始めました。”エマーソンをERに連れいき、できる限りの治療を施しています。

今、点滴を受け、色々なテストをしているところです”とメインのシェルターのスタッフがファイスブックに投稿していました。エマーソンの治療費は、8万5千円にもなり、まだかかりそうでした。

取り残されるエマーソン

53408406_2173695572723399_6153523095224188928_n-14045
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

エマーソンのてんかん発作の原因は、謎のままで、どんどん悪くなっていきました。しかも、エマーソンは、飲むことも食べることしませんでした。次の日には、てんかん発作は落ち着き始めましたが、それでも、エマーソンは、病院で点滴をしなくてはいけませんでした。

その一方で、エマーソンの兄弟たちは、自分の家を見つけていき、エマーソンは、病気のせいで、一人取り残されていき、健康状態も悪化していくばかりでした。

致命的なウイルス感染

53359683_2155153107910979_5126094049605844992_n-52971
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

エマーソンにとっては、かんてん発作だけではありませんでした。てんかん発作が良くなり始めたときに、今度はパルボにかかったのです。犬カルボウイルスとも呼ばれ、とても感染力が高く、感染した犬の体に触れることで感染が広がります。

このウイルスは、犬の消化管に影響し、3日で死ぬこともあります。特に、ワクチン未接種の犬や生後4か月の犬は、危険率が上がります。当時、エマーソンは、まだ生後10週目でした。

助かる見込みは少ない

54525492_2173695846056705_5775423028074643456_o-99168
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

エマーソンの他の兄弟たちが、メインのシェルターに来てすぐに、自分の家を見つけていった間に、エマーソンは、生死を彷徨っていました。事実、メインのシェルターのスタッフは、最悪の事態に備えていました。

“この小さな可哀そうな子犬は、すでにこの短い人生を頑張ってきましたが、体も非常に弱っており、最悪の事態に備えないといけません。これはとても悲しいことですが、つらい現実でもあります。救出された犬すべてが助かるとは限りません”とコメントしています。

回復したものの、まだ何かが

52545255_2132356633523960_3809885606461308928_n-92366
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

メインのシェルターのスタッフたちは、できる限りの治療を施し、エマーソンを看護しました、その甲斐もあって、エマーソンは、てんかん発作もパルボも良くなったのです。

でも、エマーソンの回復とは裏腹に、何かおかしいのです。おそらく、里親を見つけられないことの原因が健康の問題だけではなかったのかもしれません。それ以外にも、”特別な世話”が必要な原因があったのです。

テレビに出演したおかげで、里親候補が

53036282_2155153067910983_1465213730659762176_n-56777
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

エマーソンの回復とともに、メインのシェルターは、エマーソンの家を見つけるために、尽力をつくしました。シェルターのスタッフは、地元のテレビに出演し、エマーソンのことを話し、たくさんの視聴者から好感を得ました。”エマーソンは、とてもつらい人生から始まり、てんかん発作を起こし、入院を余儀なくされ、パルボまで併発しました。

おそらく、エマーソンは、耳も聞こえず、目も良くありません”と、シェルターのスタッフは、メインの5つの朝のショーに出演しました。

耳が聞こえないエマーソンは、優しい犬です

53701975_2167118463381110_5927455172316889088_n-90413
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

この小さな子犬は、人生の10週目で、すでに足が悪くなり、てんかん発作をおこし、パルボにもかかっただけでなく、また多くの場合、耳も聞こえていないようです。でもだからと言って、エマーソンが、幸せになれないという事ではありません。

“この子犬をフロリダから引き取ったときに、もうエマーソンは、耳が聞こえていないようでしたが、そんなに気にしているようでもなかったです。彼も、他の子犬と何も変わらない普通の子犬でした”と、シェルターのスタッフのリンジー・パワーズは、グッド・モーニング・アメリカでコメントしています。

体が悪くても元気なエマーソン

53503875_2155153101244313_7275265143011803136_n-52294
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

獣医もスタッフもだれも、どうやってエマーソンが耳が聞こえなくなったのかわかりません。”僕が生まれつき耳が聞こえなかったのか、てんかん発作のせいで、そうなったのかわからないんだ。

でも、耳が聞こえないからと言って、それが何なの?”とエマーソンの代わりに、スタッフのパワーズ言葉をフェイスブックに発信しました。エマーソンは、耳は聞こえていないようですが、目は見えているようです。エマーソンは、買い物に行くことや、ドライブに行ったり、里親候補の子供たちとと遊んだりすることが大好きでした。

