「家を建てるには、たった1,500ドルと労働力があれば十分」ということを証明した13歳

ごく普通のティーンエイジャーであれば、友達とつるんで、テレビゲームをして、子どもらしくいることにすべてを費やしていることでしょう。肉体労働なんて、全くもって頭には浮かんでこないはずです。しかしとあるティーンエイジャーは、そのような固定概念を変えてYouTubeで大人気となりました。

若干13歳にして、その努力と献身により、ルーク君は高校の卒業を待たずに一人暮らしを実現させました。彼は、多くの人が自分の親の家を出ることを考え始めもしない年齢で、小さな家を建ててしまったのです!ルーク君がどのようにこれを実現したのか、小さなマイホームの彼の計画を見ていきましょう。

たまたま知った、タイニーハウスの流行

Luke Thill / YouTube
Luke Thill / YouTube

子どもというのは、テレビゲームをプレーしたり、新しいことを学んだりして、何時間でもネットに費やすことができますよね。アイオワ州に住む中学生のルーク・ティル君は、YouTubeでユニークなものに目を惹かれました。タイニーハウスです。

タイニーハウスがアメリカ中で流行っていることをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。HGTVでは、2000平方フィートの家を去り、「タイニー」ライフスタイルを送る人達に注目したテレビ番組を製作しています。

自分の熱意を現実に

Luke Thill / YouTube
Luke Thill / YouTube

ルーク・ティル君は、パっと見、普通の13歳の少年と変わらないように見えるかもしれません。しかし、ルーク君のことをもっとよく知ると、ほとんどの大人よりも大きな野望を秘めていることに気づくはずです!タイニーハウスについて知っていくうちに、ルーク君は14歳以下でタイニーハウスを製作している人がいないことに気づきます。それなら、「ぜひ自分が」と考えたのです。

「YouTubeを見てたらタイニーハウスのアイディアに行きついて、結局ほぼ全部の関連YouTube動画を見た気がする」と、ルーク君は『ABCニュース』に話します。「僕はタイニーハウスのことで頭がいっぱいで、自分のものを建てることにしたんだ」

親からの基本的なルール

Luke Thill / Facebook
Luke Thill / Facebook

親は、子どもが素晴らしいことをするように促すべきですよね。息子がタイニーハウスを建てようとしているということを知ると、ルーク君の親はそれを支援しました。しかし、ルール付きです。それもそのはず、ルーク君は裏庭にタイニーハウスを建てようとしていたのです。

「『それだけ真剣だったら、基本的なルールを設定しないといけないな』って言ったんです」と『ABCニュース』に話すのは、ルーク君の父親のグレッグさんです。「経済的に制作に責任をもって、お金を募って、材料を決めて、予算内に収めるように、と指示しました」

家族総出

Luke Thill / Facebook
Luke Thill / Facebook

ルーク君は、2016年にプロジェクトを開始しました。これはいくつであってもひるんでしまうような課題です。家族からの助けは、ルーク君にとってとても重要でした。自分一人だけでは成し遂げられなかったことです。

父親が建設を手伝って、母親はインテリアデザインで力を貸してくれました。ルーク君の双子の兄弟も黙ってはいません。これらの助けのすべては素晴らしいものでしたが、ルーク君にはタイニーハウスを建設するための重要なものが欠けていました。資金です。

誰も真似できないような交渉技術と労働観

Luke Thill / YouTube
Luke Thill / YouTube

家族の助け以外には、ルーク君は交渉によって助けを得ました。自分の資源を賢く使って、効率的に作業を進めていったのです。ルーク君は、手伝ってくれそうな人たちに連絡を取りました。ただ、もちろんタダというわけではありません!

「プロの電気技師のご近所さんがいるんだ。だから、その人のガレージをきれいにして、家に電気回線をひく方法を教えてもらったんだ」と、ルーク君は話します。「カブ・スカウトではカーペットひきのプロの人を知っててね、その人のアパートのビルの芝刈りをして、代わりにカーペットの設置の仕方を伝授してもらったんだ」

過程を信じる

Youtube / Luke Thill
Youtube / Luke Thill

ルーク君は、新しい家の建設を2016年に開始します。まだ完成には至っていません。途中でいくつかのトラブルに直面しているものの、13歳のルーク君は諦めるつもりはありません。ルーク君は完成予定日を設けていませんが、この子なら「完成」が遠のいても、自分が直面する問題を必ず解決していけそうです。

「年齢の割に原動力のある子なんです」と、ルーク君の父親は話します。「プロジェクトが失速して、次の段階でかなりの資金を集めなくてはいけなくなったんです。それでも、あの子はあきらめずに、努力し続けていました」

すべてが魅力的

Luke Thill / YouTube
Luke Thill / YouTube

これだけ若い子にしてみれば、ルーク君はすでに自分の人生計画ができています。YouTube動画のほかに、この目標を追い求めたい理由が他にもありました。ルーク君の理由を聞くと、「この子は将来責任感の強い子になるなぁ」と思えてきます。

「僕はミニマリズムが好きなんです。それに、多額のローンを抱えずに家が欲しくて」。このような考え方を持つ13歳なんて、片手で数えられるほどしかいませんよね。

コストをカット

Luke Thill / YouTube
Luke Thill / YouTube

どうやってこのタイニーハウスのコストを1,500ドルにおさめたのか…と思われている方のために、ご説明しましょう。このチャーミングなお家は、建設の値段を最小限に抑えるために、ローコストの素材で組み立てられているのです。これも、ルーク君の賢い材料選択のお陰です。

タイニーハウス初心者のルーク君は、再生素材を使用しました。例えば、おばあちゃんの家に置いてあった使われていない羽目板です。さらに、おじさんから複数の窓とフロントドアをもらいました。

中はどんな感じ?

Luke Thill / YouTube
Luke Thill / YouTube

タイニーハウスに入れられるものなんて大したものではない…と思っているなら、大間違いです。普通の寝室の中に収納できるものの2倍の量と考えてください。家には、必要なもののスペースが十分にあります。

まず、家にはロフトがあります。キッチンエリアには美しいカウンター。棚はリビングまでつながっています。フットストールがソファの傍に置かれ、壁にはテレビがかかっています。折りたたみテーブルも設置しました。

とにかくインスピレーションいっぱい

Luke Thill / YouTube
Luke Thill / YouTube

「みんなに、この年でも何かを作り上げることができるって証明したかったんだ」、と話すルーク君。しかし、彼がこのタイニーハウスで成し遂げたのはそれだけではありません。この年齢の子どもがこれだけのことを成し遂げることができるということを知ったら、他の人達にもたくさんの可能性が開けます。周りの人はルーク君を見て、恐れずに立ち向かっていくようになるのではないでしょうか?

「昔はみんな大きな家を持ってなくちゃいけなかったけど、人びとは変わって、それが実用的じゃないって気づいたんだ」と、『デモイン・レジスター』に話すルーク君。「お金を節約できるし、世界を旅できるし、他にやりたいことができるんだよ」

お家を賢く利用

Luke Thill / YouTube
Luke Thill / YouTube

ルーク君は、何かを証明するためだけにこれだけの努力をしたわけではありません。時間と1,500ドルを投資したことには、ちゃんとした理由があります。この家の目的にも、ルーク君の成熟さが見られます。このタイニーハウスは、宿題をする場所なんです。

現在ルーク君は1週間に数回このタイニーハウスで寝泊まりをしますが、成長しより大きなタイニーハウスを建てることになればそれも変わっていくのではないでしょうか。「一番の目的というのは、これを始まりの家にするってことなんだ」と、ルーク君は話します。「お金を貯めて、拡大するつもりだよ」

彼が集めた注目

Luke Thill / Facebook
Luke Thill / Facebook

ルーク君の学校の校長先生は、ある日彼を校長室に呼び出します。その理由は、ルーク君には知らされていませんでした。「校長室に行くなんてことはあんまりないんだ」と話すルーク君。「悪いことで校長室に呼ばれたことはないよ」。なぜ呼び出されたのか、不思議に思ったのではないでしょうか。

真相は、校長先生が地元の新聞社の人と友人関係にあるということでした。ルーク君はインタビューを受け、彼のタイニーハウスは新聞の一面に掲載されます。彼を待っていたのは、トラブルではなく評価だったのです。

フェスティバル

Luke Thill / Facebook
Luke Thill / Facebook

自分のタイニーハウスが地元新聞の一面に掲載されただけでなく、ルーク君は32,000人のフォロワーを誇るYouTubeチャンネルも運営しています。これら2つの功績を受けて、ルーク君はタイニーハウスに特化した集まり、『タイニーフェストフェスティバル』でスピーチをするよう招待されました。