だれもエマーソンを望んでいないと思っていた

53289826_2155153121244311_4728224677489541120_n-47729
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

エマーソンの”陽気でハッピー”な性格にも関わらず、里親という事になると、だれも声をあげませんでした。エマーソンの兄弟すべてが家を見つけた後で、誰も彼を引き取りたくないんだと思い始めました。エマーソンは、12週目に入った時点でも、まだ家を探していました。

“僕の世話をしてくれるママは、みんな僕が耳が聞こえないという事で怖がるけど、ママは、そんなこと何も心配することじゃないと言ってくれたの”とパワーズがフェイスブックにコメントしました。

彼の世話をしてくれるママが、コメントをしてくれた

53152863_2155153134577643_7551685845158199296_n-65186
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

エマーソンの世話をする一方で、シェルターのスタッフのリンジー・パワーズは、なぜ、この子犬の里親に誰もなってくれないのか理解できませんでした。彼女は、エマーソンの話や可愛い写真をフェイスブックにもたくさん掲載しました。

“僕の世話ががかりのママが、外でキャンプや冒険に出るのが好きな人と一緒に写真を撮ってくれたよ!ぼくは、ちゃんとリースで散歩もできるし、ゆすってくれれば、ちゃんと反応もできるよ!”とコメントを載せました。

エマーソン、地元の有名犬に

53556600_2169719156454374_1766502469543657472_n-76300
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

すぐに、メインの地元のメディアで、エマーソンの話が広がりました。”とても多くの人が、エマーソンについて訪ねてきました。(彼は、段々有名犬になりつつあります)”とメインシェルターのフェイスブックに掲載されました。

しかし、エマーソンが、里親を探していることを多くの人が知っているにも関わらず、なかなか完璧な里親を見つけることができませんでした。とりわけ、エマーソンは、特別だったのです。

特別な接点をもった人

2019-05-08-14_32_32-Window-29546
nickandemerson/Instagram
nickandemerson/Instagram

遂に、ニック・アボットがエマーソンの里親候補に名乗り出ました。中には、アボットが、エマーソンに興味を持ったのは運命だと言う人もいます。彼は、エマーソンについてメインのシェルターに連絡を取りました。エマーソンには、もっと良い里親候補がいるかもしれないが、僕でよければという申し出でした。

“すぐに思ったよ。僕も耳が聞こえないし、これは、良い組み合わせだってね”とパワーズは、グッド・モーニング・アメリカでコメントしています。パワーズは、アボットの応募を、その日のうちにすぐに進めました

完璧なマッチング?

53510678_2472076342820446_4164077549179109376_n-89078
Lindsay Powers/Facebook
Lindsay Powers/Facebook

ニック・アボットは、エマーソンのことをフェイスブックのフィードで知りました。”僕は、生まれつき耳が聞こえない。そうなんだ。彼も耳が聞こえないんだ。彼についてちょっと調べてみようかな。

“そうアボットは、CBS経由のWABI-TVでコメントしています。エマーソンにとって、これほど完璧なマッチングはありません。その子犬を世話したいというだけでなく、特別な繋がりを持った人なのですから。

エマーソンの選んだ新しいオーナー

54400009_2181319388627684_2251620219627765760_n-73096
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

2-3日して、アボットが初めてエマーソンに会う日が来ました。アボットが、エマーソンの所にやって来た時に、まるで、何か火花が散った様でした。”エマーソンは、僕の所に、まっすぐやって来て、僕の足の所に座ったんだよ。

だから、彼は僕を選んだんだなって思ったんだよ”とアボットは、嬉しそうに言っていました。エマーソンは、遂に、最高のオーナーに巡り会えたのでした。

エマーソンは、まだいろいろ学ぶことがある

2019-05-08-14_36_30-Window-96183
nickandemerson/Instagram
nickandemerson/Instagram

エマーソンが、アボットを見た瞬間から、アボットの方へ歩いて行ったことからも、ふたりは、会うべくして会ったという関係にあります。”すぐに、その場で、仲良くやって、お互い理解できると思ったよ”とアボットは、WABI-TVでコメントしています。

今、エマーソンは、アボットと一緒に自分の家を見つけることができました。彼は、メインでも、一番幸せな犬に間違いないでしょうが、まだこれから色々学ばなければならないことが待っていました。