丁度ボーイスカウトでパブリックスピーキングのメリットバッジを与えられたばかりで、ルーク君には絶好の機会でした。ルーク君は彼と同じようなインスピレーションを持つ参加者に対して、励ましの言葉を掛けました。

強まる父親との絆

Luke Thill / YouTube
Luke Thill / YouTube

このプロジェクトはルーク君にとっても、家族にとっても素晴らしい経験となりました。ルーク君にとっては、自分の父親とより近づく機会となったのです。ルーク君がほとんどの作業をしていますが、父親も密接にかかわっています。

「家を建てるのに、僕とお父さんは昼夜作業したんだ。お父さんは忙しかったけど、家を建てるプロセスの中で僕に教えを説いてくれたよ。お父さん、お母さん、素晴らしい家族に感謝してるんだ」

ビジネスに

Luke Thill / Facebook
Luke Thill / Facebook

この若者が色んなことに挑戦しているということは明白ですよね。タイニーハウスの建設は、氷山の一角にすぎません。ルーク君の頭には、色んな考えがつまっています。次にルーク君が考えていたのは、小売業です。

すでに何千人ものサポーターを抱えていたルーク君。そのため、商品化という考えにも納得です。現在、トレーナーとTシャツを販売しています。元々は、知名度を上げるためのものでしたが、お金を集めるためにも役立ちますよね。

住み心地は?

Luke Thill / YouTube
Luke Thill / YouTube

さて、家は完全に居住可能なのでしょうか?そうとも言い切れませんが、なんとか過ごせるといったところです。電気を通すだけでは、十分ではないのです。それに、小さい冷蔵庫はおやつには適していますが、それ以上の目的には向いていません。

この家の最も重大な欠陥は、配管が欠けているということです!水はつながっていません。ルーク君は配管を行うことができなかったのです。どうにか水道を引く方法を考え出そうとしていますが、彼にはまだ手が追えない状況です。しかし、配管がないということが、逆にルーク君を家の拡大に掻き立てました。

時には間違いの一つや二つはある

Luke Thill / Facebook
Luke Thill / Facebook

人間が初めて何かを行う際、失敗をしてしまうのは自然なことです。13歳の少年が初めて家を建てているというのですから、もちろん間違いを犯すのは理解できますよね!

ルーク君は自分のYouTubeの動画の中で、視聴者に自分の犯したミスに関して話しています。製作しようと試みたカウンターは、大失敗に終わりました。さらに、ロフトに使用する予定だった照明機器が大きすぎたということもあります。この間違いを受けて、視聴者たちは力を合わせて案を出し合いました。

友達を召集!

Luke Thill / YouTube
Luke Thill / YouTube

このタイニーハウスは、13歳の少年とその友人には最適です。放課後、友達が集まって、親の心配をせずに遊べます。子どもにはWiFiとテレビさえあれば十分です。

ルーク君の家に友達を呼ぶ唯一の問題と言えば、配管がないこと。トイレに行きたい人は、ルーク君の両親の家に行ってトイレを借りないといけません。

最初の夜

Luke Thill / Facebook
Luke Thill / Facebook

たくさんの時間と努力を費やしたことを考えると、自分の新しい家で眠るときのルーク君の興奮は想像に難くないでしょう。しかし、必要な断熱材を設置したと言っても、家が居住可能であるかは不明でした。

雪降り積もる冬、ルーク君は初めてタイニーハウスで一夜を過ごすことにします。外は寒いなんてものではありませんでしたが、ルーク君は挑戦する気満々でした。実際、2階のロフトでは十分温かく、窓を開けなくてはいけなかったほどです。

次のステップ

Luke Thill / YouTube
Luke Thill / YouTube

初のタイニーハウスは、ルーク君にとっては練習です。もっと効率のいいタイニーハウスを建設する予定だと話しています。最終的なゴールは、大学に進学する際に自分と一緒に「持っていける」家を建てることです。

しかし、その前に完全に居住可能な家を建てるつもりです。元々のタイニーハウスは、今後のプロジェクトの資金集めのために売却されます。その内容はルーク君のYouTubeチャンネルで視聴可能です。頑張れ、少年!

メリット:住宅ローンなし

woman with thumbs up in tiny home
Instagram/tinywoodstove
Instagram/tinywoodstove

自宅を所有することはお金のかかることで、高騰した住宅価格は一般的な家庭にとってはかなり腰が引けてしまいます。2018年の暮れ、アメリカ合衆国国勢調査局では、家の平均的なコストは362,400ドルであると報告しています。

タイニーハウスはものによってコストが異なりますが、大多数のタイニーハウスのバイヤーは30,000ドル~40,000ドルで買い取りをしています。ほとんどの作業をご自身で行うというのであれば、コストは10,000ドルまで下げることができます。『タイニー・ソサイエティ』によれば、68%のタイニーハウスの所有者が住宅ローンを組んでいないそうです。

デメリット:駐車する場所を見つけることが困難

tiny home being pulled by trailer
Instagram/trailermadetrailers
Instagram/trailermadetrailers

ほとんどの場合、タイニーハウス関連のテレビ番組では、家をどこに停めるのかという計画に関しては放送されません。この部分はみなさん見過ごしてしまいがちです。現実的には、家を駐車するのにふさわしい場所を探すことが、最も難しい部分です。

建築基準法やゾーン関連の規制は場所によって異なりますが、国、地域ごとにそのルールを定めています。『タイニー・ソサイエティ』では、タイニーハウスに適したアメリカの州をランク付けしています。ランキング下位の州は、モンタナ州、ニューヨーク州、アイオワ州、ウィスコンシン州、オハイオ州、ニュージャージー州、バージニア州です。

メリット:長期的に公共料金を減らせる

wood stove used to heat tiny home
Instagram/twogirlsaguyandatiny
Instagram/twogirlsaguyandatiny

家を温かくまたは涼しく保つことには、かなりのお金がかかります。アメリカの平均的なアパートは公共料金として月200ドルほどかかり、アメリカ合衆国エネルギー省では「典型的なアメリカの家庭では少なくとも年間2,200ドルを公共料金に費やす」と発表しています。

すぐに公共料金を節約できるという点は、タイニーハウスに住む最も大きなメリットの一つです。温めたり涼しくしたりするスペースが減るため、長期的にお金を節約する方法としてはもってこいです。

デメリット:スペースが少ない

woman laying in tiny home bed with no space
Instagram/nomadictinyhome
Instagram/nomadictinyhome

「小さいものはカワイイ」と思うのが人間の性ですよね。Pinterestでタイニーハウスの写真をチェックして、「かわいい」と思う人も多いはずです。しかし、小さいシャワー室のタイル張りに観察しながら、「自分ならどうやって小さなスペースを利用するのか」と、考えたことはありますか?

小さなシャワールームに取り掛かる前に、肘を動かせるスペースがどれだけあるかを考えなくてはいけません。十分なスペースがないためお尻やひざが何かにぶつかるというのは、毎日直面したい問題ではありません。

メリット:動かせる

truck trailing tiny home behind it
Yoon S. Byun/Portland Press Herald via Getty Images
Yoon S. Byun/Portland Press Herald via Getty Images

別の場所で新しい仕事をお探しですか?別の州に住むステキなソウルメイトに出会ってしまいましたか?自分の家を自分と一緒に移動できるとなると、このような人生の変化はそこまで恐ろしいものには感じられません。アメリカ人は、引っ越しは人生の中で最もストレスを感じる出来事の一つであると考えています。

家が自分のもので溢れていて、必要な場所に動かすことが可能であるとわかっていると、ストレスが軽減されます。人生では何が起こるかわかりませんが、駐車した場所が家になるという安心感を得られます。

デメリット:ちょっと寂しくなるかも?

woman laying alone in tiny house
Instagram/tinyhomeblg
Instagram/tinyhomeblg

コンパクトな生活を送ることは、大きな影響力があります。これによって、より自立した生活が可能になるためです。住宅ローンやたくさんのモノに悩まされたり、家賃を払うのに友達、ルームメイト、パートナーに頼ったりする必要もありません。

ただ、紅茶でぬくぬくして家にいたくなるような寒い時期には、このような生活には少し行き詰まりを感じて、さびしくなるかもしれません。

メリット:メンテナンスが簡単

tiny house in winter with little maintenance
Instagram/resting.badgerface
Instagram/resting.badgerface

友達に電話して、「ゴメン、今日は家のことをしないといけなくて」と断られたことはありませんか?公共料金に加えて、家を所有するということにはメンテナンスにおいてかなりの責任をしょい込むことであって、軽視できるものではありません。

ケアが必要になるようなドア、窓、家具、キャビネットが少ないということは、修理するものが少ないということを意味します。つまり、人生を楽しむための自由時間と費用が取れて、ものを修理するのに時間をかけないで済むというわけです。