手話でトリックを学ぶ

53396374_2173696109390012_8411903636325531648_n-83727
NFR Maine/Facebook
NFR Maine/Facebook

ふたりが巡り合って、アボットは、エマーソンに手話を教え始めました。いくら障害があるからと言って、他の子犬と何も変わりありません。とりわけ、エマーソンは、基本的な命令やトリックを学ぶ必要のある時期なのです。

アボットは、”エマーソンには、ある特定のトーンやピッチに応える必要があるが、手話でコミュニケーションをとったほうがより良いんだよ”と言っています。

やっとお座りと伏せをマスター

2019-05-08-14_40_48-Window-22870
nickandemerson/Instagram
nickandemerson/Instagram

ここまで、エマーソンは、お座りと、伏せをマスターしました。もちろん、手話による視覚的判断によるものです。エマーソンに、お座りを命令するとき、アボットは、手話で、”S”の文字を見せます。これは、エマーソンは、確実に理解できたトリックの一つです。

“伏せ”に関しては、アボットは、手をまっすぐに線を引きます。エマーソンは、何度もアボットがWABI-TVのインタビューを受けている時にやってのけました。

そうなるべきだったのです

57407397_130825498016926_9107720861956420209_n-26865
nickandemerson/Instagram
nickandemerson/Instagram

これが、エマーソンの産まれて最初の3か月の出来事です。エマーソンは、最後には、おとぎ話のようなハッピーエンディングを迎えることができました。彼の障害で、初めは苦労もありましたが、これも最高のオーナーに巡り合うためには必要なことだったのです。エマーソンは、今、最高の友達とこれから楽しい人生を送っていきます。

“僕たちが共有する絆は素晴らしいものなんだ。お互いとても良く理解できて、僕たちは、こうなるように運命づけられていたんだと思うよ。彼は僕にとって、とても大切な存在なんだ”とアボットは、述べています。

これが盲目のウシ、ベイビー

baby-blind-cow-2-768x432-79954-1-65039
Facebook / Don’t Forget Us Pet Us
Facebook / Don’t Forget Us Pet Us

これが、ベイビーです。彼女は、小さい頃に救出され、長い間、マサチューセッツのダーマスにある動物の聖地である”Don’t Forget Us Pet Us“という保護施設に住んでいました。ベイビーは、目が見えないので、普通に目が見えるウシが送れるような普通の生活ができませんでした。ベイビーは、普通の農場では見れないような24時間体制のケアが必要でした。そのケアを担ってくれるのが、”Don’t Forget Us Pet Us“なのです。

まさに聖地

deb-devlin-768x570-69067

ベイビーは、盲目にもかかわらず、とてもラッキーなウシでした。ハンディキャップの動物としては、ベストなケアを受けることができたのです。”Don’t Forget Us Pet Us“は、デビー・デブリン(上の写真の左)によって創設されました。デビーは、ベイビーに最善のケアを与えていました。彼女は、その聖地とも言えるすべての動物をとても愛していました。そして、ある日デビーは、ベイビーが、お気楽者ではないことに気が付いたのです。

ベイビーは、孤独でした

cow-15063

ベイビーは、”Don’t Forget Us Pet Us“で、最善のケアを受けていましたが、この聖地でも彼女に与えられないものがありました。それは、他の牛の友達です。ベイビーは、とても寂しかったのです。その場所には、特別なケアが必要なウシは他にはいなかったのです。しかし、デビーには、他の動物でも、ベイビーの友達になれるのでは?といういいアイデアがありました。デビーは、これまでも他の種同士でも仲良くなれそうな動物達を見てきました。彼女は、ベイビーに何かしてあげたかったのです。

フレンドリーなブタ、ルルに会う

08-blind-cow-pig-calf-baby-lulu-36894

こちらが、ルルです。見ての通り、彼女は、ブタです。ウシではありません。でも、デビーは、ルルとベイビーの性格が完璧にマッチするのではと思ったのです。ルルは、ルルの母親が、誤ってルルの足を折ってしまったのがきっかけで、赤ちゃんの時にここにやってきました。ルルとベイビー両方とも、特別なケアが必要であり、同じような経験をしてきました。ルルが、ベイビーの孤独を和らげてくれるのではと期待したのです。

似てる二人

19646062-19646062-84785

ベイビーとルルは、いろんな点でとても似ていました。まず、二匹ともハンディキャップがあり、アメリカの畜殺場で救われました。二匹とも、時に、ふさぎ込んだ感じもありましたが、忍耐強く、そしてとてもかわいいかったのです。また、二匹とも同じような気質でした。二匹とも、何よりも食べることが好きで、背中の同じところを掻いてもらうのが好きでした。兎に角、この二匹は一緒にいるべきだったのです。

初めての出会い

02-blind-cow-pig-calf-baby-lulu-710x389-61047

デビーは、この二匹は合うと思いましたが、それは、実際に合わせてみないとわからないものです。”Don’t Forget Us Pet Us“のスタッフは、ルルとベイビーを同じ小屋に一緒にしてみました。すると二匹はすぐに仲良くなりました。ベイビーは、ルルの傍から離れませんでした。スタッフの一人は、”今までほかの動物とベイビーを一緒にさせたことがあったんですが、全然だめだったのに。”と言っていました。

デビーは正しかった

25152071_1565223393564850_4268228073750863344_n-768x576-18534

デビーは、この二匹には友達になって欲しかったのですが、うまく行くか半信半疑でした。だから、すぐにルルとベイビーが仲が良くなったことに驚嘆しました。デビーは、”ブタは、ウシに対して攻撃的ではないし、しかも、タフなので牛に間違って当たられても、大丈夫なはずです。”と言っていました。これは、革新的なプランであり、うまく行っているようでした。

長く続いた友情

pig-31924-1-84248

ルルは、ベイビーの目の代わりになりました。彼女は、ベイビーが小屋の中で、ぶつからないように誘導してい他のです。そしてベイビーとルルは、何と8年間も一緒に生活をしました。時間が経つとともに、二匹の絆はどんどん強くなっていきました。二匹を引き離すことは、もはやできませんでした。ベイビーは、目が見えなくて、ルルは、全く違う種であるにもかかわらず、二匹はちゃんと意思疎通ができているようでした。

家の近くで

blindcow_j-850x654-768x591-58403

他の保護されている動物は、農場の遠くまで行ったり、レスキュー地を超えて更に遠くへ行くこともできました、しかし、ベイビーとルルは、ハンディキャップがあったため、家の近くにいつもいました。ベイビーは、大きな農場で迷子になるでしょうし、ルルは、足が悪いため、遠くまで行くことができません。二匹は、小さな世界に住んでいましたが、二匹はその小さな世界が好きでした。快適で安全だったのです。

ランチは仲良く親友同士で!

09-blind-cow-pig-calf-baby-lulu-710x533-58350

ベイビーとルルは、いつも横に並んで一緒にいました。一緒に寝て、一緒に歩き、そして一緒にご飯を食べました。ルルは、ベイビーを助け、ベイビーは、ルルが彼女にとってかけがえのない存在であることを感じさせていました。この二匹は、一緒に仲良く暮らしていましたが、それはそう長くは続かなかったのです。結局、ベイビーとルルは、8年間の友情を築いてきましたが、そこにも終わりの時が来ました。一匹が、もう自分の力で歩くことができなくなっていたのです。

二匹にとっての悲しい日

0010-baby-and-lulu-remembered-99818

ルルは、歳をとっていました。ルルは、初めは畜殺場で、つらい人生をでしたが、その後、とても長くて楽しい時を過ごすことができました。ルルは、デビーに見つけてもらい、そしてここに連れてきてもらい、とてもラッキーでした。でも、彼女のこの世界での、時の終わりを告げていました。ルルは、幸せそうに、友達の傍でそっと息を引き取りました。ルルがいなくなった今、スタッフの皆が、ベイビーのことが心配でした。

ベイビーは、友達を失い、悲しんでいました

pig-52178

ルルの死後、ベイビーの態度は一変しました。昔のようにまた、ベイビーは、孤独なウシになってしまったのです。ルルの死後2日間、ベイビーは、モーモーと悲しく泣いていました。また、狂ったように周りだしたり、フェンスに当たったりしていました。デビーは、”羊やヤギなどをベイビーと一緒にしてみましたが、全くダメでした。”と言っていました。明らかに、ルルは、取り換えの利かない大切な友達だったのです。ベイビーは、彼女なりに、悲しみを偲んでいたのでしょう。