デメリット:トイレには多少の慣れが必要

toilet that you have to use in tiny house
Instagram/camperwuay
Instagram/camperwuay

もちろん、誰もがタイニーハウスを選択するわけではないことには理由があります。トイレ関連の状況は、そのトップの理由の一つです。家の中のその他のこと同様、トイレは小さな空間にフィットするようにデザインされないといけません。排水システムがつながっていない移動式のタイニーハウスとなれば、トイレはオプションであることもしばしば。

タイニーハウスのトイレにはいくつかの選択肢があるものの、かなりの慣れを必要とします。機能としてついているだけであって、見た目と匂いに耐えられないと答える人も多くいます。簡単に言えば、普通の家の状況とは違って、廃棄物がトイレに残ります。

メリット:コミュニティーや自然の中での時間が増える

tiny house in the forest
Instagram/houseplansforest
Instagram/houseplansforest

多くの人が家のコストにいらだちを感じる理由の一つは、お金を掛けてもそもそも家で過ごす時間があまりとれないということです!皆さんの優先順位は、仕事、運動、友達との約束。どれも、家にいる必要がないことですよね。

自分の自宅が小さいと、確かに空間はあまりありません。しかし、逆に言えば、コミュニティーのとつながりを強化たり、外で過ごしたりする時間が増えます。

デメリット:常にモノを捨てなくてはいけない

messy tiny house countertop
Instagram/twogirlsaguyandatiny
Instagram/twogirlsaguyandatiny

モノをそこら中に置いておきたいタイプの方であれば、小さいリビングに慣れるには時間がかかるでしょう。料理でも、仕事でも、編み物でも、何かを終える度にすぐに片づけないといけません。

服の山、汚いお皿、1週間に一度しか触れないプロジェクトを出しっぱなしにするだけのスペースはありません。何かを使い終えたら、要お片付けです。そうしないと、家が散らかってしまいます。

メリット:整いつつあるタイニーハウス受け入れ態勢

row of tiny homes
Lane Turner/The Boston Globe/Getty Images
Lane Turner/The Boston Globe/Getty Images

アメリカの州によってはタイニーハウスを持つことが困難ですが、この動きを受け入れようとしている場所もたくさんあります。さらに、タイニーハウスに友好的な多くの州では、天候が良好。そのため、これらの地域では普通の家のコストはかなり高額です。

テキサス、カリフォルニア、フロリダ、オレゴン、ワシントン、コロラド、サウスカロライナ、アリゾナ、マサチューセッツ、バーモント、テネシーなどは、タイニーハウスに友好的な州です。

メリット:ライフスタイルを簡易化できる

tiny house with minimal space
Instagram/hillcountrytinyhouses
Instagram/hillcountrytinyhouses

ものが少なければ、ストレスも減ります。多くの人にとって重要なテーマと魅力は、生活のコンパクト化。タイニーハウスを所有している『シンプル・ライオンハート・ライフ(Simple Lionheart Life)』のメリッサさんは、家族とよりシンプルな生活を送ることについて話しています。

「シンプルにすればするほど、必要な空間が減ってきます。持ち物が減るからです。それに、必要なスペースが減って、必要もない大きな家を管理する時間もエネルギーもいらないなって気づいたんです!」

デメリット:ミニマリストになるのも楽じゃない

cluttered closet with bike
Instagram/jonnieredbeard
Instagram/jonnieredbeard

「シンプルな生活」を送ろうと計画している人は、小さなスペースにすべてが入るように、ものを減らさなくてはいけません。しかし、自分の持ち物を見ていくと、それが難しいことに気が付きます。

お持ちの中サイズ以上のものは、おそらく残せないと考えてください。特に、エンタメ機器、楽器、バイクやスキーなどの趣味をお持ちの方は、これらのギアの置き場所を考えるのに苦労するはずです。

デメリット:収納の他のオプションが必要

bike hanging over top of couch to save space
Mike Morgan/For The Washington Post via Getty Images
Mike Morgan/For The Washington Post via Getty Images

まだ手放したくないスキー、ゴルフ、カヤックなど、シンプル生活を送りつつ、どこかへ収納しなくてはいけません。そのため、大きなもののために倉庫を借りるか、友達や家族にお願いして保管してもらうことになります。

タイニーハウスの所有者によっては、これらを自分で保管している人もいます。ただしこれの場合、家のデザインの時点で念頭に入れておく必要があります。

メリット:掃除に使う費用を削減

inside view of tiny house
Mike Morgan/For The Washington Post via Getty Images
Mike Morgan/For The Washington Post via Getty Images

部屋を掃除するのに時間をかけることを喜ぶ人はいませんよね?忙しい日や仕事の後、子どもの世話をした後、家のことをするにはエネルギーがいくらあっても足りません。アメリカ合衆国労働省労働統計局によれば、一般的な女性は平均で毎日2時間15分ほど家の掃除に費やします。

そのうち、29分が家のインテリアの掃除、15分が台所の掃除に掛けられています。正直言って、それよりかかることもあります。シンプル生活によって、掃除の必要がある不要なスペースをなくすことが可能です。

デメリット:ローンが降りない可能性

inside of tiny house while its still being built
Instagram/tinyhometwobirds
Instagram/tinyhometwobirds

タイニーハウス探しやデザインは、タイニーハウスライフスタイルを始めるにあたってワクワクするポイントです。しかし、チェックリストにある他のものはどうでしょうか?多くの持ち家所有者のように、タイニーハウスに住む人も、夢を現実にするためにローンを申請する必要があるかもしれません。

問題は、銀行によってはタイニーハウスへのローンが降りないかもしれないということです。多くの住宅ローンは、タイニーハウスには高すぎる最低限のローンの金額が設定されています。可能であればRVローンを申請してもよいですが、その場合、タイニーハウスは『レクリエーショナル・ビークル・インダストリー・アソシエーション』からの承認を受けていなくてはいけません。

メリット:すべてが手に届く範囲に

tiny house with kitchen and everything within reach
RJ Sangosti/The Denver Post via Getty Images
RJ Sangosti/The Denver Post via Getty Images

多くのタイニーハウスの所有者がよく言うことの一つは、家にあるもののすべてが少なくとも2つの目的に使えるということです。階段は収納スペースでもあります。テーブルは壁に向かって畳んだら黒板として機能します。家のすべての要素が、うまくデザインされているのです。

ダイニングルームがリビングから離れている典型的なアメリカの家とは異なり、タイニーハウスの所有者は、簡単に自分のものにアクセスできる快適な空間に暮らしています。どこかに置きっぱなしにしたものを探して、歩き回ったりする必要がありません。

メリット:旅する自由

woman dancing on couch of tiny home
Instagram/shelbyadrift
Instagram/shelbyadrift

収入のほとんどを家賃やローンに当てるとなると、貯蓄は簡単ではありません。アメリカの町では手に届くような値段の家は限られているため、多くの人は家のローンを払うために多くの犠牲を払っています。そのため、最初にカットするのが旅や休暇。

『Bankrate.com』による2018年の調査では、49%の人が「夏休みの休暇を取らないつもり」と答えています。旅行ができるような人は、1,000ドルほどを休暇に費やします。低い光熱費やタイニーハウスの現実的なお値段で節約したお金は、旅行や休暇への扉を開いてくれますよ。

メリット:ストレスが少ない

wood and white shiplap tiny house
Instagram/tinyhousetrends
Instagram/tinyhousetrends

タイニーハウスをもっと広い視点で見て見ると、ストレスの低いライフスタイルがおくれます。生活費を抑え、居住スペースを最小限に抑えることで、働く時間を減らして、掃除しなければいけないスペースも減少させられるかもしれません。

掃除する場所が少ないことで節約できる時間を考えてみてください。自分の居住環境が安定していてかつ高額でない、という心の平安も得られます。これこそ、お金では得られないものですよね。

メリット:タイニーハウスは流行中

woman with dog living in tiny house
Instagram/adventure_before.dementia
Instagram/adventure_before.dementia

タイニーハウスは2004年から右肩上がりに人気をあげてきて、2014年にピークに達しました。さて、それでは最後のメリットとは何なのでしょうか?2000年、「タイニーハウスを購入する」と人に話したら、かなりの確率で困惑されたはずでしょう。現在、まだたくさんの疑り深い人がいますが、タイニーハウスへの意識と実現可能な家の選択肢としてのタイニーハウスの許容は、かなり広まってきました。

これはタイニーハウスの所有者にとって良いことです。コミュニティーがタイニーハウスコミュニティー計画を受け入れ、大家が土地の一部を貸し出すようになると、タイニーハウスの売却も期待が持てます。実際、『realtor.com』によれば、500平方フィート以下の家は、市場全体でかなり需要があります。