ベイビーに友達を作る挑戦

baby-blind-cow-5-768x616-56119

デビーは、ベイビーのムードや状態がだんだん心配になってきました。動物も悲しみで死んでしまうことを聞いていたので、ベイビーにも同じことが起こらないか心配でした。デビーは、色々な動物をベイビーと一緒にしてみましたが、ルルと同じように友達になるものはいませんでした。デビーが、望みを失いかけていた時に、一匹のレスキューされた動物が、”Don’t Forget Us Pet Us“にやってきました。

ベイビーの新しいベイビー

cow-calf-1-768x576-82186

新しく農場にやって来たのは、牛の赤ちゃんでした、デビーは、その小さな牛を見てすぐに、ベイビーとうまく行くはずであると希望を持ちました。それに二匹ともまた似てい他のです。デビーは、ベイビーが、ようやく他の牛と遊ぶことができて、とても嬉しかったのです。デビーは、”子ウシがやって来た日に、150センチの柵で隔てた小さな敷地に二匹を一緒にさせ、二匹が横に並んで慣れさせることにしました。”と言っています。

ゆっくりと友情を育む

bcow-71814

デビーは、この対面を無駄にはしたくなかったのです。ベイビーには、友達が必要であり、この対面がうまく行くように、できることすべてをしたかったのです。デビーは、”ベイビーは、目が見えない分、音、動き、臭い、音などにとても敏感です。”と言っていました。ゆっくりとですが、確実に、ベイビーと子ウシは、お互い一緒に歩き出し始め、うまく行くように見えました。

お互い、楽しそう

06-blind-cow-pig-calf-baby-lulu-710x533-54970

デビーは、”子ウシを、小さな囲いに入れたとき、怯えていたのだけれど、ベイビーを見た瞬間、嬉しそうに、門の所に行きました。そこは、鎖でつながれていて、離されていたけれど、子ウシは、120センチの門を飛び越えて、ベイビーの方へ走って行ったの。”と言っていました。二匹は、初めて会ったにも関わらず、すでに昔からの友達のようでした。デビーは、この状況をとても嬉しく思っていました。

ベイビーは、一旦においを嗅ぐと、友達だとわかる

04-blind-cow-pig-calf-baby-lulu-e1505236850238-28951

ベイビーは、子ウシが、嬉しそうにはしゃいでいるのを感じ取り、嬉しそうでした。ベイビーの耳は立ち、自分も子ウシのように走り出しました。”Don’t Forget Us Pet Us“のスタッフは、ルルが死んでから、ベイビーがこんなに興奮しているのを見たことありませんでした。そして、この二匹がうまく行くかの心配など、どこかへ吹っ飛んでいきました。この子ウシもベイビーと同じように畜殺場から逃れてきた、という同じ過去があるもの同士、共感したのかもしれません。

ベイビーの恩返し

image-1-768x575-73933

この子ウシは、決してルルの代わりにはなりませんが、ベイビーには友達が必要だったのです。この子ウシは、この土地にはまだ慣れておらず、これからたくさん学んでいかなければなりませんでした。ベイビーは、子ウシに、ロープを見せたり、どこで草を食べれば一番良いか、囲いの中を連れて歩きました。ベイビーは、ルルが教えてくれたすべてを、今は、この小さな子ウシに教えてあげているのでした。

友情は、それぞれすべて違う

07-blind-cow-pig-calf-baby-lulu-710x533-10142

デビーは、とても嬉しそうに、”この絆はすぐに確かなものになりました。ベイビーは、一度も子ウシを持ったことがなかったにもかかわらず、愛情を注ぎ、守り、そしてとても可愛がっていました。まるで、ルルが自分にしてくれたことをしているかのように。とても素晴らしいことです。”と言いました。この二匹には、また特別な絆がありました。この絆は、ベイビーがルルと育んだものとも違います。2人の間の特別ものです。二匹は、お互いを思いやりハッピーにし、いつも一緒にいました。

ベイビーにとってのハッピーエンディング

01-blind-cow-pig-calf-baby-lulu-e1505236874874-13476

ベイビーと子ウシは、”Don’t Forget Us Pet Us“の保護施設で、二人一緒にずっと過ごすことができました。かつてあった、ベイビーとルルの絆は特別なもので、決して取り換えことができるわけではありませんが、この子ウシのおかげで、ベイビーは、また、生きる意味を持つことができました。ルルの存在は、私たちの心の中でも一生、生きていくでしょう。デビーとスタッフ全員、ルルがベイビーにしてくれたことをとても感謝しています。